FC2ブログ

2019年8月25日 掃部ヶ岳~鬢櫛山~烏帽子山 

2019, 11. 12 (Tue) 01:21

今年は無事、去年からの宿題を片付ける事が出来ました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
現在、若干抜け殻です_(。゚⊿ 」∠)_
4_20191111234950215.jpg

目指せ右パイ!って感じで、向こう側に見える貧乳の右側に這い上がって来ました。
超怖かった。。。
記憶がぶっ飛んでる。。。
2_201911112349477e1.jpg

記憶がぶっ飛ぶ少し前、こんな癒しスポットもあり。
多分、これが今年一番の紅葉になるんだろうな。
3_2019111123494841c.jpg
↑、これ、コンデジで撮りました。
藪に行くのにデジイチは邪魔&壊すと悪いので。
スマホだと結局、スマホの小さな画面で見る分には問題ないのですが、パソコンとか大きい画面になるとモザイクみたいな画質で超汚い。
耐え切れないのでコンデジって思ったのですが、今まで使ってたパナソ〇ックのアウトドア用のコンデジもどうしようもなくて(;'∀')
コンデジでもある程度の画質を保ちたいって思ったら、やっぱキャノンに戻りました(;^ω^)
初めて買ったデジカメがPowerShotでしたが、一周回ってまたPowerShotに戻りました。
41_201911112359255e4.jpg

間違いなくジジイの方が近日に記事をUPすると思うので、藪好きの方はジジイのHPをチェックしてください。
私は山行順にUPしてくので。。。年内にUP出来たらいいな(;'∀')アハハ
42_20191112000652b9b.jpg




七ツ小屋山を後にし、晴れ予報の群馬へと向かいました。
最初は下界の道の駅で寝ようと思いましたが、なんせ群馬、暑い(;´Д`)
ムリ過ぎて榛名湖まで移動。
湖畔の駐車場で寝ましたが、時々車は通れど、心配していた走り屋ブンブンなどは全く居なかったので、まぁまぁ寝れました。
しかも標高が高いので快適。

翌朝、結構寒かった。
5_201911112349518c9.jpg

7:00、駐車場スタート。
まずは掃部ヶ岳へ。
頭が悪いので掃除かと思ってました(;´∀`)
道路からは後で行く硯岩が見えた。
6_20191112001758882.jpg

7:03、登山口着。
7_20191112001803975.jpg

人が入り過ぎて、削れまくった登山道。
木の根が痛々しい。
8_20191112001803700.jpg

苦手な階段を登る。
9_201911120018037a0.jpg

登り切ると硯岩との分岐があり、まずは掃部ヶ岳へ。
意外と。。。笹がうるさい(;'∀')
10_201911120018048e4.jpg

階段も出て来るけど、かなり土が削れていて、まともに歩けない。
だから笹のルートを歩くんだけど、笹は笹であんな感じで。
11_2019111200232657b.jpg

疲れたーとか、あーだこーだブツブツ言いながら、8:09、掃部ヶ岳着。
13_201911120023286ff.jpg

榛名湖と、湖を囲んでる山の半分が見えた。
12_20191112002327c32.jpg

山頂には、赤久縄山の山頂でも見かけた獅子さんが居た。
どなたかが奉納しながら歩いてるのかな?
14_20191112002330e0d.jpg

ちょびちょびと人が上がって来るので、硯岩に移動。
8:48、硯岩着。
こちらの方が景色はいい感じでした。
お天気もいい感じ。
15_2019111200233140c.jpg

硯岩を下りて、次へと移動します。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
なぜだか縦走する方はいないらしく、とても静か。
16_20191112002838a24.jpg

別荘地付近に近づくと、こんな素敵なベンチも出て来るので、無駄に休む(;'∀')
休むの大好き(*´ω`*)
17_20191112002839bab.jpg

ツリフネソウ二種。
18_20191112002840724.jpg

19_20191112002842049.jpg

次は鬢櫛山へ!と思ったのですが、道路を渡って向こう側への登山口が分からない。
2ヶ所あるはずなんだけど、全く分からない。
道路を渡ってジジイが偵察に行くと、どうも一か所は藪過ぎて突破できそうにない。
ではもう一か所は。。。藪でした(;´Д`)
20_201911120028441a9.jpg

こちらの方がまだ藪が薄いとの事で、突破する。
21_20191112003249ac0.jpg

が、ワタクシ雪野、絶叫しますΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

いってぇよ!!!!!!

22_2019111200325152b.jpg
変なトゲトゲの植物が刺さりまくっていてぇ!!!!
痛みが怒りに変わって来て、怒りながら進むo(`Д´*)oプンスカプン!!!
藪は10mもなかったと思いますが、トゲが難関でした。

藪を抜けると、これまた地味に誰も歩いてない風の雰囲気がプンプンの登山道。
今日も気分良く歌える日となりました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
23_2019111200325563a.jpg

岩場が地味に細かったので、そこは黙ってたかもしれません(;´∀`)
24_20191112003255ba2.jpg

山頂近くになると、なんだか新緑のような色で爽やかでした。
この日は明菜ちゃんを大音量で歌ってたと思います(;'∀')
25_20191112003256f72.jpg

誰も居ないと思って大音量で歌っていたら、山頂に若者♂2名。。。
もう会う事もないので、OKとしましたブッ(´→з←):;*.:;
26_201911120037513fe.jpg

写真を一枚撮って、すぐさま次へ。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
ゆるゆると気持ちのいい登山道でした。
ジジイは聖子ちゃんを歌い始めましたが、やっぱり何かが違います( ̄ω ̄;)
聖子ちゃんの「抱いて」という歌が好きらしいのですが「抱いて抱いてぇ~いってねぇ~」と歌っていました・・・
やっぱり何かが違う(´ェ`)ン-・・

次なる烏帽子岳の分岐に、お尻が痛くなりそうな素敵なベンチがあったので座る。
28_20191112003756a9b.jpg

29_2019111200375626a.jpg

ここでおやつタイムとしました。
キュウリの一本漬け、半額です。
30_201911120037577bb.jpg

で、キュウリをご機嫌にかじっていたら、烏帽子岳から降りて来た御夫婦に「いい場所にベンチがあるのねぇ」なんて話しかけられ、ちょっとだけお話をしました。
御夫婦はそのまま下山されて行きましたが、しばらくすると大音量の歌声がΣ(゚д゚lll)
先ほどの御婦人のようです( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
山で歌うのが流行ってるのか、私たちの大音量が聞こえてつられたのか、定かではありません。。。(;^ω^)

キュウリを食べ終え、烏帽子岳へと向かいます。
鳥居の向こうに狐様。。。
怖いのでちょっと苦手なんです(;^ω^)
なので脇の道から進みました。
31_2019111200440481f.jpg

ここも結構削れた登山道でしたが、この鳥居が近づいた時、足元がなんか変だぞ?と気づきます。
33_20191112004407761.jpg
怖いので写真は撮らなかったのですが、登山道のあちこちに狐様の土で焼いた小さな人形が落ちてるのです。
当然、踏まれて壊れてるのもあるし、とにかくものすごい数の人形が落ちてたり土に埋もれたり、参拝に来られる方が奉納して行かれるんだろうけど、壊れちゃってるのは見ていてかわいそうでした。
が、触って怖い事になるのも嫌なので、踏まないように気をつけて歩きました。

山頂へは笹で覆われて、何が何だかな感じでした。
34_2019111200440996c.jpg

11:26、山頂も笹だらけ(;^ω^)
35_201911120044101c9.jpg

ここも入れ替わりで人が上がって来るので、滞在時間は短かったです。
そして昼時でお腹が空いて来たので、急いで下山します。
11:56、登山口着。
36_20191112005122bb5.jpg

あとは湖畔脇を歩いて駐車場まで。
皆さん、キャンプしたりBBQしたり、楽しそうでした。
37_20191112005124c12.jpg

そして、湖畔沿いのジャンボカツカレーのお店へ。
かなりの量だというので私は辞めたのですが、とにかくここの店員の態度が悪い。
ジャンボカツカレーを激推ししてるという案内のポスターを張っているというのに、オーダーすると怒った口調で「さっきも言いましたけど、量がすごいんですよ!」と言う。
で、オーダーしようとしたジジイは、その男性店員の一存で中盛にさせられました。
それならおすすめポスター剥いだら?って思います。
だってオススメじゃないんだもの。
で、食べてる途中も2つ隣の席に座って、ずっと遠くを見つめたまま微動だにしない。
早く帰ってくれと言わんばかりの雰囲気。
食べ物屋さんに入ったら、帰る時は必ずご馳走様でしたって言いますが、初めてご馳走様って言いませんでした。
お金すら払いたくなかったくらい、気分が悪かったです。
いらっしゃいませも、ありがとうございましたもなかったですから。
隣のお土産屋さんのおばあちゃんが、とても優しい方だったのでそれだけが癒しでした。
この後、榛名神社に行きたいって言ったら、パンフレットやらあれこれ持って来てくれたり教えてくれたりしたので、それで気分を入れ替えました。

15年ぶりくらいの榛名神社は、いつからかパワースポットなどと言われるようになって激混み(;^ω^)
40_20191112005128244.jpg

だけど初めて見るイワタバコに興奮して、参拝そっちのけでした(;'∀')
が、この頃からレンズの調子が悪いと思ってたのですが、どうやら本体が調子悪かったようです。
現在、新しいボディーに変わったら、それなりに撮れるようになりました。
なので、ピンボケしてます└(:3」┌)┘))ジタバタ
38_2019111200512508f.jpg

