FC2ブログ
全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・
今日は、どっか行こうと思ってはいたけど、あまりの暑さに前日の時点で断念。
クーラーかけたまま快適に寝続けたら、目覚めたのが10時だった(;´∀`)
最近、残業続きで疲れてるんですよ(言い訳)

なので、来週やろうと思ってた事を今週やってしまい、今度の日曜こそ。。。
どうなるかな・・・気温次第(;'∀')

そして今週は、EOS90Dの発売の週です。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
Tポイントが念願の10万ポイントを超えたので、10万ポイント使って予約してやりました(`・ω・´)シャキーン
それでも保険掛けたり備品買ったりしたら、総額17万近く行っちゃうんじゃないかと思われ。
ヤフーショッピングでポイントいっぱいもらえる日を狙って購入したので、そのポイントで備品を買おうと思います(;´Д`)
今月来月と車の保険やら車検やらで超貧乏なのに_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆



7月に入っても、相変わらず天気はグズグズ。
月山にクロユリを見に行くか、鳥海か東吾妻にお花を見に行くか、なんて妄想してましたが、晴れマークではあれど風がバカすぎて、花を撮るどころではないだろうと。
数打ちゃ当たるレベルの撮り方をして、何となく撮れたじゃねぇ。
狙った花をちゃんと撮りたいと思ったら、爆風の山に花を撮りに行くという選択肢が消え。
しかも無駄な遠征になっちゃうので。。。
結局また護摩堂山┌┛┌┛ズコ!

この日は珍しく、ジジイが護摩堂山に行きたいと言って来て。
え???なぜに護摩堂山???ジジイが(ノд`ι)ウーン
って感じです。
が、私もこうなると行きたい所もないので、ジジイの保護者をします。

この日は遅めで、9時ちょい前、温泉の駐車場スタート。
もはや何とか空いてた所に停めるという状況でした(;´∀`)
ジジイもあまりの混雑ぶりに驚愕。
駐車場のアジサイもキレイ。
30_2019090900371336d.jpg

さて、先週よりきれいに咲いてるかなルンルン((´I `*))♪
31_201909090037189f6.jpg

ジジイは初めての護摩堂山なので、車の走る登山道だよなんて笑いながら進みます。
とにかく人がすごい。
たまに脇道にそれたりしながら、少し人混みから離れ。
結局合流するのですが(o_□_)oドテッ
32_20190909003719bd7.jpg

そして今まで行った事がなかった、途中のルートからの「三角点」と書いてあるコースへ行ってみる。
ものすごく静かで暗いΣ(゚д゚lll)
一人だったらちょっと怖いかも(;^ω^)
でも登山道らしい登山道。
あれだけ人が居たのに、ここでスライドした人は3名。
後からおばさま一名。
三角点は、自分が思ってた場所と違うと所から、ポッと湧いて出た( ̄ェ ̄;) エッ?
というか、三角点には2回ほど来た事があるけれど、こちらにルートがあるなんて知らなかった・・・
33_20190909003719f75.jpg
ちょうど三角点でバッタリしたおばさま2名が「こっちのルートはどうだった?」と聞くので「静かで良かった」と言ったら「やっと登山道らしいとこ歩ける」って笑っていた。
この山は、一般観光客も混ざるので、にぎやか登山が嫌いな人には地獄のような場所になる(;´∀`)

山頂の広場へと向かうと、あちこちから人が合流して来て、山頂に着いたらすごい人だった(;'∀')
もはや公園のピクニック状態で、みんなレジャーシートを広げ、ごちそうを食べていた。
うちらも流れに乗って、ここで飯にすっか?とか言ってみたけど、やっぱり・・・(;'∀')アハハ
って事で、先に向かう。
34_201909090037201ca.jpg

ジジイがこんな激混みの山に来たいと言った訳が分かった。
これだった・・・
35_20190909004917afb.jpg

じゃなきゃ、この人がこんな人のいる山に来る訳がないのだ( ̄ω ̄;)
おでんも食べたいとか言い始めたが、お互いのザックに飯は詰まってるので、それ食い切れるか?って話になると、おでん食べると無理な話になって来たので、泣く泣く諦める(ジジイが)
青の壁も、先週よりいくらかきれいになった。
36_20190909004919fe9.jpg

茶屋で何かお買い上げの人だけが見れる、茶屋裏の庭にも行ってみた。
これも早すぎたのか何なのか、数年前に来た時より咲いてなかった。
37_20190909004920c56.jpg

それでも、変わり種のアジサイが見れるので、ここはやっぱり来ておいた方がお得だと思う。
38_20190909004921422.jpg

39_20190909004923051.jpg

これはとても、うまそうな色だ。
イチゴのかき氷みたい(๑´ڡ`๑)
40_20190909005344ce1.jpg

この八重っぽいの好き゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
茶屋付近にいっぱい咲いてた、八重のドクダミにジジイは感動していたが(*・з・)ぷッ
41_201909090053468b9.jpg

かわいいね.゚+.(´∀`*).+゚.
42_20190909005347d7f.jpg

そんなこんなで、スタートも遅いうえ、カキ氷食べてのんびりし過ぎたので、もう下山する(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
下山の途中、登って来る女子をガン見する。
昔、よく遊んでもらってたMちゃんだったΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
小さなお姫様を連れていた。
顔を覗き込んだら恥ずかしそうにそーっと逃げて行ったけど、パパのAくんにそっくりだった。
Aくんをかわいいとは思わないが、姫はかわいかった(。・w・。) ププッ
そしてびっくりした事に、姫がもう一人先に行ってるという∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!
双子ちゃんかぁ、並んで歩いてたらかわいさ倍増だななんて、姫がどんどん逃げて行くので、ほんの少ししか話せなかったけど、幸せな姿を見れて良かったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

こんな低山でも、やはり下るにつれどんどん暑くなっていき、ダルダルです。
駐車場に着くと、空き待ちの長蛇の車の列Σ(ಠิωಠิ|||)
トイレだけ済ませ、ご飯を食べる為に車で移動の末に高立山に登る事にしました((´∀`*))ヶラヶラ
大沢公園から未踏の公園中央コース。
43_20190909005350ea9.jpg

橋を渡って公園を突き抜けて、取り付きが分からない(´∀`*)ヶラヶラ
ジジイと探して、緑の中に登山道を見つけました(;^ω^)
44_201909090053518f7.jpg

やはりここも地味に急登でしたが、時々吹く風が救いでした(;^ω^)
全然写真も撮ってなかったようで(;´∀`)
1時間かからなかったようです。
この日も思ったより人はおらず、外のテーブルでご飯を食べる事にしました。
ちょうど入れ違いで下山される方が居たので、テーブルは貸し切りとなり、ドンドン人も下って行き、山頂に人が居なくなった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
我が家にストックしてある豆腐お好み焼き。
関西の物産展が来た時に、必ず買ってます。→角英
店のおじさんがものすごい量を試食させてくれるので、お腹一杯になっちゃう(;´∀`)
45_20190909011354725.jpg

ジジイは肉を持って来たそうで、肉を焼いていた。
46_2019090901135654a.jpg

骨付き肉を焼くとは。。。焼けるのか?なんて思いながら、お好み焼きを焼くのに必死だったのでしばらく目をそらしてたら。。。

「ジジイ、何やってんだよ!!!!!!」

不穏な動きをしてたので、ジジイを見てみたら肉を手で引きちぎってたェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

「手でちぎるなよ!きったねーな!!!!」

と、雪野さん大激怒。

「だって焼けないんだもん」

当たり前である。
スペアリブは本来、炭火なりオーブンなりでじっくり焼くためのお肉である。
何か秘策があって買って来たんじゃないのか?の問いに「全然。おいしそうだったから((´∀`*))ヶラヶラ」

アホである( ̄ω ̄;)

あまりに汚いので、文明の利器を与えた。
47_201909090113582bd.jpg

残念である。
48_20190909011359ab3.jpg

頭上にはカラスが飛んだり、ちょっと離れた所から様子を伺ったり、どうやら私たちの飯に狙いを定めているようだ。
渡さぬ!

で、デザートまでしっかり完食し、結構な風が吹いてて地味に寒くなったりしてきたので下山する。
帰りはツララコースを通ってみた。
大平へ向かう途中、まさかのアサギマダラΣ(゚д゚lll)
こんなとこでアサギマダラーーー(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)
って叫んでしまいました。
ピンボケ・・・
49_20190909011400c74.jpg

大平を経由し、どんどん下る。
50_20190909012934700.jpg

51_20190909012936d4b.jpg

と、ジジイが手が冷たいという。
見てみれば、コンビニで保冷用に買ったロックアイスを手に持ったまま歩いてる。
そりゃ冷たかろうよ(;´Д`)
普通はな、冷凍ペットボトルを保冷材にするんだぞ、そうすれば飲めるだろ?なぜロックアイス?と説教をし、中の水を捨てさせて終了した。
なんだか不思議な生き物である、ジジイ。

条件の揃った日に来ると、ここに立派なツララが出来てるんだってさなどど説明しつつ、倒木を跨いだりして、3時半に下山完了。
52_20190909012938bc3.jpg
花より団子な、そんな護摩堂山、高立山再びな一日でした。

15_201909090153451ca.jpg





参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


スポンサーサイト




【2019/09/09 01:54】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
にわかにあっちぇー_(。゚⊿ 」∠)_
台風どっかいけ(乂∀`)┌┛)`д);∴




今年の6月は、何だか早いうちから天気が悪くなり始め、山に行くにはいまいちな週末ばかりでした。
この日も微妙すぎて、困った時の西山三山。
ちょうどいい時期でもあったので、護摩堂山でも行こうと思いました。
しばらくまともに歩いてなかったので、お気楽な山と言えどもそれなりに歩いておこうと思い、なかなかやるチャンスのなかった西山三山を歩いてみる事にしました。
スタートは7:34、大沢公園から、まず護摩堂山を最短距離で登れる裏側から登る事にしました。
アスファルトの道路をしばし歩いて・・・
8:02、登山口着。
1_20190907004903d2f.jpg

最短距離で登れるという事は、急登でありました(_Д_)アウアウアー
蒸して地味に暑い日だったので、速攻ダルダル。
裏の斜面にも、ガクアジサイがチラホラ。
2_20190907004904cb9.jpg

8:23、斜面をポンと乗り上げると、茶屋脇に出ましたが、自分的に思ってた場所と違ったので、しばらく位置関係がつかめず(;^ω^)
3_20190907004906fc4.jpg

