2013_09
29
(Sun)22:00

2012/08/05 平標山

最新報告

仕事が終わった土曜の夜、そのまま宮城入りして、栗駒山のイワカガミ平の駐車場で車中泊
すでにガースーの洗礼で寝付く
ダウン着て靴下履いてシュラフに丸々包まって・・・ちょうどいい気温になりました

5時半出発
もうダメダメですww
栗駒
髪にガスがひっついて、滴と化すほどですww

先週がハードだったので&来週末がハードなので、今週は1時間半で登れちゃうような、お気楽コースで登りました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山頂付近まで来ると、たまにガスの向こうに青が見えるようになり。
栗駒9

山頂でカメラ持ちながら空ばかり眺めてたら、同じくカメラマンの、先に着いてたおじさんが「今ね、3度目のガスだわ」と話しかけてきて。
御来光の時と、その後と、ガスが一瞬消えたんだけど・・・ガスが消えれば雲海なんだよって教えてくれました。
その場でガスが抜けるのを待っていたら、おじさんが「こっち消えたよー」と、岩手側のガスが抜けました
栗駒1
もう、これ見れただけでも十分だって思ったんだけど、人間欲の塊な訳でして、湯を沸かして茶など飲んで、しばらく居座ります。
でもそれにも飽き、天狗がなんちゃらっていう尾根の方まで散歩に行きました。
そしたら、そこはガスが抜けやすいらしく、もう絶景
栗駒2

栗駒3

栗駒4
遠くに見えてるのは、鳥海山らしいです

天狗がなんちゃらって場所は、展望もなく、ただ広い場所なだけで、しかも超ガースーで、そのまますぐに戻ってきましたw
そして再び山頂に来たら・・・

キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
宮城側のガスもすっかり消えてるしー、なんだこれーキャ━━━(艸;Д;il!)━━━ァァ!!!

360度雲海ですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ

栗駒6

栗駒7

今日、安達太良に行っていた茶々さんもこの風景を見、蔵王に行っていたminamiは見たのか???ww
同方向の別の場所に山友が2人いるかと思うと、おかしくてしょうがなかったですw
別々の場所に、3人が点在してんだもんw
ほんとはサクッと栗駒をクリアして、そのまま泉ヶ岳へとハシゴしようと思ったんだけど、もうこの景色から離れたくなくてスタート~下山完了の総計5時間半も滞在していたようですw

あー、2週連続で、こんなプレゼントをもらっていいのだろうか・・・
今後、何かあるんじゃないかと┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キしています
栗駒8
栗駒さん、キレイな景色をありがとう



さて、本題です。
去年の8月頭、アホ友チームと平標へ行きました。
スーパー銭湯に前泊して、たいして寝れないままam5:40、平元新道よりスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
約50分、車道を歩きます。
1_20130929221040f6a.jpg
8月なもんで、緑が鬱蒼としてるんですww

林道の終点に登山口。
4_20130929221043424.jpg

とにかく、鬱蒼としてるんですww
6_20130929221045a98.jpg
そして、苦手な階段&朝のお勤め不発により、体調不良を起こします_ノフ○ グッタリ

そんなこんなで、雪野的ボヤキを発生させながらの登り。
「ムーリー」「もう帰りてー」「シムー」
普段は絶対使わないポールを・・・最後の手段のポールを出そうとしたら、ボスの一言

「いや、ポール出さないで行こう*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:* 」

。゚(゚´Д`゚)゚。

そう、ポールは楽する為の道具ではないと周りから育てられ
あれを使うと、脚で登る事をしなくなるので、正しく鍛えられないと思う訳であります。
本当に必要な時、バランスを取らないと危険な場所とか、そんな時と・・・

バテて死にそうな時に、ズルで使いたいんですけどおおおお。゚(゚´Д`゚)゚。

死にそうなのに、禁止令下りました。゚(゚´Д`゚)゚。

なので、小屋まではほとんど写真撮れてませんww

8:00平標山の家着_ノ乙(、ン、)_
雪野さんのバテぶりにより、平標山の小屋で大休止
9_20130929221047150.jpg
既に、不穏な道具が立ち並ぶ

11_2013092922104873a.jpg

12_20130929221832320.jpg

8:47、休んだらパワーモリモリになったので、平標に向けて小屋スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
毎度のガースーの洗礼であります。
この時点で、本日の景色は諦めております(ノ I `。) ウゥ・・・
17_201309292218372bb.jpg

14_20130929221834890.jpg

時折、光が差し込んだりして、そして笹の葉が光ってとてもキレイ
18_201309292218396a5.jpg

9:33、平標山頂到着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
27_201309292223052e1.jpg

36_20130929222310019.jpg

さぁ、仙ノ倉へ向かおうぞp(`・ω・´)q
10:00、仙ノ倉へ向けてスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
39_20130929222312327.jpg

そして、出発した矢先から休憩(´゚ω゚):;*.:;ブッ
カンパイであります
42_20130929222539a09.jpg

44_20130929222543954.jpg

本当にこの山は景色が雄大で、ものすごい高い場所に来た気持ちになってしまう(人´∀`).☆.。.:*
46_20130929222545c17.jpg

ニッコウキスゲが、まだ咲いていました
47_20130929222546397.jpg

ほんとに気持ちのいい稜線歩きのできる山ですヽ(*´∀`)ノ
51_201309292225499a0.jpg

11:06、ガスの向こうに仙ノ倉山頂ヽ(*`Д『+』ゞ ハッケン!!
57_20130929222843064.jpg
登り返しかっ!!!!!