39_201911120051279c6.jpg

カレーはもう食べませんが、次にここに行く時は、レンゲショウマを見に行きたいと思います。

100_201911120108225a8.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪


スポンサーサイト



2019年8月24日 七ツ小屋山Part2 

2019, 11. 07 (Thu) 01:48

11月の3連休。
今年のこの時期も、門内に行く事が出来ました。
ラスト飯豊になるかな。
天気が怪しかったのですが、思ったよりはいい天気でよかったです。
それにしても雪がなくてビックリ。。。
去年と同じ日程で行ってるのに、去年は膝までありましたからね(;^ω^)
今週からぐっと気温が冷え込むようなので、さすがに雪が降るでしょう。

紅葉はもう500m位のとこまで下がってました。
1000mくらいになると、もう晩秋ですね。
6_201911070014395c4.jpg

雪がない3連休だったので、お客さんも7名ほど。
私もそうですが、この時期に楽に飯豊を歩けるなんてラッキーでした。
でもさすがに11月ですから、寒いは寒かったですよ。
9_20191107001444cce.jpg

7_20191107013059f1d.jpg

今年最後の、この景色。
また来年、会いに来ます。
8_20191107001442802.jpg

まぁ、下山はすっかり冬の飯豊でした(;'∀')アハハ
これが当たり前の景色なんですけどね。
10_20191107001445943.jpg



前回の続き。


ヘリが飛び立って行ったので、先へと進みます。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
私の中では夏の終わりの花、コゴメグサ。
22_20191107002653357.jpg

新道の巻道を行くか、旧道を行くか協議の末、無駄に登って巻きたくない私たちは(特に私)、旧道のへつり道を行く事にしました。
進み始めてすぐ、登山道崩落(;´Д`)
笹につかまりながら通過。
23_20191107002655a8c.jpg

草は伸びてましたが、定期的に刈り払ってるのか苦にはならず。
それよりジジイの足にしか目が行かない((´∀`*))ヶラヶラ
そしてこの日は、仙人棒を拾って歩いてたんだけど、第二仙人棒の方がいい仙人棒だったので、第一仙人棒をジジイにあげた。
「俺、普段ストック使わないのに。。。」とブツブツ言いながらも、捨てると怒られると分かってるので、ちゃんと持って歩いていた(*・з・)ぷッ
24_2019110700265742f.jpg

なかなか細い場所もあるんだけれど、脇に笹がどっさり生えてるので、それを掴みながら進む。
25_2019110700265883b.jpg

近づいてるようで、まだまだ着かない。
26_20191107002659a42.jpg

10:55、清水峠着。
27_201911070035064a2.jpg

私は↑この建物が避難小屋だと思っていたけど、避難小屋はこの奥にあるという。
ちっちゃかった(;´∀`)
28_201911070035068d1.jpg

中は結構暗い。
29_20191107003506fca.jpg

ソロであちこちの避難小屋に泊まった事はあるけれど、さすがの私も、ここはちょっと泊まれないかも(;´∀`)
何となく雰囲気が。。。
30_20191107003507adc.jpg

新潟百名山(ガイド本)で見た景色を撮ろう。
31_20191107003509e9d.jpg
ガスっててダメだ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

避難小屋の裏には、神様がいらっしゃいました。
誰か絶対テント張ってた跡が(;^ω^)
32_20191107003847a3e.jpg

さてと、七ツ小屋山に向かいます。
見えてたピークが山頂だと思ってたのに、山頂はずっと先とか┌┛┌┛ズコ!
どこからどこまでを指すのか分からないけど、ここいら辺の登山道は国道なんだそうで。
車走れないけど(;´∀`)
33_20191107003849953.jpg

この辺りから、縦走者さん達とスライドする事が多くなったけど、やたらと「馬蹄形ですか?」と声をかけて来る。
「違います」と答えると、自分は馬蹄形だと説明を始める。
ドヤられても困る・・・
早く先へ行きたいので「わー、すごいですねー、大変ですねー」とやり過ごすZzz....(_ _*)・.。*
34_20191107003850be5.jpg

ガスがなければ谷川まで見えるのだろうか。
久々の山域なのに、残念。
35_2019110700385233e.jpg

ガスがちょっとだけ切れたら、小さな湿原と池塘が見えた。
36_20191107003853e52.jpg

大源太山からの分岐まで来ると、七ツ小屋山の山頂が見えて来た。
37_20191107004411a63.jpg

12:09、七ツ小屋山着。
38_201911070044134da.jpg

39_20191107004414c40.jpg

遠征の時は、最近火遊び道具を持って来ないで、コンビニで済ませてる(;^ω^)
40_201911070044163af.jpg

本日の仙人棒は七ツ棒と名付けた。
シャフトが曲がっててかっこよかったので、普通の仙人棒はジジイにあげた(;´∀`)
41_20191107004417b97.jpg

軽くパンを食べて下山開始。
ほんのり青空が見えて、さっきの湿原も別の景色に見える。
42_2019110700464495f.jpg

さよなら、七ツ小屋山(左奥)
思ったよりだいぶ遠かったよ、三角屋根の家から( ̄ω ̄;)
43_20191107004645906.jpg

清水峠に下りて来たら、ガスが消えたので記念に撮る。
44_20191107004647c2d.jpg

清水峠はあちこちにルートが走ってて、間違わないように13:44、下山開始。
周回ルートで行こうかとも思ったのですが、刈り払いがどうなってるか分からなかったので、おとなしく来た道をピストンする。
45_20191107004648463.jpg

46_2019110700465329e.jpg

縦走路を離れると、また静かに誰もいない貸し切りの登山道になったので、大音量で歌いながら歩く♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
どんなタイミングだったのか忘れたけど、なぜだかテレサ・テンをジジイが歌い始め。。。
「この歌、分からない?」と、鼻歌を歌い始めるが、まるでちんぷんかんぷんである。
だって、歌詞は勝手に作るし音程もバラバラなので、まるで分らない歌になる;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
で、何となく思い出しそうな思い出さなそうなムズムズした感じだったので「おいちょっと思い出しそうだから少し黙ってれ」と必死に考え込んでみたら、テンション上がったジジイが大音量で歌い始める。
相変らずオリジナルのメロディーと歌詞で歌ってるのだ・・・
「今黙ってろって言ったばかりだろうが!!!!」と、雪野さん大激怒。
が、当人はテンション上がりまくってるので、気分良さそうに歌ってる。
イラッとしたので、電波が入るのをいいことに、スマホで今youtubeでテレサ・テンを検索して流してみた。

スッキリした(*´∀`)アハハン♪
就職したての頃、先輩たちがこぞってこれを歌っていたので、なんとなく覚えていた。
その頃流行ってた歌なのかと思ったら、結構昔の曲なんですね。
でもいい曲なので、しっかり歌詞を間違える事なく大音量で歌おうと思って、テレサ・テンベストを借りてみた。
数曲しか分からなかったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

下山は早い。
歌ってるうちにあっという間に車道に下りた。
ちーこいクワガタ♀
47_20191107004952c31.jpg

5:00ジャスト。
車を停めたゲート着。
ここの熊の看板は怖い・゚・(。✖д✖。)・゚・
48_20191107004953672.jpg

49_20191107004954f9a.jpg

歩いてみた結果、うちの山岳会でみんなが歩こうと思ったら、確かにこの山は無理なレベルでした。
結論が出て良かった良かった(´∀`*)ウフフ

この後は金城の里という日帰り温泉に入り、湯沢の人参亭で、特大ロースかつ定食を(´∀`*)ヶラヶラ
50_201911070049569cb.jpg

翌日は快晴予報な関東方面へと移動しますキュィーン ……ε( o・ェ・)o

54_20191107013341a0f.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪



2019年8月24日 七ツ小屋山 

2019, 10. 31 (Thu) 01:30

はっぴーはろうぃーーーーん
って、特に乗っかる気はないんだけど( ´_ゝ`)プッ
ケーキ頂いたので・・・
56_20191030235407e0c.jpg

グロイ( ̄ω ̄;)


そして、知り合いに宣伝を頼まれたので。
弱小ブログなので宣伝になるのかどうか分かりませんが(;'∀')アハハ

地元のニット会社さんが、セールをやるとの事で、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。→セールのお知らせ、ここクリック


場所は寺沢のセブンイレブンの隣の、5SEASONSが会場となってます。
58_20191031013605ac9.jpg


HPの方では金額が書いてないのですが、本日チラシを頂いたので。
袋の中身はチラ見OKで、中身を確かめてから、購入可だそうです。

55_20191030235406302.jpg


私も昨年、購入させて頂きましたが、ヒラヒラしてかわいいですよ。→mino公式HP
越後白山の麓では、ぎんなん祭も始まりますし、五泉観光はいかがでしょうか゚.+:。(*´v`*)゚.+:。





お盆の翌週、土曜は仕事だったんだけど、有給を取って立山リベンジをする予定でした。
が、また悪天候(;´Д`)
実は10月の連休の時も行こうと計画してたのに、それどころじゃなかったじゃないですか、最大級の台風が接近してたんだから(;´Д`)
私、ここまで立山にはじき返される事ってないのに、ジジイが同行するってなると天気が荒れる。
おっさんが立山の神様から拒否されてんじゃね?くらいに思えてしまう( ̄ω ̄;)
お陰様で、今年は立山詣でに行けませんでした・・・

で、せっかく有給取ったんだから、なんとかどこか行きたいと思い、あちこち晴れ間を探しました。
日曜は荒れる予定だけど、土曜なら何とか大丈夫そうって事で、何年ぶりかの谷川方面。
会山行で計画したんだけど、どうもハード過ぎるとの事で場所が変更になったので、どのくらいハードなのかを確かめに行くかと、七ツ小屋山に決定。

