FC2ブログ

ゆらりゆらりと山登り

全てのこの色が、たくさんの人に届きますように・・・

2018年7月14日~16日 立山テント泊

  1. 2018/10/11(木) 01:24:22|
  2. 立山
かれこれ、どれくらい週末ダメのループが続いてるんだろうかΣ(゚д゚lll)
ダメ過ぎるゆえに、下界ハッスルしまくってましたが・・・

9月は南極観測船のしらせを見に行き。
この日はどんなに天気が良くても、しらせを見に行ったと思うけど(;^ω^)
だって、生きてる間に、また見れないかもしれないもの・・・
2_2018101023372039e.jpg
お天気も良かったし、船内も見れて楽しかった(。・w・。) ププッ
いいお天気だったのは海沿いだけで、山の方はどんよりグレーでした(;'∀')
あとは映画見に行ったり、北海道物産展で食べまくったり・・・
太る一方です┌┛┌┛ズコ!

そして、この3連休もダメでしたねぇ。
うちは2連休でしたが、天気が良さそうな月曜に東北遠征。
紅葉狙いでしたが、下の方が緑過ぎて、一瞬外したかと思ったのですが、上の方は見頃で良かったです゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
4_2018101023372379d.jpg

紅葉情報もありますので、今回は場所明かし。
2年前のリベンジで、仙台神室岳へ。
前回、全く見れなかった景色が、恥ずかしいほどによく見えました゚+.(*ノェノ)゚+
3_20181010233722281.jpg
でも、今年の紅葉はイマイチかもしれません。
台風の影響か、これから見頃を迎えるであろう、大事な赤くなりかけた葉っぱが、かなりの量落ちてました。
染まってる葉っぱも茶枯れしてるものも多かったです。



さて、7月に入っても、梅雨だから当たり前なんですが、天候安定せず。
奇跡的に3連休だったので、せっかくの3連休を無駄にしたくなくて、晴れろの呪いをかけ続けてました。
そんな3連休ちょっと前、山友Sさんから「剱に行かない?」と連絡が入りました。
「残念だSさん。剱には行かぬ( ̄ω ̄;)」とお断りし。
「だがしかし、立山には行くのだよ(*´∀`)アハハン♪」って事で、ほんとに立山に行く準備をしてた所の、Sさんからの連絡でした。
脳内がよく似ている(;´∀`)

が、お互い究極のソロな部分が強いので、なぜか集合は立山駅という・・・
地元一緒なのに( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ

私は前泊、Sさんは当日の早朝に地元を出るという事で、私の方が先に室堂に上がりそうな雰囲気でしたが、私がチケットを買うほんの1分前に連絡が取れ、Sさんの分のチケットを無事購入し、2便で一緒にケーブルカーに乗れることとなりました。
朝から快晴で気分がいいです。
奇跡的に予報も3日間晴れで。
まぁ、アルプスの一角なので、予報は当てにならないのですが、信じたいヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
いつもなら口開けてほぼ寝ているバスも、友達が一緒なので寝る事もなく。
Sさんは初めての立山という事で、あれもこれも楽しそうで良かったです(。・w・。) ププッ

室堂に着いても超快晴。
暑くてダレるくらい・・・
1_20181011000144ea7.jpg

7月に立山に来たのは初めてで、みくりが池に雪が残ってるのを見たのも初めてだと思う。
快晴無風、逆さ雄山がキレイでした。
2_2018101100014691d.jpg

本日、私もSさんもテン泊で、私は雷鳥沢までで下るのみなので、酒もエサもどっつり、しかも三脚まで担いで来たので、かなりの重さになりました(;'∀')
下るだけなのがありがたい。。。
雷鳥沢ヒュッテの裏は、お花畑(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
3_2018101100014885e.jpg

雷鳥沢のキャンプ場は、まだそんなにテントも張られてなかったけど、やっぱ中央エリアにそれなりに人が居て。
私はほれ、にぎやかなのが苦手なので・・・
上からキャンプ場を覗き、Sさんに「あっちの端っこのエリアに張るわ。」と、まだ3張りくらいか張られてない、離れ小島的なエリアを指す。
「またあんな場所に・・・変わりもんエリアだな(;´Д`)」と言い放たれ。
Sさんからは、山行に至っても変わり者扱いされてるので、まぁよかろう(*´д`)y-゚゚゚

キャンプ場に着いてもまだ9時半。
受付の前であーでもないこーでもないとおしゃべりし続け、10時過ぎ、剣沢キャンプ場へとSさんが旅立った。
達者での。゚ヽ(゚´Θ`)ノ゚。イッテラッシャーイ
4_20181011000149be3.jpg

キャンプ場で受付を済ませ、変わりもんエリアへ向かって、端っこの川沿いに張ろうかと思ったけど、あまりの川の音のうるささに諦め、結局エリアの入り口に張った。
5_20181011000150ddb.jpg

テントから見える景色。
このキャンプ場、楽して来れるのに、こんな景色が見れるとは、いい場所である。
6_201810110038283fe.jpg

中央、普通の人が張るエリア。
あっちはうるさそうだ。
7_20181011003831820.jpg

10時半には手が空いたので、こんな事でもないと行けない弥陀ヶ原に散策に行くとSさんにはバスの中で言ってたのだが、キャンプ場で話してる時「もう飲みたいんだけど・・・」とポツリと言ったら「そんなダメな大人になっちゃダメだ!」と強く言われ。
そうですよね、まだ午前中だもんね;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)


プシュ・・・


8_201810110038321c2.jpg


Sさんが視界から消えるとこの始末。
ダメな大人で結構です_ノ乙(、ン、)_

だってまた1時間かけてターミナルに戻るとかめんどくさーい(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
という事で、酒を飲み飯を食べ、昼前から延々と昼寝。
だがしかし、ここは標高2300mもあるというのに、あっつい(;´Д`)
テントの中で寝てるとうなされる;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
て事で、外から見えるとかそういうのは忘れる事にして、内窓のメッシュ解放。
9_201810110046502b9.jpg
さすがに丸見え過ぎて恥ずかしかったので、微妙にフライを閉めてまた昼寝。
メッシュを開けるだけでも、かなり涼しい。
私のテントは正面と背面にメッシュの窓があるので、普通のテントよりは風が抜けるんだけど、それでも暑かった。
窓が一個しかないテントは、どうなるんだろう。。。
それにしても、立山まで来て、何もせずにただ過ごす。
ここでひたすら無駄な時間を過ごすという事は、私にとっては超贅沢な時間。
テントの中で、立山の景色を見ながら酒を飲む、ずっとやりたかった事だ(๑→ܫ←๑)


時間と共に、普通の人エリアがすごい事になって行く。
最近、ピンクのテントが多いみたいですね(;^ω^)
私は、女子丸出しみたいで、あれは無理だ。
中にオッサン入ってる?くらいのテントでいい。
女子狙いの変な人が、ぴったり隣に張って来ても困るしねぇ・・・
10_20181011004652c36.jpg

雄山様は明日行こう(うД`)+゜zZZ
11_20181011004653c85.jpg

そして、ちょっと離れて隣にテントを張った男女の方(最近はいろんなスタイルがあるので、単純に夫婦と呼べない)の女性の方が「あっちぇっけ開けといて!」と言ったので、あっちぇ??と思い、時々お話とかしてたので、どこの人?って聞いたら、白根の方だったグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
私五泉!って事で、山ひとつ挟んでお隣だね♪みたいな(。・w・。) ププッ
男性には「ずっと酒飲んでたね~」とか言われる始末で・・・(;^ω^)
お隣が新潟の方で、なんとなく安心(。→ˇ艸←)プククッ☆

日が少しづつ落ちて来た頃、奥大日方面に、うっすらだけど幻日が出た。
12_201810110046542fb.jpg

幻日だと思ってたけど、ハロっぽい┌┛┌┛ズコ!
13_2018101100465656f.jpg

変わり者エリアの方もぎゅうぎゅう詰めになって来たけど、運よく私が張ってた場所は1・5張り分的な、微妙な広さだったのでぴったり隣に張られる事もなく。
のんびり焼肉とか食べながら、寝ては飲みを繰り返し、すでに夕方。
いい景色だ。
14_20181011005452f77.jpg

富山方面に陽が落ちた。
15_20181011005453cc3.jpg

変わりもんエリアも、びっしりだ。
本来なら張れるスペースは、雪渓が溶け出して小川の如く流れてるので張れないっぽい。
16_20181011005455f2c.jpg

そして夜。
三脚まで担いで来たのは、この日がほぼ新月だったから。
月明かりが邪魔しない。
17_2018101100545668d.jpg

ので、長時間露光に設定して、1時間ほど寝る(ㅎωㅎ*)おやすみぃ
起きて確認してビックリだ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!
18_201810110054582f6.jpg

だれだー!!!

カメラの前を通ったやつはーーー!!!!

ヘッデンの明かりが火の玉みたいになっている(`Д´) ムキー!
私が三脚立ててた所は、一応進入禁止になってるっぽかったんですよ。
植物が生えてる場所なので、スタッフがそこに入ってる人が居ると注意とかしてたんですけどね。
しっかり入ってトイレに行ったようです。

という事で、もう眠すぎて撮り直しなんてできんわ!って時に、真砂岳の方を見たら、稜線を点滅したり、ゆらゆらしたりする大きな光を発見。
ヘッデンがあんなに大きい訳ないし、劔御前のお客さんがあそこまで行く?(PM22:00)
とか、不思議な光でした。
なぜ動画にしなかったんだろう(ノд`ι)ウーン
20_20181011010353aec.jpg

丸付けたとこの光が、謎の光。
星より大きいし、不思議。
19_201810110103526dd.jpg

途中で光も消えたので、私も寝ましょう。
明日は早起きだ。。。(:3[____]



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


スポンサーサイト

2018年9月22~24日 門内小屋・お掃除おばさん

  1. 2018/09/26(水) 00:20:13|
  2. 飯豊連峰
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
この三連休は、ジジイが門内の管理人だったので、私も一緒に門内に上がって来ました。
私は会の人間ではないので、ジジイがボスに話をしてくれまして。
それにしても憂鬱でした、最初から悪天候って分かってる山に出向くのは、憂鬱以外の何物でもありません(;´Д`)

早起きの出来ない人たちなので、うちから1時間半で行ける所を、ジジイに途中から拾ってもらって、わざわざ関川の道の駅で前泊する。
4時起きなので10時には寝る態勢に入ったが、いつも12時過ぎまで起きてるので寝れず、気持ちだけが焦る。
しかも雨が降ってる;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
結局、寝たのは12時過ぎてた気がする・・・

なので、朝はすぐにやって来たZzz....(_ _*)・.。*
そこから天狗平へ向かいながらも、せめて雨だけでも止んでくれと願うが、願い叶わず。゚(゚´Д`゚)゚。
6時スタートの予定でしたが、ダラけ具合がそっくりな2人なので、スタートは6時半(;´∀`)
ひっさしぶりにカッパを着て歩きました。
結局、小屋に着くまでカッパを脱ぐ事はなく、靴の中までグシャグシャです( ̄ω ̄;)
私は山スカを履いて、チャラく小屋まで歩きたかったのに。。。
思わせぶりに瞬間的に青空がチラッと覗き、Wレインボーなんか見えてましたが・・・
すぐに雨( ̄ω ̄;)
10_2018092523214046b.jpg

先日の台風で倒れた三本カンバ。
登山道のど真ん中に倒れてて、腹這いになってコアラ状態で乗り越えました(;´∀`)
11_20180925232141fa4.jpg