朝も早かったので、まだ観光客も少なく、静かで良かった。
でも、6時位ならもっと良し。
早起きできなかった(;'∀')
4_20190907004907279.jpg

思ったより朝露もついてなく、雨が降ってる訳でもなく。。。
5_20190907004909c6e.jpg

若干、まだ見頃には早かったようです。
その中でも、キレイな子を。
6_20190907010449193.jpg

カキ氷の文字がそそられる(;´Д`)
7_20190907010451716.jpg

まだちょっと早いなって思ってたのも束の間、既に傷んでた( ̄ω ̄;)
8_20190907010452ad8.jpg

9_20190907010454d0a.jpg
通りすがりのおばさまに「なんか残念、こんな傷んでるの初めて見た」って言ったら「今週はまだいいわよ。先週なんてこのピンク系は全然咲いてなかったよ」って、おばさま、2週連続だったみたい。

青の壁もイマイチ。
10_20190907010455e7d.jpg

雨が降ってないので、テントウ虫がいたり。
11_20190907010748f7d.jpg

チョウチョもいた。
12_20190907010750a9c.jpg

山頂広場に向かう。
13_20190907010751ad6.jpg

まだ9時なので、人もまばら。
この山は、お昼ご飯くらいの時間じゃないと混まない(;´∀`)
14_20190907010753fde.jpg

少し休憩をして、高立山に向かう。
15_20190907010754fc1.jpg

アジサイの時期はもう来ないかもしれないから、いっぱい撮っておこう。
16_2019090701111857e.jpg

毎年、山頂からの階段下に咲く白いアジサイを撮っちゃう(。・w・。) ププッ
17_20190907011119618.jpg

キレイな水色゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
18_20190907011121c11.jpg

地味に時々、青空が見えるくらいになって来た。。。
アジサイ鑑賞は雨がいいなぁ。
19_201909070111223e6.jpg

9:24、下山は最短ルートの隣のルートから。
茶屋そばの東屋の辺りからルートが繋がっていた。
20_20190907011124210.jpg

道はユルユルとしていて、でもちゃんと山っぽい道で、なかなか楽しいルートだった。
21_20190907011430e31.jpg

最後の最後、道路に下り立つ手前が超急登で泣けた(;´∀`)
降り立った所から道路を横断して、そのまま直線で上がれるルートから高立山に向かう。
22_201909070114314be.jpg

が、雑草の藪過ぎて、スカートがビチョビチョになって来たので撤退(;´∀`)
今は藪の時期ではない( ̄ω ̄;)
という事で、10:08、初めての五段の滝コースから高立へ。
歩いてないルートが多すぎて、、低山恐るべしです(;'∀')
五段の滝って、入口にあるこれの事を言ってるみたい。
23_201909070114332fa.jpg

あとはこれまた地味な急登を上りつつ、10:54、大平山着。
24_20190907011435585.jpg
ここで会ったオジサマに「俺の他にも地図持ってる人が居た!」なんて言われ。
歩いてないルートが多すぎて、これがないと無理とか言いながら、前に高立でTさんからもらった地図を見せると、驚いていた。
登ったり下りたり、いろんなルートを歩いてると、一日遊べる( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

オジサマと別れ、11:10、高立山着。
暑い日だったので小屋の中には人がおらず、常連さんたちは外でお話をしていた。
私もご飯を食べていたら、さきほど大平山で会ったおじさまがやって来て、地図を写させてくれと言う。
大平山から戻って来たのかΣ(゚д゚lll)
って事で、自分で赤線引っ張ってたが、書ききれずに途中で諦めてた(;´∀`)
今日は知ってる人も居なかったので、ご飯休憩をして、11:54、菩提寺山に向かう。

菩提寺山へは、普通のルートで向かった。
何だか天気が下って来そうだったので、あちこち探検してる場合ではなくなって来た。
雨は護摩堂山以外ではいらない(;´∀`)
スケルトンホタルブクロ。
26_20190907013130c40.jpg

12;42、菩提寺山着。
人も数人しかおらず、静かな日だった。
雨が降ると言ってるのに、LINE返信したりダラダラ20分も滞在してしまった(;'∀')
27_2019090701313234f.jpg

12:57、下山開始。
ここからは必死で歩く。
雨が来るぞーって事で、早歩き。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
が、ゴールまであと10分という所で、パラパラして来た。
もはや諦め、傘さし登山に切り替える。
のんびりと大沢公園へ。
13:26、ゴール。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
29_201909070131359a0.jpg

雨は朝一に欲しかったなぁなんて思った、そんな微妙な天気の一日でした。
53_20190907013509bea.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


暑いお盆です(;´Д`)
家に吹き込む風が熱風で煮えちゃう_(。゚⊿ 」∠)_
今年は11日からお盆休みで、東北に逃げてたので、結構涼しく過ごしやすかったです。
41_201908152330230bd.jpg

4座登りましたが2座はネタ(;´∀`)
本命は想像以上に素敵な場所で、いつかまた季節を変えて行きたいなって思いました。
日帰りは絶対無理だし、一泊二日でもきついなぁ・・・
42_20190815233025512.jpg

どっつりブナに浸かった連休でした。
帰宅途中、新潟が最高気温をたたき出したとのニュースで、戻るのが憂鬱でしたが・・・
43_201908152330260cb.jpg





立烏帽子の縦走路を抜け、葡萄鼻山へと向かいます。
途中、下山ルートの確認もして、山頂へとo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
向かい始めてすぐ、ニョロ様に遭遇ウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
大絶叫でしたがSさんに「もういないって・・・」と若干呆れられ風(;'∀')
途中、朝追い越されたオジサマ3人パーティーさんが登山道の真ん中でランチ中。
避けてくれようとしてましたが、ダイジョウブダイジョウブ!と、藪に突入して先へ進みます。

12:19、山頂着。
展望ゼロ、そして激アツ(;'∀')
21_20190815233031f12.jpg

20_20190807001819253.jpg

あまりに暑いのと景色がまるで見えないので、すぐさま下山。
そして、オジサマたちとしばしお話をして、酒が待ってる今夜のお宿へキュィーン ……ε( o・ェ・)o

途中「あ、久しぶり(=°ω°)ノ」

あら、ほんと久しぶりのひらさんと遭遇イョ━━━━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━━━━!!
なんつって、ひらさんはなかなかこっちに来ることがないので、光兎山に登ってからの立烏帽子~葡萄鼻山でした。
サクッと山頂に行って、途中から3人で小屋に向かいます✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
ブナがとてもきれいな登山道でした。
22_20190815233031fac.jpg

大きなブナも沢山Σ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
23_20190815234143291.jpg

山菜などを探しながら歩きましたが、12:58、まるで見つけられないまま小屋着(lll´д`)フゥーー
24_20190815234148c57.jpg

速攻、小屋脇の沢に行って酒を冷やし、メッシュ服のメンズ達を冷ややかな目で眺め。
Sさんはファイントラックのいいやつでしたが、ひらさんはアマゾンで買った安いやつだそうで、効果のほどは謎らしい(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
酒も何とか冷え、着替えも終わり、お待ちかねの宴会開始です+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
沢に生えてたミズを少し。
いや、少ししか生えてなかった。゚(゚´Д`゚)゚。
ミズと油揚げの炒め物。
26_2019081523415119f.jpg

これは何年前になるかな・・・
白山で宴会した時に食べ損ねた、念願のSチャーハン。
夢が叶って食べる事が出来ました、おいしい(p´I `;*)ウウウウ
25_20190815234151be8.jpg

ひらさんは、まさかのカレイの煮つけエエェェェ(●’Д’●)ェェェエエ
生からのスタートです(;´Д`)
なのに、酒忘れただの醤油忘れただの、おバカさんでした(;^ω^)
調味料持ってたので進呈し、無事調理開始。
27_2019081523415301d.jpg

焼き魚ならともかく、山で煮魚は斬新すぎるヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
でも、途中で採って来たと言うアケビの卵くぐして食べるやつは、大人の苦みがあってうまかった。
初体験の味(人´∀`).☆.。.:*・°
28_20190815235356bfe.jpg

そしてフキパスタ。
この辺になると酔いも回って、せっかく持ってきたベーコンを投入する事を忘れています。。。
29_2019081523535791f.jpg

デジイチで動画を撮ってましたが、メモカの容量が足りなくなって尻切れ(;'∀')


この時点で7時ちょっと前らしいです。
飲み始めたのは1時半頃( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!


そして時は進み、ベーコンの存在を思い出し、フキとベーコンの炒め物。
とりあえず炒め物しか作ってない┌┛┌┛ズコ!
30_20190815235359087.jpg

ひらさんの、何となく生臭い魚を食べた後、今度は肉を焼いてくれました。
これはうまかったですブッ(´→з←):;*.:;
31_20190815235400389.jpg

更に時は経ち、酔っぱらい2名が寝ている人に絡み続ける、身内にしかウケない動画(;'∀')


もはやピントすら合いません。
雪野お得意の、豆腐お好み焼き。
32_20190815235402c77.jpg

最後の方はオジサンとオバサンのコイバナ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
そしてせっかく持って来たので鶏肉を焼く。。。


飲むのも無くなってしまったので、10時半には寝ちゃった気がします(;^ω^)

ぐっすり寝入った頃、大の字で寝てた私の右腕を、なにかひんやりした物が駆け抜けていきました・・・

(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)

飛び起きましたが、何が起きたのか分からず、きっと寝ぼけたのだと思いまた寝直す。

数分後・・・

何者かが、大の字に寝てる私の右足を這い上がって来ました

Σ(ಠิωಠิ|||)

ビックリしてライトであちこち照らすと、走り去ってくミッキーさん発見ガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ
走り去ったミッキーさんは、ライトで照らされてるにも関わらず、Sさんの首下でウロウロ徘徊(((´゚ω゚`)))ガタガタ
そして小屋内を駆け回り、土間へと下りてどこかへ消え去った・・・
また戻って来るんじゃないかと、なんだかヒヤヒヤしながら寝てました(;´Д`)
なぜに小屋に出没する山の生き物たちは、私に乗っかるんだろう;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)

そんなこんなで迎えた朝。
起きてもお腹がいっぱいで、朝ご飯は食べず、のんびりはしましたが帰り支度を始めます。
お世話になりました彡:D)8┓ペコリ
34_20190816000927f26.jpg

そして外に出ると、Sさんが小屋から走り出てきたネズミを発見。
住み着いてるのか、本宅があるのか(;^ω^)
7:53、下山開始。
35_2019081600092950a.jpg

この日も登山者さん、4~5名いたかと思われます。
何かと人気ですねΣ(゚д゚lll)
小屋近くでは真っ盛りのチゴユリが咲き乱れ、ここはまだまだ春が終わったばかりだなぁなんて思いました。
36_201908160009315b5.jpg

タニウツギも真盛り。
37_20190816000932569.jpg

朴の葉から何かが飛び出てる( ̄ェ ̄;) エッ?
38_20190816002437bc9.jpg

って思ったら、花の進化系があの形なようです、ビックリ(;^ω^)
39_20190816002439991.jpg

8:35、駐車場着(_´Д`)ノ~~オツカレー
40_201908160024410d6.jpg

ひらさんはここでお別れ。
私とSさんは、ゆーむで温泉ドボンして帰りました。
あんまり時間が開かないうちに、また宴会したいですね(。・w・。) ププッ
ひらさん、Sさん、サンキュ──ヾ(*´∀`*)ノ──♪

44_20190816003035acc.jpg


参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/08/16 00:38】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
この前の日曜は、珍しく5時前に梶川を登り始めたのに、湯沢峰手前で暑さと眠さに負けて登山道の真ん中で30分も眠りこけるという偉業を達し。。。

下山!!

( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

いやもう暑くてムリ(;´Д`)
久々に日帰りザックでの飯豊だったので、出だしは快調でした∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
が、太陽が顔を見せた瞬間からパワーダウンです_(꒪ཀ꒪」∠)_
私は足元が見えない時間帯は動かない主義なので、今なら早くても4時半スタートですかね。
先日、深夜の登山道を歩く人が多い事についてのお話を聞いたのですが、足元が見えなくて危ないという事もあるのですが、野生動物への悪影響もあるんだそうです、ヘッデンの灯りがね。
確かに、小屋で寝てる時なんか、自分は目を閉じてても他人様のヘッデンが自分に向いたりすると、目がー目がーーーと、ムスカ状態になります。
かなりの光量なんですよ、ヘッドランプの灯りって。
動物たちだけの静かな時間に、そこにまで人間が足を踏み入れてしまう。
私は寝てる時に起こされるのが超むかつく人なので、動物さんの気持ちが分かりますね。
夜行性の動物がヘッデンの灯りを受けた時も、本来なら自然界にはない灯りなのですから、きっと動物の心にもよくないんでしょう。

という事で、7時半に下山しちゃったもんで、温泉もやってなければ越後屋さんも開いてなかったので、そのまま家に戻ってお盆の計画をひたすら立てていました。
台風来そうですけど、どっちかというと観光の方が主な感じなので、台風来ても観光が増えるだけなので、特に問題なさそうです。
という事で、お盆前更新は今回で最後かな?多分。



暑い日は山には登らない方がいい!と、前に山友Sさんに言われてたよなぁ、と思い出しながら、そんなSさんとの久々のお泊り。

例年、5月の第四週は東北遠征ってなんとなく何年もやってたんだけど、久々に宴会登山をする事になったので新潟の山へ。
5月にしてはとても暑い日でした。
Sさんのパーフェクト車中泊カーに乗せてもらい、立烏帽子の登山口まで。
林道入口には車はなく、今日は貸し切りで静かでいいねぇって事で、8:52スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
晩げのごっつぉにする為に、フキをブチブチもぎながら進みます。
ミズが生えてるかと思ったのですが、フキしかありません┌┛┌┛ズコ!

暑いし荷物重いし、グダグダです(;´Д`)
小屋まで1時間くらいなので、荷物MAXで来てます。
酒の量がハンパねぇブッ(´→з←):;*.:;
久々に75ℓザックを出動させました((´∀`*))ヶラヶラ

9:21、本当の登山口着。
1_2019080623503527b.jpg

初めて来たSさんは、ずっと林道歩きだと思っていたらしく「思ったより登山道(;´Д`)」と言ってました(。・w・。) ププッ
謎のペットボトル。
2_20190806235036ba6.jpg

途中、おじさま3人パーティーさんに追い越される。

10:05、小屋が見えてきました。
2人ともアホザックですが、1時間ちょいで無事到着。
3_20190806235038ff2.jpg

相変わらず健在な、首つり縄ブランコの縄。
4_20190806235039570.jpg

いざ、小屋に入ろうと入口に向かうと、立烏帽子の方から10人位の団体さんが降りて来たΣ(゚д゚lll)
皆さん、小屋には入らず、外の木陰でランチをしていた模様。
私たちは小屋で少し涼んでから、サブザックに荷物を詰め込んで10:50、立烏帽子に向かいますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
ほんとは山に向かわず、酒に手を出してしまいそうだった。。。

小屋裏の沢を横断。
ここで水を汲むんだけど、秋に来た時より全然水が少なくて焦ったヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
下流の方で何とか汲めそうだったので、本日の水は何とか補給できそう。。。
5_201908062350411bd.jpg

下から見る立烏帽子ドーン。
6_20190807000352bd7.jpg

急斜面を直登的な感じなので、これはかなりヤバいんじゃないだろうか?って妄想してましたが、キレイに道がついてるのでそんなでもありませんでした(;^ω^)
でもアドベンチャー的に遊べます。
7_20190807000353ada.jpg

登ってる途中ずっと、団体さんのにぎやかな声が聞こえていて、まだご飯食べてるねとか話ながら登りました(´∀`*)ヶラヶラ
ヒメシャガもいっぱい咲いてたんだけど、撮るには安定しない登山道。
8_201908070003540f4.jpg

私のノロノロペースに合わせてもらって、11:19、立烏帽子着。
Sさん、大展望に驚き。
向こう側に杁差が見えた。
9_2019080700035681a.jpg

わかぶなスキー場越しに、未踏の朝日連峰。
今年もきっと行かない予感(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
10_20190807000357288.jpg

梁山泊の青い屋根が見えた。
そしてにぎやかな声も消えたので、下山して行かれたようだ( ´_ゝ`)プッ
11_20190807001225783.jpg

さて、このまま葡萄鼻山へと縦走します。
12_2019080700122633f.jpg

何となく道は刈ってあるとの事だけど、いきなり入口が進入禁止風グハッ!!( ゚∀゚)・∵.
13_20190807001228b1f.jpg

無理矢理進入したら、歩くには問題ない程度になりました。
14_20190807001229b8c.jpg

途中、雪の残骸。
涼しかった゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
雪の残ってる場所は、やはり季節が遅れて来てるので、コシアブラが少し採れました。
晩げのごっつぉです。
15_20190807001231a29.jpg

ちょっと藪ぽいですが、歩くには困らない程度なので、Sさんと「いい藪だねぇ」と言いながら進みました( ̄ー ̄)ニヤリ
お互い、川内で遊ぶ人間なので、あそこの藪に比べたら。。。って話してました(*・з・)ぷッ
藪な足元に、白いイワカガミ。
16_20190807001813460.jpg

これだけ明瞭なので、藪ではありませんね。
17_2019080700181577b.jpg
途中、追い越して行ったおじさま3人パーティーさんはどこ行ったんだろう?なんて話ながら。
縦走路に今日の踏み跡があるようなないような、変な感じだったので。

まれにこんなだけど。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
18_201908070018166c2.jpg

癒しのお花(´∀`*)ウフフ
19_2019080700181797a.jpg

途中、葡萄鼻山への別ルートと合流。
あからさまにキレイな登山道(;^ω^)
さて、快適な道になったので、葡萄鼻へと向かいましょう。。。"8-(*o・ω・)oテクテク



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

今週末は飯豊に泊まりに行きたかったんだけど、このお天気じゃあねぇ。
奥胎内のタクシーも、今年は運行しない予定だったみたいなのですが、運行する事になったそうです。
でも片道700円とか聞きましたが(;´Д`)
セレブの乗り物ですね、往復1500円とかってなると、素敵なランチがいただけます。
貧乏人は歩かないとダメですね。
片道500円だったら乗るんだけどなぁ。
って、天気悪くて山も行けない訳ですから、あれこれ潔く諦めましょう。
今月は潔くならなければいけない週末が多すぎて、食ってばっかりですよ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

先々週、お目当てのビュッフェに着いたら、いつの間にやらビュッフェスタイルは無くなって単品仕様になっていて。。。
場所移動の会議をする間、なぜか食べていた。
33_20190628232312b1a.jpg

で、ファミリーなビュッフェに行ってみた。
ビュッフェというよりバイキング、食べ放題。
昔より食べれなくなっていた。。。年取ったな。゚(゚´Д`゚)゚。
34_20190628232314f6f.jpg

食べほ内にある材料を使っての、自作スイーツ。
ソフトクリームがあまりソフトじゃなかった結果、渦巻きが美しくならなかった|||||(´ω`;)|||||
35_201906282323157bb.jpg

そして翌日。
さらにザーザー雨につき、いつも山帰りでは準備中になっていて、なかなか入るタイミングのなかった八木茶屋でピネライス(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
普通盛りでもかなりやばい量だった・・・
でも、チャーハンが激ウマだったので、また食べたいな(。→ˇ艸←)プククッ☆
36_20190628232317905.jpg

ピネライスの後は別腹で、道の駅でイチゴソフト(*´ω`*)
激ウマ_(꒪ཀ꒪」∠)_
37_20190628232318986.jpg

翌週。
また天気が悪い。
日曜はお店がお休みなので、土曜しかチャンスのない中央卸売市場へ。
映画の後に行ったので昼を過ぎてたせいか、お店はいくつか閉まってましたが、開いていたお店の中から選んだのは、中央食堂さん。
海鮮丼を頂きます。
38_20190628233916343.jpg
これで1180円。
これより上の特上海鮮丼ってのもあるんだけど、これ以上お刺身入ってたら食べ切れないかも(;^ω^)
しばらくお刺身はいいってくらい食べました。
他にも食べたいメニューがいっぱいあったので、また雨の土曜があったら行ってみたいですね。
これから土曜休みが減ってくんだけどさ。。。



GW終盤、4日は毛石の登山口付近で山菜採りに勤しみ、新緑キレイだなぁなんて思いながら帰宅。
1_201906282339101b0.jpg

2_20190628233911c2a.jpg


そしたらどうしても緑にまみれたくなる訳で。
でも早起きはしたくないので、この時期に行った事がない不動堂山へ。

8:49、キノコ工場裏からスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
4_20190628233915f9d.jpg