ジジイは昨年、私がSさんと超絶景の快晴立山で遊びまわってる時に、今回のルート経由で檜倉山と言う登山道のない山に登ってたので、割と最近歩いたルートという事になります。
封鎖ゲートから1時間ほどアスファルトの林道を歩かなければいけないという事で、もはや泣く泣くの早起きです。。。
道路には鎖が張ってありましたが、工事車両が通るので、車は道路脇に停めます。
6:20、ゲートからスタートヽ(冫、)ノ
しかも、進行方向がーすー( ̄ω ̄;)
1_20191031002530dfd.jpg

秋の花、ツリフネソウが咲いていました。
2_20191031002532675.jpg

月見草。
3_20191031002534bf6.jpg

そしてジジイ、立山のテン泊装備から急遽日帰り装備に積み替えたので、うっかりテント用のハーフパンツを持って来てしまったという。
実は翌日も晴れ予定の場所に移動するつもりだったので、普通にジャージもあったのに、それは明日はきたいと言う。
2日同じのはけよ!と言うと、ヤダと言う。
アライグマ並みのきれい好きである辺りがウザイ。
で、短パンだと素足が出るとかギャーギャーうるさいので、仕方なく我が家にある間違って買ったメンズのタイツを持って来て貸す事にした。
4_20191031002538746.jpg

キッショ。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

自分でも「恥ずかしい」と自分の足を見ながら悶絶してました(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
そして「俺の足ってこんなに細いの?」とか、誰に質問してんだよ、知らねーよという(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
でもほんと細い( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

って事で、本日もジジイをバカにしながら先へ進みます。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ
道中、おいしいという水場があったので、そこで水を入れ替えた。
5_2019103100253873b.jpg

前日、こちら方面は雨が降ったらしく、盛大に道路に流れ出す沢の水。
写真だと分かりにくいけど、結構怖いくらいの流れ方でした。
6_20191031004442859.jpg
ジジイは上手に岩の上を渡って向こうへ渡りましたが、私は渡渉が下手で絶対ドボンして転ぶので、最初からドボンして向こう側へ渡しました(;´∀`)
靴は濡れてもあえてのドボンなら、転ぶ心配はない(流されない限り・・・)

そして分岐。
つい左のアスファルトの方へと行ってしまいそうですが、右の砂利の方へ。
7_20191031004443fab.jpg

岩の案内板もありました(;´∀`)
8_20191031004443fda.jpg

そして、地図ではだいぶ巻いて歩くルートで表記されてるのですが、今年からどうやら素敵な道が出来たらしく、楽に直進。
9_20191031004445609.jpg

7:30、そろそろ登山口があるはずだけどキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
ジジイが「ここ」と指さします。
ちょうど↑の写真の、赤いコーンの次の白い標柱の辺りです。

( ̄ェ ̄;) エッ?


若干藪化し始めてます。。。
朝露でビショビショです。。。
10_20191031004447574.jpg

出始めは崩れた箇所があったり、ちょっと怖かった。
それもいくらも続かず、すぐに普通の登山道になった。
アリンコに浸食されたキノコ(;´Д`)
11_201910310049518ae.jpg

オオクワって言ったっけ?
忘れたけど、クワガタ♀
12_20191031004952fca.jpg

この鉄塔をいくつか辿って、清水峠まで向かいます。
晴れたりガスったり、忙しい日だった。
13_2019103100495321d.jpg

オヤマリンドウ
14_2019103100495474c.jpg

なんちゃらクワガタ♂
15_20191031004956c56.jpg

どうにもこうにも、何だか歩くのにすぐ飽きる。
陽が射すと暑い(;´Д`)
で、テンション上げる術はないかと歌を歌ってみる。
これが結構楽しい♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
ナツメロシリーズで攻めてみる事にした。
子供の頃のアイドルと言えば、聖子ちゃんとか明菜ちゃんだ。
なので、覚えてる限り歌ってみる。

隣の大源太山が顔を出し始めた。
16_20191031005812bca.jpg

9:59、まだ遥か向こうだけど、清水峠と本でよく見る建物が見えた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
だがしかし、ここからは足場のよくないへつり道を歩くのだという。
17_201910310058146c0.jpg
が、よく見ると、右側のピークに新ルートらしきものが見えた。
高巻くのかぁ。。。と、それもヤな感じ。

と、その時、遠くからヘリの音。
なんか近づいてね??なんて話をしてたら、雲を割ってヘリがこちらに真っ直ぐ向かって来たカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
18_20191031005815631.jpg

そして確認はできないが、どうもこちらを見てる視線を感じます(;´Д`)
私たち、遭難してませーん└(:3」┌)┘))ジタバタ
19_20191031005817ede.jpg

手でも振ろうもんなら、救助されてしまいそうです。
で、しばらくこの距離感でホバリングしてました。
20_20191031005818b9e.jpg
翌日知ったのですが、どうやら巻機で事故があったみたいでした。
この時も、巻機か谷川だろうから、ここじゃないよなんて話してたのですが。

1分くらいホバリングしてたでしょうか。
ヘリが清水峠方面へと飛んで行ったまま、その後はヘリの音を聞く事はありませんでした。
21_201910310107598e5.jpg

私たちも清水峠へと向かいましょうo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪



参加中です。クリックよろしくお願いします♪



2018年8月13日 田代岳Part2 

2019, 10. 28 (Mon) 01:27

今週末も天気が悪かったので、家でヒッキーしてました。
数ヶ月かけて熟成させる味噌を仕込んだりして。
あとはフラッと石井に行ったり、買い物もなかったのですが(;^ω^)

天皇万歳の日に食べた、日の出食堂の焼肉定食。
安定のうまさ(゚д゚)ウマー
61_201910280018343db.jpg

今日、石井に行く前に食べた、張園の焼肉丼とラーメンのセット。
62_201910280018357cb.jpg

そろそろ晴れの日が続くでしょうか。
被災地の復興作業中に、また豪雨が襲うなんて事が起こりませんように。




木道をしばらく進むと、山頂への分岐に着きました。
分岐から山頂へと進むと、笹が大繁盛Σ(゚д゚lll)
29_20191023010521200.jpg

10分程度で山頂付近まで上がり、鳥居をくぐりました。
信仰の山なんですね。
30_20191023010524eb9.jpg

11:55、山頂着。
避難小屋兼神社なようです。
31_20191023010926426.jpg

32_20191023010928f5b.jpg


外で行動食でも食べようかと思ったのですが、あまりの暑さに避難小屋の内部へ。
バッチが置いてありましたが、この時点で3個残ってるだけだったので、すぐに無くなったでしょうね(;^ω^)
33_20191023010929e87.jpg

前日の駒ケ岳で食べようと思ってた、残り物のパンを食べる。
名前が死語過ぎる(;'∀')アハハ
34_20191023010930a3d.jpg

食パン4枚分とか、飽きた・・・
思ったよりクリームが少ないので、ひたすら食パンを食べてる感じで、水分が持って行かれる( ̄ω ̄;)
35_2019102301093299f.jpg

避難小屋は狭めですがキレイだし、山頂にあってロケーションもばっちりだし、泊まってみたいなぁとか思ったのですが、ふと正気になると無理そうです。
小屋内に神様が祀られてるのです(;'∀')
神様の真ん前で酒飲んだり寝たり、知らぬ間に寝っぺとかしたら申し訳ないです(;´Д`)
直接カメラは向けられませんが、ものすごい目の前に神様が鎮座されてます(;^ω^)
36_20191023011236982.jpg

ので、泊まる事はなさそうです。
山頂からは多分ですが、岩木山が見えるようです。
山頂がガスっててシルエットしか見えないから分からないのですが、この辺でこんなに大きく見えるのは岩木山かなと。
37_20191023011237fa7.jpg

12:52、下山開始。
上から見える湿原は、こんな感じです。
38_201910230112398a4.jpg

湿原を周回できるようなので、周回して帰る事にしました。
神の田と呼ばれてるようです。
39_20191023011240bc3.jpg

もうちょっと早かったら、どんなお花が咲いてたんでしょうか。
時期を変えて、また再訪してみたい場所になりました。
40_201910230112442ec.jpg

周回路は。。。(;´∀`)
ぷーさんが怖くて、笛吹いたり無駄に咳払いしてみたり、ビビりまくりです(((((((;´д`)))))))
42_20191028005604d66.jpg

ちょっと進むと、なんとか開けました(;^ω^)
43_201910280056064a7.jpg

振り返って山頂を眺める。
ルートが2本見えるけど、片方はまた新道を作ってるようで、まだまだ歩ける道ではありませんでした。
44_20191028005608811.jpg

こちら側にも池塘あり。
45_20191028005610a3d.jpg

途中に分岐があり、地図を見ると大日・薬師さまが祀られているようなので、そちらに行ってみる。
46_20191028005905658.jpg

衝撃的です。
湿原を通過して進むのですが、木道がありません(;´Д`)
踏むと少し沈む草原の上を、踏み跡を辿って進みます。
モウセンちゃんがいっぱい生えてたので、細心の注意を払ってるつもりではありましたが、きっと踏んでます(;´Д`)
49_201910280059106df.jpg

大日薬師はどうやらこの岩の事らしく。
手を合わせて木道へと戻りました。
48_20191028005908ff8.jpg

木道に戻り周回ルートを進と、木道が切れて普通の登山道になると共に、笹薮も濃くなってきました。。。
50_20191028005911acf.jpg

ヤバイです、もはやヤバ過ぎますカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
ぷーさんと出くわしそうな予感がプンプンです((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
怖いのでワーとかギャーとかやべーよ!!とか叫びながら進みます。
51_201910280103426eb.jpg

笹薮は100mも続かなかったと思いますが、ほんと怖かったです(;^ω^)
そして木道になると藪も消え、また藪になったり消えたりで、13:30頃、なんとか分岐まで無事に辿り着きました。
空に大きなグレーの雲が湧き始めたので、帰りはがんばって急ぎ気味で。
でも、かわいいキノコを見つけると、ついつい。。。
53_201910280103455ed.jpg