二本になっちゃいましたね。
12_201809252321441ae.jpg


途中、何名かさまと遭遇し、皆さん梅花皮まで行くと言ってたのですが、稜線に上がって「これはみんな門内でストップしてるでしょ・・・」という爆風。
時々、私の歩きが止まるくらいの突風が吹き、踏ん張らないと転びそうになる時もありました。
なんとか管理棟に着いて、濡れた服を着替えてから、ジジイが様子を見に管理棟に行くと、途中、水場で要らないからと私に水をくれた東京のパーティーさんも居て、やっぱ梅花皮は諦めたようです。
結局、梅花皮を諦めた方も含め、初日は17名様が門内に。
門内は屋根も直しましたし頑丈になりましたが、本日私が要る管理棟の方が吹っ飛ばされそうで怖かったです(;'∀')

翌朝は、多少の風はあれどいいお天気で、本山方面へ行く方々を見送りながら門内の神様にやっとこ挨拶(-人-)
17_2018092523415125d.jpg

本山へ向かう、東京のパーティーさんを見送りイッテラッシャイ♪ヾ(*^ー^*)o尸~~
3_20180925234007a6a.jpg
ほとんどの方が3日目にダイグラを下りると言うので、御西より本山へ、とジジイがアドバイスしてました。
初日の天気が悪かった分、2日目の天気での稜線歩きは、皆さん楽しかったんだろうなと思いました。

初日のお客さんは、縦走組が多かったので、早いうちに小屋が空きまして、ここからが私の仕事です。
ひたすら小屋掃除です。
6月に泊まった時、少々気になったとこもあったので、あそこだここだと雑巾仕事。
早いお客さんが11時前くらいだったかしら・・・時間が分からないけど到着し、北股へお出かけになったので、この辺から更に猛スピードで窓を拭いたりしたら、夜に腕が痛くなりまして、バンテリン貼って寝た次第であります。。。_ノフ○ グッタリ

休憩中に見えた北股。
5

門内小屋の屋根も新しくなりました♪
4_20180925234009437.jpg

この日は通常の、静かな男祭の門内に戻り、小屋泊さん5名、テン泊さん5名、通過者は多数。
昼には風も止み、お客さんに貸した毛布を干したり、自分たちのザックやら靴を乾かしたり、干し物日和でした。
夕方にはグレーの雲が湧いて来て、本山の方はチャコールグレーになってましたが、雨は降ったのでしょうか。
海に沈む夕日は見れませんでしたが、信濃川が光ってました。
6
結局、朝と夕だけ門内の山頂に上がった以外、管理棟と小屋の往復だけで終わってしまいました。

翌朝は濃いガスと晴れそうにもないグレーな景色。
この日のお客さんは縦走する方はいなかったので、皆さんそれぞれに下山。
テン泊さん達が一番最後でしたが、前回行けなかった北股に行きたいと言ってた県外の方が、また今回もダメでしたと残念そうでした。
でも何度か新潟には来るので、また次にとおっしゃって下山して行かれました。

私たちも最後の掃除をして、下山です。
ひとつ、トイレのドアを掃除するのを忘れたのが、超心残りです・・・
帰り際にトイレに寄って、しまった!と思ったのですが、もう遅い( ノД`)シクシク…

紅葉は今週末辺りからキレイになると思います。
7

ガスで展望も望めないので、今回は何年ぶりかの梶川下山。
地紙手前で、ちょうど一年前に会ったガイドさんとまた遭遇し、同じようなペースで下りて来たので、いろいろおしゃべりしました。
9

いつも丸森で下りてたので、梶川からの記憶がないのですが。。。
丸森への稜線を歩きたかった。
8
そして、ジジイをビビらすコケ方を2回ほどし、ヘリ呼んだらイワナ蕎麦食えないぞ!と脅され(´;ω;`)ウゥゥ
やっぱ丸森から下りたいです・・・

無事下山し、越後屋でそばも食べ、帰りにボスの亀山さんと久しぶりにお会いしました。
頼母木の掃除もやってくれと言われましたが、あちらは女性の管理人さんも居るし大丈夫かと思われます(;^ω^)
それにワタクシ、門内命ですので゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜

今回一番の恐怖は、夜寝始めた時にカサカサ音がドンドン近づいて来て、最終的に私の左耳の辺りで止まった事。
間違いなく髪の毛に乗っかってるので、目をつぶったままジジイを起こして懐中電灯で照らした所、マイマイカブリという謎の生物が私の髪に乗っかってたらしく。。。
謎の生物なので、怖くて見てませんが、命の危機でした(((((((;´д`)))))))
あとは下山時、ニョロ様を3名様も見てしまい、失神寸前でしたヽ(冫、)ノ

門内小屋からのお願い。

3日間の間、水を下さいと何名も管理棟にいらっしゃいましたが、管理棟にあるタンクは天水を溜めた掃除用水です。
中にいろいろ虫とか入ってますので、私も掃除用水としてしか使ってません。
飲用水は門内清水で汲んで頂くよう、お願いします。
ジジイも飲用水は、門内清水を汲みに行ってました。
14_201809252349490b2.jpg

あまりにそういう方が多かったので、ジジイが腹壊しますとのメッセージを付け加えてました。
15_20180925234951599.jpg

以上、門小屋からでした。
16_20180926000631f2f.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2018年6月23日~24日 北飯豊・門内小屋泊Part2

  1. 2018/09/12(水) 01:30:00|
  2. 飯豊連峰
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
呪いのように、週末が悪天候です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
先日は、昼過ぎから天候が下って行きそうだったので、久々に低山。
3_201809120002053c6.jpg

山はまだ緑ですが、こっそり秋の気配です(。・w・。) ププッ
毒っぽいけどタマゴダケという食べられるキノコ。
4_2018091200020773b.jpg

そしてこの前の日曜は、どっさりと天気が悪かったので、でっけーサメの映画なんか見て、都会の山用オサレグローブを大人買いしてしまいました。
3セット300円(税抜き)
セリア万歳。゚(゚´Д`゚)゚。
2_20180912000204aa2.jpg




門内のつづき



地紙から主稜線を歩き出すと、門内の山頂が見えた。
神様の裏に誰かいる(。・w・。) ププッ
60_2018091200100480a.jpg

地紙から数分、胎内山。
61_20180912001005021.jpg

地紙から門内に向かう時は、楽しくて仕方ないルンルン((´I `*))♪
北股が見えた。
62_201809120010073d4.jpg

稜線上は黄色いのが咲き始めてた゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
63_201809120010084ea.jpg

門内キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
64_20180912001010024.jpg

前の週にジジイが来た時は、ハクサンイチゲがいっぱい咲いてたって情報だったけど、ほぼ終わりだった(;´∀`)
65_20180912001558bd7.jpg

遠くに咲いてたのを何とか撮ってみたけど、残骸風は否めない。。。
66_2018091200155903a.jpg

最後の登りだハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
67_2018091200160199d.jpg
と、最後の登りの岩場のとこで、自撮りに必死な登山者が居た。
さっさと行けよ!っぽい視線を浴びたが、オイラは荷が重いのでスピードは出ないのだぞ(´ー`)y─┛~~
SNSやってる人たちは大変ですね。

12:59、ヽ(*´∀`)ノ゙ タダィマァ♪!
この時点では気づかなかったけど、屋根の破損の応急処置がしてあったんだね(;^ω^)
今はすっかり新しい屋根になったので、安心です♪
68_20180912001604af8.jpg

何とかSさんから逃げ切ったという歓喜の喜び(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
来る途中、テン場の下から上がってくる人影が見えたので、水を汲んでる先客さんが居るなと。
小屋の中に入ると、男性が一人と、別の2人分の荷物がありました。
私も他人様といきなりベラベラ話すタイプではないので、しばらくはあいさつ程度で特に話しませんでしたが、時間の経過とともにちらほらとお話をし。
私もテン場の下で水を汲んだり、ちょっと外に出て景色を眺めたりしてるうちに、いつの間にかSさん登場でビックリしてみたり∑(´Д`*)ノノ!!
小屋を囲むように咲いてた小さな花。
69_201809120016052e6.jpg

早く飲むべ!という誘いを振り切り、Sさんは山頂の神社にお参りに行ってしまった。
何てこった、私は神様に挨拶をしていない.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
やっとこプシュっとやったのが3時半。
71_20180912002400d86.jpg

この頃には、北股へお出かけになっていた2人も戻られ、最初に居たソロ男性ともお話したり、後からお客さんがチラホラやって来て、最終的に8名くらいになったでしょうか。
先客のお二人は、湯沢峰でお会いした2人でした。
そして、私以外、全部男性です(;^ω^)
これが門内・・・
お約束をご近所に振る舞い。
72_20180912002401f8e.jpg

よこせよ!と、Sさんの焼きそばを奪い。
73_20180912002403d90.jpg
皆さんいい方ばかりで、避難小屋なので9時消灯でいいでしょうと言って下さり、9時までひっそり飲ませて頂きました。
夜は結構風の音がすごくて、明日は下山大変かなぁ・・・とか思いながら寝てました。

4時頃、早い人は外に出て行き、私も遅ればせながら起きるOo(っд・`。)オハヨォ…
外に出たら、山頂からSさんが降りて来た。
Sさんは前の日に、ビールやら日本酒1ℓ・・・1ℓ┌(_Д_┌ )┐
1ℓ飲んでるのに、涼しい顔して早起きしてた( ̄ω ̄;)

今日はいい朝でした。
小屋の中だと風の音がすごいけど、外に出るとさほどでもなかったです(;^ω^)
太陽が小国の方から上がり始めた。
1_201809120032189dc.jpg

北股が赤に染まる。
2_20180912003220d34.jpg

神様。。。
遅ればせながら、今年も無事遊びに来れました(;^ω^)
5_20180912003615c79.jpg

大好きな場所。
3_20180912003222f27.jpg

残雪が、キラキラ光る。
初めての時期の門内だったけど、この時期もキレイだな。
6_20180912003225e1f.jpg

結局、毎度の如くダラダラして、皆さんを送り出した後に掃除をして、8時に小屋を出ました。
7_20180912003826fb4.jpg

ばいばい門内、また来るよヾ(*'-'*)マタネー♪
9_20180912003829780.jpg
って、その後何度も計画を立ててるのに、天候悪しで決行できないまま、連休が無くなってしまった・・・
今週末は奇跡的に連休なので、行こうと思ってたのに無理な天気になってしまった( ノД`)シクシク…

丸森の雪渓がヤバそうだから、梶川から下山の予定だったけど、お客さんの半分が丸森から上がって来てて、笹に掴まれば大丈夫!って言うもんだから、ついつい丸森に向かってしまいます。
10_201809120038323af.jpg
笹に掴まるにしても、登りと下りでは危険度が違うんだけどね(;´∀`)
登りは力づくの勢いで上がれるけど、下りはそうはいかないので、いざとなったら梶川に戻ろうくらいの勢いでした。
それでも、この地紙~地神って、歩いて気持ちのいいルートなんだよね。

8:54、地神山着。
ここで足ノ松から来たというソロ男性とお話。
北股まで行きたいけど。。。と時間の心配をしていたけど、この時間に足ノ松から上がってここに居るって事は大丈夫だよと、彼も行って来ます!と旅立って行った。
11_20180912003832f6e.jpg

今日は下るだけなので、とにかくダラダラです。
Sさんも雪野病がうつったのか、一緒にダラダラです(;´∀`)
無駄に地神山で休憩してから、北峰に向かいます。
この辺から、ポツポツと登山者さんとスライドします。
13_20180912004640d40.jpg

