FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
ハイ、おひさし(=°ω°)ノ
生きてたけど冬眠してました(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
今年は雪がすごかったので、1月は一度も登らず、2月は会山行があったのでギリ・・・
車を掘り起こす方がめんどくさくて徒歩出勤が多かったので、休日に車を掘り起こすというサイクルでやってたので、山に行く気なんて起きませんよ。。。
その流れでダラダラやってて、やっと最近、ちょっとだけエンジンかかってきた感じです(;'∀')
なんせこれから花の季節ですので、やっと楽しい時期がやって来ました♪
今年の冬、全くエンジンがかからなかったのは、空がグレー過ぎたから。
先シーズン、モノクロでお気に入りの写真を何枚か撮ったので、今年は青と白って脳内で決まってたんですが、その色じゃない日はカメラ持つ気にもなれなかった・・・と下界堪能してたら、あっという間に2ヶ月登らない感じでありました((´∀`*))ヶラヶラ
下界が楽しいなら、それはそれでよしです(*´ω`*)
雪かきのおかげで二の腕の筋肉は一時的に発達してましたが、無事元に戻りました*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
1月の半ば辺りに、ともちゃんから某お山の某所で爆笑な写真を発見したとのタレコミがあったので確認に行きたかったんだけど、そこも青と白じゃないと意味がないお山だったので、今シーズンは行きそびれて終わりました・・・
山友Sさんはそのお山に先日行ったみたいだけど、果たしてその写真は発見したのだろうか(*`艸´)ウシシシ
夏は行ってもしょうがない山な気がするので、来冬まで行きません(´∀`*)ウフフ

動きもしないのに肉食べまくったり・・・
5_20180321234834063.jpg

コカコーラで当たったケーキを食べまくってみたり。
7_20180321234835fe0.jpg

たまに動きます。
やっとガチで山に入ろうかと思ったら、やっぱ藪からで( ̄ω ̄;)
でもそれが一番楽しかったりする・・・グハッ!!( ゚∀゚)・∵.
8_20180321235114cfa.jpg


地元の藪山も雪解けがハイスピードで進み、そろそろ下の方は完全藪になって来ました。
この前の日曜は久々の雪野リーダーで会山行でしたが、日差しが強すぎて3日ほど紫外線アレルギーの影響で頭痛が治りませんで。。。
アレルギー薬でも押さえられなかったみたいですね。
でも会のお姉さま方と、楽しくていい一日でした(。・w・。) ププッ
4_20180321234832997.jpg



さてと、3ヶ月も放置したので、もはや記憶が薄れる前に消え去ってる状態なのですが、どこまで復元できるのやら(;´∀`)
北ノ俣岳のつづき。


昼寝をしてしばらくしたら、外から熊鈴の音が聞こえます。
下山途中で水の補給に寄った登山者さんだなぁとか思いながら、私は今寝てるから、お願いだから小屋のドアは開けてくれるなと思いながら寝続けます。
そしてまた気を失い、すごい雨音で目が覚めます。
小屋の戸を開けると、小屋前の登山道が沢になってましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
91_201803220000426c4.jpg

そして雪野さん、重大な事に気が付きます。
後で水を2ℓ汲もうと思ったまま、汲まずに昼寝に突入してしまった事を。。。
雨が小降りになったのを見計らって水場に行ってみると、案の定、水は濁り水に・・・
汲むのは辞めて小屋に戻り、また外を見てみると登山道を走って来る登山者さんが一名。
小屋泊まりの方だったらしく、急いで中に招き入れ。
地元富山のお兄様で、どうやら山好きが高じて都会から富山に移住なさった方の様で、新潟から来たと話したら「新潟なら飯豊とか?」と言われたので「今日も飯豊の予定だったんだけど、天気がダメで初日だけでも晴れ予定のこっちに来ました」なんて話しました。
お兄さんも明日の天気は100%ダメと思ってたので、行こうか行くまいか悩んでたらスタートが2時になったとかで。。。
泊り装備で、3時間でここまで来たんかいガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
お話を進めていくうちに、超猛者だと分かり。。。
いろんなお話を聞かせてもらって、楽しかったです。