キミに何が起こったんだ?という、不思議な形。
54_2019102801034723d.jpg

行きも撮ったのに、帰りも撮ってたみたい。
かわいかったもんで(;´∀`)
55_201910280103488ee.jpg

14:57、ぷーさんに出くわす事もなく、無事ゴール_(:3」∠)_
よかったヽ(冫、)ノ
だがしかし、これで終わりではない。
またダートを必死になって戻らなければイケマセン(´;ω;`)ウッ…
途中、何かの滝の駐車場にあったトイレに入ろうと進入したら、見た事もない虫がびっしりいて、速攻出てきました(((´゚ω゚`)))ガタガタ
第一コンビニが出て来るまで、我慢して進みました。
いい山でしたが、道路が問題ですね( ノД`)シクシク…

この日はさすがにちゃんと寝たいと思ってたので、秋田市のユーランド八橋というスーパー銭湯みたいなところに一泊します。
壁は薄いけど、とりあえず個室でプライベートは保てたので、ゆっくり寝れました。

翌日、温泉を出て外に出ると恐ろしいほど暑い(;´Д`)
帰路の途中、新潟では40度を超えたというニュースが流れ、新潟に戻るの辞めようかな?って思うくらいでした。。。
道路沿いに居たババから、最後のババヘラを作ってもらい。
56_20191028010904172.jpg

10年以上ぶりになるかな。
西目のハーブ園に寄ってランチを食べて帰りました。
トマトソースが絶品だったけど、チキンが小さかった(;´∀`)
57_2019102801090608c.jpg

このエリアは、高速も繋がってないし、遠くてなかなか行けないけれど、またいつか行ってみたい田代岳でした。
またいつか、お邪魔します゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

57-1_20191028010907ec7.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪



2018年8月13日 田代岳 

2019, 10. 23 (Wed) 01:29

腐るー、体が腐るー_(꒪ཀ꒪」∠)_
ビックリするくらい、週末悪天候ですね∑(´Д`*)ノノ!!
また次の休みも悪天だそうで。。。
去年からの宿題、無事クリアー出来るのでしょうか(;´Д`)
今日も当然、山は無理でしたが、日曜は曇りまれに青空で、雨に打たれる事もなくちょっと離れた場所から宿題の山を眺めておりました。
スタート直後からムカゴ祭に出くわし、2つ3つ縦走しようと思ってたのにムカゴ採りに夢中になって。。。
山に取りついたら思いもよらない細尾根&急登、しかも雨上がりなので滑るという、ヒヤヒヤしながらの山遊びとなりました(;´∀`)
枝と枝の間が登山道、両脇は斜面・・・
58_2019102300265107c.jpg

1000m位が見頃かな?と踏んでいたのですが、やはり今年は紅葉が遅い。
まだまだでした。
59_20191023002652193.jpg

お陰様でムカゴ祭過ぎて、逆に飽きた。。。
60_20191023002654636.jpg

紅葉探しも行かずに日程空けて待ってるのに、天気が悪くて無駄に休みだけが潰れて行きます( ノД`)シクシク…
何とかいいサイクルに変わって欲しいですね。



お盆3日目、次は大館の田代岳へ。
昔、奥入瀬からの帰り道に暗がりの中「田代岳」という看板を見た事だけ覚えてたので、名前だけは知ってました。
今回やっとこちら方面に遊びに来れたので、行ってみる事に。
ここもまたベースから遠い(;´∀`)
次の目的地は45㌔以上の移動です、死ねる_(。゚⊿ 」∠)_
またどんどんと人気のない場所へと進んで行き、とうとう道がダートに変わりました(;´Д`)
前日とは違い、長くても舗装ならまだいいのですが、タイヤがパンクするのが先か、サスがイカれるのが先かくらいのダートです;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
でも、御荷鉾スーパー林道よりマシです。
あっちの方が駐車場までの距離は短いですけどねブッ(´→з←):;*.:;
そんなこんなで駐車場に着いたのが8時半くらい。
あまりのダートに疲れ果て、もう一個手前の登山口にしようかと思ったくらいでしたが、何とか辿り着きました・・・
手前の駐車場には車が一台停まってました。
ここもなかなか最新の情報がなかったのですが、それでも一番近い情報では、その手前の登山口からのコースで熊が出たとの事で、何となく歩きたくなかったので(;^ω^)
登山口が違っても、ぷーさんエリアである事には変わらないんですけどね(;´∀`)

8:57、かなり広い駐車場をスタート。
トイレはありましたが、遠慮したい感じでした(入ってないけど)
少しまた砂利道を歩きます。
1_201910230032018a6.jpg

200mくらいかな?
登山口があるので、そこから登山道歩きになります。
2_2019102300320270b.jpg

3_201910230032042aa.jpg

しばらく沢沿いを歩きます。
水場の傍なので蚊が心配なのとぷーさんが心配なので、盛大に蚊取り線香を焚く。
4_20191023003205656.jpg

ここもキノコ祭でしたが、食べれるかの判別がつかないので、眺めるだけ| 冫、)ジー
5_20191023003207e13.jpg

9:12、水場がありました。
スタートしてすぐなので、喉も乾いてないしスルー。
7_2019102300481257a.jpg

白いタマゴダケ
8_20191023004814960.jpg

赤いタマゴダケ
タマゴダケは赤だけが食べれるんだそうです。
でも虫いっぱい付いてるので食べたくない・・・
10_20191023004817259.jpg

タマゴダケみたいだけど違うやつ。
9_2019102300481535a.jpg

ここも白神、森が深い。
というか、これだけ山の奥まで車で入って来てるんだから、深いに決まってる(;´Д`)
11_20191023005105980.jpg

ここもジャコウソウが咲いていました。
12_2019102300510706b.jpg

いつになっても二合目に着かない(;´Д`)
って思ったら、いきなり三合目でした。。。
13_2019102300510872e.jpg

もう一個、看板があった。
14_2019102300511367d.jpg

三合目からはゆる~く歩けたので、なんだか気持ちが良かった。
10:21、別のルートとの合流地点。
15_20191023005114c38.jpg

この日は晴れの予報だったけど、なんだか曇り空。
遠くに青空は見えてるものの、田代岳の上はグレー(;´Д`)
グリーンが落ち着いた色で見えた。
16_20191023005504535.jpg

10:34、五合目。
せっかくベンチがあるんだから、当たり前ですよ、休憩します(`・ω・´)シャキーン
17_20191023005505f7c.jpg

( ゚Д゚)ウマー
18_20191023005506353.jpg
でも、こんな甘い香りをプンプンさせて、ぷーさんが寄って来ないか怖かった(((((((;´д`)))))))

10分くらい休憩して再スタート。
一時、雨が降り出しましたが、ブナに守られて濡れる事もなく、雨も一瞬で上がりました。
19_2019102300550806f.jpg

進んで行くうちに、やっとこ青空が田代岳に広がって来ました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
ルートが新道と旧道とあったのですが、新道がまだ刈り立てで笹の剣山が刺さって痛い(;´Д`)
21_20191023010211d53.jpg

気分によって新道と旧道をあっち行ったりこっち行ったりして歩きました(;^ω^)
旧道、たまにヤバシ。。。
藪ではないんだけど、マダニが怖いです( ̄ω ̄;)
20_2019102300551060e.jpg

八合目、ここを抜けると、明るい場所に飛び出しそうな匂いがプンプンします+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
22_201910230102120a3.jpg

11:35、_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
23_20191023010214582.jpg

木道に飛び出すと、超快晴+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
右手に山頂が見えました。
24_201910230102157bd.jpg

とても広い湿原です。
湿原と木道が大好きだから、テンションUPルンルン((´I `*))♪
25_20191023010217af2.jpg

先行者さんが一名、下山して来ました。
手前の登山口にあった車の方かな?
この日会った登山者は、この方のみの、本日も静かな山遊びの日でした。
26_20191023010517879.jpg

草原には青空が似合う゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
27_20191023010519615.jpg

山頂までは、また一登りですね(;´Д`)
快晴になったのは気分がいいけど、超暑い(;´Д`)
がんばれ自分(_Д_)アウアウアー
28_20191023010520e6b.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪


2018年8月12日 藤里駒ケ岳 

2019, 10. 18 (Fri) 02:19

会社に拘束されて更新できません、無事元気にやってます、雪野です(;´∀`)
お陰様で、雪野地方は一時避難勧告とか出ましたが、何とか川が氾濫する事はなく収まってくれました。
災害に遭われた多くの方々に、お見舞い申し上げます。
そして一日でも早く、以前の生活が戻りますようお祈り申し上げます。

台風が到着する12日、ブラック企業である我が社は、普通に一日働かされました( ̄ω ̄;)
ニュースでは、下界でも瞬間風速40㌔との事でビビってましたが、風はそんなでもなく、雨の方がマズかったですね。
13、14日と泊りで山に行く予定でしたが、もはやそれどころではありません。
ヒッキーしながら拾って来た山栗を地味に皮剥ぎしてたら爪が痛くなりました(´;ω;`)ウッ…
栗とキノコの炊き込みご飯にしました。
49_20191018001751778.jpg

14日は当初、なぜだか晴れる予報でしたが、やっぱりそんな訳はなく、起きたら曇り空。
風も残ってるし山に行っていいお天気ではないので、石井に靴のソールの張替えを出しに行って来ました。
肉食いました、ありがとう(*´ω`*)
50_2019101800175290d.jpg
今年は高山の紅葉を撮れずに終わってしまいました。
まぁ仕事があるので晴れた平日に!とは行きません。
働かざるもの遊ぶべからずってことで、働きます(使いまくれる金のある、無職になりたい。)