頼母木が見えた。
昨日は混んでたのかしら?
12_20180912004639b23.jpg

毎度の新潟百名山の表紙をパクる。
珍しくエブリが良く見えた(*・з・)ぷッ
14_20180912004642bee.jpg

9:11、地神北峰着。
15_20180912004643cd9.jpg

さて、ここから問題の丸森を下ります。
「上から見てる限りでは分かんねねぇ」なんて、調子こきながら下ります。
途中、登山道を流れる融雪水を汲む。
水筒の中身が茶色くなったブッ(´→з←):;*.:;
16_20180912004645d97.jpg

そしてとうとう・・・キタ━(゚∀゚)━!
これはすごい( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
Sさん曰く、石転びの最大斜度より緩いそうです。
17_20180912005051355.jpg

さすがにこの斜度はマズすぎますな。
私のおもちゃ4本アイゼンどころか、Sさんの軽アイゼンでも太刀打ちできませんな・・・
よ~し、藪だo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
って事で笹薮に突入し、ツルツル滑る笹にワーワーギャーギャー、何だかんだ楽しんでましたけどグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
第一関門突破
18_20180912005052e17.jpg

きれいなゼブラ模様。
19_2018091200505445b.jpg

第二関門。
第一も第二も、滑落すると奈落の底にどこまでも・・・な感じだったので、コケる訳には行きません。
ちょっとイヤラシイトラバースでしたが、慎重に渡って突破。
20_20180912005055c26.jpg

第三関門。
ここはコケても、目の前の笹薮に一直線なので、ちょっと気が緩みまして、一番なんてことないこの雪渓でコケまして。。。
全く滑りませんでした┌┛┌┛ズコ!
笹薮まで一気に滑るかと思ってたのに、ビクともしませんでした(;´∀`)
21_20180912005528f7f.jpg

10:00、丸森峰。
22_20180912005530fb3.jpg

第一~第三関門までの雪渓が見えた。
スライドした方たちが登って行く。
23_20180912005531826.jpg

第一関門を下って来る登山者。
ズームしたら、小屋で一緒だったオジサンだった。
トレランみたいな恰好をして、石転びを上がって来たおもしろいおじさんだった(。・w・。) ププッ
24_2018091200553351a.jpg

頼母木方面。
今年最初の飯豊が、こんなにいい天気で幸せな限りです。
25_20180912005534360.jpg

丸森峰からは、もう雪もなくただひたすら下りるだけ。
私は下山で飛ばし過ぎるのが悪い癖なので、健脚のSさんだから心配いらないんだけど、自分のペースに振り回さないように、ちょっと抑え気味に(;^ω^)
青空が気持ちいい。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
というか、あづい;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)
26_201809120059259f5.jpg

+。:.゚バイバ-イヽ(´∀`)ノ .:。+゚。
27_2018091200592628d.jpg

11:14、夫婦清水。
水が泥色なもんで(;'∀')
飲んでましたけど・・・ww
汲み直します(`・ω・´)シャキーン
28_20180912005928eb2.jpg

が、水どこだよキョロ(ω・`))(´・ω・`)(( ´・ω)キョロ
29_20180912005930937.jpg
↑中央の黒くなってるとこから水がチョロチョロ出てたので汲んでみた。
必死に踏ん張らないと滑り落ちるので、四つん這いになったら一番高い山服が泥だらけになった( ̄ω ̄;)
おまけに北峰の下で汲んだ泥水より、はるかに泥水になってしまった( ̄ω ̄;)
Sさんは自分だけもっと上から汲み、きれいな水を汲めたらしいヾ(*`ェ´*)ノ
ここでもまたダラダラしゃべくってたら、例の格好だけトレランなおじさまがやって来てちょっとおしゃべり。
そしておじさまは颯爽と行ってしまわれた・・・

ダラダラと長い時間しゃべり倒し、行動食なんて食べてから、私たちもラストスパートです。
が、毎度のマムシエリアでギャーギャー騒ぎ。
30_201809120059311da.jpg

ここから駐車場までが長くて、歩いても歩いても下に着かない地獄絵図。
やっと駐車場が見えた時の安堵感。
が、ここが一番急なんじゃないかっていう場所なので、慎重に下る。
31_20180912010634feb.jpg

14:12、ゴール(_´Д`)ノ~~オツカレー
32_20180912010810697.jpg

飯豊山荘の温泉に入った事がないというSさんの為に、飯豊山荘に行ってみたら、まだオープン前だった┌┛┌┛ズコ!
なので、結局梅花皮荘でドボンし、越後屋さんで天ざるを食べ、2日間の旅が終了しました。
Sさん、楽しい2日間をありがとうございました゚.+:。(*´v`*)゚.+:。



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2018年6月23日~24日 北飯豊・門内小屋泊

  1. 2018/08/25(土) 01:30:20|
  2. 飯豊連峰
週末雨ですなぁZzz....(_ _*)・.。*
お盆も一日おきに雨な感じで、今年は初日に一座登っただけで終わりましたね。
天気に振り回されるのが嫌なので、スッパリと(`・ω・´)
この一座も、雨に翻弄されての一座となりましたが、またそのうち(;^ω^)
3_20180825000838551.jpg

4_20180825000840ce9.jpg

って感じで、山の計画は立てなかったので、あとはまぐれで盆直前に取れた温泉に泊まって、のんびり過ごして、イワナ食べて御満悦で終わったお盆でした(*´ω`*)

最近はほぼ山に出向いてないので、もはや月一でしか登ってない感じでありますな(;´∀`)
暑すぎて命がけだもの、そこまでして行かなくていいかな。
秋はいろいろ妄想中です.。゜+.(´▽`)。+.゜+・



6月半ば、そろそろ飯豊いくべと、支度を始める。
この時期は、週末に頼母木に行くと激混みであろうと思い・・・
いや、やっぱ門内だなって事で、門内に向かう(人´∀`).☆.。.:*・°
4時には登り始めるぞ!って意気込みは毎度のことで、結局スタートは5:23・・・
なぜそうなる・・・ソロの罠です(;´∀`)

7:25、いきなり湯沢峰です( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
いやもう、ここまでは撮りながら歩くとかしない事に決めました。
だって、辛いから( ノД`)シクシク…
1_20180825001901fa8.jpg

湯沢峰の手前で休憩中のオジサマ2名、もうちょっとで湯沢峰なのに。。。と思いながら挨拶をして、私は湯沢峰で休憩していたら「ここで休憩すればよかったんだよ!」とか言ってたので、初めて来たんだなぁなんて思いながら眺めてました。
私はここで朝ごはん。
2_20180825001902655.jpg
昔ここで長谷川さんと抜きつ抜かれつで登って来た時「よし、おにぎり食べよう」って長谷川さんたちがおにぎり休憩をしてたのを見てから、私もここで朝ごはんするようになりました((´∀`*))ヶラヶラ
まぁこれも毎度で、パンが思い切り潰れたんだがの・・・
パン食べたり水飲んだり、単にグダグダしたり、全く動きません、この人。。。
余裕で20分くらい止まってたかと思われ(;´∀`)
まだ誰も登っていない石転び。
3_20180825001904177.jpg

暑いから早くスタートって意気込んではいたのですが、結局まだこんなとこで朝陽がカンカンに照り付けて暑い(;´Д`)
7:42、諦めて再スタート・・・
まだまだ初夏。
6_201808250030313b9.jpg

というか、春(;´∀`)
7_201808250030328b7.jpg

8_20180825003034bfe.jpg

今年まだ、まともに見れてなかったキモカワちゃんにも会えました♪
4_20180825001905a74.jpg

5_201808250019062c7.jpg

登山道は、とにかくイワウチワだらけ。
この時期に梶川を歩くのは初めてだったので、新しい景色で楽しかった。
いや、単純に苦しいか・・・┌┛┌┛ズコ!
9_20180825003035c7f.jpg

10_20180825003037f96.jpg

絶対危ないやつ・・・
11_20180825003709cd2.jpg

新緑にまぶしい・・・
12_20180825003711988.jpg

途中、キモカワ団地を見つけ小躍りする✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
13_20180825003712ebd.jpg

ヽ(;゚;∀;゚; )ノキッモ
14_20180825003714732.jpg
なんて一人で騒いでる時、ふと時計を見ると8時になっていた。
ヤバイ、ヤバ過ぎる・・・
湯沢峰がこんなに近くに見えるのに、もう8時(((( ;゚д゚))))アワワワワ
実は今日は、地元の山友Sさんが、どこも天気が微妙で行くとこがないので。。。と、酒を飲みに8時スタートで追いかけてくるのだ。
これは何としても逃げきらねばならぬ└(:3」┌)┘))ジタバタ

そして梯子のとこまで来た。
15_2018082500371691c.jpg

先走りの赤。
16_20180825004409445.jpg

8:37、滝見場。
当然、休むでしょ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
私の歩きの半分は、休憩という文字で出来ている。。。
17_20180825004411f2e.jpg

ここは滝見場というより、石転びが良く見える。
18_20180825004412460.jpg

アリンコたち、落ちるなよー。
19_2018082500441513c.jpg

今回、まぐれで梅花皮滝が良く撮れた。
20_20180825004415430.jpg

三本樺が見えてきたが・・・
決して射程圏内ではない(p´I `;*)ウウウウ
まず水場を超えないと・・・なのだ。
21_20180825004755b2b.jpg

ここからは初春の花。
22_2018082500475600e.jpg

23_20180825004758bf1.jpg

そして残雪も出て来たが、大したことはなかった。
24_2018082500480098e.jpg

タニウツギも今年はよく見れなかったので、ここで見れてうれしかったな(。・w・。) ププッ
25_201808250048021a7.jpg

ノウゴウイチゴの花がいっぱい咲いていた。
26_201808250050105a0.jpg

9:38、やっとの思いで水場着。
27_201808250050138a7.jpg

滝見場から水場までが、なかなか着かない気がするのは私だけだろうか。。。
ザックを放り投げて、ブヨ対策のハッカスプレーを大量投下し、水を汲みに行く。
が、いつもの水場の水はまだ出ておらず、だいぶ下まで下って汲んだ。
ここでもまた、無駄に25分くらい休んだと思う(;´∀`)
今回は奇跡的に18㌔で収まったんだけど、途中のコンビニでおやつとかおにぎりとかまたやっちゃったので、ちょっと増えた・・・
けど、20㌔行ってないΣ(゚д゚lll)
管理人さんが入っていれば、お酒は金で解決できたんだけど、まだ管理人さんが入る時期ではないので、酒は計1ℓで。。。

空はぼんやりしていたけど、暑い・・・
遠くにアウェイの朝日が見えた。
28_20180825005013de5.jpg

これは射程圏内であるヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
29_2018082500501518a.jpg

残雪を超えて。
30_20180825005017784.jpg

10:39、三本樺着。
ここでやっと、気が楽になる。
ほんとは梶川峰まで、結構あるんだけれど(;^ω^)
31_2018082500575642d.jpg

ここからはアカモノだらけで、足が前に進まない。
かわいすぎる,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’
32_20180825005758e89.jpg

33_20180825005759ecd.jpg

34_20180825005801e24.jpg

似てるけど、やっぱアカモノの形の方がかわいい*✲゚*( *´﹀` )*✲゚*
35_20180825005802030.jpg

途中、梅花皮滝が良く見えた。
一番でっかい滝壺で、プカプカ浮かんだら気持ちよさそうだなぁ。
まず辿り着けないけれど。。。
36_20180825010033796.jpg