林道沿いにはムラサキケマンがいっぱい。
3_20190628233913955.jpg

あら、林道入口の鎖の所に、新しい看板Σ(゚д゚lll)
5_20190629000214b13.jpg

鉄塔コースは巡視路の看板を見逃さないように。
6_201906290002166bc.jpg

すっかり葉も出揃い、グリーン一色(*´∀`)アハハン♪
7_201906290002184e5.jpg

登山口から25分位で鉄塔。
暑くてしょっぱい顔になりました(;´Д`)
9_2019062900022025c.jpg

早く樹林帯に逃げ込まなくちゃって思いましたが、思わなくても自動的に樹林帯に突入でした。
もうずっと密林の中・・・
必要以上に切られてない登山道なので、両脇から迫る木との距離感が近いブッ(´→з←):;*.:;
10_201906290022388f5.jpg

途中、葉っぱの切れ間から山頂が見えた。
まだ遠い(;´Д`)
11_20190629002239f68.jpg

葉っぱが邪魔( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
12_201906290022414a6.jpg

緑の木陰道を歩くのは、とても気持ちがいい。
13_20190629002243f02.jpg

ツクバネウツギ
14_20190629002244592.jpg

イカリソウの上にバッタ
15_201906290027150b4.jpg

途中、あがりこみたいな面白い形のブナがあった。
デカすぎて入りきらない(;^ω^)
16_20190629002716f9a.jpg

ちょっと進んでから撮った。
17_201906290027181db.jpg

これだけグリーンがキレイだと、秋もキレイそう。
秋も来れたらいいなぁ。
18_20190629002720e2f.jpg

低山だけど、まだ春と初夏が混じっていた。
19_20190629002721bcf.jpg

グリーンの中に、ぽつぽつとミツバツツジの差し色が目立って来た。
21_20190629003441901.jpg

緑のトンネル。
そよ風が気持ちい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
22_20190629003443753.jpg

この時期もキレイなんだな、この山は。
来てよかった。
23_20190629003444f84.jpg

山頂手前、にぎやかな声が聞こえて来たので、珍しく登山者さんが居る事が分かった。
そして10:40、山頂着。
24_20190629003446122.jpg

山頂には、男性1名、女性2名の年配のパーティーさん。
某山岳会の仲良しさん達で登って来たとの事。
今日は大蔵の山開きだから、あっちは避けたんですよって言ったら、パーティーさんたちも理由は同じだったらしい(;^ω^)
この日はこの山でやりたい事があって急いでたんだけど、結局お話が楽しくて一緒に周回ルートから下山する事に(。・w・。) ププッ
11:24、下山開始。
福連寺方面は、更に整備が行き届いてないので、山頂から縦走路への入り口がまずこんなです( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
25_20190629003954603.jpg

私的には何でもない藪なので、先頭を歩きます。
こちらはさらに木々が濃いので、森林浴にはぴったりでほんとに気持ちが良かった。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
26_20190629003956562.jpg
一番年上だと言っておられた女性は、75歳位だったと思いますが、足取りもしっかりしていてどこも痛くないんだそうで。
60過ぎてから山を始めたって仰ってたので、ビックリです。
でも、そういう方、多いんですよね、定年をきっかけに始めたって方、何度かお話した事があります。

川内以外の地元の山で、イワカガミを見るのは初めてかな?
イワカガミが咲く頃は、ヒルが嫌で地元の山には入らないので(;^ω^)
27_20190629003957f63.jpg

ずっと一番年上のHさんと一緒にお話ししながら歩いてましたが、何度も何度も「今日はあなたに会えてよかったわ」なんて言われ。
相手が女性だとしても、そんな事言われると照れ臭いですね゚+.(*ノェノ)゚+
普段言われる事ないですからね┌┛┌┛ズコ!
28_2019062900395906c.jpg
共通の知り合いも居たので、運が良ければまた会えそうな気がします。
が、人の顔を覚えるのが苦手な私なので、すぐに気づく事が出来るかなぁ、不安(;^ω^)

福連寺山も経由する?って皆さんに聞いたら、しない!って事だったので、途中の沢へ下りるコースを下って、13:02、登山口着。
皆さん、楽しい時間をありがとうございました彡:D)8┓ペコリ
29_201906290040004de.jpg

工場の入り口辺りにアケビの花が咲いていました。
って、私は初めて見たのですが、Hさんが教えてくれました。
地味だけどかわいいお花です。
ビヨーンと下に伸びてるのが雌花、上にごちゃごちゃってあるのが雄花。
30_20190629005710579.jpg
「秋になったら実がなるの?採りに来ようかなワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク」って言ったら「実がなってるの見た事ない」って言われたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
まぁ、そんな劇的においしいものでもないし。。。
でも食べたい(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

そして、皆さんとまたね~ってお別れして、長靴を脱ごうとしたら変な違和感。
31_20190629005707854.jpg

くっそ、スカルパの中敷きの印刷が剥げて靴下にくっついた!!!
32_20190629005708844.jpg
長靴がちょっと大きめで遊ぶので、マムートとスカルパの中敷きを2枚入れてみたらいい感じになったんだけど、がっつり剥げて靴下にくっついた!!
スカルパを下にして、マムートを上にしよう。。。

福連寺は好きな山の一つなので、ヒルが消えた頃にまた遊びに行こうかなって思ってます。


歩行距離6.8㌔ 標高差525m  累計↗741m ↘748m
登り1時間50分 下り1時間36分




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/06/29 01:21】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
先週の水曜は、その前の週に断念した、中田の水曜限定「肉マウンテン」に挑戦!
前回、チャーシューマウンテンと書いたけど、肉マウンテンの間違いです(;^ω^)
友達がどうしても見たい!と言うので、1杯を2人で分け合ってチャレンジ。
73_201905262310267da.jpg
テーブルに来た瞬間は「楽勝じゃね?」と、普通のラーメンも一杯オーダーする?って話にまでなったんだけど、とりあえず分け合って食べてたら、どんどん肉の脂に負け始め。。。
最後の2枚になった時、一枚ずつチャーシューを持ち上げたら、下からもう一枚出てきてのけ反った┌(_Д_┌ )┐
これが最初で最後の挑戦とは言ったけど、数年後にまた忘れて自爆している予感がしないでもない(キッパリ
だって数年前にも、チャーシューメンにチャーシューをトッピングするという荒業を出して、自爆した経験あり(;^ω^)

そして今日はあっちぇかったー_(꒪ཀ꒪」∠)_
避暑地に逃げ込んで、友達とグダグダ宴会してきましたが、飲む前に運動しておかないと、怒られそうなので運動に出向く。
展望は最高。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
でも直射日光直撃で早めに退散。
74_20190526231028bc5.jpg

隣の山への縦走は、プチ藪で楽しかった。
75_2019052623103052d.jpg
でもグリーンシーズンの藪は怖い。
現在、左肩が毛虫か何かにやられて、10㎝くらいブツブツが広がって痒いです。
掻いちゃダメなので我慢してますが、今後は気を付けようと思います(;^ω^)



会山行の担当の高坪山が迫って来てたが、歩いた事のないルートを計画してるくせに、なかなか偵察に訪れる機会がありませんでした。
それで4月の頭、若干天気は悪そうだけど、偵察なら展望とかまぁどうでもいいや。。。って事で、高坪山に向かいました。
胎内道の駅に着くと、風は強いし雨は降って来るしで、車の中でウダウダしてましたが、雨がやんで明るいグレーの空に変わった所で、9:36スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
橋を渡ります。
1_20190526232117834.jpg

渡り切って道路にぶつかったら右折します。
100mも行かないうちに、鉄塔巡視路の看板が入り口になってます。
2_20190526232119d7f.jpg

少し上がったら左折して↓こんな所を進みます。
3_2019052623212032b.jpg

そしてここを右。
4_2019052623212272b.jpg

5_20190526232123564.jpg

道は巡視路とあって、ものすごくキレイです。
そして、地味な急登が延々と続きます。
6_201905262325136d7.jpg

今年初のショウジョウバカマに会いました゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
7_20190526232515cd2.jpg

スタートして10分位で、ロープなんかが出てきます。
8_20190526232516426.jpg

カンアオイの葉っぱがいっぱいあったので、花を探してみました| 冫、)ジー
9_2019052623251837a.jpg

そして、ロープにつかまってるのに、ずり落ちてしまった_(:3」∠)_
タイツが葉っぱだらけになった。
10_201905262325192a9.jpg

T字路に突き当たると、やっと急登が終わります(;´∀`)
よかった、ここからしばらく平だ。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
12_201905262328175ce.jpg

と、ルンルン気分で200mほど進んだとこで、見忘れた物があった事に気づき、戻る_(。゚⊿ 」∠)_
13_201905262328183c5.jpg

T字路を左折し、ちっちゃいピークに上がらなければイケマセンでした。
14_2019052623282033e.jpg

藪の中から三角点。
って思ったけど、三角点ではなさげな何か|||||(´ω`;)|||||
15_20190526233125d2c.jpg

スタートが遅いので、先へ進みます。
小さなアップダウンを繰り返すルートで、なかなか山頂が近づかないルートでした。
16_201905262331275bf.jpg

歴史的な何かが多い山でありますが、歴史に全く興味がない私(;'∀')
17_201905262331283de.jpg

展望が良いらしい。
18_20190526233130b7b.jpg

胎内川が見えました。
19_201905262331311e8.jpg

そのうち、今年最初のイワウチワにも出会え(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
ピンクのフリフリがかわいいです(。→ˇ艸←)プククッ☆
20_2019052623344553e.jpg

土塁ってなんだろう( ゚д゚)ポカーン
21_20190526233447d5c.jpg

急斜面にはロープがぶら下がってるので、ありがたく「あ゛ー」とか唸りながら進みます。
だって、疲れたんだもの。
22_201905262334486f7.jpg

10:39、とても広い場所に出ました。
23_20190526233450fa3.jpg

二の・・・なんだろう( ̄ω ̄;)
24_20190526233451c43.jpg

あれが山頂か?などど思いを馳せながら進む。(後に、山頂はかなり後にならないと見えないルートだと分かった)
25_201905262338083ee.jpg

やばい、馬返しって名のつくとこは急登だ。
26_20190526233809521.jpg

ロープが2本も張ってあった。
せっかくなので2本使う( ´_ゝ`)プッ
27_2019052623381174a.jpg

高坪山は、半年前に定番のお気楽ルートを一回登っただけで、そのルートだと時間が短すぎて会山行ではどうだろ?って思ったので、今回は登り3時間のこのコースがちょうどいいなと思ってのチョイス。
山らしいルートで、結構いいなって思いながら進みました。
29_201905262338142d7.jpg