55_2013092922284147d.jpg

61_20130929222848f5f.jpg

11:14、仙ノ倉山頂着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
63_20130929222850a24.jpg

64_20130929222959f55.jpg

そして、ボスのザックからおもむろに出てきた物を食らう
しかも皮ごと( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
67_2013092922300260e.jpg
んまかったなぁw

ガースーのおかげで展望0
すぐさま引き返します
71_2013092922322383f.jpg

70_20130929223016f31.jpg

振り返ると、あんな遠くまで行って戻って来たんだねぇ。。って感じ(人´∀`).☆.。.:*・°
79_2013092922334843a.jpg

途中、かわいいオブジェ発見w
75_20130929223226c88.jpg

平標山頂も軽くスルーし、小屋への階段を降りる。
目の前には6月に登った大源太が見えたヽ(´ω`)ノ
82_20130929223350acb.jpg

12:41、小屋着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
84_20130929223354ec3.jpg

ハイ、昼飯の準備に取り掛かります。
この時点で、かなり時間オーバーです
この日のメニューは・・・
季節の風物詩「そうめん」


んまい
87_20130929223358265.jpg

88_20130929223631d71.jpg

ランチ作成中にガスもきれいに取れて、小屋からの景色も最高でした
85_2013092922362700b.jpg

ただこの回を持って、2時間以上の登りをしなくちゃいけない山では、山飯登山は無理だなと思いました。
日が暮れるまでに、最低4時までには下山を完了させたい私としては、計算上厳しくなるのであります。
まぁ今は、いい場所を見つけて、山飯登山の場合は、そこを使わせてもらってます
段々と、アホ友山行のスタイルが出来上がっていく過程の見える、初期の頃の山行でした


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
スポンサーサイト
2013_09
28
(Sat)00:44

最新報告!!

最新報告

あー、眠い(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
そーじゃなくてヽ(冫、)_ ドテッ...

22~23日、大好きな大好きな、立山にこもっていました
それが終わったので、ちょっと抜け殻になって、ブログも更新できず_ノ乙(、ン、)_

私に立山の景色やいろんな話をしてくれてた人と、今年の夏に立山に入る予定でしたが、それは叶う事なく(´・ω・`) ショボーン
今年は立山に行けないんだなぁ。。。って思ってたところ、あれやこれやと立山行きが決定したのが、決行10日前くらい
いつもの三人で行きたかったんだけど、茶々さんはおうちの用事があるので欠席(ρε;)
Kyazuさんと、一枠空いたので、ボスと3人で行って来ました。

室堂に着くと、目の前には立山の山々たちが出迎えてくれるので「ただいまヽ(´ω`)ノ」って感じになりました
雄山の向こうから太陽が昇り、太陽の周りには虹色のハロが広がり、何とも神々しかったです
立山

そしてここは3000m級の山。
既に草紅葉が始まってました。
立山1

立山には、私の山友が小屋で働いてるので、その小屋を利用させてもらいました
ていうか、ちょっとしたアクシデントがあり、友達と連絡が取れなかったので、私が行く事は知らせないままの訪問で、受付の目の前にデーンと立った私を見て、友達すっごくビックリしてました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
立山2

とりあえず荷物を預かってもらって、2日目に行く予定だった立山三山縦走を初日に変更
立山3

いやぁ・・・きつかったです(;^ω^)
高山病手前だったのか、睡眠不足から来るものだったのか、とにかく雷鳥沢の上り坂に入った途端に息が切れて、体が重くて歩けないんですわ
Kyazuさんがすぐに私の様子がおかしい事に気づいてくれて、ゆっくり進む事にしました。゚(゚´Д`゚)゚。
Kyazuさん、サポートありがとうございました(ノ I `。) ウゥ・・・
立山4
それでも、こんな景色が味方をしてくれて、ゆっくりですが進む事ができました。

右手、一番奥に見える龍王岳まで行きたかったんだけど、時間切れでその手前のコル、一の越から下山して来ました。
立山5

立山三山は歩けなかったけど、山を始める前から憧れてしょうがなかった劔岳を目の前で見れて、それだけでも本当に良かったと思います
立山6

別山まで来るのが本当に辛かったけど、別山までくれば目の前に剱が見えるのが分かってたので、必死に頑張りました(ノ I `。) ウゥ・・・
死んだけどねw
剱
登山なんてサラサラする気もなかった数年前、剱の姿が見たいが為に、何度も富山に通ってましたね(ノε`*)ンププ

去年、時間切れで歩けなかった真砂の稜線も、今年は歩く事ができました
立山7

レベルが低かった&ガスで周りが見えなくて怖かったで、登れなかった富士ノ折立にも登り。
立山8

立山8-1

無事に、今年も峰本社で参拝する事が出来ました。
立山の神々と、同行してくれた山友さんに感謝(-人-)
立山9

一の越からは、小屋の友達が前に教えてくれた、神の道と名付けられたルートを通って雷鳥沢へ。
人もほとんど歩いてなくて、周りは植物で埋め尽くされているという、本当に神様が歩いたかもなんて思えるような道でした。
立山9-1
教えてくれた友達に感謝ですね

そんなこんなで小屋に戻って、小屋飯とは思えない豪勢な食事を頂きo((*・ω・*))o゙
立山10

友達からご馳走してもらったりヽ(´ω`)ノ
立山13

あまりの疲労に、ビール一杯で撃沈_ノフ○ グッタリ
6時半には部屋で爆睡( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
8時に仕事の終わった友達が訪ねて来て、聞こえないフリで一回寝続けたのは内緒ですよ(●´ノω`)コッチョリン♪
ちゃんと起きて、1時間位話しましたけどねw

石鹸&シャンプーが使える温泉あり、水洗トイレありっていう、山小屋とは思えない山小屋で、ぐっすり寝たのでありました(:3[▓▓]

翌日は奥大日へ
ゆったりのんびり歩けるルートで、写真を撮りながら進みました。
雪解けの遅かった場所では、まだハクサンフウロなんかが咲いててびっくりした∑(*☼_☉*)
立山20

奥大日からの剱もかっこいいらしいけど、この日は奥大日の山頂付近がガスって、景色はダメでした(´・ω・`) ショボーン
満喫の立山山行、友達に挨拶をして、帰りたくないけど帰りましょう(。-´ェ`-)シュンシュン
立山21

また来るよ、大好きな立山。
立山15

立山16

立山22


毎年一度は参拝し、通い続けてもう5年目。
雄山神社中宮祈願殿。
雄山の神様、剱の神様、行けないと思っていた峰本社まで、導いてくださってありがとうございました(-人-)
立山19
また来年、白い季節に参ります。

昨日、立山の友達から連絡が入りました。
初雪が降ったそうです
アルプスはもう、冬なんですねぇ(人´∀`).☆.。.:*・°


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
2013_09
16
(Mon)23:57

2012/07/29 針ノ木岳

マヂかー、スネがちょっと痛いぞー、だから間を空けずに登りたいんだー
でも、登らないまま今週末を迎えたら、大変な事になってのたで、よかった・・・
ありがとう、地元の低山よ。
蚊に総計14ヶ所も刺されたぞ、コンチクショーヽ(#`_つ´)



針ノ木最終章。


夕ご飯を食べて、外から戻って・・・
寝床は狭いし、する事ねー⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウアー

って事で、夜7時くらいだったけど、もう寝ちゃおうかと・・・ww
すでに室内からはイビキが聞こえてたし、寝ちゃおう(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
前々回に書いた様に、1枚の布団に2人で寝る。
ハイシーズンの山小屋ってのは、こーゆーもんだと教えられてたし、同行していた先生方からも「これも経験だよ(`L_` )ククク」なんて言われてたし。
案外、その場の状況に慣れるのが得意なので、別に何とも思わずw

とりあえず寝る。

狭い。

でも寝る。

マヂ狭いブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!