初夏の高山植物のオンパレード。
ゴゼンタチバナ
38_2018082501003655a.jpg

ツマトリソウ
39_20180825010038722.jpg

ミツバオウレン
40_2018082501003967b.jpg

アオノツガザクラ
41_20180825010238a85.jpg

そして、まだちょっと早いよなぁって思ってた、ヒメ様がポツポツでしたが咲いていてくれました(人´∀`).☆.。.:*・°
咲いててくれただけでもラッキーです・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・
42_201808250102407e6.jpg

37_20180825010035ca8.jpg

まだまだこれからって感じだったので、翌週の山開きの時が一番良かったんだろうなぁって思います。
が、山開き。。。混みますから(私にはムリ)
44_201808250102430bc.jpg

43_20180825010241bf9.jpg

11:19、やっと梶川峰に上がりました_ノフ○ グッタリ
当然休憩ですZzz....(_ _*)・.。*
45_20180825010244f41.jpg
でも、ここに来るまでも、何度も後ろを見たり、カメラの望遠で登山道をチェックしたり、Sさんから逃げ切るのに必死であります。
でもどう考えても、彼の速さでは地紙までにキャッチされる勢いであります。。。

梶川峰からはチングルマだらけ。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
46_20180825010718836.jpg

登山道のど真ん中にも( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
47_20180825010720249.jpg
今年は個人的に、チングルマの花が一番いい時の山を歩いてたみたいです。

新鮮ヒメ様。
48_201808250107208b3.jpg

今年は当たり年だったみたいだけど、当たりさ加減を確認せずに終わってしまった・・・
また数年後(;´∀`)
49_20180825010722378.jpg

ハクサンチドリ
50_2018082501072391f.jpg

途中にある池塘に、タピオカが・・・
51_201808250111120d8.jpg

池塘周りは当然の如く、モウセンちゃんです(*´˘`*)♡
でも場所が遠すぎて、寄りで撮れなかった・・・
52_2018082501111489d.jpg

イワイチョウ
53_201808250111159e9.jpg

これが、登山道上の最後の雪渓なはず。
前の週に、ジジイが仕事で門内に上がってたので、事前情報をもらい、アイゼン要らないと鼻で笑われましたので・・・
でもおもちゃの4本簡易アイゼンは持って来たブッ(´→з←):;*.:;
着ける必要は全くなかったけれど( ´_ゝ`)プッ
54_20180825011116cd0.jpg

エブリ。
55_2018082501111861d.jpg

白いシラネアオイに見えるけど、花びらが落ちてるので、単純に老化現象で色が抜けたのかも。
56_20180825011510473.jpg

もうすぐ地神ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク
57_20180825011511f19.jpg

ショッキングピンクのイワカガミがいっぱい。
58_201808250115137d7.jpg

12:31、いつもの巻道が使えなかったので、今回はちゃんと地紙に上がる・・・
59_20180825011514f27.jpg

もうすぐ大好きな門内だ_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
なんとかSさんから逃げ切れるかハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2017年8月14~17日 五色ヶ原Part4 憧れの、クロヨンダム編

  1. 2018/08/09(木) 01:42:18|
  2. 立山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
あ・・・世の中の登山者さんは、早い人で明日の夜から出発するんですね。
まぁいっか、これがシリーズ最終章ブッ(´→з←):;*.:;


ロッヂ・クロヨンを間近にし、やっと普通の階段が出て来た(;^ω^)
66_20180808012205aec.jpg

針ノ木が・・・見えたー゚・:,。*:..。o○☆(๑→ܫ←)ゎ-い♪
67_20180808012207213.jpg

これが最後の橋ですかね(。・w・。) ププッ
68_2018080801220878f.jpg

なんでか河原に、園芸種的な撫子がいっぱい咲いていた。
69_201808080122109eb.jpg

13:30、ロッヂに着いて、まずは外に置いてあった販売機でコーラを二本買う。
二本一気飲みした。
平ノ小屋で飲みたかったんだけど、コーラがなくてネクターを飲んだ・・・
逆に喉が渇いた(;´Д`)
その反動で、2本一気飲み(;^ω^)
70_201808090008317f0.jpg

本日は、無駄にここのキャンプ場で一泊です。
テントの受付をしようとロッヂの中に入ると、休憩中との事で、先にテントを張る事にした。
ロッヂから100m位進んだ所にキャンプ場があり、キレイに区画されてるんんだけど、草が刈られてるのは1区画だけで、あとは自由に伸びていた(;'∀')
あまり利用者は居ないのかもしれない。
そりゃ、ダムから徒歩20分くらいなんて微妙な場所だから、山に登る人にとっては中途半端な場所ではある(;^ω^)
73_20180809001612334.jpg

時間になったので受付を済ませ、酎ハイを2本買った。
71_20180809001609656.jpg

最後の夕食はパスタ。
まだソーセージが残ってたか・・・ブッ(´→з←):;*.:;
結局、食がストイックとか言ってる割に、3日間、生モノ食べ続けていたという(;'∀')
72_20180809001610a3f.jpg

酎ハイを二本買ったはいいけど、疲れのせいか1本でダウン。
もうここは下界気分ですが、気温が20度あって、暑くて暑くて仕方ない(;´Д`)
出入り口のメッシュを開け放とうかと思ったら、メッシュにマダニがくっついていてカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ
いるのか、ここにはいるのかっ!!
と、メッシュにハッカスプレーお見舞いしたら、ポロッと落ちて行きました。。。
マダニがいるとは、案外危険な場所でした(;´∀`)
そしてスタートから3日目です。
風呂に入ってないので、体が痒いのです。
頭もベタベタして気持ち悪いし、もうその気持ち悪さで寝ながら何度か目が覚めました。
2泊が限界だな。。。と思いましたヾ(;´Д`●)ノ

翌朝。
なぜ前日、あのまま下山してしまわなかったのかというと、早朝に見たい物があったんです。
このロッヂに泊まった人だけが、クロヨンダムの放水の瞬間を見れるのです。
ほんとは風呂に入りたかったのでロッヂに泊まろうかとも思ったんですが、財布が許してくれませんでした(_Д_)アウアウアー

ダムの放水は5:45からなので、5時ちょっと前に別荘を出発する。
ロッヂから徒歩20分くらいらしいです。
74_20180809001614f9a.jpg

今日は針ノ木とスバリが良く見えてるぞ♪
75_2018080900161565b.jpg

ダムが見えて来た_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
76_20180809003507f8d.jpg

途中、トンネルを通った。
まだ外は薄暗いので、超怖かった・・・
だって誰もいないし・・・
蛾はブンブン飛んでるし・・・
77_201808090035080f7.jpg

キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
78_20180809003511cad.jpg
憧れのクロヨンダム、やっと来れた(๑→ܫ←)ノ♫ ♫♬♪♫
いつも立山の稜線の上から眺めるだけだったもんねぇ。

超貸し切り+゜*。..+゜ ウ ェ ━ヽ(*´Д`*)ノ━ イ ゜+..。*゜+
79_2018080900351277d.jpg

放水までまだ時間があるので、のんびり景色を眺めます。
赤牛がかっこいい(*´ω`*)
家に戻ってびっくり、入れ違いでSさんが赤牛に登っていたと知った∑(´Д`*)ノノ!!
80_201808090035134aa.jpg

とても静か゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
81_20180809003957eac.jpg

扇沢方向へ進む。
82_201808090039596da.jpg

白馬が見えました。
おもっしぇー形( ´_ゝ`)プッ
83_201808090040006c9.jpg

お店が開いてないので食べれませんでしたが、開いてたら旅のテンションでうっかり食べてしまいそうです。。。(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
84_2018080900400262c.jpg

展望台に行こうと思ってたのですが、営業時間外のようです(;´∀`)
86_20180809004313e70.jpg

今日はいい天気です。
最終日にこんな天気でもね(;´∀`)
88_201808090043169bc.jpg

でも上空は風が強そうです。
ものすごくキレイなレンズ雲ォオー!!(゚д゚屮)屮
89_20180809004318266.jpg

なんてやってる間に、サイレンが鳴り始めました。
サイレンが鳴ったので放水するのかと思ってずっと撮ってましたが、放水せず(;´∀`)
10分近くサイレンの音だけ撮れてるので、いいとこで止めて下さい(;^ω^)


そして、やっと放水が始まったというのに、テンパり過ぎて3秒でカメラ止めてしまいました(;´∀`)
役立たず、自分・・・


これも地味に途中で止めてしまった( ノД`)シクシク…


やっとまともに撮れました・・・


放水が始まって、初めて川に水が溜まって行く様を見るのは、貴重な体験でした。
また次の機会があったら、ちゃんとフルで撮りたい(;^ω^)
それでも、ずっと来たかったクロヨンダムを、独り占めするという超贅沢な時間を過ごせてよかったです(。→ˇ艸←)プククッ☆
90_2018080900431905f.jpg

放水を真上から覗いてみる。
この景色、ちょっと怖かった。
実は高い所、あんまり得意じゃありません。
91_20180809005331407.jpg

またいでみる。
92_20180809005333b4d.jpg

そろそろ別荘に戻りましょう。
帰り支度をせねばなりません。
93_2018080900533494d.jpg

ちょっと雲が怖いわー(;´Д`)
94_201808090053360a2.jpg

逆サイドから。
95_20180809005337529.jpg

針ノ木岳、案外尖ってたんだな。
歩いてる時はさほど感じなかったけど(;´∀`)
97_201808090055437d3.jpg

青とピンクの彩雲が出ました(。・w・。) ププッ
98_2018080900554515c.jpg

妙に結露したテントを畳み、他のお客さんの迷惑になると悪いので、衣装は全部新しいものに着替えました(;^ω^)
間違いなく臭いので、駅に近づいたらウィンドウシェルを羽織り、封じ込めますブッ(´→з←):;*.:;
テン場をスタートしたのは7時半位かな。
もうすっかり陽も昇り、爽やかな朝です。
100_201808090055482ae.jpg

8時ちょっと前に再度ダム着。
誰もいない・・・
101_201808090100422ee.jpg

と思ったら、扇沢からワラワラと始発組が登場した┌┛┌┛ズコ!
102_201808090100431a8.jpg

これで見納め。
103_20180809010045032.jpg

私も扇沢組に紛れ込んで、室堂へと戻ります。
大失敗です。
扇沢スタートにすれば、このまますぐに下山出来たものを・・・
これからあれこれ乗り継いで、富山側に戻らねばなりません(;´Д`)
104_201808090100478ee.jpg

こちらからの移動は、なかなかお金がかかるので、あまり来れなさそうです(;´∀`)
黒部平からの景色。
ここからロープウェーです。
105_20180809010048a7e.jpg

なかなかすぐには乗り込めないシステムらしく、しばらく風景などを見てろと言われた気がする・・・w
106_2018080901064144a.jpg

立山の裏側も、なかなか見れませんからね。
108_20180809010644606.jpg

やっとこ帰る事が出来ます。
109_20180809010646032.jpg

支柱なしのロープウェーだそうで、この方式では日本一の距離なんだって。
110_201808090106488ac.jpg

最後はトロリーバス。
このバスの存在は、水曜どうでしょうで知ったんだけど、確かにものすごい運転だったグハッ!!( ゚∀゚)・∵.
これも乗れてよかった((´∀`*))ヶラヶラ
111_2018080901110909a.jpg

トンネルの中はかなり狭いのに、爆走して行きます( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
112_20180809011110c29.jpg

室堂ターミナルに下り立ち、旅ももうすぐ終わります。
朝早くてバスも空いてるので、ちょっと寄り道で生まれて初めて立ち食いそばなるものを食べました。
塩分がしみます。。。
4日間、大分まともな食事をしてたようですが、そばを食べて、なんだか久しぶりにまともな食事をしたような勘違いをしました(;´∀`)
113_20180809011111c56.jpg