半分くらい進むと、雪が少し出てきました。
そして、今日最初の登山者さんとスライド。
30_201905262342445af.jpg

道は明瞭なので、迷う事はないと思います、多分。
31_20190526234246d22.jpg

途中、広くなってる場所のブナがキレイだった。
新緑の時はすごいんだろうなって妄想するが、なぜ私はいつも微妙な時期にここに来てるんだろう。
前回は紅葉ちょっと前だったし・・・
32_20190526234247f2c.jpg

ちょっと疲れて来たのに、小さな登り返しがボコボコ出て来て、なおさら疲れます_ノフ○ グッタリ
33_20190526234249ff3.jpg

12:08、大沢峰着。
34_20190526234648ccc.jpg

せっかく登って来たのに、なぜこんなに下りなければいけないのか。。。(´・ω:;.:...
しかもロープの張られている杭の、下3本くらい抜けてブラブラになっていた(´・ω:;.:...
36_201905262346512d3.jpg

途中、ものすごく見晴らしのいい場所に出た。
天気が良ければ、エブリ方面が見えそうだ。
37_20190526234652bff.jpg

葉っぱが生えて来たら、ブナのトンネルになりそう。
38_201905262346545a6.jpg

もうすぐ縦走路の分岐にぶつかる辺り。
一面雪になりました。
腐ってるのでちょっと歩きにくかった。
40_20190526235834f04.jpg

12:23、縦走路と合流。
41_201905262358363c2.jpg

あとは山頂に向けてo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
42_20190526235837de4.jpg

12:28、山頂着。
43_2019052623583968e.jpg

山頂は御婦人2名のみ。
もっといっぱいいると思ってた。
44_201905262358405a8.jpg

おにぎりを2個食べて、12:44、そそくさと下山です。
下山は蔵王ルートへ下ります。
途中の分岐から、初めての蔵王ルートへ。
45_2019052700015642a.jpg

こちらも斜度はきつい(;´∀`)
46_20190527000158786.jpg
ほぼ小走り下山になってしまいました。
だって止まってられない(;´Д`)

13:08、別ルートと合流。
47_20190527000159514.jpg

登山道脇に葡萄畑が見えました。
48_20190527000200068.jpg

最後の登りで、先行者のお母さん3名に追いつく。
49_20190527000202970.jpg
坂を登って少し進んだ所に東屋があって、そこでお母さんたちと少しおしゃべり。
道の駅から来たというと「あなたルート間違ってるわよΣ(゚д゚lll)」と言われ(;^ω^)
この日は運よく、近くに知り合いが居たので下山後に拾ってもらう事になっていました。
「友達が迎えに来てくれるから大丈夫(;^ω^)」と言ったら、安心してました。

13:23、上の駐車場着。
50_20190527000510f15.jpg

あとは下の駐車場まで下りればいいだけなので、山桜なんかを撮りながら下りました。
51_2019052700051293c.jpg
13:15、下の駐車場着。
そして無事、友達に拾ってもらって、道の駅まで送ってもらいました(人''▽`)ありがとう☆

そして21日、会山行当日。
お天気はボチボチでした。
参加者11名。
8:10スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
皆さん、急登を一生懸命登る。
53_201905270005157c7.jpg

54_20190527003855a7e.jpg

前回から二週間、山の植物たちが目を覚まし始めていました。
55_201905270010053ad.jpg

倒木をくぐる。
56_20190527003853cd6.jpg

かなり新鮮なカンアオイ。
58_20190527001008ea8.jpg

前回は丸坊主だった木々も、すっかり春模様。
59_20190527001009c34.jpg

ブナの目覚め。
60_201905270010119f4.jpg

縦走路の分岐手前辺りで、ようやくイワウチワが出始めました。
63_201905270012301af.jpg

64_2019052700132390f.jpg

前回見えなかったエブリが見えました。
65_20190527001233ecd.jpg

11:22、山頂着。
66_20190527001235efc.jpg

到着時は貸し切りの山頂で、後から4~5人上がって来た程度で終わってしまいました。
67_2019052700123780b.jpg

この日世話になった高坪棒。
68_20190527001616b60.jpg

ランチはスープカレーとノンアル。
レモンスカッシュだな・・・
69_20190527001705cf6.jpg

メンズ達はお昼寝中です。
70_20190527001620933.jpg

ゆっくり休憩をし、下山開始。
会の皆さんと一緒なので、慎重にゆっくり下ります。
今年初のオオバキスミレ。
71_201905270016218a8.jpg

そしてワラビ(;´∀`)
数本採っても仕方ないので採りませんでした。
72_201905270016220ac.jpg

13:42、無事ゴール。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
道の駅と下山口と車を配置しておいたので、また道の駅に車を回収に行き、みなさんを拾って胎内ロイヤルパークの温泉にドボン。
皆が露天に行ってたので、私もと勇んで風呂に飛び出したら、目の前に広がる野球場、しかも試合中。
外から丸見えで悲鳴を上げたウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
そのまま床に寝そべったのは言うまでもあるまい。。。
ビックリした、さすがにビックリした、いくら遠目であろうと、見えちゃダメだ。
あれはナシだろうよ。。。
露天に入られる方は、飛び出さず静かに慎重に露天に向かって下さい( ̄ω ̄;)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

【2019/05/27 00:41】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
この週末は、ひっさびさにテント泊♪ ٩( ´ω` )و ♪
去年の立山以来のテン泊装備だったので、重かった(;^ω^)
やっと少し雪解けし、春の花も咲き始め。
いつもここで出会う春の花。
65_201904160016591a5.jpg

朝日を浴びて、キラッキラでまぶしかったお花。
66_20190416001700a95.jpg

やっとコンディションの整ったこの週末。
67_20190416001702b32.jpg

今年も恒例行事、無事クリアー(。・w・。) ププッ
68_20190416001703a01.jpg






風越の8合目付近から右旋回し、不動堂へと延びる尾根を下ります∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
川内山塊を眺めながら、P626へ。
松の木めがけてo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
28_201904160019475a4.jpg

途中、風越山の山頂を眺める。
31_20190416001951883.jpg

ついでに毛石も眺める。
グッサグサだな・・・
29_20190416001948d09.jpg

下りは早い。
標高約100m位を、10分かからないで駆け下りるキュィーン ……ε( o・ェ・)o
松の木ドーンッ(●`エ´)ノ ‘`-ィ
32_20190416001953a8c.jpg

P626は、広くて川内山塊が一望で、天気が良かったらここでテントを張りたい感じ。
でも、どっちから登って来ても疲れそうだ・・・
33_20190416002506891.jpg

ここで少しサンドウィッチタイムをして、すぐに出発。
一気に下ると10分かからないけど、登りは1時間かかりそうだ(;'∀')
34_201904160025070c5.jpg

次は不動堂の尾根に向かって下る。
この辺から細かい支尾根がいっぱい走ってるので、間違わないように慎重に。
途中、先行者のトレースがあったΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
35_20190416002509ac2.jpg

ズボり過ぎだろ、ワカン履けよ( ´_ゝ`)プッ
36_201904160025107c9.jpg

なんて、アニマルさんをバカにした罰が当たったのか、激藪にブチ当たる(;´Д`)
突破できる藪かと思ったら、ツルがあちこちから絡まっていて突破できない└(:3」┌)┘))ジタバタ
どうにもこうにももがけなくて、何とか木の脇をトラバースして逃れる。
ここの藪は非常に濃い・・・ヤバイ(;´Д`)
37_201904160025126b5.jpg

この先も、何とか激藪を回避しようと思うけど、何度もツルに絡まれてコケる┌┛┌┛ズコ!
これじゃあ下山が遅くなる。
どこかに雪はないのかキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
と、雪はあったはあったけど、そこに乗ると別の方向へと下りてしまう(´・ω:;.:...
何とか最短ルートで藪を漕がねばなるまいと、予定通りの尾根を進む。
雪国特有の、寝そべった枝を滑り落ちてる途中で

38_20190416003208d71.jpg

39_201904160032095b0.jpg


<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

行きたい尾根は隣の尾根ぇぇぇえええっぇぇぇええ

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン



両腕、枝にぶら下がったままのウンコ座りで、おもっきしチンパンジーな見た目になってましたが、ワタクシ雪野涙目です(´;ω;`)ウッ…
隣の尾根に移りたいが、こんなに滑る寝そべった枝をトラバースしながら移動なんて不可能であり、上に這い上がるも滑ってどうしようもなく。
このまま下降して、不動堂の尾根の末端から取り付こうかとも思いましたが、風越と不動堂の尾根の鞍部の状態がまるで見えず、そこも藪だったら私は藪の藻屑になる_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆
ここからは不動堂の山頂が見えています。
お願い誰か、タスケテーウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

だがしかし、声は届かないであろうと思われ。
姿は見えるが、もがいてるとは思わないだろう・・・
って事で、がんばって必死に這い上がりました。
ほんの20mくらい這い上がるのに、何十分かかったでしょうか。
マジ、遭難コースになるかと思いました(;´Д`)
正解の尾根は、杉の木がびっしり生えてる尾根。
何とかそこまで移動できた時は、もう抜け殻です( ゚д゚)
40_20190416003211695.jpg

杉の尾根を登り切ると、不動堂の尾根に乗り上げます。
こちら側から来ると、下降地点にリボンがぶら下がっていました。
42_20190416003215665.jpg

疲れ切ってヨレヨレになりながら不動堂の山頂へと向かいます。
向かわなければ帰れない( ノД`)シクシク…
43_20190416004407bae.jpg

いつも不動堂から福連寺へ縦走する時、こちら側が広いブナ林になっていたので、どんな感じなのか気になってたんですよね。
とてもきれいな場所でした。
もっと雪が深い時に来てみたいなって思います。
44_20190416004409607.jpg

14:01、福連寺との分岐着。
45_201904160044101d4.jpg

ここから山頂まで、もうちょっと・・・
47_20190416004413134.jpg

山頂まであと数十メートル。
ここが雪が着いてると、非常に突破しにくい雪になり(;^ω^)
今回もどこを通れば向こう側に行けるのか、ちょっと悩みながら進みました。
48_20190416004913598.jpg

14:14、不動堂山着。
あれだけ助けを求めた不動堂の山頂でしたが、本日誰一人登山者はいなかったようです。。。
クマ除けの鐘をガンガン鳴らす。
49_20190416004915f2c.jpg