左脇に壁さん、右脇にNさん。
腕は両脇に伸ばすスペースがないので、とりあえず自分をハグする形で寝てみる(´゚ω゚):;*.:;ブッ
何とか寝れそうだ(´-ω-`)コックリコックリ

と、その時!
同室のとあるグループが喧嘩を始めたらしく、女の人がでかい声を出したり・・・泣き始めたり(;´Д`)ア゙・・・
せっかくうとうとしてたのに_ノ乙(、ン、)_
なんというか、山の朝も早いが、寝るのも早いってのが暗黙のルールな気がするんですけど。。。
しかも個室じゃなく大部屋なんだから、空気読もうよ(;´Д`)ア゙・・・
そんなこんなで、多分1時間以上眠れず・・・

寝ては起き、寝ては起きで、やっぱあんまり寝れなかったなぁ_ノフ○ グッタリ
途中で体が痛くなって、でも身動き取れなくて、気持ちだけもがいた(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
何とか横向きになって、また少し寝た。

そして早朝3時半。
御来光グループの出発が始まる。
ここまで来ると、もうほとんど寝れてないww
うとうとしてるだけで、寝てはいない_ノ乙(、ン、)_
早く5時になって欲しいと思った・・・辛いwww

4時くらいになったのかな、先生方も起き始めたので、私は外に出て御来光がどんな感じか見てみる。

えと・・・太陽は蓮華岳の向こうですね(´゚ω゚):;*.:;ブッ
1_201309162326566e7.jpg
全く持って、山の陰で太陽は見れませんでした(。-´ェ`-)シュンシュン

朝食は5時ちょっと過ぎだっけ・・・
二回戦の朝食に参戦ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_20130916232658c77.jpg
今までの2回の小屋が、手作り&豪勢だったので、全て真空パックもろ出しな食事に驚くが、先生方曰く「ものすごくマシ」なんだそうだ(;^ω^)

5:50、針ノ木岳に向けて出発ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
この日は朝からガスな訳でして・・・
雪野の恋人、ガースー君が大騒ぎですよ
3_201309162327008f9.jpg

4_20130916232701c1c.jpg

岩場&ガスで若干ビビッテたのか、ほとんど写真を撮ってなかったようで・・・
いきなりの6:42、針ノ木岳登頂(´゚ω゚):;*.:;ブッ
5_20130916232715ec0.jpg

三等三角点、げっとーヽ(´ω`)ノ
6_20130916233023e3e.jpg

朝露を浴びて、お花たちもオハョョヨ∃ヽ(*´∀`)ノョョヨヨ∃ゥ!!
7_2013091623302651e.jpg

8_20130916233031e76.jpg

ダムを挟んで向こう側に見えるはずの立山が、ガスで全く見えず。。。
記念写真撮って下山するか的な感じに(´・ω・`) ショボーン
9_20130916233034bab.jpg

ここで雪野、祈りの舞いを舞うヽ(*´∀`)ノ
「雷鳥が見れなかったんだー、せめて剱を見せてくれー」

!!!!

ガス消えて来た:゙;`゙;`;:゙;`;:゙`;:゙;`(゚艸゚●)ブッ、、
10_201309162330366b9.jpg
どんどん祈りの舞いを舞ってみるww

たーてーやーまーキタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
11_20130916233222be0.jpg

12_20130916233224242.jpg

13_201309162332264af.jpg


蓮華岳、針ノ木岳と、お布団仲間のお隣さんと、なぜか行動時間が一緒だったんだけど、お隣さんに「おぉ、奇跡起こしたねwww」とか言われ(ΦωΦ)フフフ…
15_201309162334143a7.jpg

ものすごい景色です・・・
24_201309162334229c2.jpg

そして、針ノ木から縦走して行ける、スバリ岳のかっこいいこと
18_20130916233419d26.jpg

19_20130916233420eec.jpg

20_201309162334212ef.jpg

22_20130916233443aeb.jpg

そして、スバリの山頂に、人が居るわけですw
27_20130916233658494.jpg
「あの山に行きたい行けない?ね?ね?」
「時間がないからダメ」

。゚(゚´Д`゚)゚。

あー、私も行きたかった・・・(´;ω;`)
28_20130916233700eba.jpg


そんなこんなで、コウフンしながらあっちこっち見て回ってた瞬間・・・
16_20130916233649e1c.jpg

ブロッケン現象キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
後日、周りから「ブロッケン体験するの早すぎだろ・・・」とボヤかれww

剱は立山のもうちょっと奥っぽいので、結局よく見えず(ノω・`o)ショボーン・・・・・
23_201309162336551f0.jpg
でも十分だよね
これ以上を望んだら、罰が当たる(;゚;艸;゚;)ぅ゛…

空もきれい
25_20130916233657e17.jpg

31_201309162339000f3.jpg

遠くに槍ヶ岳も見えて。
30_20130916233859b8f.jpg

7:14下山でーすヽ(´ω`)ノ
29_2013091623385808e.jpg

32_20130916233902919.jpg

35_201309162340293e1.jpg

36_20130916234032eba.jpg

34_20130916233914dd0.jpg

小屋に着いて、アタックザックからメインザックに入れ替えて、8:09、針ノ木小屋を出発ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*) バイバイ!!
37_20130916234034e09.jpg

前日、外で宴会をしている時、楽しくお話をして下さった、遭対の山男さんがまた声をかけてくださって、挨拶をして下山開始。
マタドコカデ、。゚(゚´Д`゚)゚。バイバイ

途中、雪渓が抜け落ちてます(;´・ω・)
こーゆー薄くなってるとこにボテッって落ちる訳ですよ。
そしてサヨーナラー(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*
カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
前日、人が落ちた穴ですね。
38_201309162340351d0.jpg