お盆2日目、がんばって早起き・・・(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
道の駅から今日登る藤里駒ケ岳の登山口までは、30キロ以上車で走らなければイケマセン(;´Д`)
前の晩はちょっと風が吹いてたので、虫も大丈夫と思って車の窓をちょこっと開けて寝たら、朝方超寒くて毛布にぐるぐる巻きになりました(;´Д`)
寒い夏の朝でしたが、薄暗いうちに車を走らせました。
もはや30キロ先の山なんて見える訳もなく、ただひたすら車を走らせます。

素波里ダムを過ぎると、どんどん道路が細くなっていきます(;'∀')
そして、くるみ台キャンプ場方面に左折すると、もはやすれ違いたくない細さの道路になって行き・・・
が、誰も走ってないのでただひたすらブナの森の中を走って行きました。
同じ場所をグルグル回ってるんじゃないか?って思うくらい、いつになっても着かない駐車場。
当然、車のナビでは検索できないので、グーグルマップさんに連れて行ってもらいました。
もはやどれくらい走ったのか分かりません。
急に大きな駐車場に着きました。
ホッとしました(;´∀`)
2_201910180045501ec.jpg

新潟ナンバーの先客さんが一台、ここで車中泊をしたようですが、街灯なしなのでとてもじゃないですが私は泊まれそうにありません(;^ω^)
その前に道路が怖すぎて夜は無理です(((((((;´д`)))))))
そして、立派なトイレがありますが、天水なので歯磨きとか顔を洗うとかは無理そうです。
でーっかい駐車場なんですけどねぇ。
当初はここで車中泊とかも考えてましたが、来なくて良かった(;'∀')
では、8:11、久々の秋田の山に向けてスタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
1_20191018004547010.jpg

白神山地の一部であるせいか、登山道はすこぶる良好。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
アジサイが咲いてました。
3_20191018004550fdc.jpg

でーっかいアキタブキ、うまそう(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ
4_201910180045523f7.jpg

田苗代湿原までは観光地みたいです。
ただ、湿原に向かって下って行きます。。。
て事は、帰りは登りです(;´∀`)
5_20191018004553629.jpg

白神のブナの森。
6_20191018005235b08.jpg

この山の直近の情報もなく、最新で10日ほど前の情報だったでしょうか。
黒プー情報です( ̄ω ̄;)
その前の方の情報を見ても、黒プーの情報だらけです(((´゚ω゚`)))ガタガタ
湿原の辺りがヤバイと書いてる方が多かったので、笛吹いたり無駄に咳払いしてみたり、怖かった(;´Д`)
7_20191018005236673.jpg

ビビりながら湿原に飛び出します。
ものすごく・・・濃緑_(꒪ཀ꒪」∠)_
いい時期に来ると、ここはキスゲの黄色い絨毯が広がるようですが・・・
緑です_(。゚⊿ 」∠)_
8_201910180052378f0.jpg

ギボウシだけ咲いていました。
9_2019101800523882f.jpg

小さい秋、先取り。
10_20191018005240cf4.jpg

シソの実みたいな花が咲いていました。
なんだろうʅ(。◔‸◔。)ʃ…
12_20191018005931f05.jpg

13_20191018005933194.jpg

あぁ、木道が終わります。。。
プーさん怖い((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
14_20191018005934619.jpg

距離的にはそんなでもありません。
地元の裏山より楽。
15_20191018005936a9b.jpg

白いキノコ
16_201910180102422c6.jpg

深緑の道を進と、ジャコウソウ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
17_2019101801024450e.jpg

もう終わりかけでしたけどね(;^ω^)
18_20191018010245685.jpg

ジャコウソウって名前だけど、特に香りはせず(;´Д`)
19_20191018010247972.jpg

曇り空だったので日差しの暑さはないのですが、まだ夏です。
蒸し暑い(;´Д`)
20_20191018010248cce.jpg

しばらく上り坂でしたが、ここは気持ち良かったですね゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
でも熊の巣窟風が強くて、やっぱりビビる(;´Д`)
21_20191018010837a50.jpg

茶色のタマゴダケ、初めて見たΣ(゚Д゚ノ)ノオオォッ
22_20191018010838473.jpg

そして、いつまでもユルユル歩かせてくれません、
稜線に上がる為の急斜面を歩きます(*´Д`)ハァハァ 
23_20191018010840384.jpg
途中、後続の御婦人に追いこされる。
超健脚だった。
「暑いですねぇ」なんて挨拶をして。

10:05、やっとこ稜線に上がる。
通常、こんなに時間はかからないはずですブッ(´→з←):;*.:;
24_201910180108411a3.jpg

山頂方面がーすー( ̄ω ̄;)
不穏( ̄ω ̄;)
25_201910180108435f0.jpg

何も見えないまま、10:14、山頂着。
先ほどの御婦人一人だけ。
26_201910180115190c5.jpg

広くもないけど狭くもない。
でも10人はご飯食べれそう。
27_2019101801152058a.jpg

ガスが切れるのを待って、パンを食べたりコーヒーを飲んだり。
そうするうちに男性が一人上がって来ましたが、どうやら御婦人のお連れ様らしく、群馬からいらっしゃったようです。
私が前日に、日本一低い山に登って来たなんて教えたら、興味津々で聞いてこられました(。・w・。) ププッ
28_2019101801152218a.jpg

別ルートからも男性が一名上がって来られましたが、すぐに下山して行かれました。
群馬のお二人も、ガスの中下山して行かれました。
私はもうちょい粘っていたら、切れた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
29_20191018011523806.jpg

スカッとはしてないけど、青空が見えただけでうれしい(。・w・。) ププッ
30_20191018011525038.jpg

11:31、青空が見えたので下山♪ ٩( ´ω` )و ♪
群馬の方々は下山ルートすら見えなかったと思うけど、もうちょっと待ってればなぁ。
右端の深緑の所にも道っぽいのが見えますが、あの手前の鞍部から湿原に下ります。
でもあの道っぽいのは何だろう?
地形的には下りれそうなんだけどなぁ。
31_20191018012157462.jpg

登って来たルートの分岐から先は、ちょっと荒れてましたが、まぁこの程度です。
32_201910180121597ce.jpg

下山開始直後に2人組さんとスライドし、下山ルートでも一名スライド。
お盆なのに静かな山でした。
下山ルートから山頂を振り返る。
33_20191018012200c3c.jpg

下山ルートも特に悪い所もなく、どんどんと下りるルートでした。
キノコ殺人事件Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
誰だ;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
35_20191018012203816.jpg

陽が射して明るくなって来たので、ブナの緑もさらに気持ちがいい。
36_2019101801292493e.jpg

12:24、湿原コースとの分岐着。
37_20191018012926d76.jpg

また誰よ、キノコで遊んでるの(;^ω^)
38_20191018012927663.jpg

湿原まではこんな平坦ルートです。
まぁ下りでは最後、登るけど。。。
39_20191018012929e24.jpg

12:39、ゴール+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
40_20191018012930f0c.jpg

帰り道、くるみ台キャンプ場の偵察に寄ってみる。
計画段階では、ここでテン泊も考えてました。
が、やっぱり暗くて怖すぎるので無理そう(;'∀')
虫もすごいので、秋とかがいいかもしれません。
でもぷーさんも出そうです(;'∀')
41_201910180132435cd.jpg

キャンプ場の脇は沢が流れてるので、渓流釣りの方たちがこのキャンプ場を利用する事が多いようです。
この日も朝は何張りか張ってありました。
42_201910180132451bf.jpg

水場も完備。
43_20191018013246c8d.jpg

釣りの方は発見出来ず。
44_20191018013248756.jpg

ここまで来たついでなので、通り道沿いにあった白神山地世界遺産センターにも寄る。
というか、ご飯を食べるブッ(´→з←):;*.:;
が、食べたかったラムクレ丼(ラム肉とクレソン)は売り切れ。。。
馬肉ラーメン(塩)を食べました。
大和煮みたいな甘い肉でした。
45_20191018013249f0d.jpg

そして間に合いそうだったので、もう一足伸ばすε=ε=ε=ε=ε=┏(o゜ε゜o;)┛ダダダッ!!
今回は観光メインだからー_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
46_20191018014042984.jpg

開館脇に居た秋田県、やる気なさそうにずっと寝てて、先に出て来た観光客も諦めて駐車場に向かったのに、私が近づいて行ったら超吠えるガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
駐車場に向かった観光客が戻って来た( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
47_2019101801404435b.jpg

すぐにやる気をなくしたようだ。
48_20191018014045229.jpg
犬は嫌いじゃないんだけど、吠えられると怖いのでよその犬は苦手。
最近、山に犬を連れて来る方も居るので、リードだけはしっかり繋げておいて欲しいと思います。。。
昔、栗駒山でリードなしの犬に吠えられて怖かったので、ほんとよその犬は苦手。

そしてベース地へ戻ります。
明日ももう一座登りましょうZzz....(_ _*)・.。*


51_20191018014255d42.jpg

歩行距離4.4Km  標高差↗420m ↘413m 



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

2019年8月11日 初めての山の日 

2019, 10. 08 (Tue) 01:45

門内から下りて来た翌日に、我が家に届いてたのですが、撮りに出かけたい天気でもない日ばかりだったので、ずっと眠ってました(;´∀`)
ついでに、なぜだか訳アリのがーみんさんも我が家にやって来た。
19_20191008005043792.jpg

二代目イーサンには、シリコンのお洋服を着せない限り外に持ち出したくはなかったんだけど、なかなか発売されない(;^ω^)
なので昨日はちょこっとお出かけして、試し撃ちしてみました。
20_20191008005044dea.jpg
これじゃあ全く分からねぇ( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
とりあえず、オートフォーカスのピント合わせのスピードが激早なのと、重さがめっさ軽くなりました。
私は今の所、ミラーレスは全く使う気がないので、どんだけ重くても一眼レフって思ってたのですが、軽いです90D。
ミラーレスに比べりゃ重いけど、一代目に比べたら激軽です。
三世代分ぶっ飛んで進化したので、これからあれこれ勉強して行こうと思います(;´Д`)





