FC2ブログ

 

2013, 05. 18 (Sat) 00:30

ひとり旅から帰ってきて、なんだか一週間ボケーッっとしていました(;^ω^)
なんだかじわじわと脱力というか、あれこれ思い出したというか・・・

今回の旅は、GWに平日休みがもらえたって事で、被災地を訪れるつもりで山を選んでいました。
山に行く前に、思い出の残る相馬の海へ行きました。
もう10年以上前に、友達10人近くでここに来て、潮干狩りして泊まったりした、そんな思い出の残る街。

残念ながら、潮干狩りや泊まった宿のある松川浦から、朝日の見えるスポットを探す事ができず、辿り着いたのは相馬港。
ここまで辿り着くにも、行き止まりだったり進入禁止だったりで、行ったり来たりの繰り返しで、日の出には若干間に合いませんでした。
主要道路や人の多い場所は、結構復興が進んでいても、少し海沿いに入ってみたら、まだまだです・・・

静かに凪ぐ海を見ながら、これがあの日と同じ海なのか。。。と思いながら見ていました。
6_20130517233431.jpg

7_20130517233433.jpg

8_20130517233435.jpg

何もなかったように穏やかな海でも、ふと別の場所に目をやれば、あの日のまま時が止まった場所もあり。
9_20130517233436.jpg

13_20130517233506.jpg

15_20130517233508.jpg

16_20130517233511.jpg

17_20130517233513.jpg

瓦礫は撤去されて、何もなくなってしまった街。
確かにそこに、人が生活してたのに。
11_20130517233437.jpg

パノラマ

24_20130517234911.jpg

23_20130517234953.jpg

35_20130517234955.jpg

34_20130517235247.jpg

26_20130517234954.jpg

線路も駅もなくなって、プラットホームだけが残る場所。
37_20130517235545.jpg

沢山の笑い声が聞こえただろう場所。
40_20130517235601.jpg

瓦礫の山。
38_20130517235711.jpg

39_20130517235713.jpg

41_20130517235714.jpg

入れない場所。
42_20130517235758.jpg

全村避難が解除されず、自分の家に戻れない村。
43_20130517235759.jpg

荒れてしまった畑。
44_20130517235800.jpg

あの日、迫り来る波を見ていた場所。
10_20130517235924.jpg

12_20130517235926.jpg

実際に自分の目で見てきて、2年経ってもこれだけの衝撃を受けて。
何をどうしたらいいのか分からずに、虚しくて、もどかしくて。
福島の海は穏やかで、美しかった。
14_20130517235927.jpg

それでもまた陽は昇り。
25_20130517235929.jpg

忘れないように。
あの日を忘れない事が、一番大事なんだと思った。

私が山に登り始めたきっかけのひとつは、震災で外に出れなくなった友に季節を届ける為に、山に桜を撮りに出かけたことが始まり。
これからも機会があれば、被災地の景色を届けたいと思います。
桜
今年一番美しい桜は、飯舘村で。
スポンサーサイト