でも本来、歩いていいルートには、赤いマークがつけてありますです(;´・ω・)
39_2013091623403884f.jpg

さぁ、雪国人の下山は早い☆⌒Y⌒Y⌒(。д。) ポーン
40_20130916234237df0.jpg

41_20130916234239836.jpg

42_2013091623424090e.jpg

9:17、雪渓歩き終了ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
44_20130916234242c00.jpg

雪渓を歩いている途中で見えた、鹿島槍。
鞍部に冷池山荘が見えたw
ここも数年中に行きたい山
43_201309162344122fb.jpg

ひたすら林道を歩き(((((((( っ´_ゝ`)っブーン
でかいキヌガサソウを見つけw
46_20130916234351559.jpg

48_201309162343538c2.jpg

10:50、登山口着☆オツカレ(*´・∀)人(∀・`*)デシタ☆
49_20130916234356fc9.jpg

着替えてる最中、トンボさんが遊びに来たよ(。→ˇ艸←)プククッ☆
50_20130916234358c01.jpg

下山後は、扇沢から一番近い上原の湯ってとこで汗を流して
ここでも布団仲間のお隣さんと遭遇ww
どこまでも一緒だったお隣さんであったw

道中、小谷の道の駅で塩ラーメンを食べ。
ちゃっかり後部座席で居眠りしながら戻った雪野の、初の北アルプス珍道中でしたヽ(*´∀`)ノ
ほんと、思い出に残る北アルプスでした
先生方ありがとうございました(*´∀`*)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
2013_09
15
(Sun)23:01

2012/07/28 蓮華岳

最新報告

今日は「上越のマッターホルン」の名がつく、大源太山へ行こうと予定していたけど・・・
お天気悪いし、予報ではその山近辺、風速10mとの事で、あえなく中止_ノ乙(、ン、)_
痩せ尾根&鎖があるのに、風が強いのはダメでしょ
でも、今日登らないと3週間登ってない事になる・・・
来週、またちょっとハードな事しようとしてるのに、3週間空けにそれはムリーと思って、朝は小雨がぱらついてたけど、それでも登れる近所の菩提寺山に、傘持ってo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
石油の里スタートで、高立山まで周遊して、3時間ちょいのお散歩となりました
えと、今日はカメラ持って行ってない(`ω´)グフフ
どうやら時間差で、山友茶々さんと入れ違いだったらしい。。。ショック(ノ I `。) ウゥ・・・



前回の続き。


さて、小屋にザックをデポし、アタックザックに入れ替えて、目指すは蓮華岳。
19_201309152226539e0.jpg

小屋を出てすぐに出迎えてくれたのは、イワツメクサ。17_20130915222650499.jpg


そして、急な登りを上がり切ってすぐに、Tさんが叫んだ。

「コマクサあったよ!!」

ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

うつむいた感じの、小さな小さなコマクサさん(。→ˇ艸←)プククッ☆
20_20130915222654ec4.jpg

「よし、あそこがピークかヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン」
「そんな簡単に着く訳ないでしょww」
「(´・ω・`) ショボーン 」
22_20130915222656043.jpg

そして歩いて歩いて「あそこが本当にピークじゃないヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ」
「おお、結構早かったね(;゚д゚)」
23_2013091522265708a.jpg

振り返ると、明日登る予定の針ノ木岳が(人´∀`).☆.。.:*・°
24_2013091522301236a.jpg

そして、コマクサがいっぱい咲いていて
25_201309152230145c8.jpg

Nさん曰く、この蓮華岳に咲いている花は、よその山に咲いている花より小さい気がすると。
きっと、よその山より苛酷な環境なんだろうねぇ・・・って。
26_201309152230179e7.jpg

それよりなにより、こんな岩場で必死に咲いている健気な姿に感動。゚(゚´Д`゚)゚。
27_20130915223019ce0.jpg

そしてこの山は、チングルマがまだ花盛りだった
33_20130915223222cb3.jpg

34_20130915223224915.jpg

タカネヤハズハハコ。
37_20130915223228ffc.jpg

ミネズオウ。
39_20130915223229612.jpg

さぁ、山頂目指せ(((((((( っ´_ゝ`)っブーン
41_20130915223550aea.jpg

アオノツガザクラ。
42_20130915223552f4b.jpg

コイワカガミ。
43_2013091522355357e.jpg

もうちょっと'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
45_20130915223554cc5.jpg

針ノ木岳方面を見ると、この時点で気づいてなかった立山連邦が奥に・・・
46_201309152235560c5.jpg

山頂だあああああヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

と、目の前に現れた風景( ゚д゚)ボーッ
48_2013091522372954e.jpg

ヽ(・、 .)ノズルッ!!

今居る所はニセピーク。゚(゚´Д`゚)゚。

あっちが本物。゚(゚´Д`゚)゚
52_20130915223732222.jpg

ツマトリソウ。
51_20130915223731a5f.jpg

イワギキョウ。
53_20130915223734173.jpg

「もう山頂見えてるから、先に行ってもいいよ」と言われ、先生たちを後に、お花を見ながら山頂を目指しますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
54_20130915223735c7e.jpg

56_20130915223913e42.jpg

タカネツメクサとタカネシオガマ。
58_20130915223917a30.jpg

タカネスミレ。
61_2013091522392060e.jpg

57_20130915223915355.jpg

祠が見えてきました。
60_20130915223919be9.jpg
よ~し、あそこだなヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

祠のある場所まで上がって見えたのは・・・
62_20130915224051363.jpg

またもやニセピークだったという現実。゚(゚´Д`゚)゚。
63_20130915224053ef4.jpg

12:26、蓮華岳登頂ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
69_20130915224058182.jpg

二等三角点げっとーヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
65_20130915224055cc9.jpg

稜線にぶつかったガスは、あっち側には行かないんだねオォォー!!w(゚ロ゚)w
67_20130915224057c8e.jpg

そして山頂でお昼寝タイム(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
だがしかし・・・あまりの暑さに10分位しか寝れず(´‐`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)激汗
ほんとに3000m近いの、ここ???的に、暑くて汗は出るし、日差しで肌が痛くて寝てられないww
そそくさと下山開始ww