今年のお盆は、初めて山の日が休日として休める事になりました(今までは稼働日で、祝日扱いになってなかった)
が、山より何より「久々になまはげ見てぇな(´∀`*)ウフフ」って事で、なまはげを見に秋田に行く事にしました。
今まで前夜発の時は、鳥海の道の駅でダウンしてたのですが、今回はその先の道の駅にしめにて就寝。
夏真っ盛りで暑いかと思ったのですが、意外と窓締めきった状態でも寝れました。
朝は6時起床。
前日は夜中に着いたので分からなかったのですが、隣には大きなひまわり畑が。
少し眺めてから出発する事にしました。
1_20191008005038a05.jpg
後の看板が残念です・・・

そしてだい~ぶ前に来た時、男鹿水族館に寄らずに帰ったのが悔やまれてたので、水族館に寄り道し、朝からババヘラ(GAO限定ババヘラ)
16_20191008010929e67.jpg

ツボダイ(゚д゚)ウマソー
21_20191008011417463.jpg

謎の吸盤
23_20191008011420c9b.jpg

男の背中
22_20191008011418ee8.jpg

そして入道崎でランチ。
なんとなく。。。生臭かった気がする(;´Д`)
18_20191008011526b37.jpg

そしてなまはげに会えた・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
17_2019100801152570d.jpg

が、動くなまはげが見たいので、なまはげ館へ移動o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
人生3度目のなまはげ館ブッ(´→з←):;*.:;
暗い部屋の中で、手持ちで撮るのは無理でした(;´∀`)
2_20191008011711016.jpg
いい感じにちびっ子たちが泣き叫んで、かわいそうだけどやっぱなまはげが出て来たら子供が泣かなくちゃ始まりませんな(。・w・。) ププッ

ここでも、なまはげ館限定ババヘラがあったけど、行列になってたのでスルー
そして、なまはげ館の先にある、真山神社へ。
4_2019100801092332e.jpg

いつかお山かけをやってみたいんだけど、車2台ないと移動が大変。。。
一台なら三山目で戻って来ないとなりませぬ(;´Д`)
もしくは公共の乗り物使用で・・・
でもいつか、男鹿三山は歩いてみたいですね。
24_20191008012015818.jpg

そして初めての山の日なので、とりあえず山にも登りました(`・ω・´)シャキーン
5_201910080109250dd.jpg

徒歩5分(;´∀`)アハハハハ
7_20191008010928cd4.jpg

6_20191008010927fa6.jpg

新潟に比べたら涼しい秋田でしたが、それでも昼間は暑かったので、つい・・・
塩ソフト。
よくある感じの、うっすらラムネ味のやつ。
逆に喉が渇いてしまったので、ジュースを買った(;´∀`)
8_20191008012403451.jpg

さらば寒風山☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙
9_20191008012404ad1.jpg

そして明日の目的地方面への移動中、実は本日最大のお目当てでもあったかもしれない。
本日二座目、登ります!!
10_20191008012406ead.jpg

11_20191008012407ee8.jpg

登頂( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
12_20191008012409220.jpg

八郎潟の中にあるので、標高-3mから始まり、山頂は標高0m
下山口は向こう側へ下りてみました((´∀`*))ヶラヶラ
ついでにぐるり一周してみました((´∀`*))ヶラヶラ
一周2分((´∀`*))ヶラヶラ
13_2019100801263676f.jpg

で、地図を見ると三角点の表記がある。
でも山頂にはなかったぞキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ

あ・・・
15_2019100801263903d.jpg


深すぎる、これ何等よ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
14_20191008012638e97.jpg

さすが山の日だけあって、老若男女、登山者が次々にやって来ました。
皆さん、無事登頂されてましたブッ(´→з←):;*.:;

という事で、無事に二座登り終え、道の駅ふたついに滞在。
道路沿いなんだけどとても静かで、コンビニもスーパーも日帰り温泉も近い。
ここをベースに遊ぶ事にしました。
さらに北上したせいか、またまた涼しく寝やすい夜を過ごせました。。。

(~ _△_)~ zzzZZZZZZ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年7月27日 月山 

2019, 10. 04 (Fri) 00:21

天気わりーなって感じで、下界で遊んでます(´∀`*)ウフフ
やっとこ行って来れました、しあわせのパンケーキ(人´∀`).☆.。.:*・°
61_20191003235721271.jpg

ふあっふあ,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’

ナイフを入れると潰れる。。。
パンケーキが3枚も入ってるので、かなりお腹がいっぱいになる(;^ω^)

ちょうど同じビル内でにおい展なる物ものをやっていたので行ってみた。
ほとんどが綿入りの瓶に、きっと匂いの素でも垂らしてるんだろうって感じのが置いてあるだけだった。
しかも朝早い時間に行ったのに、肝心の臭いがあまりしない( ̄ω ̄;)
いくつか箱の中にブツを閉じ込めてあって、蓋開けて臭いを嗅ぐシステムだったけど、何個もなかったな。
レベルMAXのシュールストレミング、これだけはヤバかった∑(´Д`*)ノノ!!
62_20191003235722cc8.jpg

この後、臭いが鼻の中に残り、どうしようもなくなって、新たなる強烈な匂いを上乗せすべく、CHUTTAへ。
おいしかった(*´ω`*)
63_20191003235726d13.jpg

そろそろ終末にいい天気のループに切り替わって欲しいもんです。
今年の秋は、去年クリアー出来なかった宿題を、なんとかクリアーしたいので、そこに神経集中させて休日は全部空けてます(`・ω・´)
藪なのでお天気悪いと無理ブッ(´→з←):;*.:;




7月最終週。
今年の7月は何としても一回は飯豊に行こうと、週末は全部予備として空けてましたが、予定通りに3連休に行けたので、ふと第四の連休が空いた。
夏に連休があったら立山でしょ( ´_ゝ`)プッ
って感じで、立山に行く事にしましたが、もうこの頃から台風にやられてましたね。。。
で、この辺だけ悪天の抜け穴になってた月山へ行く事に。
しばらく登拝してなかったので、今年は行きたいと思ってたからちょうど良かった。
まぁ、せっかくの泊りの予定が日帰りになった点だけは残念だったけど。

その連休は、立山に行ってみたいというジジイも同行するはずだったので、同じく暇になってしまったジジイも月山へ。
夏はシーズンオフと言い切るジジイなので、都会のミーハーな山でも着いて来ます( ´_ゝ`)プッ

抜け穴だったはずだけど、どうにもイマイチ天気が悪げなので、スタートは遅くなった。
7:28、月山8合目からのスタート。
何だか変って思ったら、駐車場が増えてたΣ(゚д゚lll)
8合目スタートは私なりのこだわりがあるので、ジジイは後ろからついて来いシステムです。
風に揺れるキンコウカと草原。
1_20191004001240b42.jpg

鳥海は頭が隠れて残念。
あそこも久しく行ってない。
2_20191004001242fec.jpg

参拝が目的なので、まずは 御田原参篭所で参拝してから(-人-)
3_2019100400124375b.jpg

ちょっと早いかな?って思ってたけど、キスゲが咲いていた。
4_2019100400124491c.jpg

弥陀ヶ原を散歩している人たち。
5_20191004001246785.jpg

日差しがない分、お花を撮るにはちょうどいいかななんて、自分を納得させつつ。
6_2019100400255883a.jpg


トキソウも前回来た時より少なめではあったけど、いっぱい見れて良かった。
薄ピンクの花はかわいい.゚+.(´∀`*).+゚.
7_20191004002559b1b.jpg

ウサギギクとヨツバシオガマ。
8_20191004002601367.jpg
今回もジジイに花クイズを出しながら行くが、まるで違う名前を言ってみたり勝手に名前を作ってみたり。。。
最悪だ( ̄ω ̄;)

でもさすがに飯豊でもっさり咲いている、ハクサンイチゲは知っているようだ。
9_20191004002602b8a.jpg

シャジンさん、わっさり。
11_20191004002604544.jpg

途中、一か所、雪渓のトラバースがあるんだけど、案の定、渋滞していた。
煽って滑落されても困るので、雪渓の上部で休憩する事にした。
ボヘーッと渋滞を眺めていたら、おや?| 冫、)ジー

きゃーずさーん(゚Д゚)ノ

って事で、kyazuさんを発見してしまったので、上から大声で呼びつけた( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
すっかり御無沙汰してしまい、申し訳ない彡:D)8┓ペコリ
kyazuさんも山友さんと来ていて、同じくアルプスの予定が・・・やっぱ抜け穴のここに来たとの事(;^ω^)
ジジイにはよく、藪の師匠がいるって話してたので、これが師匠だ!と説明ブッ(´→з←):;*.:;
相変わらず健脚で、サクッと歩いて行った(;´Д`)

佛生池小屋で健脚kyazuさん御一行に追いつき「この人、管理人のくせに花の名前を知らない」とジジイの悪口を言ったら「管理人なんて花の名前知ってる人居ませんよ!」って堂々と言い放ちやがった。
知らないのはジジイだけだ( ̄ω ̄;)

