FC2ブログ

2019年8月25日 掃部ヶ岳~鬢櫛山~烏帽子山 

2019, 11. 12 (Tue) 01:21

今年は無事、去年からの宿題を片付ける事が出来ました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
現在、若干抜け殻です_(。゚⊿ 」∠)_
4_20191111234950215.jpg

目指せ右パイ!って感じで、向こう側に見える貧乳の右側に這い上がって来ました。
超怖かった。。。
記憶がぶっ飛んでる。。。
2_201911112349477e1.jpg

記憶がぶっ飛ぶ少し前、こんな癒しスポットもあり。
多分、これが今年一番の紅葉になるんだろうな。
3_2019111123494841c.jpg
↑、これ、コンデジで撮りました。
藪に行くのにデジイチは邪魔&壊すと悪いので。
スマホだと結局、スマホの小さな画面で見る分には問題ないのですが、パソコンとか大きい画面になるとモザイクみたいな画質で超汚い。
耐え切れないのでコンデジって思ったのですが、今まで使ってたパナソ〇ックのアウトドア用のコンデジもどうしようもなくて(;'∀')
コンデジでもある程度の画質を保ちたいって思ったら、やっぱキャノンに戻りました(;^ω^)
初めて買ったデジカメがPowerShotでしたが、一周回ってまたPowerShotに戻りました。
41_201911112359255e4.jpg

間違いなくジジイの方が近日に記事をUPすると思うので、藪好きの方はジジイのHPをチェックしてください。
私は山行順にUPしてくので。。。年内にUP出来たらいいな(;'∀')アハハ
42_20191112000652b9b.jpg




七ツ小屋山を後にし、晴れ予報の群馬へと向かいました。
最初は下界の道の駅で寝ようと思いましたが、なんせ群馬、暑い(;´Д`)
ムリ過ぎて榛名湖まで移動。
湖畔の駐車場で寝ましたが、時々車は通れど、心配していた走り屋ブンブンなどは全く居なかったので、まぁまぁ寝れました。
しかも標高が高いので快適。

翌朝、結構寒かった。
5_201911112349518c9.jpg

7:00、駐車場スタート。
まずは掃部ヶ岳へ。
頭が悪いので掃除かと思ってました(;´∀`)
道路からは後で行く硯岩が見えた。
6_20191112001758882.jpg

7:03、登山口着。
7_20191112001803975.jpg

人が入り過ぎて、削れまくった登山道。
木の根が痛々しい。
8_20191112001803700.jpg

苦手な階段を登る。
9_201911120018037a0.jpg

登り切ると硯岩との分岐があり、まずは掃部ヶ岳へ。
意外と。。。笹がうるさい(;'∀')
10_201911120018048e4.jpg

階段も出て来るけど、かなり土が削れていて、まともに歩けない。
だから笹のルートを歩くんだけど、笹は笹であんな感じで。
11_2019111200232657b.jpg

疲れたーとか、あーだこーだブツブツ言いながら、8:09、掃部ヶ岳着。
13_201911120023286ff.jpg

榛名湖と、湖を囲んでる山の半分が見えた。
12_20191112002327c32.jpg

山頂には、赤久縄山の山頂でも見かけた獅子さんが居た。
どなたかが奉納しながら歩いてるのかな?
14_20191112002330e0d.jpg

ちょびちょびと人が上がって来るので、硯岩に移動。
8:48、硯岩着。
こちらの方が景色はいい感じでした。
お天気もいい感じ。
15_2019111200233140c.jpg

硯岩を下りて、次へと移動します。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
なぜだか縦走する方はいないらしく、とても静か。
16_20191112002838a24.jpg

別荘地付近に近づくと、こんな素敵なベンチも出て来るので、無駄に休む(;'∀')
休むの大好き(*´ω`*)
17_20191112002839bab.jpg

ツリフネソウ二種。
18_20191112002840724.jpg

19_20191112002842049.jpg

次は鬢櫛山へ!と思ったのですが、道路を渡って向こう側への登山口が分からない。
2ヶ所あるはずなんだけど、全く分からない。
道路を渡ってジジイが偵察に行くと、どうも一か所は藪過ぎて突破できそうにない。
ではもう一か所は。。。藪でした(;´Д`)
20_201911120028441a9.jpg

こちらの方がまだ藪が薄いとの事で、突破する。
21_20191112003249ac0.jpg

が、ワタクシ雪野、絶叫しますΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

いってぇよ!!!!!!

22_2019111200325152b.jpg
変なトゲトゲの植物が刺さりまくっていてぇ!!!!
痛みが怒りに変わって来て、怒りながら進むo(`Д´*)oプンスカプン!!!
藪は10mもなかったと思いますが、トゲが難関でした。

藪を抜けると、これまた地味に誰も歩いてない風の雰囲気がプンプンの登山道。
今日も気分良く歌える日となりました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
23_2019111200325563a.jpg

岩場が地味に細かったので、そこは黙ってたかもしれません(;´∀`)
24_20191112003255ba2.jpg

山頂近くになると、なんだか新緑のような色で爽やかでした。
この日は明菜ちゃんを大音量で歌ってたと思います(;'∀')
25_20191112003256f72.jpg

誰も居ないと思って大音量で歌っていたら、山頂に若者♂2名。。。
もう会う事もないので、OKとしましたブッ(´→з←):;*.:;
26_201911120037513fe.jpg

写真を一枚撮って、すぐさま次へ。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
ゆるゆると気持ちのいい登山道でした。
ジジイは聖子ちゃんを歌い始めましたが、やっぱり何かが違います( ̄ω ̄;)
聖子ちゃんの「抱いて」という歌が好きらしいのですが「抱いて抱いてぇ~いってねぇ~」と歌っていました・・・
やっぱり何かが違う(´ェ`)ン-・・

次なる烏帽子岳の分岐に、お尻が痛くなりそうな素敵なベンチがあったので座る。
28_20191112003756a9b.jpg

29_2019111200375626a.jpg

ここでおやつタイムとしました。
キュウリの一本漬け、半額です。
30_201911120037577bb.jpg

で、キュウリをご機嫌にかじっていたら、烏帽子岳から降りて来た御夫婦に「いい場所にベンチがあるのねぇ」なんて話しかけられ、ちょっとだけお話をしました。
御夫婦はそのまま下山されて行きましたが、しばらくすると大音量の歌声がΣ(゚д゚lll)
先ほどの御婦人のようです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山で歌うのが流行ってるのか、私たちの大音量が聞こえてつられたのか、定かではありません。。。(;^ω^)

キュウリを食べ終え、烏帽子岳へと向かいます。
鳥居の向こうに狐様。。。
怖いのでちょっと苦手なんです(;^ω^)
なので脇の道から進みました。
31_2019111200440481f.jpg

ここも結構削れた登山道でしたが、この鳥居が近づいた時、足元がなんか変だぞ?と気づきます。
33_20191112004407761.jpg
怖いので写真は撮らなかったのですが、登山道のあちこちに狐様の土で焼いた小さな人形が落ちてるのです。
当然、踏まれて壊れてるのもあるし、とにかくものすごい数の人形が落ちてたり土に埋もれたり、参拝に来られる方が奉納して行かれるんだろうけど、壊れちゃってるのは見ていてかわいそうでした。
が、触って怖い事になるのも嫌なので、踏まないように気をつけて歩きました。

山頂へは笹で覆われて、何が何だかな感じでした。
34_2019111200440996c.jpg

11:26、山頂も笹だらけ(;^ω^)
35_201911120044101c9.jpg

ここも入れ替わりで人が上がって来るので、滞在時間は短かったです。
そして昼時でお腹が空いて来たので、急いで下山します。
11:56、登山口着。
36_20191112005122bb5.jpg

あとは湖畔脇を歩いて駐車場まで。
皆さん、キャンプしたりBBQしたり、楽しそうでした。
37_20191112005124c12.jpg

そして、湖畔沿いのジャンボカツカレーのお店へ。
かなりの量だというので私は辞めたのですが、とにかくここの店員の態度が悪い。
ジャンボカツカレーを激推ししてるという案内のポスターを貼っているというのに、オーダーすると怒った口調で「さっきも言いましたけど、量がすごいんですよ!」と言う。
で、オーダーしようとしたジジイは、その男性店員の一存で中盛にさせられました。
それならおすすめポスター剥いだら?って思います。
だってオススメじゃないんだもの。
で、食べてる途中も2つ隣の席に座って、ずっと遠くを見つめたまま微動だにしない。
早く帰ってくれと言わんばかりの雰囲気。
食べ物屋さんに入ったら、帰る時は必ずご馳走様でしたって言いますが、初めてご馳走様って言いませんでした。
お金すら払いたくなかったくらい、気分が悪かったです。
いらっしゃいませも、ありがとうございましたもなかったですから。
隣のお土産屋さんのおばあちゃんが、とても優しい方だったのでそれだけが癒しでした。
この後、榛名神社に行きたいって言ったら、パンフレットやらあれこれ持って来てくれたり教えてくれたりしたので、それで気分を入れ替えました。

15年ぶりくらいの榛名神社は、いつからかパワースポットなどと言われるようになって激混み(;^ω^)
40_20191112005128244.jpg

だけど初めて見るイワタバコに興奮して、参拝そっちのけでした(;'∀')
が、この頃からレンズの調子が悪いと思ってたのですが、どうやら本体が調子悪かったようです。
現在、新しいボディーに変わったら、それなりに撮れるようになりました。
なので、ピンボケしてます└(:3」┌)┘))ジタバタ
38_2019111200512508f.jpg

39_201911120051279c6.jpg

カレーはもう食べませんが、次にここに行く時は、レンゲショウマを見に行きたいと思います。

100_201911120108225a8.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪


スポンサーサイト



2019年5月12日 赤久縄山~白髪山~白髪岩 

2019, 08. 03 (Sat) 01:01

89_20190802235346250.jpg

かわゆい(人´∀`).☆.。.:

菜菓亭の頂き物ケーキ(*´ω`*)
食べるのがかわいそ過ぎて、後頭部からちょっとずつ。。。
最終的に全食べしたけど┌┛┌┛ズコ!



群馬遠征最終章。


目の前に岩場が出て来てロープがぶら下がっていた。
その右手には、そのまま奥へと進めそうな感じで岩の切れ目があったけど、きっと行き止まりなのだろう。
ロープはぶら下がっていたけれど、自分の手足で這い上がれました。
61_20190802235341216.jpg

這い上がった途端に・・・
62_201908022353436bb.jpg

もはや足が進みません・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:
64_2019080223534448b.jpg

かわいらしいピンク゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
63_20190802235343129.jpg

そして岩場の切れ目から先は、やっぱり行き止まりでした(上から覗けた)
90_201908030015072ee.jpg


一人興奮しながらずっと写真を撮ってる訳にも行かないので、意を決して進む。
11:54、岩場からいくらもない場所に、今回の旅の最大の目的を見つけました。
65_20190802235346ea8.jpg

日本に現存する、原三角点こんぷりーと_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
67_20190803000650e47.jpg

うれしくて、なでなでしました(っ´ω`c)キュキューン
原三角点は現在日本に3つ残っていて、米山、雲取山、そして今回の白髪岩に残っています。
66_2019080300064722c.jpg

68_20190803000650e06.jpg
米山と雲取山は結構早い段階で見に行ってたんだけど、残り3つ目、ちょっと忘れてましたね(;^ω^)
アカヤシオのおまけつきで、無事見れて良かったです。

原三角点のちょっと先にも現三角点風の石柱があったので行ってみましたが、図根点でした。
69_20190803000651146.jpg

ニヤニヤしながらしばらく原三角点を眺めていましたが、我に返った所で、これから新潟に戻らねばなりません。
しかもまた、駐車場に戻るのに、8㌔くらい歩かねばならぬのですよ。。。
何だかんだ、朝コンビニでレトルトハンバーグやら買って来たのですが、茹でる時間すらもったいなくなったので、おにぎりだけ食べて退散。
無駄にザックが重いだけだった。。。
そしてとにかく暑いので、木陰に入り込んで食べた(;´Д`)
70_20190803000653f9f.jpg

おにぎりを食べて下山開始。
が、行きと違う景色が見れるもんで。。。
71_20190803005825ae4.jpg

このお花全部、独り占めの贅沢感がたまらない(。→ˇ艸←)プククッ☆
73_20190803001824849.jpg

結構遠い場所なので、二度目があるか分からない場所ですが、いい時期に来れて良かったです。
忘れられないピンクになりました。
72_20190803005826f8c.jpg

ロープの岩場を下り切ると、行きもルートが2手に分かれていたのですが、帰りも2手に分かれていたので、きっと近道で、小ピークを巻いて行くルートなのだと思い別ルートから進んでみる。
左のルートから小ピークを越えて来たので、右へ。
75_201908030018277bf.jpg

そしてこちらの山、あちこちに踏み跡があってどうなってるんだろう?と思いながら、稜線に上がるルートを無視し、更に巻いてる踏み跡を進んでみる。
だって、また小ピークが出てくるので、それを巻きたかった。
が、巻道って歩行距離は長くなるので逆に疲れて来て、しかも微妙な踏み跡で歩きにくかったので、結局正規ルートに戻った(´・ω:;.:...
無事、林道着。
これからダルイ林道歩きです。
76_20190803002832ca9.jpg

下仁田町から神流町へ入り。
77_20190803002833eb6.jpg

林道歩きが飽きる&暴走する車やバイクに砂煙を浴びせられながらの徒歩は、ほんと辛いものがあり。。。
マジで一座ずつ車で移動すればよかったです( ノД`)シクシク…
虚しさを花で癒し。
78_2019080300283492f.jpg

木で癒し。
紅葉の時期、きれいそうですよねぇ。
79_201908030028366d6.jpg

藤岡市に入り。
ここから砂利道。
80_201908030028389a4.jpg

これ何だろう?
花びらが落ちた状態のやつなのか(ノд`ι)ウーン
81_201908030035071bf.jpg

カンアオイの葉っぱを見つけたので、落ち葉を掘る!
だって、憂鬱なんだもの。。。
遊びながら行かないと無理・・・
84_20190803003511043.jpg

このカーブを曲がれば森林公園の管理棟だ。゚(゚´Д`゚)゚。
85_201908030035136b6.jpg

15:13、ゴール+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
87_20190803003751169.jpg

ここは、まだ春でした。
86_201908030037495f8.jpg

結局、風呂に入ると帰りが遅くなると、さっさと帰りたい私は風呂にも入らずそのまま新潟まで高速を走り、途中のSAで特盛の肉野菜炒めの写真に衝撃を受け、ついオーダーしてしまったのですが、いざ来たやつが写真の半分も肉野菜が入っていないという、雪野困惑な騙され方をし。。。_(。゚⊿ 」∠)_
何とか9時前には帰宅出来ました。
春が寒かったお陰で、見れないはずの時期にアカヤシオが見れた、そんなうれしい旅でした。


歩行距離15.6Km  標高差223m  累計↗1083m ↘1100m
登り4時間16分 下り2時間57分

88_20190803003753b2a.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年5月12日 赤久縄山~白髪山 

2019, 07. 29 (Mon) 00:57

この週末はヤラれましたねぇ(;´Д`)
久々にテント担いでな計画をしてましたが、にわかに台風が湧いてきましたね(;´∀`)
だいぶフテ腐れていたのですが、抜け穴でお天気持ちそうだったお花の山へ。
89_2019072823314892f.jpg

何年ぶりかにバッタリ会った藪師匠と、五泉弁丸出しの会話も懐かしく(。・w・。) ププッ
同じく、台風のせいで計画が倒れ、予報の良かったここに来たとの事で、うれしいバッタリでした。
90_20190728233149919.jpg

なかなか今年は、快晴のお花の山をちゃんと歩いてなかったので、目的とは違った場所になりましたが、ストレス解消にはなりました。
91_201907282331511ef.jpg

夏山って言ってられるのも、あと一ヶ月。
暑くて死にそうですが、もうちょっと夏の絶景に会いたいなって思います。
92_201907282331520a9.jpg




9:21、赤久縄山の山頂を後にしようとしたら、小さな狛犬さんが倒れてらっしゃったので、本来なら神様系の物には触らないのですが、気の毒だったので手を合わせてから起こしてあげました。
29_201907230107579e4.jpg

9:28、道路着。
ここも赤久縄山の別ルート。
ほんと、あちこちに登山口がある(;^ω^)
31_201907282354404aa.jpg

そして、熊注意の看板が五泉のより怖い;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
30_201907230108005de.jpg

しばし道路をテクテクしながら、多分また山道に入るであろう場所はあったんだけど、もう嫌だ!って事で、平らな道路を歩く事にした(ヽ´ω`)グッタリ
とにかくこの黄色いネコノメソウに癒された(*´ω`*)
32_2019072823544256b.jpg

林道を歩いていると、所々にこんな東屋がありました。
で、駐車場も兼ねていて、登山道への入り口にもなっているという。
でも幕営禁止の張り紙があったと思う(;^ω^)
33_2019072823544597d.jpg

途中、いきなり舗装道路になってビックリ。
このままキレイな道を歩いて行けるものと思っていたら、案外短い距離のうちに砂利に戻った(´・ω:;.:...
34_20190728235445b81.jpg

赤久縄山を下山して、トボトボ道路を40分ほど歩いたら、なんだか疲れてきました。
ちょうど、休憩所と書いてある東屋に着いたので、休憩してみました。
35_20190728235450f11.jpg

最近の行動食は、肉食べてます((´∀`*))ヶラヶラ
36_20190729000027bfa.jpg
うめぇ(๑´ڡ`๑)とか思ってたら、超暴走のパジェロかなんかの軽四駆が5~6台爆走して通り過ぎて行った・・・
私のサラダチキンが砂埃にまみれて行った・・・
ヒドイ・・・
そんな感じで、オフロードな車とかバイクがブンブン爆走して行く脇を、徒歩ってる私がアウェイ感満載な感じでトボッってました(´・ω・`)

超楽して来たけれど、ここもそれなりに標高が高いので、アカヤシオがいい感じでしたが、昨日ほど咲いてる訳ではなく、目に着いたのはこの一本だけでした。
37_2019072900002999b.jpg

ピヨさんが凛々しく遠くを見つめていましたが、ピヨさんはスズメとかカラスとかハト程度の区別しかつかず(;^ω^)
38_201907290000305b9.jpg

10:30、1時間ぶりに登山道に侵入ですブッ(´→з←):;*.:;
39_201907290000313dd.jpg

赤久縄山が遠くなった。
あそこまで戻るのですよ。。。
40_201907290000330da.jpg

次の山、白髪山への分岐に着いたので、ザックをデポして山頂へ。
43_201907290008191cd.jpg

10:47、分岐から2~3分で着きました。
41_201907290008186a6.jpg

42_20190729000818780.jpg
この日は赤久縄山の登山者さん1名と、白髪山に登ってる途中で下山中の登山者さん一名にしか会ってないという、ひっそりエリアでしたが、ザックが心配で、ダッシュで戻りました(;^ω^)
心配なら担いで上がればいいものを、また無駄にあれこれ入っててザックが重かったもので。。。
前日も重くて疲労しましたが、どうも貧乏性で、どうせ歩くならついでに鍛えておこうと思って、軽量化の出来ない自爆コースな私です。

さて、白髪山から更に移動して次の場所へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
またバイクが爆走する林道へと戻ります。
44_2019072900082192c.jpg

そうこうしているうちに下仁田町に侵入しました。
45_201907290008237f4.jpg

道路に下りてから5分もしないうちに、次の目的地への登山口。
ここにも車が停められそうです。
一座ずつ、車で移動すればよかったかも_(。゚⊿ 」∠)_
46_20190729001637cbd.jpg

いきなりの急登で、少しずり落ちる_(:3」∠)_
47_20190729001638096.jpg

でも最初の急登を登り終えれば、あとは気持ちのいい平坦な歩きルンルン((´I `*))♪
48_201907290016409a3.jpg

次の目的地は、右に見えるあれかな。
49_20190729001641452.jpg

とても枯れてる登山道。
色が淋しい(;^ω^)
50_20190729001643a1d.jpg

赤久縄山。。。もはや言うまい_(꒪ཀ꒪」∠)_
51_201907290020126aa.jpg

ここも少しアップダウンがあるので、疲れました。
元気な日なら、なんてことないだろう程度の斜度なんですけどね。
52_201907290020149c0.jpg

小ピークを何個か超え、いよいよ次の目的地への取り付きってとこに来たら、道が二手に分かれてました。
とりあえず看板のある右のルートへ。
53_20190729002015435.jpg

急斜面を上がると、ガジュマルの森に迷い込んだみたいな、木々のど真ん中に出た。
54_20190729002019b83.jpg

そして先へと進むと、一人大歓声ですΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!
58_20190729003526174.jpg

まさかのここでもアカヤシオ<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>
しかもここは前日と違い、満開な状態。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
57_201907290035259d4.jpg

桃色の蝶々がいっぱい飛んでるみたいでかわいい(。→ˇ艸←)プククッ☆
59_20190729003527b32.jpg

だがしかし、本来の目的ってアカヤシオではない訳で。
このロープのぶら下がる岩場を乗り越えて、今回の目的をクリアーする為に行きましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
60_201907290035291c5.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年5月12日 赤久縄山 

2019, 07. 23 (Tue) 01:25

なにこれ梅雨明けたのー???
ってくらい、いきなり晴れマークだらけの週間予報に変わりましたが、サクッと裏切るからなー( ̄ω ̄;)



赤城山を下り、道の駅で寝ながら「疲れたなー、明日帰ろうかなーZzz....(_ _*)・.。*」ってな事になる。
一応、帰る事も視野に入れつつ4時半起き。
なんとなく大丈夫そうだったので、結局お出かけする┌┛┌┛ズコ!

今日は埼玉県境辺りまで行く予定なので、さっさと道路に車が走ってないうちに行かねばならぬ。
都会は車がいっぱい走ってて怖いから、早いとこ都会は通り過ぎないとね;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
道の駅は5時位には出発したと思うけど、ダラダラとコンビニに何度も寄ったりして、着時刻がどんどん遅くなる(;´∀`)
2日目は神流町という、キレイな名前の町へ。
登山口へ向かう途中、アクセルベタ踏みしても20㌔しか出ない超急な坂を登ってみたり、ビックリするくらい車が揺れる悪路を走ってみたり、御荷鉾スーパー林道・・・涙目になりそうでした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
スピードも出せないので、更に遅れ。。。
みかぼ森林公園が登山口となってますが、もっと先に何ヶ所も登山口があり。
山頂に近い登山口程、歩く距離が少なくて済みそうなので、ズルしちゃおうかなって車を200m位走らせたのですが、やっぱりもう次はないかもって事で、森林公園スタートにしました。
6時台にはスタートしたかったんだけど、結局7:38スタート(;´∀`)

森林公園の管理棟。
無人で一瞬トイレ入れない!と焦ったのですが、キレイなトイレが解放されてました。
右側に写ってるのがスーパー林道ですね。
この後、何台もこの道路を車やらバイクが爆走して行く事となります。
1_201907230041073e7.jpg

新潟ではなかなか見れない、カラマツ林。
2_20190723004109fc3.jpg

道路と並走しています(;^ω^)
3_20190723004110a70.jpg

地味にアップダウンのある登山道を進みます。
昨日の疲れがあるので、小さな坂でも憂鬱になります(;´Д`)
4_201907230041119e3.jpg

ちーっこい・・・なんだろ、これ。
5_201907230041123bc.jpg

あまりにもアップダウンするので、道路に下りてやろうかと思いましたが、惰性で頑張る・・・
6_20190723005246d4b.jpg

これもちょっと初見で分からない。
ハクサンイチゲに似たちっこい何か。
10_20190723005246de7.jpg

別ルートとの分岐。
うそーん、まだ60分も歩くの;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
7_201907230052462cf.jpg

道路に・・・下りたい・・・_(。゚⊿ 」∠)_
9_20190723005246cb5.jpg

赤久縄山、まだ遠い・・・
8_201907230052478f5.jpg

小さなフデリンドウも咲いていました(。・w・。) ププッ
11_20190723005754117.jpg

そしてやっと赤久縄山の全貌が見えた。
やだ、思ったより登る。。。
12_20190723005757ddc.jpg

鉄塔の下をくぐる。
13_20190723005759e4b.jpg

鉄塔の近く、登山道から見えない場所に、ヒトリシズカが群生していた。
今年、最初で最後になったな、ヒトリシズカ見たの。
14_20190723005800920.jpg

鉄塔からは少し道路を歩きました。
15_20190723005802598.jpg

100m~200m位歩いて、また登山道へ。
17_20190723010028f63.jpg

ヤマブキがキレイ。
16_20190723010026fd8.jpg

昨日、あまりのテンションの低さに、ちゃんと撮らなかったハルトラノオ。
19_2019072301003111e.jpg

そして、コバイケイソウなんだろうか?
ものすごい群生度。
ある意味、怖いくらい生えてた。
登山道直進です。。。
20_20190723010035d0f.jpg

そしてひときわ目を引く、黄色い小さなお花。
ナニコレ、初めて見るよ| 冫、)ジー
21_201907230103161dd.jpg
黄色いネコノメソウ!!!
可愛すぎるキャァァアァアア♡╰(*゚x゚​*)╯♡アアァァァァ
コガネネコノメソウという名前らしいです。
いっぱい咲いてました*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*

そして、シロバナエンレイソウも。
22_20190723010318f5b.jpg

ここが最短コースかな?
ほぼ山頂の真下から登るようです。
登りで30分くらいのコースタイムになってましたかね。
23_20190723010326b14.jpg

もうちょっとな予感がするハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
24_20190723010328a84.jpg

9:01、抜けた_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
25_20190723010327d29.jpg

26_20190723010752de4.jpg

27_2019072301075497e.jpg

山頂は意外と広い。
そして、謎のかわいいお花が咲いていた。
28_20190723010755e97.jpg
20分くらい大休止して、行動食のようなおやつのような。。。
ここ何年かはこれよく食べてますね→バランスパワー
炭水化物の量、ハンパねぇ・・・

さて、疲れて帰りたいんだけど、今日は目的がある。
その目的をまだ達成してないから、先に進まねばならぬ(lll´д`)フゥーー
今日クリアーしとかないと、また来なくちゃいけなくなるので、がんばります。。。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年5月11日 黒桧山~駒ケ岳~篭山~小地蔵岳~長七郎山~地蔵岳~鍬柄山~鈴ヶ岳 

2019, 07. 19 (Fri) 01:15

天気が微妙すぎたので、7月最初の山も、結局護摩堂山。
先週よりアジサイいい感じだろうと思って乗り込んでみましたが、やっぱ良かったです(。・w・。) ププッ
123_20190718235308470.jpg

裏庭にもお邪魔させてもらいましたが、そちらは少し早かったようでした。
でも、かわいらしいアジサイがいっぱい。
120_20190718235305ee6.jpg

121_20190718235306cb0.jpg
下山時、何年ぶりに会ったんだろう。
昔よく遊んでもらってた山友のMちゃんに遭遇。
小さなかわいいお姫様を連れていました(。→ˇ艸←)プククッ☆
よくよく聞いたら、もう一人のお姫様と、すでに私はスライドしていたらしくΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
小さなMちゃんが、双子ちゃんを産んでママになってました。
というか、護摩堂山を登ってしまう2歳児。。。さすがだ(((( ;゚д゚))))アワワワワ
立派な山キッズになって欲しいですね(* ´艸`)

そしてせっかくの3連休も、微妙な予報でしたが、今回はちょっとぐらい無理してでも。。。って感じで出かけてきました。
124_2019071823530999f.jpg

今年もありがとう。
そして、よろしくね*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
125_20190718235311190.jpg



赤城山最終章

地蔵岳を下りてる途中、道路に沿ってトイレと何やら建物が見えたので、またコーラが飲めるとワクワクしながら進んで行ったら、降り口から離れた場所にお目当ての建物が(´;ω;`)ウッ…
そこまで行ってる暇はない。゚(゚´Д`゚)゚。
って事で、道路横断(´・ω:;.:...
12:17、鈴ヶ岳登山口
73_20190719000346408.jpg

来たついでだと、行けるだけ行っとこう作戦。
でもそろそろ、歩くのが飽きて来たよ( ノД`)シクシク…
ここは今までの山と違い、ちょっと細めの登山道。
74_20190719000348aee.jpg

え、ナニナニ、どゆこと( ̄ω ̄;)
強足者って初めて聞いた(;´∀`)
75_2019071900034948b.jpg

少し進んだ所で、下山してきたオジサマ一名。
また「一人?」ってな事からあれこれ話してたら、この辺の整備とかガイドなどをやってる方だそうで。
今年はアカヤシオが2週間遅いとか、4月の第二に黒桧山に行ったら、大ダルミで腰ラッセルになったとか( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
4月の半ばなのにねって大爆笑。
そういえば、川内に行った時も新雪だったもんなぁなんて思いながら。
話が盛り上がり過ぎて30分くらい話してたと思うけど、足止めしてごめんねなんて名刺を頂きまして、また再スタートです。

オジサマ、今回はこの看板のチェックに来てたそうです。
何か事故があった時、この数字を言えば位置が分かるので、その為の標識なんだけど、盗む人が居るそうで。
「14番が無くなるんだよ」って言うので「何で??」って聞いたら「14番は山頂なんだよ」って笑ってらっしゃいましたけどね。
大事な看板なので、持って行かないで欲しいですねぇ。
76_20190719000352d8c.jpg

最初はゆるゆる~っと気持ちよく歩けました。
77_20190719000353282.jpg
でも、プチピークを乗り越えて行かなければイケマセン。。。
名前はなかったと思うけど、ウバコ山なんてちっこいピークを乗り越えて。

次なるピークが見えて来た。
ウンザリ(lll´д`)フゥーー
79_20190719001900365.jpg

直登じゃなくて良かった(;´Д`)
80_20190719001901205.jpg

13:25、鍬柄山着。
81_20190719001902989.jpg

朝は向かい側に居たはずだ( ̄ω ̄;)
82_20190719001903315.jpg

さっきまで、あそこにも居たはずだ( ̄ω ̄;)
83_20190719002416dc9.jpg

そろそろ帰りたくなって来た。
早く温泉に入ってご飯食べて寝たい。
昨日の爆音の車のせいで、私は眠いのだZzz....(_ _*)・.。*
て事で進む。
が、何だかおかしな形のシルエットが見えて来たぞ・・・
84_2019071900241812e.jpg

道も荒々しくなって来た。
85_20190719002424f6e.jpg

10人位のパーティーさんが、下山してきた所だろうか。
登山道で休憩していた。
そして進むにつれ、ちょっと勘弁してくんない?っていうシルエットが、明確に見えて来た;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
87_20190719002425cbf.jpg

13:47、大ダオ着。
88_20190719002813cbc.jpg

ここから一気登りです(;´Д`)
疲れてるのに、これはマズい;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
そして、オジサマが2ヶ所怖い岩場があるから気を付けてって言ってたのを思い出した。
短い足をかける所が見つからない(;´Д`)
90_20190719002816e0b.jpg

重なり合った大岩を乗り越えたり。
91_2019071900281855f.jpg

ここはオアシスでした。
ちょっと休憩_(꒪ཀ꒪」∠)_
92_2019071900282121d.jpg

信仰の山らしく、祠があったりしました。
93_20190719003544f03.jpg

ノロノロと進むと、やっとこ抜けそうな予感ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
94_20190719003549217.jpg

14:24、鈴ヶ岳着
95_20190719003550875.jpg

97_20190719003550a85.jpg

神様に、疲れましたの報告(-人-)
96_20190719003550749.jpg

そして例の14番がありました。
記念にしてもしょうがなさそうですけどねぇ(;^ω^)
98_201907190038506c4.jpg

大ダオへ下り、そこからキャンプ場方面、大沼へと戻ります。
99_2019071900385229a.jpg

これ、瑞牆山でも見たなブッ(´→з←):;*.:;
100_20190719003853bca.jpg

そして予想外に、どんどん下って行きます。
今更じっくり地図を見て<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>
薬師岳に真っ直ぐ下りて行けるもんだと思ってたけど、無理な地形で大分巻いていた┌┛┌┛ズコ!
ここでショックのあまり、どっつり疲労感が_(:3」∠)_
15:14、どこかとの分岐着・・・
101_20190719003855b6e.jpg

ショックのあまり、へつりから滑落しそう・・・
102_201907190038569c7.jpg

ハルトラノオも、しゃがんで撮る気なし_ノ乙(、ン、)_
103_20190719004828b0c.jpg

誰も歩いていない薄暗いルートを、ヨレヨレと歩く(ヽ´ω`)グッタリ
104_201907190048303a8.jpg

薬師岳への分岐までもうすぐという所で、ちょっと休憩をした。
階段に座り込んだら、ザックがちょうどいいクッションになって、とても気持ちがいい。
105_2019071900483328e.jpg
ダメだ、ここで寝ちゃダメだ。
目が覚めたら、周りが真っ暗とかシャレにならないじゃないか。
起きろ、起きるんだ!!

(~ _△_)~ zzzZZZZZZ


どんくらい寝たんだろう、分かりません。
でも、10分くらいのもんだと思います。
もうこの時点で飽きすぎたので、サクッと薬師岳はスルーしてキャンプ場へ下りてしまいましたヽ(・、 .)ノズルッ!!
107_20190719004834768.jpg

終了と思うと、ちょっと元気になってくるもんで。
単純に、温泉入って飯と酒が・・・って事だと思います(;´∀`)
108_20190719005349997.jpg

下りたー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
109_20190719005349756.jpg

スタート地点。
110_2019071900535138c.jpg

ランチ地点。
111_20190719005352acc.jpg

キャンプ場の脇の車道をトボトボ歩いて戻る訳ですが、焼肉の匂いとかものすごかったです・・・
地獄でした、コンビニおにぎりしか食べてない私にとって。゚(゚つд´゚)゚。
17:09、無事ゴール_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆

この後、コーラを飲んで寝床の温泉へ。。。
温泉より先にご飯を頂く。
豚の生姜焼き定食にグレープフルーツ酎ハイ。
生グレしか飲まないので、科学的な味はちょっと苦手で残してしまった。
113_20190719005922a17.jpg
この日はちょっと奥の方へ車を停めたので、時間まで静かに寝る事が出来ました。
歩くのには飽きたけど、アカヤシオが見れて、来てよかったと思った一日でした゚.+:。(*´v`*)゚.+:。




歩行距離18.5 km 標高差689m  累計↗1951m ↘1957m

117_20190719005924a8a.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年5月11日 黒桧山~駒ケ岳~篭山~小地蔵岳~長七郎山~地蔵岳 

2019, 07. 06 (Sat) 01:10

すりーふぉーめーしょんキタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!



ゆいちゃんが脱退して、すーちゃんともあちゃんの2人での映像は、見てても何だか淋しい感じだったし、バランスもイマイチだった。
ゆいちゃんの居ないベビメタなんて・・・って思ってたけど、やっぱ3人ってイイネ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
で、このキレッキレのダンスをする新メンバーは誰?って思ったら、元モー娘。の子なんだってねΣ(゚д゚lll)
正式メンバーではなく、サポートメンバーだって事だけど、今後あと2人、入れ替わりでサポートが出て来て、いずれそのうちの一人が正式メンバーになるとかって。
今はテスト期間ですか∑(´Д`*)ノノ!!
残りの2人もどんな感じのベビメタになるのか、楽しみです。
テンション上がり過ぎて、昨日はうっかり10月に出るアルバムをポチしてしまいました((´∀`*))ヶラヶラ




さて、鳥居峠から長七郎山へと向かいます。
どうしよかなって思ってたんです。
黒桧を歩いてる時、見えた小沼はあからさまに大沼より標高が上の場所にあったので、登るのいやぁぁぁああああウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!
って話になるじゃないですか。
でも、また来るのか?って言われたらちょっと謎になるので、とりあえず行っておくことにしました。

ちょうど登山口に入った時、小学生の親子登山みたいな団体が居たので、これはちょうどいいと思って、同じペースで歩きました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
この登山道でも、ヒメイチゲがチラホラ。
でもそんなに多くはない。
35_20190706001253209.jpg

小沼の分岐に着くと、親子登山の皆さんが休憩中だったので、致し方なく先を歩く・・・
36_20190706001255ba6.jpg

歩いてる途中地図を見ながら、小地蔵岳は行けないの?って思ってたけど、地図に道がないだけで実際にはありました。
ついでなので寄ってみる。
37_2019070600125700a.jpg

5分かからずに山頂に着きました。
展望なし、周りは笹に覆われ、長居する場所ではないことが分かりました(;^ω^)
39_2019070600130083b.jpg

ので、すぐに撤退。
数分で小地蔵と本ルートの分岐に着きましたが、親子登山にまた遭遇。
40_20190706001955a67.jpg

が、ママたちがもうギブアップらしく、先生もここでストップでお昼ご飯なんて子供たちに話してました(;^ω^)
子供たちは先へ行きたそうでしたが(。・w・。) ププッ
お散歩コースなのですが、山に登らない方からしたら、やっぱり大変なんでしょうね。
41_20190706001957147.jpg

10:19、長七郎山着。
ダラダラ歩いて、鳥居峠から50分くらいでした。
42_20190706001958f49.jpg

43_201907060020001f1.jpg

44_201907060020016ca.jpg

山頂はとても広く視界も開けていて、ここでご飯食べたら気分よさそうなんだけど、まだ10時なのでイマイチお腹も空かず。
景色だけ眺めていたら、ギフチョウがヒラヒラ飛んでいました。
45_201907060023452fe.jpg

小さなフデリンドウも゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
46_20190706002346fb3.jpg

周回ルートの進行方向に、おもしろい形の山が見えた。
はたして、右側から登れるんだろうかʅ(。◔‸◔。)ʃ
47_20190706002348553.jpg

右に目をやると、地蔵岳。
アンテナいっぱいで弥彦みたい(;^ω^)
こういう山は、景観的にあまり得意じゃない。
48_20190706002349b67.jpg

長七郎山の山頂から12分位で小沼のフチへ。
49_2019070600235023d.jpg

何か泳いでた。
50_20190706003020e28.jpg

沼のフチを歩いて、駐車場でトイレ休憩。
自動なバイオトイレだった。
51_20190706003022ae0.jpg

疲れたからもう帰りたいんだけど。。。
またいつ来るか分からないので、ついでに。。。
10:56、登山口スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
スタートしてすぐにバテる_ノフ○ グッタリ
30分で登れる山だけど、登れる気がしない。
52_20190706003023cf5.jpg

階段を歩き始めると、既にアンテナが見えている(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
だけど疲れたので、階段に座って景色を見ているフリをした。
53_20190706003025d1e.jpg

さっき歩いた長七郎山が見えた。
56_201907060035038b0.jpg

篭山も見えた。
55_20190706003502f53.jpg

ずっと座っている訳にも行かないので、歩き出す。。。
そして上から、またまた小学生の大集団が先生と下りて来た。
先生に「挨拶は!!」と怒られ、何十人もいるのに、みんな挨拶してくれる。
おばちゃん、もう疲れて声出したくないのでキミたち無言で通り過ぎてくれないか。゚(゚´Д`゚)゚。
って訳にも行かないので、笑顔で挨拶を返す( ノД`)シクシク…
57_20190706003505c67.jpg

小地蔵と長七郎。
これくらいのトレッキングがちょうどいいな・・・
58_20190706003507b8a.jpg

まずはNHK
59_2019070600350883a.jpg

TBSと。。。いっぱい。
60_2019070600384579b.jpg

11:31、地蔵岳着。
61_20190706003846af3.jpg

62_20190706003848a6a.jpg

63_20190706003849b09.jpg

アカヤシオを見て用は済んだので、必要以上に歩く必要はなかったんだけど、貧乏性なんですね。。。
黒桧山~駒ケ岳、そして大沼。
64_20190706003851536.jpg

ここでやっと大休止。
おにぎりなんかを食べて少しのんびり。
地蔵岳故に、お地蔵様がいっぱい。。。なんだと思う。
みんな頭がない(((((((;´д`)))))))
私のザックではありません、あちさんのザックです((´∀`*))ヶラヶラ
65_20190706004135c35.jpg

20分ほど休憩したので下山します。
国土交通省の方から・・・
66_201907060041371e4.jpg

小さめの岩がゴロゴロした道でしたが、4~5歳くらいの子かな?
パパに手を引かれて遊びながら登って来ました(。・w・。) ププッ
68_201907060041409b9.jpg

新坂平駐車場へ。
69_201907060041423f4.jpg

12:14、駐車場着。
70_20190706004729668.jpg

さよなら地蔵岳☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙
71_20190706004730c35.jpg

いっぱい歩いたから、もういいだろ(*´д`)y-゚゚゚
72_201907060047327eb.jpg

ん?ココハドコヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年5月11日 黒桧山~駒ケ岳~篭山 

2019, 07. 03 (Wed) 01:28

さすがにいい加減、体が腐るーって思って、お茶濁しの護摩堂山。
人混みを避ける為に裏側から行って来ました。
ちょっとだけ早いかも?って思ってたのですが、やっぱり全開という全開までは行かず、なのにその前に傷んだ感があり。
何年もこの時期に通ってますが、初めて見たかもしれませんね。
118_20190702235019190.jpg

119_20190702235020ce4.jpg

今日、そんなお話を知り合いとしたのですが、先日長谷寺へ行って来たそうで、4月の急激な冷え込みが影響して、長谷寺のアジサイもイマイチだったと言うお話をしてくださいました。
4月の寒気がこの時期のお花に影響するなら、お花もずっと前から準備してるんですねぇ。

土曜は思ったよりアジサイに滴がついてなくて残念だったのですが、カンカン照りの青空じゃなくて良かったです。
私が撮る時は、アジサイに青空はいらないです(;^ω^)
出来れば滴が欲しい・・・
114_2019070223461037a.jpg

お気に入りの常用レンズのシグマの調子が悪く、久々にタムロン引っ張り出してきました。
シグマさん、入院させなくちゃなぁ。
116_20190702234613322.jpg

青の壁も「なんだこりゃ?」って感じでしたが・・・
115_201907022346123a0.jpg

山に入り始めた初年度に見た青の壁は、ちゃんと青の壁だったみたいですね。→2011年、護摩堂山
株の数は減ってないみたいだけど、下部のグリーンが足りないのか、なんだろう?
青も断然足りないけど。
そして、自分の撮った初期の写真を見て、更に驚愕です。
あれこれいじってますね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
今はもう、自分が目で見たそのままの美しさを何とか表現したいって思うので、やたらといじらなくなりましたね。
せいぜい、暗すぎたからちょっと明るくしようとか、ピント甘かったからちょっとシャープにしようとか、そんくらい。
いじり過ぎると本来の美しさが壊れてしまう。
やたらモードいじってる人も見ると分かりますもんね。
あ~ぁ・・・って思います(;^ω^)




GW明けの週末。
毎年、GW明けは抜け殻になっていて、どっちかというとヒッキーして過ごすくらいなんだけど、今年はさほどガツッと山に入った感が少なかったので、GW明けでも山に行くかって気分になった。
よくよく考えると、今年は川内も一度しか入ってない。。。
来年は抜け殻になるくらい、行っておこう。。。多分。

今年はアカヤシオが見たいなぁって思ったんだけど、あの花はGWが最終って記憶があり、もう遅いな。。。って調べてたんだけど、どうも今年は開花が遅れてる様子。
冬に一回行って、もういいかな?って思ってた赤城山近辺、そこが下手するとまだ蕾の状態だと言うΣ(゚д゚lll)
ちょっといろんな思惑もあり、アカヤシオついでに無雪期に行ってみるかという気になった。

前日の金曜夜に群馬に向けて出発。
12時過ぎにICを出るように、上手に時間調整して(*・з・)ぷッ
寝床は道の駅ふじみ。
温泉も併設されてるので、2日目もここで寝る予定ブッ(´→з←):;*.:;
で、広い駐車場ではなく、狭い駐車場の方へ停めた。
私の他に一台しかいなくて、とても静か。
寝始めて30分くらい。
ボボボボボという音の車が入って来て、ずーっとボボボボ言っていた。
どうやら、エンジンかけたまま寝た様子。
私は寝ている時の騒音がダメだ。
眠いのに寝れなくて、目が痛くなって涙が出て来た。
ので、大きい駐車場に引っ越した。
こっちの方が、よっぽど静かだった・・・

6時にはスタートしたかったので、がんばって4時半に目覚ましをかけるけど、恒例の無視して寝続けた故に、出発が遅くなった(;´Д`)
大沼近辺に差し掛かると、ダケカンバが朝日を受けてとてもキレイだった。
1_201907030011405ae.jpg

ああでもない、こーでもない、歩き出して300mしたところで、車に鍵をかけたか不安になって戻ったり、毎度のグダグダです_(。゚⊿ 」∠)_
スタートは6:24ですが、登山口に着いたのは6:33(;^ω^)
ここからひたすら一気登りだったよなぁ、萎える・・・とか思いながら進む。
2_20190703001142359.jpg

風もなくていい天気です。
3_20190703001143bdf.jpg

岩っぽい道を歩いていると、ふとヒメイチゲが咲いていました。
ほんの2株だけ。
4_201907030011456a3.jpg

登ってくうちに、こんな看板がありましたので、立ち止まって見てみる。
5_20190703001146a0e.jpg

| 冫、)ジー

6_20190703003115e82.jpg

一緒に見てたオジサマが「今日は見えないようですね(;^ω^)」という事で、無念_(:3」∠)_

高度が上がって行くうちに、大沼の向こうに別の沼が見えた。
あれが小沼か・・・
大沼より上にある∑(´Д`*)ノノ!!
7_20190703003117d61.jpg

本日も、いろんな人に追い越されながら、7:43、稜線に乗り上げました。
黒桧山の山頂に向かいます。
8_20190703003118b69.jpg

2分30秒で黒桧山ブッ(´→з←):;*.:;
9_2019070300312044a.jpg

10_201907030031212a6.jpg

若者が楽しそうにしてたり、すでに昼寝してる方が居たり、関東圏の山なので超おしゃれです。
越後ブーツで来なくて良かったです((´∀`*))ヶラヶラ
山頂からちょっと奥に行くと、絶景ポイントみたいのがあるらしいので、そこまで行きます。
まず、ピヨさんが騒いでいました。
11_20190703003559914.jpg

神様にご挨拶して(-人-)
12_20190703003600f29.jpg

遠くに真っ白いのが見えました。
13_20190703003602017.jpg
それより、都会の若者カップルがおしゃれでうらやましかったです。
私もイケメンとキャッキャしてみたいです( ̄ω ̄;)

そんな妄想をしている暇などなく、先へ進みましょう( ノД`)シクシク…
7:58、分岐ちょい先の神様にも、久々の訪問の挨拶をして(-人-)
14_20190703003603b00.jpg

急いでるというのに、誘惑な看板。
絶景という響きに弱い。
15_20190703003605ba6.jpg

しかも60歩って書いてあるので、数えながら歩いてみた。
足が短いせいか、60歩より若干多かった。。。
そして絶景。
16_201907030042288f5.jpg
筑波山など見えぬ!!
天気はいいけど、遠望は利かない日でした。

せっかく寄り道したのにヾ(*`ェ´*)ノフンガ~
と、先を急ぎます。
ものすごく階段で、逆に怖かったです(;´∀`)
雪の下には、こんな階段があったんですね。
17_20190703004230d25.jpg

目の前に駒ケ岳が見えてきました。
18_201907030042321c0.jpg

ただひたすら下ります。
結構、飽きるくらい階段下りました(;^ω^)
19_20190703004233f8e.jpg

8:18、大ダルミ着。
レジャーシート広げてピクニックできるくらい広い。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
20_201907030042356f3.jpg

駒ケ岳への登りも階段。
階段は苦手だけど、ここの階段は一定の幅を保って、かつ、足を大きく上げなくていいくらいの細かく板が敷いてある階段で、あまり疲れる事がなかった。
21_20190703004747d8d.jpg

8:29、駒ケ岳着。
22_20190703004749043.jpg

8:40、おのこ駐車場へ下りる分岐着。
23_201907030047506c8.jpg

下りません。
進みます。
最初、通行禁止で枝が敷かれてるのかと思ったら、折れた木でした(;'∀')
24_20190703004752ac6.jpg

こちらへ行く登山者は少ないようで、下りる人はまずおらず、登って来る方5名くらいにしか会いませんでした。
一気に山らしい登山道に変わり、静かな時間を楽しみました。
25_20190703004753ea8.jpg

マイナールートが好きな事もありますが、黒桧~駒ケ岳はまだ時期が早すぎて、植物の芽吹きの気配もなかったので、もうちょっと標高を落とす必要がありました。
お陰様で、やっとお目当てに出会え(。・w・。) ププッ
27_20190703005733e88.jpg

それでも、分岐から先の稜線上で咲いてたのは4~5本くらい。
他はまだまだ蕾でした。
鳥居峠へ下ります。
登山道はまだ先へ続いてたのですが、ここは明らかに進入禁止な枝が敷き詰められていたので、、入らないで下りてきました。
28_20190703005734f3f.jpg

下にどんどん下降するにつれ、アカヤシオの花が増えて行きました。
途中会った、お父さんお母さんパーティー4人組と、咲いてて良かった~ってお話をして。
30_201907030057381f6.jpg

もうすぐ鳥居峠って所まで来ると、辺り一面ピンクです。
29_201907030103255d6.jpg

そして、あちこちからカメラマンさん達が湧いて出てきます。
アウェイなので分からないのですが、あちこち踏み込んでいい山なのかどうなのか。
ダメなんだとしたら、カメラマンさんたちのマナーの悪さがすごかったです。
私は山のルールに従う派なので、ルートから外れまくってどこかに入るって事は・・・
あ、藪山入ってて何言ってるんだ?って話になりますね、すいません(;´∀`)
31_2019070301032728c.jpg

地図上では名前の付いてない小さなピークですが、篭山という名前らしいです。
これだけ密集しているアカヤシオは初めて見たので、うれしかったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
32_20190703010327611.jpg

9:14、鳥居峠着。
33_20190703010329d06.jpg

レストハウスがあったので、つい自分にご褒美をあげてしまいます。。。
まだ9時なのに(;´Д`)
34_201907030103305f6.jpg
9時にもなるとかなり暑いので、コーラがうまい(。・д・)=3ゲプッ
20分ほど休憩し、さて行きますか・・・

どこに??


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2013年11月3日 表妙義 

2014, 11. 14 (Fri) 00:40

超寒い:(;゙゚'ω゚'):サムィー
明日は雪降るかなぁ。。。ヒッキー決定(~ _△_)~ zzzZZZZZZ

そして、知ってるか~い?(知らねー人の方が多いってww)
つか、紙袋INのまま撮るかね?ww
1_20141113225758d7e.jpg

これ、地元の季節限定フード、アラモード焼っての。→アラモード・キムラ
大判焼きのような・・・
2_2014111322575955c.jpg

でもカレー入り!
子供の頃からカレーで育ってるから、カレー味が一番好きで、何にも疑問に思ってなかったけど、市外の人にこれを見せると、大判焼きなのにカレー味???って、ギョッっとするらしいww
おいしいんだけどなぁ。。。w
3_20141113225800807.jpg
どの写真も、やる気満々、キレイに撮れてますね( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

そして、前回の記事で貼り忘れてた、小国側から見える飯豊。
とんがってるピークは地神なのかな・・・
いつもこんな景色が見れていいなぁ.。゜+.(´▽‘)。+.゜+・
86_201411132321101b5.jpg


さて、最新ネタも途切れ、9月のPCの故障により、本年度の初夏の編集済み画像も消失し。。。
編集するのがめんどいので、去年のネタに戻る( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ちょうど一年前ぐらいのネタになりますな。


この日は大源太山に登る予定でしたが、お天気が悪いので、お天気のよさげな関東方面へ遠征。
Aくん、Mちゃん、そしてちょうど、関東遠征中だったHくんと現地で合流。
車が二台あるので、春と違うルートの、石門群から縦走してみる。
最上階のギザギザは、さすがに行かないよww


登山口へ向かう時に、見えたとんがり。
登れない場所だと思うけどw
4_20141113232937c79.jpg

道路をしばらく歩き、登山口に到着。
5_20141113232938c08.jpg

いきなり鎖の出現( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
まぁまぁ、その名の通り、小手調べ程度ですw
6_20141113232939625.jpg

近道はしません、ちゃんと歩きましょう。
7_20141113232941f28.jpg

いやもうね、石門ってのほんとすごくて、とにかくでかいんですよw
これ、自然に出来上がったやつなのかな?って、みんなで話しながら見上げてました。
8_20141113233657ef6.jpg

なんで、こんなドーナツみたいになってん?ww
10_20141113233700fc0.jpg

「カニの横ばい」という箇所を通過するも、動画で顔チラなので、ちょっと載せれませんw

次は「たてばり」という所。
11_2014111323370155a.jpg

13_20141113234612db8.jpg

鎖の先輩、Aくんが先頭です。

アンカー抜けるとか、勘弁してくださいよwww

あれこれ飛んで、第四石門。
ね?これ、自然にできたの??って疑問に思うでしょ?w
14_20141113234614610.jpg

紅葉がちょうどいい感じで、鎖場の恐怖を少し和らげてくれます。
15_20141113234615aed.jpg

こちらの鎖は、前回の春に歩いた奥ノ院の方の鎖より、楽しく掴めるw
16_201411132346165b6.jpg

足場も作ってあるので、大丈夫w
17_20141113234618873.jpg

18_20141114000044141.jpg



登り切った先に見えたものは・・・
「天狗のひょうてい」


Hくん、緊張のあまり、高所恐怖症を「きょうしょきょうふしょう」とか言ってるし( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

我々も進みましょう。
19_2014111400004486a.jpg



ここより高い所は、まだちょっと紅葉には早かったかな?
23_20141114000048896.jpg

おかしな岩が見えた( ̄ω ̄;)
24_2014111400061786b.jpg

荒々しいですなぁ( ̄ω ̄;)
「ゆるぎ岩」とか名前がついてるのが見えますが、ゆるぎって何だよ?ww
25_2014111400061887a.jpg

さて、Aくんが楽しみにしていた、大砲岩へと向かいます。
27_201411140006217e7.jpg

誇らしげですねぇ。
28_20141114000623f1e.jpg



そりゃ、こんだけ立派なら、誇らしげにもなるわな( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
エロ軍団ですなwww



雪野さんは、ちょっと怖かったので、大砲岩の先っぽには行きませんでした(;´Д`)
31_20141114001634b52.jpg

さて、一旦戻ります。


32_20141114001636c25.jpg

中間道を通って、奥ノ院を目指します。
32ー1

ここが結構怖かった(;´Д`)
足を置く場所もイマイチ分からないし、あったとしてもすっげ小さいし・・・
34_20141114001638277.jpg
トレッキングルートと勘違いしてんじゃね?っていう、子連れのファミリーが何組かいて、ほんと見ていて怖かった。。。

この鎖場を下りて、岩の間に赤い物体・・・なにこれ。。。
35_20141114001639152.jpg

え・・・
お茶犬wwww
しかも生首wwww
36_201411140027253ab.jpg

さて、奥ノ院到着です。
初めて来た半年前、この鎖場を見上げた瞬間から、緊張しすぎて訳が分からなくなったよなw
写ってる人は他人様ですw
37_2014111400272624a.jpg

さて、我々も進みます。
今度は二回目なので、落ち着いて進みます。
38_20141114002727da4.jpg

ここを初めて登ったHくんは、ちょっと驚いてたようでしたw
39_2014111400272965b.jpg

「ビビリ岩」
42_20141114003038f83.jpg

43_2014111400304057d.jpg

44_20141114003042bb5.jpg

下の景色を見ると、めまいがしそうww
46_20141114003044f4d.jpg

玉石を通過し。
鎖w
47_201411140040256f9.jpg



そして、雪野的超難所「大のぞき」にやって来ます。
ここで、子供さんを連れたファミリーが、自前ザイルで子供さんを下している最中でした。
そしたら下に、10名以上の団体さんがやって来ましたが、ファミリーがまだ下り切ってないうちに、まさかの登り始めるという行為をΣ(゚д゚lll)
確かに、鎖は2ヶ所に設置されてますが、かたや子供、なぜもう少し待てぬ。
もっと前から待っていたうちらでさえ「ゆっくりどうぞ」って待っているというのに・・・
下から状況確認の声がけをするでもなく「どんどん登って!」と声を張り上げるリーダー。
登り優先とは言うけれど、危険地帯に限っては、状況によりだと思いますけどね。
結局、他の登山者さんのレポを見ても、この方たちの自由な行動が他の場所でも見られたようで、厳しいコメントがありましたねぇ・・・

十数名が上がり切るのを延々待たされ、やっとこうちらが下りる事が出来ました。
二度目の妙義って事で、ここまでは比較的落ち着いて歩いて来ましたが、やっぱ大のぞきはダメでしたww
最後に下りたので、写真も動画もありませんw
詳細は、一度目の方が詳しいです→http://yukinobluesky.blog.fc2.com/blog-entry-140.html

なんとか大のぞきをクリアし、中間道へと降りる分岐へ到着しました。
49_2014111423052802b.jpg

ここもボチボチと鎖はありますが、そんなに厳しくはありません。
50_20141114230528eef.jpg

この山行、あんまり写真を撮ってなかったようで・・・
いきなり下山完了www
+:。.。:+(ღ◕ ܫ◕)ノ【 オ ツ カ レ 】+:。.。:+
51_20141114230530b9a.jpg

帰りは、ローラースライダーに乗るつもりで、みんな張り切ってたのに・・・
閉鎖中ヽ(冫、)ノ
52_20141114230532744.jpg

帰りは赤城高原SAで、豚祭りを開催して帰路に着きました(๑→ܫ←๑)
53_2014111423370860f.jpg

54_20141114233709c22.jpg

55_2014111423371089e.jpg
んまかったよ、お肉’`ァ,、ァ(*´Д`*)’`ァ,、ァ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2014年5月1日 谷川岳 

2014, 07. 05 (Sat) 01:21

最新報告

いや、今週は結構マジメに更新したので、特に報告する事はないようだ・・・
まぁ、ブルーレイが1枚届いた。
5_201407042341266f4.jpg

これ、ビフォアシリーズって言って、前作にサンライズ、サンセットと2作あるんだけど、ほんっと大好きなシリーズで。
まさかミッドナイトが出るとは思わなかったけどw
今年の1月に公開だったんだけど、冬は動くのがめんどくさい・・・
結局行かなかったって事で、夏は夏で忙しいから、このブルーレイはいつ見るんだろうな( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ

あちこちの山の上の神社の扉が開き始めました。
今月からは、登拝登山の開始です
鳥海、月山、立山、加賀白山
休みがどんどん減っていくのに、全部行けるかな。。。
加賀白山は、山を始める前から行ってみたかった山。
でも、他の奥宮と一緒で、登る気なんてさらさらなかったから、行けない場所認定の神社でした。
登るようになってからも、地理的に遠い、山自体もでかいから、行ける気がしないで、行ってなかった場所。
今年は何だか行かなければいけない気がするので、そろそろお邪魔しますかね


さて、今年のGWの続き(まだGWネタかよ

5月1日が休みって事で、世間的には平日であり、これはチャンスと、普段、混んでる山は嫌いだからと、敬遠していた谷川岳へ。
この翌日、雲取山を計画していたので、ただ埼玉に直行するより、せっかくだから寄り道してしまおう的発想。
てか、前の日は友達との旅行から帰ったばかりで、埼玉に向けて前乗りがムリだったんだ。

で、谷川入りの前夜。
ブロ友さんである目目連さんのブログに遊びに行ったら、なんともリアルタイム過ぎる記事がUPされてて・・・→http://mtngoods.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

動画を見た後、プルプルしちゃいまして・・・
ロープウェイでお気楽登山なんて思ってたんで、気をしっかり引き締めての登山となりました。
出発前に見れて、逆によかったと思います。

いつもソロだと、寝坊しますZzz....(_ _*)・.。*
この日も当然ながらの寝坊で、途中まで下道で行こうと思ってましたが、ダメだーと思って最寄から高速IN
距離的に遠回りになる上、時間も30分しか縮まらないから普段は湯沢の方まで下道利用・・・
何とかロープウェーの運行時間前に到着するも、ベースプラザの駐車場がどこから入るのか分からずウロウロ( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
そして、空は超不穏な色合い・・・

とりあえず乗り込みました。
1_201407042349513f3.jpg

駐車場にもロープウェー乗り場にも、平日ながらチョロチョロとお客さんはいました。
だーけーどー
2_2014070423495321c.jpg
みんなスキー場とか、単なる観光のお客┌┛┌┛ズコ!
登る人が誰もいねー
空いてるのを期待しての平日登山だけど、いなさすぎるのも不安ー
そして、登山口どこー
3_20140704234954ff1.jpg

リフトのおっちゃんに聞いて、登山口発見(ノ I `。) ウゥ・・・
8:54、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20140704234955d7b.jpg

天気の変わりやすい山だから、と言われて挑んだこの日ですが、さっきまで曇ってたのに、もうこの青空。
青空はうれしいんだけど、またすぐ変わるんだろうな・・・と、覚悟して。
向こう側の雲もすごいね。
5_20140704234957a90.jpg

6_20140705001634997.jpg
ゲレンデ脇の登りが、一番急登だったヽ(冫、)ノ

谷川岳さん、こんにちは( ´Å`)ノ
8_20140705001636c7f.jpg

ゲレンデを登り切り、ゆるゆる気持ちのいい残雪の道
9_20140705001638d0d.jpg

10_20140705001640a41.jpg
ここを超え、ロープ場を下りたら、半藪漕ぎ状態となった
数日前、川内で藪漕ぎしたばかりなのに、ここもかーと、プチ切れヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
雪が微妙に溶けてきて、藪の方が勢いを増し始めたとこだったんですね。
みんな、あっちこっち好き勝手なとこを歩いてるぽく、這い上がれそうなとこを這い上がって、やっと歩きやすいとこに出た・・・

9:58、赤い避難小屋着。
11_20140705002151b04.jpg

まぁ、中間地点ってやつだな、ここ。
12_2014070500215361a.jpg

小屋から先は、所々夏道出現。
14_2014070500215582a.jpg

ショウジョウバカマが咲き始めてた
13_20140705002153adf.jpg

マンサクも。
15_20140705002156626.jpg

歩いてる途中、あっちこっちからの、雪崩のドーーーンッって音を聞きながら歩く。
ほんとにすごい音だ。
16_20140705002753ad8.jpg

17_20140705002755f93.jpg

ちょうど小屋の辺りに、後続者さん2名発見。
ちょっと一安心。
18_20140705002756040.jpg

さっきの青空から・・・不穏( ̄ω ̄;)
とりあえず、何かあったら即下山のつもりだったので、この日は特に山頂目指さず。
19_201407050027570fb.jpg

でも来るんだよ、これが・・・
20_201407050027597ab.jpg
夏道が出たり雪の上を歩いたり、雪が切れて落ちかけてたり、なかなかスリリングな状況でした

これはこれで、幻想的だな。
21_20140705003332db0.jpg

もうちょっとで稜線上がれるかな?って思っても、なかなか着かないのが山です┌┛┌┛ズコ!
22_201407050033340aa.jpg

ざんげ岩。
かつてアホ友たちが、ここでザンゲしておったwww
23_2014070500333535a.jpg

25_201407050033395b9.jpg

崩れる( ̄ω ̄;)
26_201407050035330c9.jpg

やっとこ小屋が見えたーヽ(´ω`)ノ
27_2014070500353467a.jpg

11:23、肩ノ小屋着。
28_201407050035368ca.jpg

29_20140705003538d72.jpg
 
5月上旬から小屋の営業再開って書いてあったから、自分を甘やかす為にコーラを買おうと楽しみに上がって来たのに・・・
無人ヽ(冫、)ノ

そして、空が不穏。
このまま下山するか、急変したらここに泊まっちゃうか。
とりあえず、小屋の周り散策。
そしたら、片耳まで300mと書いてある。
とりあえず片耳だけ取って帰るか、と進んでみる。
32_20140705003838bff.jpg

11:39、トマの耳着。
ちょーブサイクな顔してん、これwww
相当眠いらしい・・・
33_20140705003839242.jpg

あっちにもう片耳あんのか~、フーン(●´エ`●)o〇
がーすーで何も見えないよー(゚ρ`)ァー
34_201407050038416b5.jpg

3分後、見えた。
35_20140705003842122.jpg
片道15分くらいかかるのかと思ったけど、すぐそこだった┌┛┌┛ズコ!
なので結局、向かってみた。
雪はもう剥がれ落ちそうになってて、絶対雪の上に乗るもんかって、ちょっと必死だったww

36_201407050038446dc.jpg

11:56、トマの耳着。
ん・・・やっぱ15分くらいかかってる( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
この顔は、もっとやばいww
完全寝てるww
37_201407050045143e6.jpg

トマからオキを見る。
38_20140705004515b0b.jpg

39_201407050045163bc.jpg
そして、前日に谷川のあれこれをしっかり思い出す事となったので、この山頂から亡くなった方々への思いを込めて、手を合わせてきました。

さて、下山しましょう。
40_20140705004518da3.jpg

あはー、おっかねぇガクガク(((゜д゜;)))ガクガク
人が歩く所じゃないけどもww
42_201407050049021e1.jpg

小屋に戻って来ました。
泊まりません、下山します(。・w・。) ププッ
43_201407050049048a8.jpg

小屋を過ぎてから、後続者さんとスライド。
でっかいザックで、泊まりかな?
44_20140705004904c8b.jpg

向かう先。。。不穏すぎるwww
45_2014070500490676b.jpg
この残雪の斜面、ちょっと怖かったなぁ。

10分後、晴れ。
46_20140705004908166.jpg

小屋までもうちょっと。
47_20140705005158b8a.jpg

山の向こうから、雲が押し寄せてる。
急ごう。
48_20140705005200c1c.jpg

12:53、避難小屋。
49_20140705005200155.jpg

ちょっと暖かかった。
50_20140705005202dce.jpg

彩雲も出たよ
51_20140705005203204.jpg

小屋を過ぎてからの登山道は、こんな感じで木を跨ぎ続け・・・
52_201407050053313d5.jpg

右側のロープを掴んだら、自転車のゴムみたいので、掴んだ先からビローンと伸び( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
死ぬわ!
53_20140705005334819.jpg

ゲレンデ目前、とうとう谷川方面から、ゴロゴロと雷の音がし始めた。
急ごう。
54_20140705005334b13.jpg

55_20140705005336bfb.jpg

うはー、追っかけてくるー'`ァー…'`ァー…ε=ε= へ(*;´Д`)ノ
56_2014070500533711c.jpg

雷雲はそのまま谷川を包んだままで、こっちには来なかった。
13:35、無事下山_ノ乙(、ン、)_
57_201407050059295a5.jpg

ロープウェー駅にて、1人お疲れヽ(冫、)ノ
58_20140705005837ea9.jpg

ほんと、久々に緊張した山登りでした。
でも、初心に帰れてよかったな。
今年はほんと、初心に帰ろうがテーマな年だと思う。
私のように、登山を始めて、2年、3年。
なんとなく事故を起こさず過ごしていると、山は危ない場所なんだという事を、うっかり忘れちゃってしまってるんじゃないか?って思うんです。
もしくは「自分、結構イケてんじゃね?」っていう、恐ろしい勘違いとか・・・
私は最初の山で、しょっぱなから山にはじき返されちゃってるんで、山はじっと黙って、自分の中に入ってくる人間を見てるんじゃないか?って思います。
なんせ人間は土足で、ドタドタと山さんという他人様の家の中に入って行く訳ですから。
だからどんな山でも敬意を払って、ありがとう、とか、お邪魔しました、とか、お礼を言わなくちゃいけないんだなって思います。
どんなに小さな山でも、山に向かって、たいした事ないとか言っちゃいけません。
山は息をし意思を持ち、じっとあなたを見ていますよ。


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2013年4月27日 表妙義 

2014, 04. 28 (Mon) 20:55

最新報告

昨日はアホの人たちと、川内山塊の真ん中へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
去年、私は木六山まで。
ダークサイドが銀次郎山まで。
で、カタクリも見たいし、お互いその先まで行ってみたい!で合意して、なぜか「あわよくば五剣谷まで」になってた∑(´Д`*)ノノ!!
川内と言えば・・・師であり山友でありのKyazuさん(なんせ川内・・・居てくれたら安心だもの
て事で、アホの中にお呼びしてしまいましたヽ(冫、)ノ

今回の山行は往復10時間を優に越え、延々と登り下りを繰り返すハード山行
雪野筆頭に、みんなの体力がどこまで持つのか・・・謎(雪野さんが最初に脱落予想)
34_20140428193214f54.jpg

今年はあれもこれも、花の開花が早くて、間に合うかなぁ。。。と心配していた水無平のカタクリも、全開でお出迎えしてくれました
これが見れただけでも、良かった(ノ I `。) ウゥ・・・
79_20140428193217356.jpg
私のGWは昨日からですが、明日から本格的に地元から消えちゃうので、消えちゃう前にひとつだけ更新。



そんなこんなで、去年のGW初日も、アホの人たちと一緒でした
ボス、Aくん、一緒に登るのは初めてのKくんの4人で
当初の予定は至仏山(お天気悪し)→おちゃらけて美ヶ原+霧ヶ峰(だったか?)→表妙義


妙義だと????????


なぜ妙義になったー


で、鎖なんてまともに触った事がないのに、いきなり妙義へ行く事になりました(アホか!)
登山なんて全く興味がなかった若かりし頃、妙義に桜を見に来て、この神社の駐車場から「あの山、すごい形だねぇΣ(⊙▽⊙"a」ってビックリした事から、妙義山って名前だけはずっと覚えてました。
登山を始めて、登れる山なんだと知って、あんなとこ行くのはアホだけだと思ってましたが、どうやら自分もアホだったようですヽ(冫、)ノ

スタートは妙義神社から。
この日はとにかく怖かったので、あんまり写真とか撮れてませんので、大事なとこの写真はありません(´゚ω゚):;*.:;ブッ (カメラもコンデジです)
1_20140428194003f96.jpg

3_20140428194005730.jpg

最初の鎖。
とりあえず、いりません。
5_20140428194007347.jpg

2つ目の鎖。
まぁ、あった方がいい。
7_20140428194008b98.jpg

大の字への鎖。
雪野必須ヽ(冫、)ノ
8_20140428194458a64.jpg

先に向かいます(´Д`;)
この辺から、心臓がバクバクしてきます
10_201404281944596f5.jpg

奥の院着。
登る前に、Aくんと奥の院の神様が祀ってある場所に行ったようです。
11_20140428194501acb.jpg
ハシゴを降りて、いざ奥の院の鎖場へ

これがもうとんでもない場所で・・・
記憶喪失になって、画像が一枚もありません
見たい方は、ググッてください・・・
去年、落ちて亡くなった方がいるみたいです。

ボス、サルみたいに超速かった、ここ・・・
12_201404281945029f8.jpg

裏妙義越しに、浅間山が見えた
16_20140428195636324.jpg

そして・・・
どうやって通ればいいのか( ´゚Å゚):;*.':;.ブッ
17_2014042819563736b.jpg
先に行くほど、細くなりますww

そして、スタートしていくらでもないですが、雪野さんのボヤキMAXですwww
自分で惚れ惚れしますww
てか、youtubeのボカシ、役立たずだな(´゚ω゚):;*.:;ブッ

この日、Aくんにはスパイダーマンの称号が贈られましたww

ビビリ岩。
18_20140428195638dc9.jpg

次から次へと・・・
19_20140428195641766.jpg



おぅ・・・
20_20140428195642b01.jpg

22_20140428200825b6f.jpg

問題は・・・大問題はここです
23_201404282331519d0.jpg

三連の鎖
下は見えてません
24_20140428200827e25.jpg

二連目に入る前の場所で待機。
25_20140428200829e4c.jpg

二連目・・・やっぱり下は見えてない
26_201404282008308c9.jpg

鎖大好きっこのAくんに「鎖から体離してって何度も言われましたが、頭で分かっててもどうしてもしがみついてしまいます。・゚・(ノД`)・゚・。
上体を離さないと、足元が見えない訳ですよ・・・
相当の時間をかけて、なんとか無事着地_ノ乙(、ン、)_



Kくんが降りてくるのを待ちます。
27_20140428201737f81.jpg

28_20140428201739ada.jpg

これからは鎖場もたいした事がないとの事で、相馬岳に向かいます。
この時は知りませんでしたが、妙義固有種のミョウギイワザクラさんらしいです。
この荒々しい山で、唯一の癒しでした(ノ I `。) ウゥ・・・
30_201404282017398f1.jpg

無事、相馬岳に着きましたが・・・
36_20140428202516196.jpg

雪野さんは無事じゃなかったようです(ヽ´ω`)グッタリ
37_20140428202518543.jpg

この先の縦走路へは行きませんw
ムリですw
32_20140428201743e7f.jpg

何等三角点?
33_201404282025144f3.jpg

ほんとに、何ですかこの山は_ノ乙(、ン、)_
34_20140428202515f04.jpg

浅間山がかっこよかったです・・・
35_20140428202806d1c.jpg

相馬岳からホッキリへ下山。
なんだかんだと、鎖は続き・・・
40_20140428202808778.jpg

41_20140428202809a65.jpg

42_20140428202810a37.jpg

44_20140428202812c31.jpg
遠い目になっちゃうような苦行山行でした。゚(゚つд´゚)゚。

無事に中間道と合流し、神社へ戻ります。
ここはトレッキングコース・・・よかった(ノ I `。) ウゥ・・・

トレッキングコースだというのに、熊の腰掛がコースのすぐ脇に∑(´Д`*)ノノ!!
48_20140428203424411.jpg

神社手前、トレッキングコースでワクワクして来たので、Aくんとかけっこ競争'`ァー…'`ァー…ε=ε= へ(*;´Д`)ノ
負けたo(´д`)oァーゥー

妙義神社で、今日の無事を感謝し(-人-)
51_20140428203425426.jpg

道の駅で桜ソフトを食べ。
56_20140428203426d59.jpg

温泉は、わざわざ湯沢まで戻ってから入り(´゚ω゚):;*.:;ブッ

これが食べたかったん・・・
59_2014042820342886c.jpg

爆弾おにぎり(´゚ω゚):;*.:;ブッ

4合使ったおにぎりww
1人一合づつw
具は5種類選べるのに、全部豚の角煮ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
61_20140428203429221.jpg

一合って、たいした事ないねぇ・・・

で・・・

越後湯沢駅の館内なので、食べ物屋さんがズラーっと並んでるせいだよ・・・
もち豚丼(∀`*ゞ)テヘッ
62_20140428203846ee8.jpg

63_201404282038476e2.jpg
さすがに、腹くっちぇかった(´∀`*)ウフフ

うまそうなソフトがあったので、これで〆
74_2014042820405803c.jpg

何事に関しても、やっぱりアホなんだな(_д_)。o0○ モァアーン



参加中です。クリックよろしくお願いします♪
banner.gif