と、縦走路に下りて行ったどこぞのおっちゃんが「白いコマクサあったよ!!」って叫んでたので、便乗して行ってみたワクワク(((*゚▽゚*)))ワクワク
73_201309152243516e7.jpg
ピンクの子達に混じって、本当に一株だけ、真っ白のコマクサ。
群生している訳じゃなく、本当にこの子だけ・・・
だからこそ、見つけるのが難しいんだと思う。
教えてくれたおっちゃんも「ずーっと探しながら登ってきたんだ。やっと見つけたって言ってたよ(。→ˇ艸←)プククッ☆

蓮華岳はコマクサだけじゃなく、沢山の花が咲き乱れる山でした
70_20130915224344f3a.jpg

71_201309152243477de.jpg

72_20130915224349938.jpg

オンダテ。
76_201309152245503f6.jpg

無事に小屋まで下山して
75_201309152246453fc.jpg

かんぱーい
79_20130915224555fda.jpg

一杯千円なりww
超うまかった・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

山々にもカンパイ
80_20130915224557eb6.jpg
ちゃんとした意味では、これが私の北アデビューヽ(´ω`)ノ

なんせ下山完了が2時でさ・・・
ほんとは3時過ぎの予定だったからさ・・・
する事なくて、延々飲んでいた`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

2人は私とそんなにたくさん登っている訳ではないから、レベルも分からなくて心配だったみたい(そりゃそうだよねw)
で、もしダメなら小屋までにして、登れたとしたらどっちかの日に山一つで下山しようって話してたらしいんだ
だからバテないように、様子を見ながら上がってくれたみたいで、本当に感謝
それでも順調に、しかも初日に蓮華岳も上がれたから、ちょっと安心してもらえたみたい

ビールを飲みながら、遠くに槍ヶ岳が見えた。
いつか行っちゃうのかな(ノε`*)ンププ
82_2013091522455836f.jpg
今年のお盆に、いつも遊んでいる山友さんが、槍ヶ岳に行って来たから、尚更憧れは強くなったかもね

5時ちょっと前、夕ご飯の案内がされる。
小屋に早く着いた私たちは、第一回戦のご案内。
この日は人が多かったから、何回戦まで行ったのかな(`L_` )ククク
83_20130915224600530.jpg
ご飯食べて、ちょっとだけ外で涼んで。
太陽が沈んだら、やっと北アらしい気温になったよ
ダウンを着込んで山を眺めてたけど、ガスが湧いて来たので寝ましょうか・・・
84_20130915224648af5.jpg
あぁ、長い夜の始まりです_ノ乙(、ン、)_


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
2013_09
12
(Thu)23:35

2012/07/28 針ノ木大雪渓

最新報告

ラーメン
いつもの
味玉ラーメンにチャーシュー&メンマトッピング、スペシャルコース
中田
ラーメンブログじゃねーぞ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ



去年の7月末。
27日夜。
長野県大町に向けて地元を出発ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
山岳会のエキスパート2名と、まだまだ初心者な私の計三名(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
イエローフォールで一緒だったTさんがリーダーで、もう一人は女性のNさん。
ほとんど一緒に登った事がなく、しかも山岳会の中で一、二を争うエキスパートの2人との事で(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
ほんとはいつも会の山行で、一緒に登ってるSさんも来るはずだったんだけど、緊急入院につき・・・。゚(゚´Д`゚)゚。(でも、そのSさんも、いつもこの2人と一緒なんだけど

そんなアクシデントもあったせいか、27日の昼から緊張のあまり吐き気をもよおし(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・
食欲もないから夕ご飯も食べずに集合場所に出かけ(ヽ´ω`)グッタリ
こんなにゲンナリしてて、本当に明日大丈夫なのか(;´Д`)ア゙・・・ って思いながら車に乗り込む_ノ乙(、ン、)_

Tさんに「最近登ってる?」って聞かれたので「毎週登るようにはしてます(;^ω^)」って言ったら「やばい、俺最近登ってないから、足引っ張るかも(;゚;艸;゚;)ぅ゛…」とか言い始めてww
いろんなお話をしているうちに緊張も解け、途中のSAでご飯を食べる事になり・・・

ソースカツ丼食ったよ*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*

急に食いすぎであります( ̄ω ̄;)

そして白馬を通り過ぎ、大町を抜け、扇沢駅の無料駐車場の到着したのがちょうど12時頃。
女性二人は車中泊、男性Tさんはテント貼って寝ました。

これがまた・・・寝れねぇ(;´Д`)ア゙・・・
うつらうつらした程度で、バスの音で目覚めたら、外は太陽が昇り始め・・・
ここのバスは5時くらいから運行している( ̄ω ̄;)
なので3人で仕度をし、06:03、登山口スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
3_2013091222500678e.jpg
普段はよほどの事がないとポールは出さないんだけど、今回はとにかく途中でリタイヤできないし(リタイヤしたらヘリ呼ばないとなのでww)ひたすら楽する方向で歩くww
だからザックも超軽量化したはずなんだけど、結局11キロくらいに・・・って、去年のこの頃って、11キロでもギリギリだったのか
今、標準装備で10キロくらいなのに。。。( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
デジイチだけで1キロってのがな・・・
そのデジイチも、今回に限り、雪渓登りにかなりビビッテたので、登りではザックに仕舞いこみ、コンデジでの撮影なので、画質はイマイチです(;^ω^)

07:19、大沢小屋到着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
中を覗いただけで、すぐ出発w
6_20130912225008732.jpg

だらだらと林道を歩き、07:55、日本三大雪渓の一つ、針ノ木大雪渓到着にて、アイゼンを着用するカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
7_20130912225009331.jpg

もう時期が時期なので、雪渓も汚れまくり・・・w
ガッチガチに凍ってるのかと思ったけれど、凍ってる箇所も多少ありの、腐れ雪でした。
まぁ、我ら新潟県民なので、これしきの雪ではなんともないんだけど、どこか都会からいらっしゃったパーティーなのかな、雪渓を登れずにズルズル滑り落ちてく方とか(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
そして誰もサポートせず。。。てか、出来ないのかな、みんな必死で(´;ω;`)
そして、どんどん右側へ。。。

雪に穴開いてますよヒャヒャ━━━━(´;゚;ё;゚;`)━━━━
45_2013091222501071a.jpg
近づきすぎると落ちますよ( ̄ω ̄;)