小屋の前は恒例のフウロ祭。
12_20191004003112274.jpg

ノロいので先に出発し、小屋を離れて数分後ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

八重イチゲ。
すぐに追いつかれてしまったkyazuさん達も、一緒になって驚いていたΣ(゚д゚lll)
13_20191004003113b46.jpg

「へぇ、こういうの見つけるんだぁ」とジジイ、妙に感心。
この日はマルバダケブキを覚えたようです。

トウヤクリンドウは閉じてました。
15_201910040031166a9.jpg

キバナノコマノツメ
16_20191004003118bb3.jpg

ウツボグサ、チラリズム(艸д゚*) チラッ
17_20191004004312a89.jpg

イワベンケイ♂
18_201910040043136e5.jpg

ウスユキソウ、久しぶり。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
19_20191004004314b20.jpg

「花があるといいよねぇ(´ー`*)ウンウン」って嘘くさい事を言うジジイにイラッとする。
ないよりはあった方がいいと、本当に思ってると、一応言っていた。
イワギキョウ
20_2019100400431610f.jpg

青空が出てきていい感じ(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
23_20191004004751655.jpg

カラフル(。・w・。) ププッ
24_20191004004753557.jpg

ハーレム。
25_20191004004754ca1.jpg

鳥海も朝よりガスが取れてきました。
26_20191004004755ef7.jpg

山頂手前、大きな雪渓が出て来た。
陽が射し始めたら暑くてしょうがなかったので、雪渓はうれしい。
だけど歩きにくい(;'∀')
27_20191004004757704.jpg

肘折からのルートが見えた。
ヘンタイ山友が日帰りピストンをしているが、30㌔オーバーになるらしい。
ジジイも前からやってみたいと思ってたらしく、ヘンタイ達の脳内は一緒なんだなと思った。
私は見えてる小屋に泊まって、そのまま帰る(;'∀')
28_2019100400495568a.jpg

数年前の7月第三週に来た時より、ちょっと花が少ないと思ってて、ヒナちゃんが咲いてた場所にいなかった。。。と思ってたら、やっと出てきました(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
29_20191004004956eeb.jpg

コザクラ系は白が好き(。→ˇ艸←)プククッ☆
30_20191004004958b1d.jpg

登るのがめんどくさくて行きたくなかったんだけど、ジジイが行くというので。。。三角点
31_20191004005000744.jpg

いつの間にやら山頂のプレートが置いてあった。
32_20191004005003e0a.jpg

ノロノロし過ぎて山頂まで3時間もかかりました(;´∀`)
マジメに歩けば2時間かからないはずのルートです(;^ω^)
まぁ、マジメに歩く必要ないですが、せっかくの花の時期なので。。。
33_20191004005454eaa.jpg

kyazuさん御一行と入れ違いで本宮で参拝。
34_201910040054556fd.jpg

参拝を済ませ、神札やらお守りやら一新して、今年も無事登拝終了+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚
トイレ前でまたkyazuさん達と話し込み、それぞれランチタイムに突入です。
昔、胎内岩ってとこまで下りると、すごくいい感じの場所があると聞いたので、そこまで下ります。
下りたつもりでしたが、ルート一本間違えて隣のルートに居たようです(;´∀`)
でも都会の喧騒から離れて、静かで良かった。
36_20191004005501965.jpg

お花もいっぱい゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
35_20191004005457f60.jpg

たんまりと余ってる豆腐お好み。。。
いい加減、食べ終わりたい(;´Д`)
店のおじさんの言葉に、ついつい買い過ぎてしまった(;´∀`)
37_20191004005504287.jpg

ジジイからはローストビーフ(どっさり)が出て来た(||゚Д゚)ひぃぃッ!(゚Д゚||)
38_20191004010116b69.jpg

いい天気。
だけど暑い(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
黒いタイツを履いてたせいで、足はビリビリジリジリと痛い└(:3」┌)┘))ジタバタ
40_20191004010119554.jpg

久々の月山、超マンキツ。
41_2019100401012191c.jpg

1時間以上もランチをしていた(;^ω^)
すっかりkyazuさんたちは下山したようで、姿も見えなくなっていた(;´∀`)
私たちも帰らなければなりませぬー

山でよく見るエメラルドのゾウムシ。
42_20191004010122d45.jpg

チングルマ、ふあふあ
43_20191004010611202.jpg

雲が襲って来ました(((( ;゚д゚))))アワワワワ
44_201910040106110fd.jpg

イワイチョウのフリルが好き゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
45_20191004010613dd0.jpg

まぶしいカラフル。
46_20191004010615f59.jpg

47_20191004010616d9e.jpg

月山は私の中ではミヤマリンドウの山なんだけど、ちょっと時期が早かったみたい。
いつもすごいと思ってたのは、お盆に来てた時だもんなぁ。
48_201910040107494c6.jpg

雪渓が解けた所では、チングルマの花がいっぱい。
49_20191004010750637.jpg

陽が射したせいか、トウヤクリンドウが開いた。
50_20191004010752325.jpg

ジジイが得意げに名前を言っていた・・・
51_20191004010753b48.jpg

キンコウカが咲くと、秋っぽい。
52_201910040107563d7.jpg

下山は2時間ぐらい。
53_2019100401094237a.jpg
御田原参篭所の鳥居をくぐる事から始まり、鳥居をくぐって終わる。
今年もありがとうございました彡:D)8┓ペコリ

で、すぐに煩悩発動。。。
前来た時はなかったカキ氷が、社務所から(;^ω^)
私はオレンジ、ジジイはマンゴー。
追いシロップOKだそうです(;'∀')
ジジイの方が女子力高い・・・
54_20191004010944f68.jpg

カキ氷を食べコーラを飲んで、弥陀ヶ原散策へo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
モウセンちゃんハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
55_2019100401094706c.jpg

天気が悪くなってきました。
56_20191004010948779.jpg

ワタスゲの残骸。
57_2019100401094841b.jpg

そしてとうとう、遠くで雷の音が∑(´Д`*)ノノ!!
急いでる風でたいして急いでない人たち。。。
58_20191004011533dc9.jpg

調子こいてたせいか、ラスト200mくらいで雨が降り始める;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
木道ダッシュでトイレに逃げ込んで(;^ω^)
一息ついてから車に逃げ込んで、何とか下山完了。
車で下り始めると、黒い雲に覆われてたのは山の上だけで。。。
もう5分、マジメに歩けば濡れずに済んだのにな(;'∀')

温泉は月の沢温泉にてドボン。
そして最近味を占めてしまった、帰り道にあるのでそれも悪いんだけど。。。
みどり食堂に寄ってしまいます( ᵅั ᴈ ᵅั;)~♬
私はカツ丼を恐る恐る頼んでみましたが、これは意外と普通の盛でよかった。
59_20191004011534b8c.jpg

カレーは大盛りでオーダーすると、店の人に大丈夫か聞かれるらしい(;^ω^)
ジジイは普通盛りをオーダーしてました。
でっかかった。。。
60_20191004011537883.jpg
みどり食堂に来たいが為に、山形に来る・・・も、あながち嘘でもないかもしれない(;'∀')アハハ


抜け穴青空の月山。
久しぶりの御対面もあり、楽しい一日となりました。
雨に降られた事を除けばね(;´Д`)



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年7月13日~15日 門内岳Part3 

2019, 09. 24 (Tue) 01:19

3連休は、また台風にやられてしまいましたね・゚・(。✖д✖。)・゚・
この3連休は、ジジイが門内に管理人で入る予定だったので、今年も一緒に門内に上がって来ましたが、台風が来る予定だったので一泊で下山して来ました。
御西より向こうは分かりませんが、御西からこちら側は管理人一斉に、昨日下山となりました。
どちらの日も雨に打たれる覚悟でしたが、嵐の前の静けさで、雨にも打たれずいつもより全然風も吹いてないという(;^ω^)
今年の紅葉は遅いようです。
この時期に門内に行くのは4回目ですが、一番紅葉してませんでした。
キレイに楽しめるのは、来週以降になりますかね。
72_20190923234459f07.jpg

頼母木はその後なので、今後の気温にもよるけれど、まだまだ後まで飯豊の紅葉は楽しめそうです。
71_201909232344575ba.jpg

門内清水の水も、細いですがまだ十分取れました。
実は今まで一度も行った事がなかったのですが、距離を測ったら小屋から片道200mでした。
遠くてめんどくさいと思ってたのですが、そんなに遠くなかったです┌┛┌┛ズコ!
73_20190923235343c50.jpg

32_20190924010130476.jpg

これからカラフルな紅葉の季節がやって来ます。
撮るには秋が一番派手な色があって楽しいと思うので、ワクワクしてます(。・w・。) ププッ



夏の門内の続き。


管理棟の前に来ると、中から長谷川さんが出てきました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
私の中のMr.門内(´∀`*)ウフフ
何度か来てる小屋なのに、門内の管理人さんは、長谷川さんとジジイにしか会った事がないという衝撃(;´∀`)
まだ誰も宿泊客が来てないので、好きなとこ使えと言ってもらったので、入り口脇の角っこにひっそりと。。。
寝床のセッティングをして、協力金とビールを買ってダラダラしているうちに、ガスも抜けて青空が出てきました。
テン泊さんが2名。
水場はまだ門内清水を掘り起こしてないので、テン場下の融雪水を汲む。
が、めんどくさいので初日は汲みに行かなかった(;´∀`)
60_201909240009009df.jpg

小屋前のキンポウゲも満開。
61_20190924000902032.jpg

ここに来れて、この景色を見れる事が何よりの幸せです。
いくつまで登って来れるのかなぁという不安もあったり。
62_20190924000903bd2.jpg

63_2019092400090583a.jpg

5時頃には、すっかりいいお天気になりました。
長谷川さんには、仕事の合間におしゃべりの相手をしてもらったりしながら、ゆっくりした時間を過ごしました。
64_201909240009063b9.jpg

夕暮れ時、佐渡が見えたり。
65_20190924001532db4.jpg

粟島が見えたり。
66_201909240015343cc.jpg

なんだか幻想的な夕暮れの景色となりました。
68_20190924001535347.jpg

69_201909240015376ff.jpg

70_201909240015389c1.jpg

初日は単独のオジサマと、3人パーティーさんの計5名でした。
パーティーさんは4時半には出発して縦走するとの事で、朝早くに出て行かれましたが「雨だ」とかの声が聞こえて、2日目は引きこもりに決定(;'∀')
一般人が起きる時刻には、雨も上がったけれど濃いガス。
1_201909240017562c9.jpg

まだ神様にも挨拶してなかったので、山頂へ出かける。
ガクウラジロヨウラク
2_20190924001758ce2.jpg

マツムシソウは準備中。
3_2019092400175989d.jpg

神様、今年も無事、遊びに来る事が出来ました(-人-)
4_20190924001801240.jpg

ん・・・

がーすー( ̄ω ̄;)

5_201909240018030b8.jpg

単独のオジサマは、別の小屋でもう一泊しようかなんて悩んでましたが、結局下山されて行きました。
ヒッキーの私は、する事もないので小屋掃除。
自分の部屋の掃除は嫌いですが、小屋掃除は好きですブッ(´→з←):;*.:;

掃除が終わって外に出ると、テン場すら薄っすらとしか見えないようなガス(;´∀`)
そのガスの中からカーンカーンと金属音。
朝、水を汲みに行ったら、既に前日の水場で水が汲めなくなってしまっていたので、長谷川さんに報告すると、なに!と言いながら、新しい水場を作りに下りて行ったようです。
仕事熱心な管理人さんです(;´∀`)
この時期は、毎日水場の場所が変わるとの事で、大変だなぁと思いました。

そんな金属音を聞きながら、小屋付近を散歩。
ツマトリソウ。
6_201909240022138f1.jpg

ヨツバシオガマ。
7_201909240022148e3.jpg

ネバリノギランはなぜかちょっと紅葉中。
夏なのに、とても寒い日で、3日間ずっとフリースを着ていました。
8_20190924002216290.jpg

青空が欲しい。
9_20190924002217cbb.jpg

本日も小屋前の・・・
10_20190924002219551.jpg

この日は午前中に、仙台の山岳会のパーティーさんが4名、エブリから来られました。
どうしようか迷ったそうですが、雨が上がったので門内まで来たとの事で。
せっかくだから稜線歩きたいですよねなんてお話して、皆さんとても楽しそうに過ごしておられました。
お昼頃には頼母木から会の方が数名いらっしゃって、一緒にお話に混ぜてもらいました。
ちょうど頼母木でリピート山中さんの音楽祭をやっていたので、会の方に一緒に来ませんか?と誘って頂いたのですが、なんせめんどくさがりな上に、門内に根っこが生えてるので、そのまま居座り( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
途中で青森からの単独さんが到着。
夕方には関東からのパーティーさんが、ずぶ濡れになって到着。
あまり天気のいい日ではなかったので、皆さん無事で良かった。

3日目。
青森の方は早々に出発して行かれた。
そして関東のパーティーさん、仙台のパーティーさんと、遠くの方々から順々に出発。
私は最終日もダラダラ(;´∀`)
この日の朝も、なんだか雲の厚い日だった。
11_20190924002817fc6.jpg

12_201909240028183d2.jpg

この日も空になった小屋を掃除をして、ジジイと来る時にみっちりと掃除をしなくてはいけない箇所をチェック| 冫、)ジー
名残惜しいですが、7時半に門内を出発です。
長谷川さんは門内清水を掘り起こす大仕事があるので、雪渓を何メートルも掘って清水を掘り出した事でしょう(;´Д`)
「また来るねーヾ(*'-'*)マタネー♪」と見送ってくれた長谷川さんに手を振って、今年の任務は完了です。
年に一度は長谷川さんに会う事を目標にしてます(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ

前日の雨がまだ残るシモツケ。
13_20190924002820086.jpg

時々、青空も見えるようになりました。
14_2019092400282137b.jpg

振り返ってもう一度☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙

って、オイ!!!

15_20190924002823a75.jpg

┌┛┌┛ズコ!

何度か振り返りましたが、ガスは結局消えず・・・
前日に会の人が、地神付近のイイデリンドウが咲いていたと教えてくれたので楽しみにしてたのですが、こんな天気で花は開いてるか心配になって来ました。。。
22_20190924004425e5c.jpg

地神山を下り始めてすぐ、終盤ではありましたが初めて見るお花。
ヤダナニコレ| 冫、)ジー
24_20190924004428aa6.jpg

お目当てのデリンちゃんには、何とか無事開いてる数輪を見つける事が出来ました。゚+.゚ヽ(●´ω`●)ノ。
去年は見れずじまいだったので、無事見れて良かった・・・
25_20190924004430fb5.jpg

26_2019092400443138f.jpg
蕾はいっぱいあったので、天気さえよければもっといっぱい見れたんだろうなぁ。
また夏に来ようって思っての8月に、暑さでダウンして、結局そのまま見れずに終わってしまいました(;^ω^)

早くに下山を開始できたので、そうだ、このまま美容院に行こうと必死に歩きました。
北地神を下り始めると、だいぶ前に門内を通過した15名くらいのパーティーさんに追いついてしまい、なかなか先を譲ってくれません(;´Д`)
美容院に行きたい。。。今日行きたい(;´Д`)
が、ほんの10m位の雪渓をトラバースするのを躊躇してる方も何名かいらっしゃって、益々先に進めません(;´Д`)
そのうち、雪渓過ぎの砂利で滑落して雪渓に落ちる方もおられましたが、雪が腐ってるのですぐ止まりました。
そんなこんなで騒いでる最中に追い越して、次の雪渓は爆走して丸森峰へ。
途中、倒木を跨いだりしながら。
この日は越後屋さんにも寄らず、温泉だけ入って何とかギリギリ美容院に行く事が出来ました(;´∀`)
31_201909240101287ea.jpg

お天気は悪かったけれど、カッパを着る事もなく3日間のんびり滞在できた事は、いい時間だったと思います。
今年はなかなか週末のお天気が良くない年ですが、来年の夏は、お花いっぱいの青空の門内で遊びたいなぁと思います。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 

2019年7月13日~15日 門内岳Part2 

2019, 09. 18 (Wed) 01:31

ともちゃんたち、無事でした。
とりあえず一安心です゚.+:。(*´v`*)゚.+:。

そして、暑い!って思ったら寒い!!
にしても、日曜は暑かった(;´Д`)
世の中3連休でしたが私は日曜だけの一連休。。。
あ、連休じゃねぇ*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
って事で、この時期は季節的に微妙な時期なので、特に行きたい所もなく。。。
って事で、前から気になってた場所に行って来ましたが・・・
事故起き過ぎだろ、これ!!
71_20190918003059760.jpg

道どこじゃぁぁああああああ( `_ゝ´)ふおおおおおおおおおおお
72_2019091800310058f.jpg
こんなはずじゃなかったのにヾ(*`ェ´*)ノフンガ~
お陰様で、自分で確認できるだけで、蚊に刺された箇所45ヶ所。
蚊と関係あるのかないのか、右膝、左足の付け根、左脇腹の3エリアに分かれて小さな湿疹がブワーっと・・・
あと全身にポツポツと湿疹・・・
痒い・・・

_(:3 」∠)_ -・・*'``*:.。. .。.:*・゜゚・*☆






梶川峰を過ぎ、本山方面を見ると・・・

がーすー( ̄ω ̄;)

33_20190918003750872.jpg

正面を見ると・・・

がーすー( ̄ω ̄;)

34_20190918003752117.jpg
でも歩くには支障のない程度なので、問題なし。

キスゲもちらほら咲いていた。
36_2019091800375523d.jpg

コラボ
37_201909180037579fa.jpg

可憐だけど逞しい。
38_20190918004836278.jpg

ショッキングピンク過ぎてビックリΣ(゚д゚lll)
39_201909180048382a7.jpg

ケルンの下に咲いてた、チシマギキョウ。。。かな?
近づけなくて確認できず。
40_20190918004840f97.jpg

アカモノ。
41_2019091800484162c.jpg

すごい(;´∀`)
42_20190918004842cae.jpg

43_201909180052237d0.jpg

途中、30㎝×30㎝位のエリアの中にだけ、トキソウがいっぱい咲いていた∑(´Д`*)ノノ!!
でもみんな花は閉じていた(;^ω^)
44_2019091800522429c.jpg

ヨツバシオガマ
45_20190918005226162.jpg

この日、唯一の雪渓が見えて来た。
ほんのちょっとだけね。
46_20190918005227b89.jpg

ピンクだらけ(人´∀`).☆.。.:*・°
メルヘン☆*.°.(*°∀°*).°.*☆
47_20190918005229d39.jpg

ほんの10m位。
48_20190918005548b1e.jpg

扇ノ地紙・・・見えない(;'∀')アハハ
49_201909180055492d6.jpg

13:41、扇の地紙着。
8時間弱もかかってる、道中何してたんだろう(;´∀`)
なのにゴールを目の前に、またもやダラダラと10分くらい休憩するブッ(´→з←):;*.:;
50_20190918005551d13.jpg

巻道はまだ雪渓が残ってたので、致し方なくメインルートへ上がる。
この看板も落ちちゃったか。
51_20190918005553779.jpg

小屋までもうすぐ。
55_20190918010346b93.jpg

が、お花が歩くのを邪魔する(。・w・。) ププッ
56_201909180103480b4.jpg

最後の登り。
テン場にテン泊さんが一名。
門内で一度はテントを張ってみたいとは思うけど、なかなか担いで行ってみようという気が起きない(;´∀`)
57_20190918010349734.jpg

2:20、ゴール。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
やっと酒が飲めるー。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
その前に受付受付・・・


参加中です。クリックよろしくお願いします♪