いわゆるノントレース、私が本日の第一登山者_(。゚⊿ 」∠)_
51_20190416004918d5e.jpg

日が暮れる前に下山しなくちゃいけないので、早々に立ち去るフリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
このまま鉄塔巡視路経由のキノコ工場行きルートで下りようと思いましたが、一分でも早く平地に下り立ちたい私は、直登コースを下る事にしました。
一度だけ登った事があるコース。
次の足をすぐに出さないと、後ろにズリ落ちてしまうコースなので、下山に使うのはどうなのか?とは思いましたが、ついつい最短距離で・・・
14:36、8合目が分岐になってます。
52_20190416004920961.jpg

が、新にロープが設置され、これは非常に下りやすい(人´∀`).☆.。.:*・°
ありがたや~(人''▽`)
53_201904160054352af.jpg

それでも滑り落ちる角度には変わりなく「あぁぁあぁぁぁ」とか言いながら下ります( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
ちょっと平坦な部分に来ても、珍しく止まる事なく下りて行ったのは、ほんとに早く下山したかったんですね(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
55_20190416005438d25.jpg

途中、クマ除けの鐘があったので盛大に鳴らす。
鐘は3合炊きの炊飯器の釜だった( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
54_20190416005847e6d.jpg


14:58、登山口着。
56_20190416005440eb1.jpg

ここにも鐘があり、やはり炊飯器┌┛┌┛ズコ!
こちらは5合炊き(;^ω^)
57_20190416005441294.jpg

あとは林道を歩けばいいだけですが、なんせこの不動堂エリア、黒プーのウンチョスの量がハンパないので、暗くなる前に何としても立ち去りたいエリア(;´∀`)
58_20190416010106981.jpg

でも急いでる割に、お花を見たりしちゃうとね。
59_20190416010107f3c.jpg

途中、トラウマになりそうな記憶を呼び起こす藪。
こんなん突破できねーですよ_(:3」∠)_
60_20190416010109cf6.jpg

ネコノメソウもいっぱい。
61_201904160101109bf.jpg

15:40、キノコ工場着。
62_20190416010111097.jpg

前回もそうだったが、小銭を持って来なかった事を後悔する。
コーラ飲みながら帰りたい。。。
63_201904160105404bc.jpg

そして、先週と同じルートを辿りながら、大蔵遺跡まで戻ります。
ゴール間近の砂利道に入ったら、地元のお父さんがワンコの散歩中で、自分のリードを咥えてフリーで歩いてたんだけど、私を見つけたら一目散に走り寄って来たウヒィィ(;゚;Д;゚;)ィィイィ!!
自分ちのワンコは怖くないが、よそのワンコは怖い(((((((;´д`)))))))
しかも私に向かって唸っているガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ
お父さんが寄って来てワンコを叱って「ごめんね」って謝られた(;´∀`)
そして山に登って来たのかとか聞かれ、ちょっとお話をして、ワンコが怖かった私は足早に歩き出すブッ(´→з←):;*.:;

駐車場50m手前。
なぜかこんな所に、ほおずきが・・・
64_20190416010542a74.jpg

16:20、大蔵遺跡着。
先週より行程は半分程度だと思うんだけど、超疲れた_ノフ○ グッタリ
兎平と今回と、逆にすればよかったかな?なんて思いました。
こっちの藪は手強すぎた(_Д_)アウアウアー
今度はオール雪の上を歩ける時に、もう一度歩いてみたいです(;^ω^)
99_20190416011431f4d.jpg
↑助けを求めてもがいてた自分の軌跡が、今となっては笑える( ´_ゝ`)プッ
迷った時は、上に行け、ですね。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


【2019/04/16 01:28】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
この週末は、晴れ予報だった土曜もスッキリした空でもなく、雨予報だった日曜も、降りはしないけどスッキリした空でもなく、なんだか今年は、安定しない春ですな(;´Д`)
空が微妙だったもんで、結局景色はどうでもいいって方向になりまして、会山行の偵察に行く事にしました。
晴れの日は自分の行きたいとこに行きたいので、若干天気悪くても・・・

悪すぎだわ!!!

駐車場に着いたら、風はボーボー吹いてるし、しまいには小雨がぱらついて来て、帰ろうかと思いました( ̄ω ̄;)
あんまり登る気もないもんで、まじで帰りたかった( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも今後、晴れ空が続けば来る機会も無くなっちゃうので、空がチャコールグレーからグレーに変わったのちにスタートしました( ノД`)シクシク…
なんせ、私が選ぶルートなもんで、メジャールートじゃないんですよ。
1回くらい、自分で歩いておかないとね・・・
なかなかアップダウンのあるコースで、ロープのぶら下がってる急斜面もいくつかありましたが、いい時期に来たらきれいなんだろうなぁっていうブナの林。
1_201904090013390e0.jpg

雪も山頂付近で、もうこの程度しか残ってませんでした。
会山行の時は、少しぐらい新緑が見れるかなぁ。
2_20190409001340381.jpg

山の裾の方では、山桜がキレイでした(*´ω`*)
3_201904090013414ad.jpg

そして昨日は、雨のつもりだったので超寝てたら、何だか外は降ってない様子。
でも家の事しよーって思って家に居たのですが・・・
5_20190409001344204.jpg

今週逃すと、もう来週は終了してる気がしたので・・・
6_20190409002337422.jpg

毎年恒例の場所。
7_201904090023397ca.jpg

若干終わりがけでした(;´∀`)
8_20190409002340014.jpg

4月の頭じゃないとダメかな(;^ω^)
9_20190409002342bd8.jpg
でも、誰にも会わなくて、ちょっとだったけど楽しい時間でした(。・w・。) ププッ

ここも今年は、天気が味方しなくて、出勤前撮影が出来ずにいたら、もう終わってました((´∀`*))ヶラヶラ
雪降ってるんだから、雪と水芭蕉っていうのを撮ってみたかったんだけど、そこまで積もらなかった┌┛┌┛ズコ!
10_2019040900234322a.jpg

やらなければいけない事を残して家を飛び出したので、帰って来てから泣く泣く・・・
自家製味噌を仕込んでみました。
早くて2週間。
でも気温が低いから、もうちょっとかかるかな。
初めて作なので、出来上がりが楽しみです(。・w・。) ププッ
11_2019040900263207a.jpg



2月第3週。
前の週に花粉にやられてぶっ倒れたのに、とりあえずまた来てみました。
寝坊した上、今日は先週の行程より楽そうだからいいや~なんて、なめくさった挙句の行先は。。。
同じ場所(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
またもや前日に雪が降ったので、今日もキレイな雪が踏めそうです♪
9:17、登山口スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
12_2019040900263498d.jpg

一週間で、山も少し景色が変わり、先週は咲いてなかった雪椿が咲いていました。
13_20190409002635b7c.jpg

それならば!と期待していたイワウチワ、残念ながらまだ蕾。
でも、もうちょっとだね゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
14_20190409002637e89.jpg

先週よりは早い時点で雪が出てきました。
うん、これ登山道((´∀`*))ヶラヶラ
でも、こんくらいのは決して藪ではない。
15_20190409002638ca2.jpg

春が山の上に向けて駆け上がってるようで、先週は咲いてなかった場所に、マンサクの花。
しかもマンサクだらけ∑(´Д`*)ノノ!!
16_20190409003145896.jpg

今日もうまそうだな(๑´ڡ`๑)
17_20190409003147e97.jpg

4合目位であろう辺りは、やっぱり先週よりは雪が減っていました。
アニマルさんのトレースを辿ります。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
18_201904090031480a5.jpg

段々と枝が邪魔になって来て、もがきながら無理矢理這い上がるシーンも(;'∀')
先週、こんな事したっけ??なんて思いながら。
19_20190409003150a61.jpg

今日も大蔵は空いている。
段々と遊びやすい季節になって来たから、みんな他のとこに行き始めたのかなぁ。
20_2019040900315148b.jpg

先週は、山頂まで何とかツボで登ったのですが、スタートが遅いもんで雪もとろけてまいりました(;´∀`)
歩きにくくてしょうがないので、5合目辺りでワカン装着。
21_2019040900361181b.jpg

雪はまだそれなりにあったけど、もうここも春でした。
22_20190409003613a4b.jpg

6合目辺りの、ブナがどっさり生えている場所。
今年は秋に来てみたいなぁ。
どんな紅葉が見れるんだろう。
23_20190409003614732.jpg

海側の空は、風が強いみたい。
レンズ雲が出ていた。
24_201904090036162a1.jpg

アホみたいにでかいウサギの足跡Σ(゚д゚lll)
図体はどんな大きさなんだろう。。。( ´_ゝ`)プッ
25_20190409003617804.jpg

この日も毎度の、ダラダラと進みます。
8合目。。。9合目。。。8・5合目辺り。。。
26_20190409003954fcd.jpg

今日は山頂へは向かいませぬー∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク
11:54、別方向へ伸びる尾根にトラバースして、こんな景色が見える方向へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
27_20190409003955672.jpg



つづく







参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



昨日、記事を更新しようと思ったら、写真の現像全くしてなかった。
前回分しか現像する時間がなくて、途中で辞めてたみたい(;´∀`)
次の分も現像してないって事だな。。。

この前の日曜は天気が悪かったので、ちょっと行ってみたかった食堂へキュィーン ……ε( o・ェ・)o
年に何度も通る場所なのに、全然ノーマークだった・・・
ので、ちょっとお出かけ→ドライブインとよふじ

私は唐揚げ定食、同行者ミックスフライ定食をオーダー。
オーダーしてすぐ、事件が起きる。
店のお母さんがやって来て、ご飯が無くなったから炊き上がるのに20分かかるという。
特に急いでもないので、大丈夫ですよと言って待つ。
しばし待つ。
また事件が起きた。
ご飯釜がストライキを起こし、ご飯が炊けないという。
なので、麺に変えてくれとの事で、了承し五目あんかけラーメンにする。

が、予想外のアクシデントだったので、揚げ物はもう出来上がってたらしく、サービスだと出してくれたΣ(゚д゚lll)
唐揚げは半身分あります。
ミックスフライは牡蠣とエビとクリームコロッケとフライドポテト。
37_201904032342440f2.jpg

そこにラーメン丸々一杯きたもんだから、さすがの私もお腹パンパンでぶっ倒れそうになりました(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
38_201904032342459d5.jpg

食べてる途中、お母さんがやって来て「ご飯もいる?(*'▽')」って「無理です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ」って話でグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
夜の営業までに釜が直って良かったねって感じでした(;^ω^)
唐揚げはパリパリジューシーでおいしかったです。
いつもカレー味のとりかんの唐揚げを食べてるので、久々の塩唐揚げで新鮮でした。
お店としては損しちゃったと思うけど、ほんとにありがとうございました( *゚ェ゚)*_ _))ペコリ
またそのうち行こうと思ってるので、次は焼肉定食かなぁ(*´ω`*)