登り切れるか┣¨キ(*゚益゚*)┣¨キだったけど、先生方がゆっくり登ってくれたので着いていけた
「バテると楽しくない思い出になるからねってNさんが言ってくれて、確かにその通りって思って。
これは後に、Nさんの私に対する気遣いと判明
8_20130912225702ee0.jpg

何度も休憩を入れながら登りました。
休憩場所も、落石が落ちてこない場所を選びながらの休憩な訳ですよ。
その場所選びが、私にはまだ、いまいち分からないのであります_ノ乙(、ン、)_
9_20130912225707865.jpg

全然余裕がなくて、写真もあんまり撮ってなかったみたいでww
雪渓が終わりに近づいた時、Nさんが「危ない!!」って叫んで、どうしたのかと思ったら、雪渓の穴に誰か落ちたみたいでアタフタ((ヽ(;´Д`)ノ))アタフタ
なんとか這い上がって難を逃れたみたいだけど、沢の水が激しく流れてたら、雪渓の下に流れ込んでナムーですよ。。。
「あのまま流れたら、何年も遺体上がらないよ(;´・ω・)」ってNさんが言ってた・・・コワイ。゚(゚´Д`゚)゚。
なので、私たちはもっと手前から脇にある夏道へ移動。
割れかけた雪渓ギリギリまで行く事ないのにね(;´・ω・)
12_201309122257102fd.jpg
雪渓の歩いてもいい場所に、赤いスプレーでルートを記してあるのに、それでも見てると、後続組もギリギリ雪渓の終わりまで登って来てました。

雪渓を登り終ると、若干整備されてる風のかなり滑りやすいジグザグの夏道を上がり。
登山道脇にはチングルマとコイワカガミがお出迎えしてくれて(人´∀`).☆.。.:*・°
そして写真がないww
ここまで上がってくると、やっと小屋が見え初めてテンションUP
↓TさんとNさんが「爺ヶ岳か?」って言ってましたw
10_2013091222570842e.jpg

ちょうど10時頃、小屋着ヽ(´ω`)ノ
写真撮ってないので、正確な時間が分からない(´゚ω゚):;*.:;ブッ
でも10時頃だったと思う
14_2013091222571165d.jpg
小屋から見える景色
やっとデジイチを出して撮影
本当は6時間の行程で予定を組んでたんだけど、4時間で上がってしまい(;^ω^)
参考タイムは5時間くらいになってるのかな?
のんびり休憩を入れながら登って来たんだけど、予想外に早く着いちゃって「このままじゃ延々ビール飲むしかないよとNさんww
そんな訳にもいかないから、部屋にザックをデポして蓮華岳に向かう事に。

部屋に案内されたら、縫い止められた2枚の布団で5人寝てくれと。。。


ブ━━━━∵;(;:゜:鑾;゜;,);:∵━━━ッ!!


小屋は激混み、うちら3人と、お隣さん二人でどーすんべ( ̄ω ̄;)と固まりつつww
「今の時期、掛け布団なんていらないから、この掛け布団を敷いてTさん通路で寝てよ!!」って鬼の雪野ww
掛け布団を半分に折って、即席寝袋の出来上がりヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
でも一枚の布団に二人で寝なくちゃ。。。
過酷な夜が待っているダラダラ━(il`・ω・´;) ━ダラダラ

とりあえずその前に、アタックザックに入れ替えて、お山一つ取ってこようヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
2013_09
08
(Sun)23:49

2012/07/22 二王子@女子登山

最新報告

今日は雨、雨ゆえに雨飾山中止( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
だらだらー_ノ乙(、ン、)_



さてこの日は、某SNSの登山コミュで仲良くなって、現在、姉妹の契りを交わしたNちゃん&Iちゃんとの二王子女子登山
NちゃんとIちゃんを引き合わせる為の山行でもありました
この時点で三姉妹だったけど、現在五姉妹となりました

チョイスした山は、前月にも登った二王子岳
Nちゃんの大好きな山であり、Iちゃん未踏の山って事で

6時ちょっと前スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
2_201309082252510ce.jpg

二か月前とは、お花の種類も変わってますね
3_20130908225253b3c.jpg

4_2013090822525519d.jpg

5_20130908225256299.jpg

二合目の水場手前、めまいが襲って来る
あぁ、今日はもうだめだ。。。_ノ乙(、ン、)_
Iちゃんも、なんだかゲッソリしている(ヽ´ω`)グッタリ

朝のお勤め、不発です!!

今でこそ、朝のお勤めという、なんとも響きのいい表現の仕方を見つけましたが、要はアレです・・・
排便です!!(キッパリ

これね、冗談抜きで、体調悪いと貧血みたいな症状に襲われるんですわ(;^ω^)
Iちゃんはただ単に、ちょっとペースが合わなかったのかもしれないけど(お勤めかもしれないけどww)
こーゆー時はゆっくり歩いて、なんとか治まるのを待ちます( ̄ω ̄;)

何となくペースを取り戻しつつ、3合目をちょっと過ぎたところで、サンカヨウの実を見つけた
3人で「おいしそう、食べれるのかな」ってプチ会議したけど、分からないものは食べない事にしていますw
後で調べたら、おいしいらしいです。゚(゚´Д`゚)゚。
7_20130908225317ed2.jpg

前回、崩れた登山道の迂回ルートが作りかけだったけど、きれいに階段が設置されてました
8_201309082253197e3.jpg

空もキレイな青・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
9_20130908225321bc5.jpg

ワイワイ言いながら、五合目着ですヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
10_201309082253237eb.jpg

前回は、残雪のたくさん残る二王子でしたが、前の景色と重ねることが出来ないくらいに、藪ボーボーになっていて、こんなとこあったっけ(;^ω^)と言いながら登って行きますw
Nちゃんも前回は、残雪の時期で・・・というか、前回私が登った時、前の日に二王子に登っていて、小屋にプレゼント隠しておいてくれた子なんです

そんな「どこよ、ここ?」の藪道で、セミさんヽ(*`Д『+』ゞ ハッケン!!
ご臨終ですかいな(ノ I `。) ウゥ・・・
11_20130908225325f75.jpg

死んだフリー( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
12_20130908231139d6a.jpg