室堂は超快晴。
こんな天気で歩きたかったなぁ。。。なんて、ちょっと残念でした。
初日は晴れてたんだけど、ガスが濃すぎましたね(;^ω^)
そういえば、雄山様にしばらく参拝に行ってない事に気づきましたが、もう遅い。
バスに乗ってしまいました・・・
115_20180809011115d93.jpg

剱もよく見えました♪
116_201808090115440e1.jpg

弥陀ヶ原湿原の向こうは、雲海。
117_20180809011546063.jpg

そして、最後のケーブルカーに乗ってる時、超もこみち風のイケメンと、相当なおばちゃんの2人組なパーティーが居て、このイケメンを連れ回してるおばちゃんは何者だ!って思ったら、ガイドなんですね(;^ω^)
ただ、イケメンは金で買えるんだという事を悟りましたが、オーダーしてイケメンじゃない事もある訳で・・・( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
というか、ガイドを雇わなければ歩けないようなとこは、私は多分行かないです。
仮に、雇う事があったら、自分で歩けるんだけど、保険として雇うっていうスタイルになるかな。
ガイドも人間、100%客を補佐できる訳ではない。
もしガイドが事故に遭ったら、自力で下山できなければ、結局自分も遭難って事で、ガイドを雇う人はどれだけの覚悟で入山してるんだろう?ってのは、この時思いました。
そんな事故が、先日の立山に行った時に起こってまして。→クリック
私は多分、ガイドを雇う事は、一生なさそうですな。

無事立山駅に下り立ち、チケットを見てビックリ。
立山駅-室堂往復の金額と、黒部ダム-室堂の片道の金額が、ほぼ変わらなかった。。。
ンー、交通費なんかも全部ひっくるめて、どっちがお得なんだろうな。
算数苦手だから、計算できないなZzz....(_ _*)・.。*
118_201808090115479d5.jpg

下山した途端、食べまくり。
抹茶ソフト。
119_20180809011549177.jpg

お土産屋さんでフローズンヨーグルトを見つけ、ソフトを食べたばかりだというのに購入し。
120_20180809011550034.jpg

ありがとう立山、また来年ヾ(*'-'*)マタネー♪


5_20180810073122924.jpg




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2017年8月14~17日 五色ヶ原Part3 アドベンチャー編

  1. 2018/08/08(水) 01:34:18|
  2. 立山
盆が来る前に書き終えようと必死です、コンバンハZzz....(_ _*)・.。*

新潟は瞬間的に涼しくなってるようで、今日は風も吹いてたせいか、外でもだいぶ過ごしやすかったです(個人的体感)
現在室温は30度で風もあるので、若干寒いです。。。(;´∀`)
普段から必要以上にエアコンは使わず生活してるので、暑さには何とか適応できてます。
冬は逆で、厚着をせずに寒さに慣れる(。・w・。) ププッ
エアコン20度設定の人が、30度越えの森林限界に飛び出したら簡単にぶっ倒れてしまうので、普段から暑さ寒さに慣れるような生活を。
でも、暑いのは苦手です( ̄ω ̄;)



五色のつづき。


この日も深夜2時頃、テントを畳む音で目が覚めた。
しかも、雨が降る音がしたりして、憂鬱になる。
が、また寝る。

4時起床。
雨はパラパラと降っていた。
ドライの鮭雑炊を食べて、雨の切れ間にテントを畳む。
ラッキーな事に、雨に打たれずに済んだ。
5:42、2日間お世話になった、五色ヶ原のテン場を出発。
6時前ですが、ほぼ皆さんスタート済みです(;^ω^)
1_2018080800204630d.jpg

今日はこのまま、黒部湖へと下って行きます。
登り嫌いの私が取った、下山というジャンルの行程です。
獅子岳への登りは避けたい(;´∀`)
また雨が降ると悪いので、ちょっと急ぎ足。
2_201808080020468de.jpg

しばらく続く草原。
晴れてたら良かったなぁ。。。
4_201808080020483b2.jpg

雨が降ると悪いと思って、デジイチは仕舞ってたんだけど、我慢ならぬ。。。
という事で、途中で出しました。
5_20180808002050da1.jpg

黒部湖へ続くルートは、延々下り。
下り好きの私には、もってこいなルート(*´ω`*)
途中、ちょっと広くなってる場所があってお花畑になっていた。
隣の尾根の斜面がワイルドだぞォオー!!(゚д゚屮)屮
6_201808080031398bd.jpg

まれにガスの隙間から青空が見えたりするんだけど。。。
晴れるかなぁ。
7_2018080800314014e.jpg

登山道は、結構岩があったりして、濡れてるので滑らないように気を付けながら下る。
8_20180808003142723.jpg

イワオトギリの花びらが、露に濡れて半透明になっていた。
9_20180808003143258.jpg

向かいに後立が見えたけど、上手い事に稜線がガスに飲まれてる┌┛┌┛ズコ!
10_20180808003145f8c.jpg

7:12、突然人工建造物が現れた∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!
11_20180808003812825.jpg

針ノ木方面。
私の初アルプスの山、針ノ木岳(。・w・。) ププッ
12_20180808003813499.jpg

なんだかキショイのが生えてた・・・キモ━━━━《:*:,,ж,,:*:》━━━━!!!!
13_20180808003815b44.jpg

平ノ小屋へ向かいますキュィーン ……ε( o・ェ・)o
14_20180808003817914.jpg

じき黒部湖の小脇に出るか?って頃になると、草がボウボウで濡れた(;´Д`)
カッパは履いてたんだけど、濡れた。。。カッパが・・・
15_201808080038187d9.jpg

ボウボウの草エリアを抜けると、細いブナの森へ。
16_2018080800414183c.jpg

そして川が見えた。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
これが黒部湖に流れ込んでるんだな(人´∀`).☆.。.:*・°
17_201808080041421b3.jpg

途中、釣り師の皆さんが居た。
平ノ小屋に泊まってるんだろうなぁ。
18_20180808004143a6b.jpg

ここからはへつり道。
結構崩れてる。
19_20180808004145ea3.jpg

倒木の下を匍匐前進するシーンも。。。
それでもザックが引っ掛かってもがいた└(:3」┌)┘))ジタバタ
アホザックには厳しい( ノД`)シクシク…
20_20180808004147df3.jpg

8:17、平ノ小屋着。
トイレをお借りして、小屋の御主人が居たので少しお話。
21_20180808004439637.jpg

ここは宿泊すると、イワナの刺身と食べさせてくれるとの事で、いつか泊りに来たいですと御主人に話したら、機会があったら是非来てくださいと言われた。
小屋脇から見える黒部湖。
22_201808080044414a4.jpg

ここに来たら携帯の電波が入ったので、初日に会ったNさんに連絡。
そしてもう大丈夫だろう&非常に暑いので、カッパを脱いで山スカに履き替えた✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩
30分も休憩し、先を急ぐ。
平の渡し場の船。
23_20180808004443a52.jpg

ハイ、ここからは本気出してへつり道なので、気を引き締めて歩きます。
右側に落ちると黒部湖行きなので、ちょっと緊張しました。
私が歩いた後、このルートだと思うけど、どなたか落ちて亡くなったと記憶してます。
24_201808080044447fc.jpg

このルート、へつりの平坦道風なんですが、なんのなんの・・・
アドベンチャーが始まりました(`・ω・´)シャキーン
スタートの梯子。
平らな板ではなく、丸太の足場なので、滑りそうで怖い(((((((;´д`)))))))
25_20180808005145a67.jpg

次々出てきます。
途中、壊れてるし。。。
26_20180808005146c09.jpg

ガスが切れて、青空が見えてきました。
27_20180808005146b07.jpg

元々は平坦道だったんだと思います。
狭いへつり道が崩れる度に、巻道に変更して行って、この梯子が出来たんだと。
28_20180808005148a41.jpg

雨だったら萎えてたな、このルート(;^ω^)
29_20180808005149453.jpg

広い河原に出た。
広すぎてどこへ進めばいいのか分からなくなり涙目。
が、また丸太の橋が見えた。。。
30_2018080800550896f.jpg

いざ進め癶(癶;:゜;益;゜;)癶
31_20180808005509dba.jpg

ヤダ、コワイ(((´゚ω゚`)))ガタガタ
32_2018080800551104e.jpg

崩れたルートを補修して下さってました。
これも大変な労力ですよね。
33_20180808005512c50.jpg

白花のギボウシォオー!!(゚д゚屮)屮
34_20180808005514555.jpg

ここが一番怖かったかも(;´Д`)
どんどん崩れて行ってるようで(((( ;゚д゚))))アワワワワ
35_20180808005754a7f.jpg

右を見ると・・・ドボンコース・・・黒部湖行き_(:3」∠)_
36_2018080800575528d.jpg

緊張しながらも、ゆらゆら飛んでるアサギマダラを見て、癒されました(*´ω`*)
37_2018080800575713d.jpg

だがしかし、うっとりしてられるのも束の間、かなりの頻度で梯子が出現します。
38_20180808005759cf9.jpg

本来のルートは直進するみたいでしたが、崩れてました。
故に、巻道への梯子・・・
39_201808080058007d4.jpg

似ているけど、別の梯子・・・
40_20180808010102e69.jpg

ここのアサギマダラは、私と同じく単独の子ばかり。
41_20180808010104e96.jpg

今度の梯子は長そうだ・・・
42_20180808010105821.jpg

下りても下りても・・・
43_20180808010107279.jpg

まだあるのか!
44_2018080801010855c.jpg

超長い梯子をやっと下り終わったとホッとすると、目の前に広がる夢のような世界。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
45_20180808010410043.jpg

途方に暮れた・・・
ので、遠くを見つめる。
49_20180808010416ada.jpg

花も撮ってみる。
46_20180808010412f19.jpg

上から流れ落ちて来る、沢も撮ってみよう。
48_20180808010415c87.jpg

振り返って、歩いて来た長梯子も撮ってみよう。
50_201808080106543c3.jpg

現実逃避はイケマセン。。。
進みましょう(_Д_)アウアウアー
丸太の梯子は滑る。。。

この辺から、ダム経由で来たんだろうなという登山者さんと、ポチポチスライドが始まる。
決して多くはない。
この日会ったのは、4人位だ。
皆さん汗だくで「平坦じゃyないんですね(;´Д`)」ってハァハァしてた。
私も当然、ハァハァしてました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
2400mから1700m位まで下りたら、超暑くて汗だく。
でも、最近の山シャツは高性能なもんで、15分くらい休憩してると、いいとこ乾く。

休憩していたら、黒部湖を走る遊覧船・・・
お願い、乗せてウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!
あの船に乗ってる人たち、こんなとこに人間がいるとは思っているまい。。。
51_20180808010655c40.jpg

この木のトンネルは、なんとか通り抜けられた♪
52_20180808010657ddd.jpg

段々と山が見えて来た。
空もいい色゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
54_20180808010700317.jpg

途中、手の届きそうなミニ滝があったので、顔を洗ってみる。
顔だけじゃなく、服もびしょ濡れになった・・・
55_20180808011532803.jpg

ハイ、まだ終わりません。
56_20180808011532b4a.jpg

12:21、対岸にロッヂ・クロヨンが見えて来た_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ
だがしかし、他人様のレポでは、見えてからが長いらしい_ノ乙(、ン、)_
57_201808080115344eb.jpg

しつこい!
58_20180808011535d7f.jpg

登ったと思ったら下る_(:3」∠)_
59_2018080801153727e.jpg

ギザギザになってる入り江に沿って歩くので、対岸に見えたロッヂまではだいぶ距離があった。
入り江の一番奥まで来たので、涼しい木陰で一休み。
60_20180808011821775.jpg

10分くらい休憩して、再スタート。
相変わらす怖い(;'∀')
61_201808080118232f9.jpg

針ノ木が、見えそうで見えないのです(lll´д`)フゥーー
62_201808080118252cc.jpg

今度は丸太橋が増えて来たな。。。
63_20180808011826104.jpg

(;´∀`)アハハ
64_20180808011827f97.jpg

ロッヂがだいぶ近づいてきたようだ。
が、下に河原が見えている。
あれを横断せねば向こう岸へは渡れぬのだなヽ(冫、)ノ
65_20180808012204140.jpg

がんばれ自分(_д_)。o0○ モァアーン



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2017年8月14~17日 五色ヶ原Part2

  1. 2018/08/07(火) 01:09:09|
  2. 立山
昨日は山形に出向く予定でしたが、どうにも天気悪そうだなって事で中止に。
自分の予想以上のお天気になったようですが。。。
何度かお邪魔した事のあるエリアが被害に遭ったようなので、早い復旧を祈るばかりです。

この山がダメならこっちの山などという代替案は、もう立てなくなったので、普通に家で掃除とかしてた所、お友達が遊びに来てくれましたので、ランチに初めて行く地元の食堂へ。
三日月食堂さん。
ラーメンに+200円で半チャーハンが付けられるという事で、私は響きが気になった焼肉ラーメンに半チャーハンを。
どんな焼肉?って思ったら、多分とんかつ用のお肉だと思うけど、分厚いのが一枚ドスンと乗って来ました∑(´Д`*)ノノ!!
スープは薄いカレー味。
2_20180806234615ae3.jpg
向かいの相棒は麻婆ラーメンに半チャーハン。
相当辛かったらしく、咳が止まらない様子でした( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ




五色のつづき。


獅子の一気下りはザレすぎてて、思惑通り一回コケる┌┛┌┛ズコ!
ここは立山カルデラが良く見える場所らしいけど、ガスが湧いてて・・・
でも時々見えるんですよ。
86_201808070005549d9.jpg

13:57、ザラ峠着。
87_20180807000555cd4.jpg

振り返ると、獅子の恐ろしい姿が(;´Д`)
ピストンすると、これを登らなくてはいけないって事で、何たるオソロシイ・・・
88_20180807000557a41.jpg

ザラ峠から、また登る(*´Д`)ハァハァ 
やっと登り切ったぜ!って思ったら、まだ登りだった(´・ω:;.:...
89_20180807000558c89.jpg
カルデラのすぐ脇を歩いてる訳で、ちょっと緊張。
でもガスでほぼ見えないので、残念ではありました。

そしてやっと木道に上がりました。
ここまで来れば、小屋近し(`・ω・´)シャキーン
91_20180807001029342.jpg

テン場も見えましたが、そんなにいっぱいいなさそう。
92_20180807001030483.jpg

ファイトって書いてあるとこから、小屋まで地味にきついって書いてる人が居たけど、私もがんばれないかもしれない・・・
だいぶ疲れた_ノフ○ グッタリ
93_20180807001031cef.jpg

あんまり好きではないハクサンコザクラ(;´∀`)
94_20180807001034744.jpg

クルクルって形が好き(。・w・。) ププッ
95_2018080700103528c.jpg

小屋・・・キタ━━━━━━┌(_Д_┌ )┐━━━━━━!!!!
96_201808070015151ab.jpg
広い草原とお花畑のど真ん中に、木道一本。
この時は、後で遊びに来ようと思ってた。

小屋で受付をし、350mlのビールを3本買ってテン場に向かう。
どうやら小屋の写真は撮ってないらしい・・・
小屋からすぐの所で、木道の工事をしていた。
徒歩10分弱でテン場が見えて来た。
97_201808070015165b5.jpg

100m手前、雨が降る・・・もうゴールなのに_ノ乙(、ン、)_
でもすぐに上がって、虹が出た。
でも濡れた( ノД`)シクシク…
98_2018080700151732c.jpg

別荘を建ててる間に服も乾き、やっとこビールにありつける(。・д・)=3ゲプッ
つまみは生姜焼き。
99_20180807001518dbb.jpg

最終的に20張りくらいしかテントはなかったかも。
トイレも水場もあるし、なかなかいいテン場だった。
水は煮沸してくれと看板が立っていたが・・・沢水とか飲んでる私には問題ないブッ(´→з←):;*.:;
水場の脇に咲いてた、ちっこい花。
100_20180807001520118.jpg

テン場の周りはお花畑。
天国にいるみたいでした(人´∀`).☆.。.:*・°
101_201808070020297e3.jpg

102_20180807002031234.jpg

ここはまた来なくちゃなぁって思える場所でした。
103_201808070020324d6.jpg

ほんの一週間前くらいのレポートでは、まだテン場が雪に埋もれてる場所があるって書いてあったけど、この日は全露出してたと思います。
でも雪解けしたばかりなので、お花が満開だったんだとも思います。
本来なら、この時期チングルマは穂になってるそうで(;^ω^)
104_20180807002033bc7.jpg

ワタクシ雪野、まともに土の上にテントを張るのは実質3回目で、設営が非常に不安でした(;´Д`)
風が吹いてなくて良かった・・・
普段、雪の上でしか張らないので・・・
105_201808070020350d2.jpg

つまみもなくなり、2本目のビールへ移行する為、パスタを作った。
今回は3泊4日で荷物が増えるので、もはや食をストイックにするしかなくなった。
でもしっかり肉は入ってたな(;'∀')
107_20180807002725649.jpg

日も暮れて、皆さんテントに入り始めた。
私もそろそろヒッキーしよう。。。
109_2018080700272840d.jpg

もう真夏なので、ダウンの上下にシュラフカバーで十分だろと思ったら、この日はテント内14度。
さぶい(((((((;´д`)))))))
寒さで夜中に何度か目が覚めたけど、もう夜中の2時とか3時頃に出発する方の音でも目が覚め、何だかよく眠れない夜となった。

2日目の起床は何時頃だったかな。
2日目は天気が悪い予報で、私は予備日を用意してたので停滞日にした。
万が一晴れたら越中沢岳まで散歩に行く予定でしたが、もはや早朝から濃いガスが襲って来まして。。。
朝外に出て景色を眺めてると、3m位離れた所にテントを張ってたオジサマに声をかけられた。
私も前日から気づいてはいたんだけど、オジサマ「エスパース」とカタカナで書かれたネームの付いたテントを張っていたのだ。
もう10年も使ってるテントで、雨漏りもするから買い替えようと思うんだけど、新しいエスパースどう?なんて、新旧対談をしました( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
でも私のよりもっと新しいのが出てて、軽くなってますよなんて事も話した結果、オジサマは買い替える決心をしてテン場を旅立たれました☆゚+.サヨウナラ.+゚☆||´д`*)ノ゙

朝食はソーセージ。
食はストイックにしました、ハイ。
110_201808070027294de.jpg

乾燥物持って来てる時点で、相当ストイックですよ((´∀`*))ヶラヶラ
111_20180807003925bbe.jpg

6:50、飯った後に外に出たら、誰もいなくなっていた・・・
112_20180807003927ed2.jpg

ほんの数張り残ってる程度だったので、好き勝手お花撮影をする。
イワイチョウ
113_20180807003928ae9.jpg

ツガザクラ
115_20180807003931fcc.jpg

3張り残りましたが、最終的には一人になりました( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
116_20180807004131d79.jpg

いい時に来れたなぁなんて思いながら、お花を堪能しました。
117_20180807004133931.jpg

来れて良かった゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
118_20180807004135d37.jpg

121_201808070045232cf.jpg

122_2018080700452535d.jpg

撮るだけ撮って別荘に戻る。
とうとう11時頃、雨が降って来た。
夜あまり寝れなかったので、別荘にヒッキー後はほぼ寝ていた(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
昼くらいになると、ポツポツと他のテン泊さんがやって来た。

この日のランチは2013年に買った尾西。
賞味期限が2018年になってたので、軽量化の為、泣く泣く尾西を持って来た。
人生二度目の尾西。
一度目は、2013年に白馬に行った時に食べたカレーピラフ。
一口食べて吐きそうになったが、しょうがないので涙を浮かべながら食べた。
それ以降、インスタントラーメンでもいいから、とにかく尾西は辞めようと誓った。
その2013年の時に一緒に買った炊き込みご飯。
吐きそうになるのを覚悟して食べたら、これうまかったヽ(・、 .)ノズルッ!!
124_201808070045288ee.jpg
これなら食べれるって分かったけど、やっぱり尾西はあまり食べたくないな(;^ω^)
今はおいしいドライフーズがいっぱい出てるので、飯は納得できるうまいものが食べたい。
でもやっぱドライより生だな。。。( ̄ω ̄;)

そして昼の大半は、アルコール摂取と寝て過ごすというダラケっぷり、ダメ人間炸裂です(~ _△_)~ zzzZZZZZZ
動いてないくせに夕ご飯もしっかり食べ、起きてる事に飽きたので、7時就寝。
125_20180807004529f54.jpg

この日、外に出たのは撮影&トイレで3度だけ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
ヒッキー大好き人間です(*´ω`*)
でも明日は移動日です。
しっかり早起きしましょう・・・


4_20180810073120406.jpg



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2017年8月14~17日 五色ヶ原

  1. 2018/08/02(木) 01:21:32|
  2. 立山
そろそろ雨降ってくんねぇかなぁ。
野菜が段々高くなってきました・・・
貧乏人にはつらい(´・ω:;.:...

そろそろお盆の計画立てないとなぁなんて思ってたら、去年のお盆ネタを書いてない事に気づきました∑(´Д`*)ノノ!!
って事で、1年前のネタシリーズを書きます(;´∀`)
お盆の行先を決め兼ねてる方の、何らかのヒントになれば・・・(;^ω^)



お盆前の日は、仕事が終わってから会社の仲間たちとの飲み会があったので、仕事が終わってすぐに出かける事はせず、翌日の昼頃に家を出ました。
で、時間に余裕があるので、のんびり下道で富山に向かい、富山の温泉に入り、早く駐車場に行きすぎても暑いし寝れないしなので、暗くなるまで温泉でまったり。
最後の買い物をしていたら、上市で祭りでもあったのか、花火がバンバン上がって、何だか得した気分だった

暑さにうなされるだろうか。。。って思ったけど、案外涼しい夜で、寝苦しくもなく普通に寝れた。
6時始発なので4時半過ぎに駅に向かうと、もう人が結構並んでいてビックリ。。。
初めて始発のチケットを取り逃しました(;´Д`)
でも2便で良かった・・・
1_201808012350252dd.jpg

実は駅に居る時すでに小雨が降り、ケーブルカーを降りて美女平のバスに乗る頃には諦めモードにならざるを得ないような。。。
室堂に上がっても天気が悪かったら、みくりが池を一周して帰ろうと思いました。
ずっと森林限界の縦走路を歩くのに、悪天候を突き進むとか無理でしょ。
2_20180801235026aa3.jpg

が、弥陀ヶ原を過ぎる頃、空にうっすらと青空が見えて来た。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
3_201808012350282b3.jpg


そして室堂に着くと・・・

_/\○_ ヒャッ  ε=\___○ノ ホーゥ

8_20180802001210641.jpg


マジかー、マジなのかー、晴れ過ぎるぅぅぅっぅううう✩.*♪(o´∇ `o)♪.*✩

7:54、スタートヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
GWぶりの立山ですが、すっかり雪も融け。

雄山様。
9_201808020012135f2.jpg

今日はこちらの浄土山方面へ。
10_2018080200121451f.jpg

この年は、雪が遅くまで残ったので、ちょうどお花がいい時期でした。
高度順応が下手なので、1時間ほどいつにも増してゆっくり歩きます。
12_20180802001215fcb.jpg

エゾシオガマ
14_2018080200164781e.jpg

町の方は雲海になっていた。
15_2018080200164806d.jpg

ヨツバシオガマ
16_20180802001650cac.jpg

ウサギギク
17_2018080200165120c.jpg

チングルマ
18_201808020016533dd.jpg

ダイモンジソウ
19_201808020020306fc.jpg

もうすぐ分岐と言う所で「〇〇さーん(雪野さんの名字)」と叫ぶ声がしたが、比較的どこにでもある名字なので特に気にもしなかったが、何となく振り返ってみる。

山岳会の猛者姉さんのNさんが手を振ってる∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

って、Nさんも∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!って思った事だろう( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
昔からNさんは五色ヶ原に行きたいって言ってたので、誘おうか誘うまいか悩んだんだけど、決行を決めたのが結構ギリギリで、しかもテン泊だったのでヤダって言われるかなぁ?って思って、ソロで来てしまったんだけど、ここでバッタリ(;^ω^)

室堂方面を振り返る。
雲海が襲って来た<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
20_20180802002032701.jpg

室堂山の展望台から、五色ヶ原方面を見る。
見てはみたけど、見えない。
21_201808020020334e9.jpg

とりあえずNさんと先を進む。
が、アホザックの私が、日帰り装備の、しかも猛者に着いて行ける訳もなく、もはや高山病になりそうですハァハァ(;゚;盆;゚;)ハァハァ
赤ザックがNさん。
23_20180802002036fb8.jpg

浄土山への岩の急斜面をやっとこ這い上がり、ここからは気分が楽になります。
慰霊碑は今日はスルー。
24_20180802002747ba3.jpg

多分、浄土山のピーク。
25_20180802002749fac.jpg

イワギキョウ
26_20180802002750132.jpg

何度かお盆に来てるけど、ハクサンイチゲがこんなに残ってたのは初めてだった。
27_20180802002752229.jpg

富山大学立山研究所に着いて、やっぱり、五色ヶ原に行きたいと言うNさんは、予定変更で小屋に泊まれるか電話してみたんだけど、電波が通じませんでした・・・
翌日の天気も悪いし、帰りに獅子岳の一気登りもしたくないし、いきなり小屋に行って泊まれませんって言われても困るし、って事で、結局予定通り雄山方面へ行く事に。

まぁ、ここで何十分もくっちゃべってちゃって、気づいたら10時半です(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
淋しいですが、ここでお別れ。
Nさんは明日は加賀白山に行くという事で、お互い怪我をしないようにと別れましたヾ(*'-'*)マタネー♪
ガールさんたちが剱を撮ってた。
30_20180802003136caf.jpg

私の方は、五色ヶ原方面へと進みますが、どうしても素通りできないのが、愛してやまない龍王(人´∀`).☆.。.:*・°
どんなに時間が押してようと寄ります(`・ω・´)シャキーン
31_20180802003138238.jpg

ちょうど先行者さんが降りてきました。
32_20180802003139dc5.jpg

ここはイワツメクサが咲きます゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
33_2018080200314167f.jpg

龍王に登ってる時、五色へのルートが少し見えた。
小屋もギリ見えてる。
34_201808020036244fa.jpg

35_201808020036266d6.jpg

10:58、龍王゜.+.(♥´ω`♥)゜+.゜
36_201808020036274ad.jpg

ここから見える雄山がかっこいい♪
37_20180802003629dfc.jpg

39_20180802004024291.jpg

龍王を下りた所には、ミヤマリンドウがいっぱい(。→ˇ艸←)プククッ☆
40_201808020040254af.jpg

ばいばい龍王ヾ(*'-'*)マタネー♪
41_201808020040275a3.jpg

さて、龍王から先は未踏の地です。
42_20180802004028834.jpg

おぉ、龍王の脇腹は、岩ゴロなんだなォオー!!(゚д゚屮)屮
43_201808020040305be.jpg

既にスライドが始まる。
五色方面から人がやって来た。
いや、そもそも私がダラダラし過ぎなのだ・・・
そして、結構下って結構登り返すな・・・
44_20180802004206dfb.jpg

こちら側から見る龍王は、荒々しいけどお花もいっぱいだった。
45_201808020042083c9.jpg

46_201808020042090fb.jpg

絶妙な立ち方をしている岩。
47_20180802004211fc7.jpg

トリカブト
48_20180802004212a32.jpg

ハクサンフウロ
49_20180802004416c4f.jpg

裏龍王もかっこいい(*'∀'人)♥*+
50_20180802004418ad3.jpg

龍の次は鬼です。
51_20180802004419ff7.jpg

鬼の裏側へ回り込むと、なんだかがーすー( ̄ω ̄;)
52_20180802004422eb1.jpg

例年だと、こんなに雪渓は残らないらしいです。
この年は残雪が多く、私の行く一週間前に滑落事故が起きたらしく、アイゼンピッケルなんて書いてありましたが、最新レポで必要ないとの情報を信じ、何も持たず(;´∀`)
54_20180802004657e6d.jpg

梯子なんかも下り。
55_20180802004658502.jpg

雪渓のトラバースは、しっかり雪が切ってありました。
56_20180802004700bd9.jpg

雪国人にはアイゼンとか全く不要です。。。
57_201808020047018e1.jpg

振り返る。
58_201808020047037fa.jpg

最後のトラバースです。
59_201808020050079cb.jpg

ガスが時折抜けると、黒部湖が見えてきました。
60_20180802005009ec2.jpg

ハエの方が目立ってる。。。
61_20180802005010a7a.jpg

ラスト。
62_201808020050129db.jpg

たまらん景色です.゚+.(´∀`*).+゚.
63_20180802005013a37.jpg

次は獅子岳。
もはや登りたくない。。。
64_20180802005221715.jpg

ずっとこの平らな道が続けばいいのに・・・
65_20180802005223d44.jpg

ミヤマホツツジ
66_20180802005224d2f.jpg

黒部湖は見えたが、後立が見えない・・・
67_20180802005227156.jpg

獅子の登りに入る前に、大休止。
行動食を食べたり、もう登りは嫌だというのに、現実を目の前にして途方に暮れてみたり。
多分小屋泊まりなんだろうけど、ちっさいザックの若いにーさんが、汗だくでゲーゲー言いながら歩いてて、まだ先があるのに大丈夫か?って心配してみたり。
私自身も、ノロノロっとやっとこ急斜面を這い上がり、しばらくは平坦な道を歩けました。
気分はいいのに、がーすー( ̄ω ̄;)
68_20180802005228e7f.jpg

12:56、獅子岳。
69_2018080200571070c.jpg

ここからは、イワツメクサがいっぱい。
70_20180802005712884.jpg

そんで、後ろからエライ勢いで軽やかなお兄さんが近づいて来て、挨拶を交わした。
ふと足元を見ると、ビーサンだ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!
「ビ、ビーサン????」
「あ、でもこれ、裏がビブラム(´∀`*)ウフフ」
って、兄さんそういう問題じゃない┌┛┌┛ズコ!
「結構快適なんだよ!」って言いながら、さっそうと小走りで過ぎ去った。。。
歩きが上手な人じゃないと、岩に小指ぶつけて悶えてしまいます(;^ω^)
こんな場所でビーサン兄さんと出会いました・・・
71_20180802005713912.jpg

しばらくあっけに取られてましたが、すぐに足元のお花に夢中になります。
アカモノ
72_20180802005715808.jpg

黒部湖に落ちてく斜面も、お花でいっぱい。
73_2018080200571704c.jpg

鎖が出てきましたが、鎖を掴むより岩掴んでたほうが楽でした。
今度は獅子の一気下りです。
300m一気下りです。。。登りじゃなくて良かった・・・
74_2018080201032148a.jpg

チングルマは咲き始めたばかり(*´ω`*)
75_201808020103224b9.jpg

ずっとお花畑です。
76_201808020103245ff.jpg

ミヤマコゴメグサ
77_20180802010325fb8.jpg

イワツメクサのブーケ∑(´Д`*)ノノ!!
78_20180802010327ac1.jpg

次の鎖が出て来た。
ここは鎖を使わずにはいられなかった。
下りの鎖は苦手。
80_201808020106053e2.jpg

そしてすぐに梯子。
81_20180802010607422.jpg

虫だらけのヤマハハコ
82_201808020106089f8.jpg

マルバダケブキ
83_201808020106096a4.jpg

獅子下りの途中、ガスが抜けかけた。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

84_20180802010611e4c.jpg

まだ登りがあった・・・
ここを下り切ったら、もう小屋近しなんて思っていたのに_(:3」∠)_

疲れたよー。゚(゚´Д`゚)゚。


つづく



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 




2018年6月17日 東吾妻山Part2

  1. 2018/07/30(月) 01:13:59|
  2. 福島の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
今日は新潟が最高気温をたたき出したとか(((´゚ω゚`)))ガタガタ
って、県外で知りました・・・(;'∀')
本日は知り合いのヤボ用で、山形に行ってましたが、あっちはあっちで暑かったです(;´Д`)
店のエアコンも微妙に利かない感じで。
まぁ、外にいるよりは十分涼しかったのですが、ランチした店で、トイレから出てきて自分のテーブルに置かれた料理を見て、若干冷や汗が出そうでした(((( ;゚д゚))))アワワワワ

やべぇ、超標高たけぇ・・・
あ、向かいの山の方がたけぇ((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
59_20180730000615e73.jpg
よそ様の料理を見ても、あれもこれもすごかったのですが・・・
この私が、本日は夕飯食べれてませんヽ(冫、)ノ
すごい盛でした・・・鶴岡のみどり食堂




つづき。


東吾妻の山頂を突き進み、景場平方面へと下ります。
ルートに突入してすぐの景色。
29_20180730000609206.jpg
おい、道ねーよ(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、ブッ
このルートは何度か歩いてるけれど、今までで一番ひどい状態でした( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!
まぁ、大体が一切経へ行って終わりだし、東吾妻に来ても姥ケ原からのピストンで、こっち側に入ってくる人は稀です。
だから静かで好きなのですが、さすがにビックリしました(;^ω^)

しばらく笹薮をかき分けながら進むと、木道にポンと飛び出します。
30_201807300006117a9.jpg

そしたら木道の所に、団体さんが居てビックリΣ(゚д゚lll)
ここでそんな大量に人間に会った事がないので、ビックリしました。
皆さんランチ中だったので挨拶して、木道脇にある展望台へ行ってみる。
磐梯山は見えなかったけど、裏磐梯の湖は見えた。
31_201807300006126ac.jpg

ほんとはここでランチしようと思ったんだけど、バーナーを使うには、ちょっと風があり過ぎたので、もうちょっと先へ進んでみる事にした。
いくらも歩かないうちに、誰もいないし風も気にならなくて、木道脇の広い所があったので、そこでランチする事に。
こんな景色が見えて、ランチ会場の周りには、お花も咲いていて、いい感じでした。
40_20180730001809d7a.jpg

39_2018073000180637e.jpg

ジジイには「今日は米から飯を炊くので、オイラに30分の猶予をくれ」と言ってありましたので、飯炊きに専念します。
その間、ジジイは肉を焼く係に任命。
33_20180730001802c72.jpg

地味に私より女子力が高いのか、サラダを用意してくれていました。
パプリカは、私の料理のが余ったので、雑に投げ入れた(;´∀`)
32_20180730000614982.jpg

生米からやってみたかったもの、パエリア。
家では年に一回くらい作るんですが、これを山でやってみたいとずっと思っていて、今回決行してみました。
34_20180730001803a78.jpg
プリムスのバーナーだと均等に火が回らないなと思って、ちょっと重いけど初代バーナーのキャプテンスタッグのやつを持って行きました→こんなん
結構火力あるんで、飯がメインの時はこれ持って行きます(;´∀`)

また女子力高いジジイが、ミネストローネも出してくれました。
で、ランチの出来上がり♪
ビックリした事に、ランチが出来上がるまでの間に、超団体さんが2組くらい、ここを通り過ぎて行きました。。。
今日、なんか祭りでもあったの?って思っちゃうくらい、こんなに人に会ったの初めて(;^ω^)
35_20180730001805025.jpg

そんでもって、めんどくさがりな私は全部乗っけをした結果、超汚い盛り合わせが出来た。
インスタ映えなんて言葉があるようですが、全く映えません。
インスタやってよと周りから言われますが、ここでもまともに更新出来てないのに、あちこち手を広げるとか無理です( ̄ω ̄;)
36_20180730002757a17.jpg

さて、いつもジジイをイジメてるので、秘かな仕返しなのか、雪野デブ化計画が実行されてる気がしてならぬ。
エサを与えられまくります。
37_201807300027597d9.jpg

38_20180730002800ad9.jpg
ほんとは3つ上の画像に写ってるあんみつも食べさせられるところだったが、さすがに胃袋が無理で拒否してやった。
「高級あんみつなのに・・・」と、少し寂しそうだった((´∀`*))ヶラヶラ

1時間半くらいグダグダして、下山開始ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
湿原を抜けて木道が消えると・・・
41_2018073000280240c.jpg

歩いても歩いても・・・
42_2018073000280476a.jpg
その代り、いつも泥だらけになって歩かなければいけないような水溜りが全くなく、代わりに藪漕ぎをさせられた感じだった。
どっちがいいのかなぁ(´ε`;)ウーン…
とにかくこの日は、ツアー客みたいのが多かったんだけど、ツアーに参加なんて方々は、きっと藪漕ぎなんてあまりしないだろうから、大変だったんじゃないかなと思いました(;^ω^)
私はGWの終了と共に藪はシーズンオフに入ってるので、普通に藪漕ぎは疲れましたよ。

だから木道に飛び出るとホッとしたり(*´ω`*)
44_2018073000355352f.jpg

さらば、東吾妻フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪
45_20180730003555c38.jpg

景場平のワタスゲも、なんだかイマイチだった。
46_201807300035569ab.jpg
景場平を過ぎて、やっと刈り払いして下さった跡が見られて、上まで間に合ってなかったんだなぁって感じでした。
かなりの勢いの笹薮だったので、あの後も刈るのは大変だったんじゃないかなって思います。

桜もまだキレイだった。
47_20180730003558a01.jpg

ランチ会場から1時間ちょいくらい、鳥子平着。
ここもワタスゲはポツポツでした。
48_20180730003559d9a.jpg

鳥子平に来てやる事は、ただひとつ!
キモカワちゃんの、モウセンゴケ激写ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク
素敵に捕食されてます。
相変わらず、木道から落ちそうなほどに身を乗り出して撮ってたので、息が出来なくてめまいがしました(;´Д`)
49_2018073000430808d.jpg

50_20180730004311f04.jpg

休日のお父さんレベルで、ユルいジジイ・・・
51_20180730004312df0.jpg

吾妻小舎へ向かうトレッキングルートから帰ります。
途中、キモカワ2号のギンリョウソウ団地があるのですが、全然早かったらしく、見れたのはこの子たちだけ。
53_201807300043149eb.jpg

途中、珍しくジジイが「ユキザサ!」と言うのでビックリしたのですが、お花として認識してたのではなく、山菜として認識してたそうで・・・
私的には、ユキザサが食べれるなんて知りませんでした(;´Д`)
甘くておいしいんだそうです。。。葉っぱだと思いますが・・・
54_20180730005157285.jpg

吾妻小舎はこの日はお休みだったのか、何だか人の気配がありませんでした。
小屋脇に、ものすごい数のイワカガミが群生してましたが、植えたのかしら?
とてもキレイでした。
55_201807300051591e8.jpg

そして無事、浄土平に戻って来ました。
56_2018073000520007f.jpg

朝は誰もいなかった小富士も、観光客の姿が。
57_201807300052021d9.jpg

帰る頃には、ガスに飲まれました・・・(;´∀`)
58_20180730005204d1f.jpg

浄土平レストハウスで、自分用と仲間に頼まれてたお酒を買い。
超ハマってるんです、このゆず酒→これ
ロックで飲むのをお勧めされましたが、結構甘いので、私は炭酸割にしています(。・w・。) ププッ



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000516-san-soci

こんなお天気なのに、なぜ山に向かうんだろうって、私には考えても分からないのですが。。。
天気予報が晴れに変わったからなのか?
でも風は残るから、この週末は私は中止にしました。
悪天候でも登るという方は、リスクを冒してまで山に登らなければならない理由があるのでしょうか。
下界は暑いですが、まだ風の残る今日、雪渓が残ってるこの石転び付近は気温はガクッと下がるんじゃないかなと思います。
まずは明日の朝、無事ピックアップされますように。




参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 


2018年6月17日 東吾妻山

  1. 2018/07/27(金) 01:39:21|
  2. 福島の山
暑い日が続いてますね・゚・(。✖д✖。)・゚・
昼間は会社に居るので大丈夫ですが、家に居る時は。。。
あ、でも33度までは快適な人です(;^ω^)
今は30度なんで、風が吹くと若干肌寒いくらいです( ´_ゝ`)プッ
今週末は台風が来るので、また下界ですねぇZzz....(_ _*)・.。*



6月半ばに入り、藪のシーズンオフに入ったジジイと、久々にキュウリ同盟復活ヾ(゚ェ゚ゞ)シャキン
シーズンオフに入って、若干抜け殻になってるので、東吾妻なんて言う超都会の山にも文句を言わずにやって来た( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
浄土平に向かう途中、ガスって来たので「これはガスを突き抜けて雲海のパターンだな(・∀・)ニヤニヤ」って思ったら・・・

1_201807262332227a7.jpg

単純にがーすー( ̄ω ̄;)

とりあえず浄土平をぐるっと一周して、鎌沼に向かいますo(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪
3_20180726233225a72.jpg

去年と同時期にやって来ましたが、ワタスゲはイマイチな感じでした。
5_20180726233228486.jpg

それでも十分か・・・(。・w・。) ププッ
4_20180726233226ef1.jpg

今日は、ジジイに花の名前を覚えさせる事が目的です。
管理人をしてるのに、花の名前も分からないじゃダメだろ。。。と。

浄土平では、イソツツジが咲き始めていました。
これは最後まで覚えなかった気がする。。。ブッ(´→з←):;*.:;
通りすがりの御婦人たちが、山なのに海っぽい名前を言っていたって事だけは、記憶したらしいです┌┛┌┛ズコ!
6_201807270051011f8.jpg

かわいいアカモノもいっぱい咲いていました(。→ˇ艸←)プククッ☆
これは自信を持って覚えたらしいのですが、アカモコという非常に残念な覚え方をしていました。。。
7_20180727005102e8f.jpg

8_20180727005104b66.jpg

スタート時にあれだけガスってた空も、分岐から10分ほど進んだ辺りでガスが切れて来て、真っ青な空が見え始めました。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜
9_20180727005105abf.jpg

ハクサンチドリ。
10_20180727005107b6c.jpg

イワカガミが一番いい時だったかもしれない。
11_2018072700562233b.jpg

ゴゼンタチバナとツマトリソウが一緒に咲いてるんだけど、私はツマトリソウの形が好きなので(*´ω`*)
これも変な呼び方してたけど、なんだったっけ。。。
あまりに酷いの連発で、私自身も覚えてられない。。。_(。゚⊿ 」∠)_
12_20180727005624d57.jpg

酸ヶ平の避難小屋が見えてきました。
何となく暑い日・・・
14_201807270056275e5.jpg

このエリアは、皆さんほぼ一切経へ行ってしまうので、分岐から先は比較的静か。
15_20180727005629b44.jpg
まだ完全に緑の草原にはなってませんでした。
ミヤマリンドウも咲いてなかった・・・

ここ、私のお気に入りの雪野ベンチ!って教えたら「ボロボロじゃん・・・」と言われ( ̄ω ̄;)
ボロボロで誰も来ないからいいのだよ。
それにしても、去年よりボロくなったかも(;'∀')
19_20180727010130219.jpg

横を見ると、初心者丸出しみたいな恰好の人が・・・
登山靴だけまともにいいやつ・・・
18_201807270101299e6.jpg
最高にオシャレして来たらしいです∑(´Д`*)ノノ!!
今日の私のザックを見た時「ヤバイ、怒られる(((´゚ω゚`)))ガタガタ」ってガクブルしてたんだけど、私が一つも持ってない、コロンビ〇なんていうブランドの、遊びみたいなザックを担いで来て、しかも30ℓ。。。
「私よりちっせーザック担いで恥ずかしくないのかよ!!!」って、結果的に怒られてたようです。

かわいさアピールなんでしょうか・・・
17_20180727010127b01.jpg
これが正装なんだから、致し方あるまい。

いつの間にか超快晴。
この場所は、やっぱりこの色でなくっちゃ゚.+:。(*´v`*)゚.+:。
20_20180727010132186.jpg

それから鎌沼の脇をグルーっと歩きましたが、お花に関しては微妙な時に来てしまったらしく、チングルマの花は散ってるのに、穂には早いという・・・
何とか残ってた子・・・
21_201807270109389e8.jpg

でも、あそこなら穂になってる!って場所に行ったら、今年初の穂に出会えました。
かわいい(人´∀`).☆.。.:*・°
23_201807270109402cc.jpg

東吾妻への直登に入ると、アホみたいにハリブキの木が生えていました。
調度新芽も出ていて「タラノメみたい!」って言ったら、同じように新芽が食べれると・・・
山菜に関しては、ジジイが上手なので、いい事を教えてもらいましたΣ(゚д゚lll)
が、しかしここは国立公園。。。
採れない_(:3」∠)_

今年初のサンカヨウに出会えました(´∀`*)ウフフ
24_20180727010941619.jpg

途中、ミツバオウレンとバイカオウレンの違いを教えながら進みましたが、最近、バイカオウレンだよな?って花なんだけど、葉っぱは3枚ってのがあって悩んでたのですが、ミツバノバイカオウレンってあるんですね。
謎が解けてスッキリです.。゜+.(´▽`)。+.゜+・

山頂が近づいて来たら、なんだかグレーの世界に戻って来ました・・・
ぽっと森林限界を抜けたら、ちょうどホシガラスが枯木にとまった。
25_2018072701094374a.jpg

あーでもないこーでもないと、花の名前を一生懸命教えましたが、どうにもタケシマランの名前がスッと出て来ないまま、東吾妻山頂着。。。
27_201807270126182f3.jpg

28_20180727012620164.jpg

もはや腹が減って来ましたが、山頂では頂きません。
ガスってて景色も見えないし。。。
景場平方面に下りると、要所要所で木道脇に広場があるので、そこで食べる事にしました♪
ではでは、ランチに出かけましょうキュィーン ……ε( o・ェ・)o



参加中です。クリックよろしくお願いします♪

 




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>