この日の夕ご飯はレトルトカレー。
お兄さんは食にはこだわらないようで、尾西ってました。
93_20180322000045d10.jpg

でもお酒は持って来てたので、一緒に酒盛りをし、お約束のサラダホープを差し出して、翌日の為に8時ごろ寝たかな?
夜中にお兄さんが一回起きたので、朝かと思ったらトイレに行くというので、私もお兄さんの後に放射ブッ(´→з←):;*.:;
そして3時くらいにお兄さんと一緒に起き、4時前にお兄さんは黒部五郎に向けて旅立ったので、お見送りして私は帰り支度です。
でもとりあえず空はグレーだけど雨は止み、早いうちならなんとか雨に打たれないかも。。。と思い、急いでサブザックにあれこれ詰め込み、4:40に私も小屋を出ました。
ほんとはね、この日は荒れるって分かってるんだから上がらないのが正解だと思います。
グレーだと雷鳥出るかも。。。なんて誘惑に負けてる所が、まだまだダメ人間ですよね。
アルプスの稜線で雷なんか鳴ったら終了コースですよ。
ド素人丸出しで、反省正座コースです_(:3」∠)_

寺地山、ガスに飲まれる。
94_20180322000047be4.jpg

進行方向、更に飲まれてる( ̄ω ̄;)
95_20180322000048804.jpg

木道が終わり、ガス帯に突入します。
97_20180322001401867.jpg

ネバリノギラン。
98_20180322001819028.jpg

ハイマツ帯に突入すると、風が強くなってくる。
朝はチゲ雑炊を食べたんだけど、スタートして1時間ほどで腹が減る( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
99_2018032200182125b.jpg

ハクサンシャクナゲ
100_201803220018225fd.jpg

ミヤマダイコンソウがいっぱい。
101_201803220018245d5.jpg

強風により、せっかく今シーズン初のトウヤクリンドウもブレブレで撮れず┌┛┌┛ズコ!
102_201803220018251ec.jpg

初見のムシトリスミレも撮れない。。。
103_20180322002035625.jpg

と、上から下りて来た富山のお兄さんに遭遇。
結局天気が悪いので、隣の赤木岳で戻って来たとのこと。
稜線すぐそこだよ!と励ましてもらい、あとは私のランタンにいたく感動なさってたので、Amazonで買いなされとのお話を最後にし、お別れしました。

稜線に上がると風はいくらか収まりました。
イブキジャコウソウを見るのは何年ぶりだろう(。・w・。) ププッ
104_20180322002037b38.jpg

ナメクジは結構見る。。。
105_201803220020388b9.jpg

晴れてればなぁ。。。な、お花畑・・・
106_20180322002040d68.jpg

6:44、2時間で分岐の木道にぶつかる。
コースタイム通りブッ(´→з←):;*.:;
107_201803220020428d7.jpg

稜線にはまだ雪が残り、ハクサンイチゲが真っ盛り。
108_20180322002520364.jpg

今年初のアオノツガザクラも、お約束でブレブレ・・・
109_20180322002522ebd.jpg

下の池塘の辺りでは穂だったチングルマも、稜線ではまだ花。
110_201803220025230eb.jpg

木道にぶつかってから7分、山頂着。
111_20180322002524517.jpg

112_20180322002525e67.jpg

雷鳥はいないし、空のご機嫌が悪いので急いで下山します。
が、ケルン遊びだけは辞めず(;'∀')
でも急いでたので1個で辞めました・・・
113_201803220028202aa.jpg

三角点も撮ったら急いで下山。
1時間で小屋まで戻る!と気合を入れますε=ε=ε=ε=ε=┏(o゜ε゜o;)┛ダダダッ!!
114_20180322002821ed1.jpg

小走りで下りながら、もうすぐ池塘のある木道と言う所で雨が強くなって来たのでカッパを着て更に急ぎたいのですが、木道が滑る&ここの木道は浮き木道なので慎重に(((((((;´д`)))))))
コバイケイソウは2株しか開花してなくて、西はあまり咲いてないなぁ。。。と思いながら、カメラを仕舞いました。
116_20180322002825829.jpg

小屋までは何とか50分で到着し、小屋までもう一歩と言う所で木道で滑って派手に転びました┌┛┌┛ズコ!
「いってぇ!」と大声で叫んだところで、小屋にお兄さんの影。
富山のお兄さんが休憩してたのかと思ったら、初めましてのお兄さんでした(;^ω^)
どうやら黒部五郎に小屋泊まりの予定だったらしいけど。。。
「上は風も強いし天気も今日はこのままですよ」と言ったんだけど、その後どうなさったのか。。。
小屋泊まりの予定なら、泊り装備できてないだろうから、この避難小屋に泊まるって選択もないんだろうし。
まずまぁ、さすがの私でも、この日に黒部五郎へ向かう選択肢がまずないですね(;´Д`)
天気はどんどん崩れてくる予定なので、私は急いで下山です。
お兄さんに気をつけてと挨拶をし、8時ちょい前に下山開始。
2日目が荒れると分かってて、あえてこの山をチョイスしたのは、この避難小屋から樹林帯突入への距離が数百メートルしかないからです。
森林限界を歩き回るより、落雷のリスクが少ないと考えたから、あえて出向きました。
まぁ、泊らず初日日帰りの方が一番いいですけどね。

濁流と化した登山道を必死に歩きながら、途中でも1名の登山者さんに遭遇。
北ノ俣の避難小屋が傾いてるって注意書きがあったので、太郎平小屋に行こうと思うんだけどとおっしゃったので、北ノ俣も泊まる分には問題ないって事と、稜線は強風で荒れてるので、行かない方がいいと伝え。
さらに翌日も雨100%並みの予報だった気がするので、出会った2人の登山者さんがどうされたか。

靴も浸水しまくって、裸足で歩いてるのと変わらない状態でしたが、結局靴も劣化して来てたので新調する運びとなったのはこの後です。。。(*・з・)ぷッ
ダラダラの登山道をげんなりしながら歩き、11:42、無事ゴール。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
あまりの汚さに、どうやって車に乗り込めばいいのか分からない状態でした(;´∀`)アハハ
結局、初日移動で着て来たパジャマ兼私服で温泉まで移動し、無事こぎれいになりました(;^ω^)
帰り道、道の駅に寄りたかったんだけど車から出れないくらいの豪雨になり、あの二人の方はどうしたかなぁ?なんて心配しながら新潟に戻りました。

今回はガス過ぎて見れなかった稜線からの景色。
稜線から北ノ俣岳の山頂への景色がすごく美しいので、いつかちゃんと晴れが約束された時に、再訪したいなって思います。
登山口が遠すぎるので、またそのうちです。。。(;´∀`)


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



スポンサーサイト




【2018/03/22 01:05】 | 北アルプス
トラックバック(0) |
今日は絶対早起きもしないし、山に行く気も起きないんだろうなぁ。。。って事で、案の定、二度寝三度寝を繰り返したら、12時間寝てましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
寝すぎて腰がやられた。。。_(。゚⊿ 」∠)_
頭痛いなぁ_(:3」∠)_
ダラダラサボりつつ、大掃除をちょっとずつ始めました、めんどくさいZzz....(_ _*)・.。*



北ノ俣岳のつづき


寺地山を過ぎると、また一旦ガクーンと高度を下げます。。。
うんざりするほど下がります(;´Д`)
一旦、鞍部に下り立つと、また草原風の湿原の登場で・・・

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

117_20171217224837083.jpg

白いタテヤマリンドウだウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
118_20171217224838619.jpg

白いミヤマリンドウは見た事があったけど、タテヤマリンドウは初めて♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
興奮しすぎて心臓がバクバクするくらいだったけど、振り返った瞬間に、後ろのエリアも白花のタテヤマリンドウがボコボコ咲き乱れ、若干パニック└(:3」┌)┘))ジタバタ
ここは白いタテヤマリンドウのエリアなんだなって、暑さでグッタリしながらもうれしかったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

道中、一輪だけヒッソリと紫のミヤマリンドウ・・・
ミヤマリンドウを一輪しか見つけられなかったというのも、なかなかない体験です(;^ω^)
50_20171217224623b83.jpg

笠ヶ岳が見えるらしいんだけど、ガスってきて見えず。
51_20171217224624b21.jpg

イワカガミも、まだ咲いていました♪
52_201712172246269f5.jpg

北ノ俣岳もガスの中に消えてしまいました(;´∀`)
53_20171217224627bf6.jpg

10:50、小屋への分岐着。
この分岐から数100mで着くらしい。
55_201712172323226dd.jpg

200mくらいかな・・・
三角屋根の北ノ俣岳避難小屋着。
57_2017121722483404e.jpg
満室だったらどうしようと、ドキドキしながらドアを開けると、誰もおらず荷物すらデポしてない・・・
今の所貸し切り_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

小屋前にある水もジャンジャン流れています。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
今回は水が豊富な小屋だという事で、水を省けたので荷物は18㌔と軽くでき、ほんと助かりました(;´∀`)
水の流れる音がうるさすぎて、寝れなさそうな勢いです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
58_201712172248357eb.jpg

とりあえず小屋にザックを投げ入れ、分岐の先へ散歩に行く事にしました。
もう山頂のある稜線はガスに飲み込まれてしまったので、無理して稜線へは上がらず、のんびりをここに居る事を楽しみます♪
小屋の近くでは、アカモノが咲いていました。
何度見てもかわいい.゚+.(´∀`*).+゚.
59_20171217232721101.jpg

イワイチョウも。
クローズアップレンズの10倍で撮りました。
60_20171217232722d32.jpg

そしてここも・・・
タテヤマリンドウは白花しか咲いておらず。。。
61_20171217232724f15.jpg

こんな風に、白だけです。。。
レア感、全くなし(;´Д`)
74_2017121723312142d.jpg

ここでもまた一輪だけ、紫のミヤマリンドウを|´・д・)σ 発見!
非常に申し訳なさそうに咲いてました(;´∀`)
62_20171217232725ed9.jpg

2キロ以上にわたる湿原が広がり・・・って寺地山ではなくここの事だったんだね(;^ω^)
北ノ俣岳の裾野、ぜーんぶ湿原みたいォオー!!(゚д゚屮)屮
しばらく木道を上がって行くのですが、この木道が非常に斜めっている上に、浮石ならぬ浮き木道で、気づかず乗っかるとシーソー状態で危ないです(;゚Д゚)
ここの木道は、足を乗せても大丈夫な木道なのか、一歩ずつ確かめながら進まなくてはいけません(;´∀`)
63_20171217232727972.jpg

振り返る。
右にあるピークが寺地山。
64_201712172331143b9.jpg

キンコウカも咲き始めていました。
これを見ると、なんとなく秋を感じる。
65_20171217233116dc0.jpg

キスゲのアップ。
66_20171217233118a9e.jpg

チングルマ。
67_20171217233119f8c.jpg

昼に近づいて来たので、ガスが下がって来ました(;´∀`)
68_20171217233904a3d.jpg

木道の終点近く、池塘がいくつかあったので、ここでティータイム
だ~れもいないので、のんびり過ごします(*´ω`*)
71_20171217233908942.jpg

72_201712172339103e4.jpg

少な目だけど、ワタスゲゆらゆら。
70_2017121723390765e.jpg

73_201712172341500e9.jpg

だいぶのんびりしたし、お腹も空いて来たので、そろそろ戻ります。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
75_201712172341512d2.jpg

モウセンちゃん💓
76_201712172341524e2.jpg

イワイチョウ。
77_20171217234154346.jpg

そして小屋の入り口、破損中(゚Д゚;)
78_20171217234155c49.jpg

中に入って寝床のセッティングです。
なんだか小屋も斜めっているようです(;'∀')
右側に頭を持って行かないと、多分、頭に血が上るレベルの斜めです。。。
90_20171217234501ac8.jpg
奥の扉からトイレに行けるらしいのですが、使用禁止との事で覗きにだけ行きました。
でもこの小屋のトイレはここだけではありません。
実は外にもあるのです、ゆえに偵察に行きます♬(((o(*゚▽゚*)o)))♬
85_20171217235654396.jpg

まずは立派な門を通り抜けますキュィーン ……ε( o・ェ・)o
86_201712172356559bb.jpg

2つ目の門を通り抜けると・・・
87_20171217235657c9b.jpg

塩ビのパイプ式水洗トイレ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
88_20171217235659158.jpg
中を覗くと、かなり勢いよく水が流れています。
小屋前の水と同じとこから引っ張ってるんだろうと思われます。
ただ問題は、15センチ程度であろうこのパイプの穴に、的を外さないように正確に打ち込まなければいけません。
よし、超開放的なトイレで、まず放水してみようo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

スッキリ・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

こゆトイレが無理とか言う人もいっぱい居ましたが、お金払って営業小屋に泊まればいいと思います*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
この小屋は縦走するのにすごくいい場所に建ってるし、こんな風に整備もして下さっているので、協力金的な物を置いて行きたかった位なのですが、その手の箱は見当たらず・・・

トイレの偵察&実行も終わり、ランチタイムです♪
水場脇の岩に座ってランチしました(。・w・。) ププッ
よく考えたら、ティータイムした木道でランチすればよかったなって(;^ω^)

蝶々さんが遊びに来てくれました(。→ˇ艸←)プククッ☆
80_20171217234455871.jpg

今日のランチは、頂き物の分厚い高級ハム(人´∀`).☆.。.:*・°
81_20171217234456030.jpg

ハムステーキにします(`・ω・´)シャキーン
82_20171217234458069.jpg

切って食えよ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
83_20171217234459d4f.jpg

ストロング酎ハイ500mlを飲み干したら、なんだか眠くなってきました・・・
3時のおやつ前ですが、ちょっと昼寝でもしましょう。。。
オヤスミナサイ(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
明日は奇跡が起こって、晴れるといいな・・・
89_20171217235700514.jpg


お気に入り過ぎてCD買ってしまいました(´∀`*)ウフフ
歌詞が深すぎるΣ(`д`ノ)ノ ヌオォ!!

蝶々結び/Aimer





参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


結婚式が無事終わりました(*´ω`*)
後輩は入場の瞬間から号泣で、それを見て、なぜかうちのテーブルは大爆笑で( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
なかなか一般人は格式が高くて入れない会場でのお式だったので、いろんな意味でいい思い出になりました。
すごくいい子なので、素敵なお嫁さんになると思います゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
21_20171213000815e68.jpg
寿退社まであと半月。
もうちょっと思い出を作って送り出してあげたいと思います。
まず肉食いに行かせろとのリクエストが来てますので。。。

そして、式の準備なんかで全く山に行ってなかったので、一ヶ月ぶりに脂肪燃焼に出かけました。
一ヶ月ぶりなのに膝ラッセルなんかをして、相当な確率で股、ヒドイ時は腰まで踏み抜いたりのボヤキたくなるような初雪山行となりましたが、いいお天気に恵まれて、気分爽快でしたね(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧
7_201712130015445a6.jpg



停滞ネタ行っときますヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン


今年の7月は、デリンちゃんを見に飯豊を計画してましたが、週末悪天候のループがすでに始まっており、ギリギリまで粘るも天候回復せず。。。
この週がお盆を除きの最後の連休だったので、どうしても泊りで出かけたく。。。
ここを外すと10月下旬まで連休なしです、うちの会社( ̄ω ̄;)
今年は運よく、お彼岸の23日が土曜にかかってくれたので、なんとか連休になりましたが、毎年そんな感じですっぱりと連休が無くなります。
だから泊まりたい訳ですよ。
で、2日目は100%雨だけど、初日は何とか行ける!と踏んで、何年か前から行きたいリストに上がってた寺地山へ行く事にしました。
昔買った本に、秋の寺地山が載ってたその景色を見て、いつか行くと思ってました。

21日夜、相変わらずダラダラ出発で8時に家を出たら、12時になっても登山口に着きません。
富山の山に向かっているのですが、登山口は岐阜にあるもんで、かなり大回りをしている感覚です・・・
諦めて最寄りの道の駅で寝ました(それでも道の駅から登山口まで1時間以上かかる)
夜中、あまりの暑さに飛び起きました(;´Д`)
相当な山の中だったのですが、窓をビッチリ締めて寝るのは地獄でした。
が、蚊が入ってくると困るのでうなされながら寝てました。

ほぼ仮眠しか出来てない状態でしたが、なんとか飛越トンネル手前の登山口着。
準備をして5:57スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_2017121300263652d.jpg

この時、左の標識にぶら下がっているお知らせに、雪野さん全く気付かずスタートしました・・・
2_201712130026387f9.jpg

車を走らせている時はなんだかどんよりした空だったのですが、どんどん青に変わっていきます。
でも明日は、100%雨です。
3_2017121300263995b.jpg

ネットだと、まるで車が停まってなくて空いているなんて書いてあったのですが、既に車も何台か停まってたし、先行の2人も泊り装備だったし、狭い小屋なので満員で入れなかったらどうしよう・・・とか思いながら私も進みました。
まずはツルアリドウシがお出迎え。
4_201712130026418e3.jpg

タケシマランの赤い実。
5_20171213002642e91.jpg

新潟ではあまり見ないタイプの鉄塔。
6_201712130031480a5.jpg

なんかの花の咲いた後かと思ったら、これがMAXの状態らしいホソバノキソチドリ。
7_20171213003149753.jpg

そして、雪野さんの感覚的には、今回のルートの1/2は、この水芭蕉で埋め尽くされてた気がします。。。
水芭蕉が登山道の両脇に映えてるんですよ。

=湿地帯の中に登山道がある状態。

13_20171213004809c18.jpg

歩かれた皆さんが書いてるように、ドロドロルートでした(;^ω^)
でも、水芭蕉の時期に来たら、見た事のない景色が見れそうな気もするんですが・・・遠すぎます(;´∀`)
8_20171213003151139.jpg

泥んこるーと。
10_20171213003154620.jpg

少し見晴のある場所から、加賀白山が見えました。
9_20171213003152773.jpg

薬師であろう山も見えました。
薬師は行った事がない&こっち側の景色は見た事がないので、分かりませんですの(´∀`*)ヶラヶラ
16_20171213005120f58.jpg

水芭蕉に次いで多かったのがゴゼンタチバナ。
17_201712130051225c2.jpg

ワサワサ過ぎる(;´∀`)
19_20171213005125629.jpg

登山道は全くと言っていいほど展望がありません。
18_20171213005123b46.jpg

写真だから大きさが伝わらないと思うけど、ものすごく大きな木でした。
ちょっとバックして撮ったもんね(;゚Д゚)
20_20171213005126a88.jpg

登山道が湿地帯なもんで、湿原の花がたくさんです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
今年初のイワイチョウに出会えました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
大好きな花の一つ♪
22_20171213010128e94.jpg

そしてタテヤマリンドウも✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
でも、こんなにスクッと立ち上がってるんだっけ??
いつもチビ助しか見てなかったから・・・
23_201712130101317fd.jpg

途中、こんな看板が・・・
確かめてないけれど、結局電波は入るのでしょうか?www
24_2017121301013103f.jpg

↑の看板からすぐ、8:19、分岐にて大休止。
25_201712130101336f5.jpg

ママコナ。
26_20171213010134ad4.jpg

分岐から先は、キスゲが出てきました♪
27_20171213010400864.jpg

そして泥んこルートへの配慮、優しさの丸太。
28_20171213010402f79.jpg

8:37、お花見平へ着きました。
このルート、距離はちょと長いんだけど、多少のアップダウンはあれど、こんな風に平な場所がいっぱいあるので、私はこの手のルートが大好きです(。・w・。) ププッ
29_20171213010403ef1.jpg

今度は輪切りタイプの丸太が敷かれていて。。。
超滑る!!!!!
優しさではなくなった(((((((;´д`)))))))
「うあ゛ーーーーーー」とか叫びながら滑りながら進みます・・・
30_201712130104044a1.jpg

相変わらず登山道は湿原ど真ん中です。。。w
31_20171213010406395.jpg

タテヤマリンドウもずっと咲いてます(。→ˇ艸←)プククッ☆
こんなにいっぱいタテヤマリンドウを見たのは初めてかも♪
32_20171213010835c05.jpg

34_20171213010839ccb.jpg

キスゲとワタスゲ。
33_20171213010837bd6.jpg

ドロドロだけど、それよりお花がいっぱいなのがうれしくて゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
35_201712130108407f3.jpg

36_20171213010841117.jpg

37_2017121301131658b.jpg

うっとりしつつも襲ってくる現実www
38_2017121301131732a.jpg

明日荒れるなんて信じられないなぁ。。。
もしかして、このまま好転しないかな。。。
39_20171213011319f34.jpg

キモカワモウセンちゃんキター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
かわいい゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
40_20171213011320e50.jpg

もう一人のキモカワギンリョウソウキター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!
41_20171213011322976.jpg

お花畑の中を歩いてるので気分はいいけど、かなり暑い(;´Д`)
直射日光を浴びて暑い(;´Д`)
42_20171213011553733.jpg

鏡池は小さい池でした。
43_20171213011555911.jpg

これが・・・
44_20171213011556f67.jpg

こうなる
45_20171213011558e34.jpg
ワタクシ雪野、この日はスタート10分でブヨに耳を二ヶ所噛まれ、相当な痛みの中、耳を押さえながら歩いてました。。。
アルプスにもブヨがいるって初めて知った瞬間でした( ノД`)シクシク…
耳が相当な大きさに腫れてたのですが、↑このトンボさん達があまり活躍してくれてなかったんですね。。。

かたまり。
かたまりという響きは、肉だとうれしい・・・
46_2017121301155987e.jpg

寺地山への最後の登りは、相当ダルかった_(。゚⊿ 」∠)_
9:48、寺地山着♪ ٩( ´ω` )و ♪
48_20171213011937f20.jpg

47_201712130119355f7.jpg

そして、この寺地山へずっと来たかった訳ですが、全く持ってる本と景色が違い過ぎます。
展望なしです。
本に載ってる景色はどこの景色なんだ。。。と思いつつ、避難小屋へ向かいますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

寺地山の山頂をちょっと過ぎた時に見えた景色。
北ノ俣岳です。
49_2017121301193849c.jpg
雄大過ぎて感動しました。
なんせ久しぶりの北アなので(`L_` )ククク
それでもこんな、ほぼ人に会う事なく進んで来たルート。
北アに来ても、相変わらずマニアックだなと自分でも思います(;´∀`)
この頃やってたSNSのフォロワーさん達にも、知らないルートです、知らない山ですって言われてましたから。。。ブッ(´→з←):;*.:;

さぁ、寺地山から1時間程で小屋に着くはずです。
行くぜ∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