13_20130908231141b92.jpg

この写真じゃ見えないだろうけど、肉眼では見えました、オレンジのカマボコと呼ばれる避難小屋w
14_201309082311423cb.jpg

15_201309082311454d4.jpg

16_20130908231147fab.jpg

油こぼしを這い上がりヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
この時、すでに下山されてきたおじさまに、応援されながら這い上がりますww
這い上がる前に、二王子や飯豊の話をたくさんして下さったので、下越山岳会の方かもしれませんね
18_2013090823130892d.jpg

19_20130908231310ba6.jpg

Nちゃんは、本当に素直で何にでも感動してくれてw
こんな腐ったギンリョウソウでも「初めて見たと喜んでくれてww
20_201309082316050c0.jpg

キスゲも喜んでくれてたなぁ
21_20130908231313672.jpg

22_201309082313187d2.jpg

ショウジョウバカマも、まだ咲いていたヮ(゚д゚)ォ!
25_20130908231750f72.jpg

カマボコ近づいたーハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
27_201309082317514e7.jpg

ここから先は、Nちゃん、Iちゃん、初めてのお花がいっぱいでしたw
28_20130908231753e28.jpg

29_201309082317544ff.jpg

30_20130908231755baf.jpg

31_20130908231934e71.jpg

33_2013090823193778f.jpg

前回、広い残雪に覆われていた場所からは、池が現れオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
32_2013090823193502a.jpg

ついにカマボコキタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
34_20130908231943cd5.jpg

飯豊方面は、頭をガスで隠してました(´・ω・`) ショボーン
35_20130908231945dae.jpg

「ここから見える飯豊が好きなんです」とNちゃん。
初めての展望に、Iちゃんも喜んでたな
山頂で記念撮影をしてから、山頂ちょっと手前のVIPルームと呼んでいる、5~6人が座れる程度の広場へヽ(´ω`)ノ
運良く空いていたのでw

さて今回は女子会です。
そうです、食べることが目的です!!!

山の上でサラダが出たりー
40_20130908232456a90.jpg

フルーツに饅頭が出たりー
39_20130908232455935.jpg

お約束のパスタ!
38_2013090823245190c.jpg

あー、たまらん'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ




ワイワイキャッキャしていたら、なんとNちゃんのザックに

Nちゃん、甲虫類が大嫌いですww
でも、Nちゃんは男の子がいるので、子供たちは大好きでしょw
この動画を見て「ジェイク!」と叫んでいたらしいですw(当時のアニメか特撮にクワガタの何かがいたらしい?)

41_20130908232457bb3.jpg



42_20130908232458c7a.jpg

43_2013090823360294e.jpg


嫌がってるのはNちゃんだけで、雪野さんは大興奮ww
楽しかったw

満腹になって、ティータイムまでして、いっぱい話して笑って、だけどそろろろ下山の時間です。
まだ居たいと思いながら、サヨナラカマボコです( ´・ω・`)ノ~バイバイ
44_201309082336076c7.jpg

だって、急いで下山せねば・・・
46_20130908233608266.jpg

帰りは帰りで、ワイワイガヤガヤな女子登山。
ゴール間近になったら、3人とも手がむくんでたっけw
なんだったんだろう、あれ(;^ω^)
54_201309082339341c1.jpg

下山してもまっすぐ帰らず・・・
55_20130908233935089.jpg
まだ足りんのか!!って感じで、スギサキのアイスを食べてから帰りました。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

春にNちゃんは赤ちゃんを産んだので、今は少し育児休暇中
早くまた一緒に登りたいな


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif
2013_09
05
(Thu)23:46

2012/07/15 約束の浄土平Part4

最新報告

日曜はアホ友たちと平標山の小屋で、山飯登山をする予定だったけど、お天気がね。。。
で、いつもの避難小屋に変更したけれど、お天気がね。。。
で、結局、某ダム公園の東屋で( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
東屋内にいても、横風が吹くので雨まみれ。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

しょっぱなから、おかしな人に出会いました( ̄ω ̄;)


そして東屋で、食べるわ食べるわの┌(_Д_┌ )┐
しかもこれ、流しそうめん機持参で、流しそうめんをした訳ですww
BB2

BB.jpg

ブロックベーコンの正しい利用方法
BB3

スモークチーズも、山友が現地でスモークさせましたww
bb1

スモークチーズとベーコンのコラボ
bb4

そして、かき氷機も持ち込み、かき氷大葉乗せww
bb



アホ友の中に、2名9月生まれがいるので、バースデーケーキも持ち込みw
bb5

〆はあったか鶏汁で、稲庭うどんで終了ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
bb6
よ~食った(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・

これを実際、山で担いで上がろうとしたアホ部隊
そして、これだけの量を、ちゃんと食べきったアホ部隊
恐るべしガクブル(((ノ)ŎдŎ(ヽ)))ガクブル

そして水曜、またもたいつものラーメン屋さんに(((((((( っ´_ゝ`)っブーン
水曜はいつもと別メニューの、限定ラーメンの日
魚介豚骨ラーメンのチャーシューとメンマトッピング
中田
所長、うまかったです(o’∇<)ノ゚・*:.。. ☆ありがとぅ☆.。.:*・゜ヽ(>∇’o)




さて、前回の続き。
小富士を下山し、洗顔やら歯磨きやら・・・
化粧道具は忘れたので、化粧をする時間はいらない`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!
て感じで、風がちょっと強かったので、駐車場内にある浄土平ビジターセンターの入口ベンチで、風をよけながら朝食。
友達が6時半位に家を出たというので、あれこれ計算しながらの朝食w
DVC00007.jpg
もともとお粥が得意じゃないので・・・マズかった゚(゚´Д`゚)゚
ワンタンはうまし(((゚¬゚*))) >

その間、関東から北海道に向けて、山に登りながら移動しているんだというおじさんとお話。
新潟の山にもたくさん登られたらしく、楽しいお話が出来ました(*´艸`*)
そのおじさん、本当は霊山に登りたかったらしいんだけど、登山口がわからなくて一切経に移動して来たとの事(;^ω^)
その話を聞いてから、私も霊山に興味津々で( ´,_ゝ`)フヒヒ

話は脱線したけれど、おじさんとの会話を楽しみつつ、そろそろ友達が到着してもいい頃じゃねー!?なんて思いながら、登山の準備を始めます。
登山の準備も整う頃、私の車の後ろにビターッっとでっかい車が停まりました。
ちょっとくっつき過ぎじゃねーヽ(`Д´)ノなんて思いながらも、あえて文句は言わない雪野さんです(*´ェ`*)
そしたらその車の中から、ゲラゲラと大声で笑う助手席の女の人( ̄ω ̄;)

