FC2ブログ

2012/08/05 平標山 

2013, 09. 29 (Sun) 22:00

最新報告

仕事が終わった土曜の夜、そのまま宮城入りして、栗駒山のイワカガミ平の駐車場で車中泊
すでにガースーの洗礼で寝付く
ダウン着て靴下履いてシュラフに丸々包まって・・・ちょうどいい気温になりました

5時半出発
もうダメダメですww
栗駒
髪にガスがひっついて、滴と化すほどですww

先週がハードだったので&来週末がハードなので、今週は1時間半で登れちゃうような、お気楽コースで登りました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山頂付近まで来ると、たまにガスの向こうに青が見えるようになり。
栗駒9

山頂でカメラ持ちながら空ばかり眺めてたら、同じくカメラマンの、先に着いてたおじさんが「今ね、3度目のガスだわ」と話しかけてきて。
御来光の時と、その後と、ガスが一瞬消えたんだけど・・・ガスが消えれば雲海なんだよって教えてくれました。
その場でガスが抜けるのを待っていたら、おじさんが「こっち消えたよー」と、岩手側のガスが抜けました
栗駒1
もう、これ見れただけでも十分だって思ったんだけど、人間欲の塊な訳でして、湯を沸かして茶など飲んで、しばらく居座ります。
でもそれにも飽き、天狗がなんちゃらっていう尾根の方まで散歩に行きました。
そしたら、そこはガスが抜けやすいらしく、もう絶景
栗駒2

栗駒3

栗駒4
遠くに見えてるのは、鳥海山らしいです

天狗がなんちゃらって場所は、展望もなく、ただ広い場所なだけで、しかも超ガースーで、そのまますぐに戻ってきましたw
そして再び山頂に来たら・・・

キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
宮城側のガスもすっかり消えてるしー、なんだこれーキャ━━━(艸;Д;il!)━━━ァァ!!!

360度雲海ですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

栗駒6

栗駒7

今日、安達太良に行っていた茶々さんもこの風景を見、蔵王に行っていたminamiは見たのか???ww
同方向の別の場所に山友が2人いるかと思うと、おかしくてしょうがなかったですw
別々の場所に、3人が点在してんだもんw
ほんとはサクッと栗駒をクリアして、そのまま泉ヶ岳へとハシゴしようと思ったんだけど、もうこの景色から離れたくなくてスタート~下山完了の総計5時間半も滞在していたようですw

あー、2週連続で、こんなプレゼントをもらっていいのだろうか・・・
今後、何かあるんじゃないかと┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キしています
栗駒8
栗駒さん、キレイな景色をありがとう



さて、本題です。
去年の8月頭、アホ友チームと平標へ行きました。
スーパー銭湯に前泊して、たいして寝れないままam5:40、平元新道よりスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
約50分、車道を歩きます。
1_20130929221040f6a.jpg
8月なもんで、緑が鬱蒼としてるんですww

林道の終点に登山口。
4_20130929221043424.jpg

とにかく、鬱蒼としてるんですww
6_20130929221045a98.jpg
そして、苦手な階段&朝のお勤め不発により、体調不良を起こします_ノフ○ グッタリ

そんなこんなで、雪野的ボヤキを発生させながらの登り。
「ムーリー」「もう帰りてー」「シムー」
普段は絶対使わないポールを・・・最後の手段のポールを出そうとしたら、ボスの一言

「いや、ポール出さないで行こう*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:* 」

。゚(゚´Д`゚)゚。

そう、ポールは楽する為の道具ではないと周りから育てられ
あれを使うと、脚で登る事をしなくなるので、正しく鍛えられないと思う訳であります。
本当に必要な時、バランスを取らないと危険な場所とか、そんな時と・・・

バテて死にそうな時に、ズルで使いたいんですけどおおおお。゚(゚´Д`゚)゚。

死にそうなのに、禁止令下りました。゚(゚´Д`゚)゚。

なので、小屋まではほとんど写真撮れてませんww

8:00平標山の家着_ノ乙(、ン、)_
雪野さんのバテぶりにより、平標山の小屋で大休止
9_20130929221047150.jpg
既に、不穏な道具が立ち並ぶ

11_2013092922104873a.jpg

12_20130929221832320.jpg

8:47、休んだらパワーモリモリになったので、平標に向けて小屋スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
毎度のガースーの洗礼であります。
この時点で、本日の景色は諦めております(ノ I `。) ウゥ・・・
17_201309292218372bb.jpg

14_20130929221834890.jpg

時折、光が差し込んだりして、そして笹の葉が光ってとてもキレイ
18_201309292218396a5.jpg

9:33、平標山頂到着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
27_201309292223052e1.jpg

36_20130929222310019.jpg

さぁ、仙ノ倉へ向かおうぞp(`・ω・´)q
10:00、仙ノ倉へ向けてスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
39_20130929222312327.jpg

そして、出発した矢先から休憩(´゚ω゚):;*.:;ブッ
カンパイであります
42_20130929222539a09.jpg

44_20130929222543954.jpg

本当にこの山は景色が雄大で、ものすごい高い場所に来た気持ちになってしまう(人´∀`).☆.。.:*
46_20130929222545c17.jpg

ニッコウキスゲが、まだ咲いていました
47_20130929222546397.jpg

ほんとに気持ちのいい稜線歩きのできる山ですヽ(*´∀`)ノ
51_201309292225499a0.jpg

11:06、ガスの向こうに仙ノ倉山頂ヽ(*`Д『+』ゞ ハッケン!!
57_20130929222843064.jpg
登り返しかっ!!!!!

55_2013092922284147d.jpg

61_20130929222848f5f.jpg

11:14、仙ノ倉山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
63_20130929222850a24.jpg

64_20130929222959f55.jpg

そして、ボスのザックからおもむろに出てきた物を食らう
しかも皮ごと( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
67_2013092922300260e.jpg
んまかったなぁw

ガースーのおかげで展望0
すぐさま引き返します
71_2013092922322383f.jpg

70_20130929223016f31.jpg

振り返ると、あんな遠くまで行って戻って来たんだねぇ。。って感じ(人´∀`).☆.。.:*・°
79_2013092922334843a.jpg

途中、かわいいオブジェ発見w
75_20130929223226c88.jpg

平標山頂も軽くスルーし、小屋への階段を降りる。
目の前には6月に登った大源太が見えたヽ(´ω`)ノ
82_20130929223350acb.jpg

12:41、小屋着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
84_20130929223354ec3.jpg

ハイ、昼飯の準備に取り掛かります。
この時点で、かなり時間オーバーです
この日のメニューは・・・
季節の風物詩「そうめん」


んまい
87_20130929223358265.jpg

88_20130929223631d71.jpg

ランチ作成中にガスもきれいに取れて、小屋からの景色も最高でした
85_2013092922362700b.jpg

ただこの回を持って、2時間以上の登りをしなくちゃいけない山では、山飯登山は無理だなと思いました。
日が暮れるまでに、最低4時までには下山を完了させたい私としては、計算上厳しくなるのであります。
まぁ今は、いい場所を見つけて、山飯登山の場合は、そこを使わせてもらってます
段々と、アホ友山行のスタイルが出来上がっていく過程の見える、初期の頃の山行でした


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
スポンサーサイト