食後はちょっと偵察に行って、ゆるゆるとフキノトウを取りながら帰って来ました。
取れ過ぎた。。。
我が家の最大ボールからはみ出た。。。
今日、フキ味噌を作り上げたけど、味噌1㌔使った(;´Д`)
41_20190403234250997.jpg

偵察地では山桜が咲いていました。
ここ数日、マジ降りして冬に戻っている地元ですが、花が長く見れるかなぁ?なんて思っています。
39_20190403234247e9b.jpg





風越から横山と兎平の分岐近くまで来たら、今朝会ったおじさんが、三五郎まで行くと言っていたのに横山にトレースがありません。
やられた!と思いました。
しきりに私の今日の行程を聞いて来た時、気分次第で2ルート考えてるんですって話しをして「兎平に行った事ないから行きたいんだよ!」と、私の本日のルートにやたら「いいな」を連呼していたのです。
おじさん、兎平からピストンで戻るという選択肢しかなかったらしく、そのまま川内方面に下りればいいという私のルートをそのままパクって、兎平へ突入のトレースガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

新雪食われたぁぁあああああああ_(。゚⊿ 」∠)_


知らないオジサンと話しちゃいけませんって、子供のころ言われたような言われてないような、やたらと他人と話すもんじゃねーなと、更に人と絡みたくない病になったかもしれません(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ションボリしながら進むと、左に飯豊がドーンッ!
今日はくっきり鮮やかに見えてるなぁ(人´∀`).☆.。.:*・°
42_201904040008404ec.jpg

門内~北股
43_20190404000841c43.jpg

「兎平って三五郎行くより距離あるでしょ?」って言われて「たいして変わらねっしょ」と言い放った私ですが、倍近くあったかも(;^ω^)
44_20190404000843df9.jpg

ちょびっと振り返る。
雪解けが早くて、笹目集落方面の藪の状況が想像できなかったので、今日はとにかく時間短縮で横山に寄り道もしませんでしたが、そんなに時間がかからないんだから寄ればよかったかなぁ?なんて、後ろ髪引かれれつつの横山。
45_2019040400084548f.jpg

木が細いのか、落ちる影も素麺みたいでものすごく細く、なんだかキレイだなぁって思いました。
47_20190404001723d86.jpg

49_20190404001726aa3.jpg

横山分岐~兎平の区間は歩いた事がなかったので、初めてのルートは楽しかった。
しかも結構、気持ちのいいルートで、多少のアップはあるけれど、こちら側からだとダウンが多いのでなお楽しい(*´ω`*)
ノントレースだったら、もっと楽しい。゚(゚´Д`゚)゚。
48_20190404001724438.jpg

ほんとに天気のいい日だった。
川内一望。
50_20190404001727fea.jpg

このルートは、絶対また歩きたいって思いました。
楽しすぎる(。→ˇ艸←)プククッ☆
51_20190404001728989.jpg

裏菅名。
この角度から菅名を見たのって初めて。
結構、迫力あるなぁってビックリしました。
かっこよかったです(。・w・。) ププッ
52_20190404002413c8c.jpg

こっちは日本平方面。
行った事がないから、どれがどれだか分からない。
とりあえず、左がマンダロクなの???(;´∀`)
53_20190404002415b14.jpg

一応、登山道のない積雪期限定ルートなんだけど、やたらピンクテープがあって、ちょっとげんなり。
2つ3つ先のテープまで見える感じでぶら下がってるという感覚。
テープ付け過ぎですよ、誰だか分からないけど。。。
54_201904040024160a3.jpg
まぁ、人の話で知らないルートに行っちゃった先行のおじさん、地図持ってんの???って途中からめっさ心配になった訳だけど、これだけテープついてるなら大丈夫か・・・とか、安心した面もありましたが、やっぱ登山道がない所は、必要以上に人工物は目につく所に欲しくはないかなぁって個人的意見。

ほぼ平らな場所まで来ました。
3月にこれだけの新雪を踏めるなんて、幸せです(*´ω`*)
55_20190404002418a1f.jpg

横山と三五郎が遠くなった。
56_201904040024198a1.jpg

前に来た所に到着し、4年ぶり?にルートが繋がりましたルンルン((´I `*))♪
57_20190404003538e27.jpg

ノントレースを歩くのだ。。。と、あえておじさんの跡を辿らずに無理矢理歩いてましたが・・・
58_201904040035393b9.jpg

藪が邪魔するので、結局歩きやすい所をチョイスすると、同じ場所になる(;´Д`)
ここでこんなに藪が出ていて、下山が心配になる( ̄ω ̄;)
59_20190404003541d46.jpg

去年歩いた、坪ノ毛へのルート( ´_ゝ`)プッ
60_201904040035435a0.jpg

12:04、兎平の三角点付近。
2時間もあれば道路に下りれると、時間の目途もついたので少し休憩。
61_201904040035444e2.jpg
だからといって、腰を下ろしてバーナーに火をつける程の時間もなさそうなので、パンとおにぎりを食べて10分位で移動開始∵.・∵. ・∵.゛(ノ。・ω・)ノ テクテク

三角点を過ぎると、感覚的には垂直な斜面を下りる(;´Д`)
滑落した。
50㎝くらいブッ(´→з←):;*.:;
62_20190404004604e38.jpg

残雪の下りは楽しくて、走って下りてきました。
これが楽しいんだよね、残雪期のワカン下山ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノパタパタ
63_20190404004605476.jpg

見上げる場所に、風越山が見えた。
64_20190404004607eb9.jpg

薬を飲んで出て来たけれど、今年はほんとに酷かったです( >д<)、;´.・ ィクシッ
週末の出かける時しかアレルギー薬は飲まないんだけど、今年は会社に行く時も、毎日飲んでました。
薬を飲んでもくしゃみと鼻水が止まらなくて、ひどい時は夜も飲んだ。
65_20190404004608c7a.jpg

熊床|´・д・)σ 発見!
というか、前に来た時もあったな、これ(;´∀`)
ほんとに熊さん、ここに座るの?って半信半疑だったけど、この木だけ皮がはがれてハゲてるって事が、その証拠だなって思いました(;^ω^)
66_2019040400461069f.jpg

さっきまで居た兎平が遠くなった。
下山はあっという間。
67_20190404005200f80.jpg

標高も400mを切ると、踏み抜きのズボりまくりで、無駄に疲れた。
杉林が出てくると、雪のない所も増えて来て、ワカンを外した。
ここの杉は管理されてるので、刈られた枝に自分で足を引っかけて、コケたり大変( ノД`)シクシク…
でもキレイに並んだ杉が出て来たら、着地点近し。
68_20190404005201b05.jpg

杉の向こう側にうっすら道路が見えて来て、テンションが上がる。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
だけど着地点が分からない┌┛┌┛ズコ!
ここか?と思ったら、右過ぎたようで目の前に川が見えて来た・゚・(。✖д✖。)・゚・
左へ移動して、1:34、やっとこ着地+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
取り付きに一応、ピンクテープぶら下がってんのな。
69_20190404005203b1f.jpg

無事着地したって思ったら、道路脇でカヌーをしていただろうおじさんの集団がお着換え中;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
いくらタオルを巻いて着替えてるとはいえ、変な藪の中から女子が湧いて出て来て、おじさんの集団の中を横切るという、相当な勇気が必要であり。。。
でも早く帰りたい私はうつむいたまま「こんにちは・・・」と一応挨拶だけしてやり過ごす(´・ω:;.:...
おじさんの集団を抜け、道路に出たら、今度は車で通りすがりの2人組のおじさんに声をかけられ「どこ登って来たの???」と聞かれたので説明をして、道あるのとかあれこれ聞かれたので、道はねぇ、取り付きはそこって指さしてみたが、テープはちゃんと見えたのだろうか。
あれこれ説明を聞いて納得したのか、おじさんたちは車でサクッと過ぎ去った。
「これからどこまで戻るの?」と一言聞いて、乗せて行って欲しかった_(:3」∠)_
70_201904040052044e2.jpg

これから大蔵遺跡まで徒歩で戻ります。。。
予定では2時間かかるもようです( ノД`)シクシク…
途中、湧き水|´・д・)σ 発見!
おいしい水をガブガブ飲んでみた。
71_20190404005206747.jpg
途中、カヌーのオジサンたちの車が、私の横をスーッと追い越して行った。
乗せてくれなかった( ノД`)シクシク…

ものすごくダルかった。
花粉症の薬は12時間効く予定だけど、10時間過ぎると普通に発症する。
日差しも浴びすぎて、頭もちょっと痛い。
下界に着地して、1時間も歩かないうちにダウン_(。゚⊿ 」∠)_
東光院の公園にある東屋で休憩。
ここで涙目になりながら、おにぎりを2個食べた(´;ω;`)ウッ…
だって歩道歩きが、まだ半分にも至ってないんだもの(´;ω;`)ウゥゥ
73_20190404010642a66.jpg

さすがに4時までにはなんとか車に戻りたいと思い、現実に目覚めて歩き出す。
でも現実逃避をしながらでなければ、到底歩けるテンションではないのだ。
アスファルトの足への破壊力は、想像以上でした(;´Д`)
ものっそ疲れた_ノフ○ グッタリ
だから鴨を見ながら何分も足が止まったり
74_201904040106435f3.jpg

飛行機が二機飛んでるーとか、止まってみたり
75_20190404010644751.jpg

権現山と木六だなぁとか、無駄に止まってみたり
最短距離!と、初めて歩きました、この道路(;´∀`)
福連寺山の脇の道路ですね。
76_201904040106461fb.jpg

そして、3月の半ば前に、キクザキイチゲが見れると思わなかったエエェェェ(●’Д’●)ェェェエエ
77_20190404011602204.jpg

そして、水路の水がジャージャー流れてる所で、ど根性フキノトウが生えてたり。
感動するふりして止まってみる。
78_201904040116032e2.jpg

大通りに出てとぼとぼ歩いたけれど、誰も乗せてくれない。
よく「優しい人が乗せてくれました」なんてのを見たりするが、誰も乗せてくれなかった( ノД`)シクシク…
だけど、知らないおじさんと話しちゃいけないんだから、車に乗るなんてもっての外だ(○´・ェ・)(○´-ェ-) ゥン

鳥が居た!と、また止まる。
79_201904040116053fc.jpg

GPSを見ながら、最短距離の道路をチョイスして歩いたら、とうとう砂利道になった(;´∀`)
だけどラストスパートだ٩( 'ω' )و ガンバル
80_20190404011607fee.jpg

15:51、無事、大蔵遺跡に到着。
下界に着地してからが、超辛かったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
81_201904040116084e2.jpg

下界歩きは山歩きと違う筋肉を使ってるな、これ。
だから山の筋肉は山でつけるのが一番効率がいい。
下界でトレーニングしてもしょうがない=下界ではダラけようZzz....(_ _*)・.。*
まぁ、どうでもいいけど、マジで自転車購入に向けてあれこれ物色中です(;^ω^)
2時間とか道路歩けない・・・です_ノ乙(、ン、)_

繋がってなかったルートをつなげて、グダグダ言いながらも大好きな周回が出来たので、まぁ良かったかな゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
歩行距離は15㌔ですが、半分は道路歩いてます(;'∀')アハハ
家に戻ってからは花粉に負けて、翌日の日曜まで若干寝込む勢いでした(_Д_)アウアウアー
現在は杉もピークを過ぎたのか、薬なしでも平気です(;´∀`)

99_20190404012409780.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 



【2019/04/04 01:57】 | 新潟の山
トラックバック(0) |
雪降ったー、さみぃー(((((((;´д`)))))))
って、ガスっててほぼ見えず┌┛┌┛ズコ!
今日の裏山方面です・・・
0_20190328234819324.jpg





3月の第2週、木曜辺りから雪が降ったりしていて、にわかに山が白くなった。
2日間とも天気は持ちそうだけど、風が何とも。。。な感じだったので、テン泊したかったんだけど先延ばしにした。
でも土曜はとにかくいい天気の予報だったので、日帰りで久々に静かな山に行く事にする。
私にしては精一杯の早起きで、7:37スタート(;´∀`)
いつもの風越です・・・
1_20190328234821850.jpg
前日、町は降らなかったのですが、山沿いはちょっと降ったらしく、雪が残ってました。
しかも霜が降りて枯草も凍ってたし(;^ω^)
駐車場には先客さんの車が一台。
でも登山ではないらしく、そうなると釣りの方なんでしょうか?
そして、準備中におじさんが一名到着。
私の歩くコースをあれこれ聞いて来て「あぁ、いいなぁ」とずっと言っていました。
私はおじさんの歩くコースとは、また違うコースを歩く予定で。

おじさんには、↑の写真のスタート直後に既に追い越されてるのですが、私は毎度のダラダラペースで(;'∀')
登山道脇に、チラチラと雪の残骸が残っていました。
2_20190328234823c3e.jpg

分かってる事なのですが、何度でも言いたくなる訳で。
雪すくねーよ!!
例年なら、スタート20分で結構な雪を踏みそうなもんだけど、どこまで歩いても夏道。
何となく雪が出て来たのは、標高333mって文字だけ覚えています(;^ω^)
スタートして1時間弱。
3_20190328234824b8d.jpg

春を告げる花、マンサクがたくさん咲いていて、今年もやっぱり「錦糸卵うまそげだ(๑´ڡ`๑)」とか思う訳です。
4_20190328234825b30.jpg

こんだけ雪がなくて暖かいと、先走りのイワウチワが咲いてるんじゃないかと思いましたが、蕾の子をいくつか見つけただけでした。
でも、今ならもう咲いてるかもね(´ε`;)
5_20190329000638727.jpg

元々、あまり整備されていない登山道ですが、更に枝が伸びまくってバチバチと当たりましたが、藪と呼ぶには登山道が明瞭なので、全然歩きやすい山認定です。
標高400m過ぎ、ほぼ雪だけを踏むようになる。
6_2019032900064064b.jpg

五合目近くで、雪は30㎝位しか残ってないようでした。
7_20190329000642627.jpg

この日は遠望も利く日で、佐渡の山なんかも見えてました。
8_20190329000643df3.jpg

雪野公式テン場付近の五合目。
この辺はまだそれなりに雪が残ってたので、楽に歩けました。
夜に冷え込んだ分、雪も締まってて、ツボ足でどんどん歩けるくらいでした。
9_201903290006456bd.jpg

米山の向こうに上越の山。
上越の山って、私にとってどこよりもアウェイで、多分行く事がなさそうです(;^ω^)
新潟県内で1時間以上移動する山は、どうにも行く気が起きず。
県外なら遠征気分なのですが、県内だと遠征でもないし、だとしたら行くのめんどくさい。。。ってなってしまいます(;'∀')
五頭山や粟ヶ岳でも遠いと思うのに、上越なんて。。。です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
10_201903290012184d3.jpg

6合目、7合目辺りになるのでしょうか、ぽつんとこの木が目印となって生えてます。
この木の脇に夏道があるんだけど、中途半端に雪が積もり始めた時は、この木が邪魔で先に進めないのです(;´∀`)
11_20190329001220221.jpg

先行者さんにノントレースを食われてしまったのが残念であります(;´Д`)
12_201903290012229a0.jpg

右手には、よく遊んでるエリアの川内がバーンと見えましたルンルン((´I `*))♪
13_2019032900122300f.jpg

真っ白できれいな雪面でしたが、着々と春は近づいていたようで、しっかりズボり始めます。
短い足換算で股まで落ちたので、雪はもう1mもありません( ̄ω ̄;)
14_20190329001225e0f.jpg

山頂手前、なかなか細い所を通って通過するのですが、日陰になっているため雪面が凍っててちょっと怖かった。
そこからは大蔵の山頂がよく見えるんだけど、あんまり混んでないようでした。
こんなにいい天気なのに珍しい。
15_201903290021435cb.jpg

もうすぐ山頂ハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
16_20190329002145795.jpg

( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
17_201903290021460d7.jpg

ドンッ!!!
ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン

10:25、風越山の吹きだまり着。
って、何でこの山の山頂は、こんなに尖るのでしょうか(;´∀`)
無雪期に来ると、全然平らなんですが(;´∀`)
風越山なんて名前が付いてるくらいですから、ここだけ風がぶち当たる地形なんですかねぇ。
18_2019032900214831f.jpg

しかも先行のおじさん、際どいってば(;´∀`)
19_2019032900215071c.jpg

吹き溜まりの向こう側に、兎平が見えた。
20_20190329002636ea1.jpg

何だかんだ言いつつ、おじさんのトレースと大して変わらない所を歩くヽ(・、 .)ノズルッ!!
21_20190329002637f31.jpg

ここに来るまで、意地でツボ足でズボりながら登って来ましたが、ここからは快適に新雪歩きを楽しみたかったので、ワカン装着。
どうやら今年初ワカンだったようですΣ(゚д゚lll)
今シーズン、テープ巻き直しました、かわいい(人´∀`).☆.。.:*・°
22_20190329002639958.jpg
冬用のゲイター、今までモンベルのを使ってたのですが、なんでかゲイターをしてるとこだけびしょ濡れになって、ジジイにも「おかしいでしょ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ」と言われる始末で。。。
アイロン当て直してゴア復活させてみましたが、裏側が結構ボロボロになってたのでしょうがねぇなぁ。。。と思い、SEA TO SUMMITのやつを買って西大巓で着けてみたのですが、なんせもう装着しにくいの一言です(;´Д`)
モンベルのはファスナーを閉めてからマジックテープで閉じる形式ですが、SEA TO SUMMITはファスナーがなく、ダイレクトにマジックテープで閉じるので、不器用な私はズレたりなんだりで、キレイに装着できません;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
せっかく買ったので、何とか履いてみました。
チャラさを優先させてしまい、機能性を全く見てませんでした。
いいお勉強になりましたZzz....(_ _*)・.。*
最終的に、我が家にPAINEのゲイターがやって来ました。
ファスナー→マジックテープで安定仕様です。
もったいないので今シーズンは履きません(キッパリ

久々のワカンで履き方を間違えてやり直したり、サンドイッチを食べてみたりで、20分もあーでもないこーでもないと悶えまくっていました。
10:43、今日は2年前に縦走した方向と逆の、風越から向こう側へ歩いてみようと思いますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
今年は雪が少ないから、汚い黒い雪面を歩く事になるかと思ってたのに、ふいの降雪で真っ白の雪をプレゼントしてもらったみたいでうれしかった(。→ˇ艸←)プククッ☆
23_20190329002640e93.jpg

五剣谷から粟ヶ岳まで。
24_20190329002642ee6.jpg

奈羅無登山と坪ノ毛。
何て言っても、どれがどれだか分からないであろう。
私は分かるブッ(´→з←):;*.:;
25_201903290041246bf.jpg

登り返したくないからと、巻かずにあえて尾根の高い所を進んでみたら、木に邪魔されて絡まる└(:3」┌)┘))ジタバタ
それでも1mm足りとも下がりたくない私は、枝に絡まりながら進む。
26_2019032900412609f.jpg

大蔵から回ってきた前回は、何かとテンション上がって記憶が薄れてるんだけど、こんな登りが待っていたとは。。。
下りだと楽だから覚えてないんですね。
ぶっちゃけ、風越よりこっちの方が標高高そうだし、顕著なピークなんだけど、名無しピークなんですよね、ここ。
27_201903290041270a1.jpg

雪面が結構硬かったので、ワカンの刃をがっちり噛ませながら登りました。
28_20190329004128776.jpg

風越の山頂から15分ほどで名無しピーク。
ここは平らで展望もいいし、風越の山頂よりお気に入りです。
左手に横山が見えてきました。
横山は、こっち側から見るとのっぺりしてるんですけどねぇ。
あっち側から来ると、エラい斜度です(;´∀`)
29_20190329004130dc1.jpg

今度は五剣谷~白山まで。
30_20190329004951247.jpg

そして、横山の脇から磐梯山が見えました。
かな~りくっきりと見えてましたが、これは裏磐梯の火口側が見えてるって事なんでしょうか| 冫、)ジー
31_201903290049531b3.jpg

2週間前に行った、西大巓と西吾妻も見えましたが、西大巓が奥の方に見えるという事は、これまた面白い角度だなぁって。
西大巓から必死に地元の山を探してましたが、全然違う方向を見ていたと気づきました(;^ω^)
32_201903290049542d0.jpg

こんなに天気がいいのに、大蔵方面から縦走してくる影が見当たりません。
カメラでズームしてみるも、三五郎から下って来てるトレースはあるのですが、途中で戻ってるようでした。
33_20190329004955e4c.jpg

ん?
トレースもない、人影もない??
34_201903290049576ac.jpg


しまったぁぁぁあああああぁぁ!!!!!


つづく。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