おぉ、そうか・・・

おぬしー( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお

なんつって、こんにちは☆。.(〃・ω艸)ェヘヘ♪  

そこには、いつも楽しい話を聞かせてくれるMと、Mの相方さんがいた
本人談によると、数十分前には既に着いており「気づかねーかなー(´∀`*)」と遠くから眺めてたらしいです(;´・ω・)
Mには私の車種やらナンバーやらを伝えてありました。
だがしかし、私ははM夫妻が乗っている車を知りませんヽ(#`_つ´)
相方さんに「そろそろ行ってあげたら(;´・ω・)」って言われたから来たんだって(゚`ェ´゚)
なんつーSっぷり(ノ I `。) ウゥ・・・

まぁ、そんなこんながありまして、協議の結果、お天気悪しで一緒に登ろうと思ってた一切経山は中止に(´・ω・`) ショボーン
その代わり、M夫妻の大好きな吾妻小舎&鳥子平に行く事に(((((((( っ´_ゝ`)っブーン

まぁ、雪野さんは前日に行ってしまったんだけどね|ω・`)チラ

吾妻小舎に向かって歩き出します∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
2人とも歩くスピードが・・・早いil||li _| ̄|○ il||li
鼻の穴を広げながらついて行きました /ヽァ…/ヽァ…ε~il||li┌(i|i|i´Д`)ノil||li

途中、前日に気づかなかった薄ピンクのシャクナゲを発見し、Mがうれしそうに写真を撮ります
あー、いつもブログに載ってる写真は、こうやって撮ってるんだな(。→ˇ艸←)プククッ☆ と、私も何だかうれしくなります(ノε`*)ンププ

そして吾妻小舎ちょっと手前、Mに見せたかった植物の群衆が(ΦωΦ)フフフ…
50_20130905232402ceb.jpg
吾妻小舎に何度も来てるのに、今まで発見してなかったそうだ(ノε`*)ンププ
てか、この角度でのギンリョウソウは、キモ度UP( ´;゚;ё;゚;)キモー

これならいいかなw
52_20130905232904736.jpg

そして2度目の吾妻小舎着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
47_20130905232356fdb.jpg

ハイ、この日も頂きました。
しかもM夫妻の奢りでサンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪
Mが昔、ここのコーヒーをこんな風に飲んで、カップのコーヒーに映る緑の木々を写した写真が、ものすごくキレイだったのを覚えてる
私なら、コーヒーにそんな風景が写ってる事すら、気づかないだろうな。。。
49_2013090523240085c.jpg
コーヒーを飲んでる時、激しい雨が降っていたんだけど、小舎を囲んでいる木のおかげなのか、うちらは全く濡れず(;´・ω・)
外のベンチで飲んでるのに、雨が降ってる事すら気づいてなかったw

そして、この吾妻小舎は、木の枝を避けながら建てられてるんだよって教えてもらった。
48_20130905232358463.jpg
木の枝を切る事なく、逆に建物を避けようという発想。
なんか素敵だなぁって思った

そして、相方さんとはここで( ´・ω・`)ノ~バイバイ
足の調子が悪いのに、ここまで付き合ってくれたのでした(ρε;)
相方さんと分かれ、Mと鳥子平へ向かいます(((((((( っ´_ゝ`)っブーン
Mは、このトレッキングルートを通っての鳥子平は、初めてだったらしい(。→ˇ艸←)プククッ☆

途中、謎のキノコがあったり・・・
51_20130905233231e84.jpg

ゴゼンタチバナもまだいっぱい咲いていた
55_201309052332331f4.jpg

前日とは逆回りで見る鳥子平もいいね
58_2013090523323631a.jpg
木道に座って、先客さんたちがランチタイム。
そんな風景も絵になるね(*´艸`*)

この日は空が曇っていたので、一緒に見たかったミヤマリンドウも開く事なくツボミのまま(。-´ェ`-)シュンシュン
でも、モウセンゴケを見ながら、2人ですごい格好で写真を撮っていたなぁww
木道からずり落ちるんじゃないか?ってくらい、カメラを接写させてたww
57_20130905233234a36.jpg
そしてふと気づく。
ここから浄土平の駐車場まで歩いてどれくらいだろう(ノд`ι)ウーン・・・
1時間くらい??
相方さんに戻るって言った時間より、大幅にオーバーしてるーガ━━(;゚Д゚)━━ン!

て事で、来た道を戻るより、車道に出た方が早いだろうと、車道を急ぎ足で歩く(´゚ω゚):;*.:;ブッ

途中、まっ黄色のお花が群生していた
60_20130905233238167.jpg

59_201309052334263e2.jpg
Mは花に詳しくて、これは帰化植物なんだと教えてくれた。
見るからに洋物ぽいけど、群生してる姿はきれいだったw

歩いて歩いて・・・目の前に一切経が見えてきたヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ
63_20130905233428bc1.jpg

そして浄土平の端っこ着ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
64_20130905233430435.jpg

急いでる割に何だかんだと写真を撮る訳で・・・ww
イソツツジ
65_201309052334324a6.jpg

小富士の向こうに見えた空。
いつの間にやら青空に(;´・ω・)
それでも、東吾妻から降りてくるガスを見て、Mに「さすがだなww」とか言われたっけ(;^ω^)
67_201309052336416fe.jpg

雲が形を変え、ラピュタの龍の巣が出来上がった( ̄ω ̄;)
ある・・・あそこには何かがある(常に妄想癖)
66_20130905233434a4c.jpg

途中、朝おしゃべりしたおじさんと会い、あれから一切経~東吾妻と登って来たと言った(;゚;艸;゚;)ぅ゛…
おじさん、猛者過ぎる・・・しかも寒いのに半袖短パンだったwww
あれから無事に北海道まで行けたかな(*´艸`*)

初めての浄土平。
名前の如く、2日間とも天国にいるかのような景色が広がっていた。
そしてこの場所で、友に会えた。
たくさんの思い出が詰まった場所。
だからここは、特別な場所。

親しき友と書いてシンユウと読む。
私にとっては、Mもシンユウ。
だけど私のそれは、心の友と書く。
56_20130905233639e45.jpg

またここで、会いましょうヾ(*'-'*)マタネー♪


参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif